猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(51)
(33)
(15)
(9)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
統計という数字が欲しかっ..
by ニャル子 at 23:47
自分の場合、学生の頃のル..
by YAS at 22:41
こんにちは。 手帳シー..
by YAS at 22:28
私のページに、フミヲさん..
by MAGNET at 18:59
こんばんは。神奈川のバッ..
by 神奈川のバッタ at 22:15
娘用にぽちっとしてしまい..
by ゆずな at 10:10
お返事ありがとうございま..
by とに at 22:18
>とにさん 分かりにく..
by mukei_font at 11:21
お久しぶりです。ツイスト..
by とに at 10:55
あああ~~~、これは全色..
by りお at 16:20
よばれました~~~~!!..
by りお at 16:16
イオンの店舗ごとで扱う商..
by あるけみ at 21:55
最近ルーズリーフ (A4..
by K at 21:45
学生時代はノート持ち歩く..
by あるけみ at 15:11
ツァイトベクターのジョッ..
by あるけみ at 14:30
ゲルインク愛好者のぼくと..
by 慎之介 at 09:11
お久しぶりです。 私は..
by ゆずな at 10:51
こんにちは。 なんと今..
by YAS at 17:45
こんばんは。最初に猫町さ..
by パソ活 at 23:22
はじめまして。 私は、..
by 芦原英幸 at 14:47
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


三菱・SXR-5。

現在私的最強油性ボールペンがジェットストリーム0.5なら、当然その心臓部である替芯SXR-5もまた最強の替芯であるに違いないし、これはもう疑う余地のないところである。

SXR-5の素晴らしさをいったいどんな言葉で表現することができるだろう。
繊細かつ優美。
しなやかでつややかな完璧主義。

油性ボールペンの太さは一般的に0.7mmである。
それに慣れてしまうと、0.5mmの油性ボールペンは相当細く、窮屈に感じる。
ときどき、「油性ボールペンの太さは基本的に0.7ですよ」と言っても信じてもらえず、0.7と0.5を書き比べてもらうことがあるが、両者を比較すると0.5の鋭く尖った感じをはっきりと実感することができる。

が、これは普通の油性ボールペンのインクの話。
ジェットストリームは違う。
インクがなめらかであるがゆえに、0.5本来の針のような固さはあまり感じられない。
もちろん筆記の軽さは0.7や1.0にはかなわないが、細く、確かな線をインクの乾きを気にせずにぐんぐん書いていける快感は何ものにも代え難い。

ただし。
ただし、だ。
使いはじめからいきなりこんなに言うことを素直に聞いてくれる玉などではないのだった。
そこがSXR-5の真骨頂とも言える。

SXR-5は基本的にスロースターターである。
試し書きのぐるぐるを書いた程度ではまず分からない。
単に細い字を書きたい人はそれでもレジに持ってくるだろうが、SXR-5の実力の数分の一もそこでは発揮されていないはずだ。
最初はそっけなく、愛想がなく、がりがりしていたペン先が、いつかエンジンがかかってもうとまらなくなる。
そのエンジンがかかるタイミングはちょっと読むことが難しい。

こんなことではいけないのではないか、という指摘も当然あるだろう。
買った直後からエンジン全開でないと本当は駄目だと思う。
実際にクレームになったことがあって、芯を預かり三菱で調べてもらったら、案の定芯に異常は見つからなかった。
三菱の人はそうじゃないと言うかもしれないが、私はこの「エンジン説」を推したい。
そして、話の分かりそうなマニアックなお客さんにだけこっそりこの話をし、エンジン全開を目指して使ってもらうようにすすめたりするのだった。

昔から人でも何でも、完璧なものにはまったくそそられない性分である。
どこから見ても美人、とか、どこから見ても男前、とかには興味がない。
はいはいそうですかそうですか、という気持ちになる。
そんなの私があえて支持しなくてもいい。
それよりも、神懸かり的に美しく見えたかと思うと、どうしようもなく平凡に見えたりするようなものに圧倒的に惹かれる。

私にとってSXR-5はそんな存在だ。
最高で最強であるが、けっして完璧ではない。
むしろ気難しく、なかなか打ち解けない、無愛想で不器用な替芯である。
それだけに愛しくて、目が離せない。
そしてそんなSXR-5がエンジン全開になったときの疾走感。

筆記具にせよ、紙製品にせよ、私が求めるのは私を遠くまで連れて行ってくれる可能性みたいなものだ。
その筆記具じゃないと、その紙製品じゃないと生まれなかった言葉や発想に立ち会いたい。
そしてそれはきっとあると信じている。

SXR-5は間違いなくそうした文房具の一つだ。
[PR]
by mukei_font | 2010-04-05 22:39 | 替芯 | Comments(2)
Commented by ねこぱんち at 2010-04-07 22:12 x
こんにちは。
文房具ぶんぶん倶楽部、移転おめでとうございます^^/
傘の話(地下鉄の中に傘を忘れたけど、ぶんぶん倶楽部のテプラが貼ってあったおかげで戻ってきた話)を読んで大笑いして以来、密かに楽しみにしていました。

さて、この記事を読んでさっそくジェットストリーム0.5を、黒・赤・青と3色買って参りました。

さっそく、昔のアルファロメオとかフェラーリのような(乗ったことないけど)、手間がかかるし、最初はイマイチだけど、あったまって全開になったらスゴイ!!、というエンジンを楽しみたいと思います^^
Commented by mukei_font at 2010-04-10 12:02
>ねこぱんちさん
こんにちは。
なんていい人なんですかねこぱんちさんは!
とてもうれしいです!

ブログに書いた通り、本当に半端なく気難しいSXR-5ですが、気難しさでいうと「替芯の状態で売られている人」が一番厳しくて、「ジェットストリーム0.5に最初から入っている人」はそうでもないことに気づきました。
やっぱり製品に入っている人はエンジンがある程度あったまっているのかしらん?
最初から気難しかったらさすがに誰も買いませんもんね…

というわけで、ねこぱんちさんは案外早くエンジン全開になるかもしれません。
油性の0.5はゲルの0.3〜0.4くらいの筆記感と思います。
インクの乾きを気にしないでいいのは快適です。
素敵なジェットストリーム0.5ライフを!
<< PLUS・norino・¥27... 私の最強。 >>