猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(55)
(33)
(17)
(10)
(9)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>あるけみさん 自分も..
by mukei_font at 23:33
>あるけみさん このジ..
by mukei_font at 23:32
>慎之介さん 自分は最..
by mukei_font at 23:32
>ゆずなさん なるほど..
by mukei_font at 23:31
>YASさん 偵察あり..
by mukei_font at 23:29
>パソ活さん ギャザリ..
by mukei_font at 23:29
>芦原英幸さん はじめ..
by mukei_font at 23:27
>cheery_boxさ..
by mukei_font at 23:27
>あるけみさん 帆布は..
by mukei_font at 23:26
>ともこさん ともこさ..
by mukei_font at 23:24
>YASさん 自分は「..
by mukei_font at 23:23
>YASさん 文房具も..
by mukei_font at 23:23
>焼き魚さん 猫町の記..
by mukei_font at 23:17
>たまみさん S20…..
by mukei_font at 23:16
>YASさん 連用日記..
by mukei_font at 23:15
>YASさん ジュース..
by mukei_font at 23:14
>YASさん いろいろ..
by mukei_font at 23:13
>あむさん その節はあ..
by mukei_font at 23:13
>Kさん アンケート!..
by mukei_font at 23:11
>T君 半年以上前のコ..
by mukei_font at 23:10
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ユニオンケミカー・グルーラミニ。

以前、PLUSのnorinoを取り上げた時、「テープのりはまだまだ修行中」みたいなことを書いたが、密かに素晴らしいテープのりを私は知っている。
実はそのアイテムこそ、テープのり界のダークホースなのではないかと思っているほどだ。
その名もユニオンケミカーのグルーラミニ
f0220714_2323421.jpg

大きさは直径約5センチの円形。
ちょうどメジャーのような形をしていて、テープのりにしては愛らしい外観。
赤い方がドットタイプで、青い方が強粘着タイプ。
おすすめは圧倒的に後者(また青色)。

コクヨのドットライナーが成功したのは、粘着部分がドットだったからだったと記憶している。
ドットにした分、従来のテープよりも格段にキレがよくなったのだ。
単に粘着テープを転写する方式の従来型のテープのりは、どうしてもテープのキレが悪い。
テープのりを紙から離す時に、ねばねばした部分が、にちゃー、みょーんとくっついたりのびたりする。

以前トンボの強粘着のテープのりのキレが悪いことがクレームになったことがあった。
トンボからの回答にはテープのりの引き方のコツみたいなことが書いてあって、引き終えたあと紙から離す時に手前に(90度の方向に)さっとすばやく離すとよいそうだ。
しかし、基本的には「ねばねばでにちゃにちゃでみょーん」なテープのりであることに変わりがない。
強粘着はしかたないのか。
コクヨのドットライナーは確かにキレはいいが、ドットである分どうしても粘着力に不安があるのだ。

そこへくるとこのグルーラミニ。
ドットじゃない普通のテープにもかかわらず、引き味軽し、キレもよし。
そして思い切り強粘着。
パッケージに「接着力重視」と男らしく書いてあるだけのことはある。
使い切りなのが残念なところだが、6mmx10mで¥200(税抜)なら十分お手頃価格であろう。

私が個人的にこのグルーラミニを推すのは、「ドットじゃないのに」キレがいい点だ。
以前も書いたように、私は封筒作りが趣味だが、トレーシングペーパーのような透けた紙で封筒を作る場合、どうしてものりのあとが見えてしまう。
見えてしまうのはしかたがないが、ドットが見えてしまうのは困る。
あ、ドットライナーで作ったんやなとばれてしまうからである。
素人臭くなるからである。

あたかも市販の封筒であるかのように、さりげなく手作り封筒を使いたい。
透けて見えてものりのあとがドットではないグルーラミニで作った封筒は、もはや手作りで作った封筒には見えない。
おまけに強粘着なので、しゃきしゃきしてなじみにくい固めのトレーシングペーパーでもしっかりと貼り合わせることができる。

しかし決定的な欠点があった。
どこにも売っていないのだ。
あかんやん…

上記のように、封筒作りを通してグルーラミニの素晴らしさに気づいた私はまず職場の先輩に熱弁した。
先輩も先輩でテープのりをきわめようとしている人だったので、即座にグルーラミニを激賞というわけにはいかなかったが、置いてみたら?みたいな反応だったと思う。
置きたかった。
が、ユニオンケミカーと問屋の間で話をつけてもらわない限り(常時問屋に在庫を置くかどうかについて等)、われわれ小売店は1個から発注することができず、小刻みに補充が出来ないのなら店頭に並べることなどできないのだった。

ぎりぎりと歯ぎしりするような思いであきらめたが、何かの展示会で、ユニオンケミカーの担当者と話す機会があった。
担当者よりもはるかに熱くグルーラミニの素晴らしさや必要性について語り、ぜひ問屋と話をつけるようにと圧力をかけた。
その後、本当にとある問屋と話をつけてくれ、1個から発注できるようになった。
担当者の人がいそいそと店に来て、たくさんの見本を置いていった。

その店を辞めました…
今度の店は話をつけてくれた問屋とは取引がない模様。
(´_ゝ`)

そんなわけで、そのときいただいた見本をちびちび使う日々。
これがなくなったら私はどうしたらえんやろ。

立ち上がれダークホースよ!
[PR]
by mukei_font | 2010-04-14 22:58 | 切・貼・修正系 | Comments(0)
<< 週末近し。 案外深い4C芯の世界。 >>