猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(55)
(33)
(17)
(10)
(9)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>あるけみさん 自分も..
by mukei_font at 23:33
>あるけみさん このジ..
by mukei_font at 23:32
>慎之介さん 自分は最..
by mukei_font at 23:32
>ゆずなさん なるほど..
by mukei_font at 23:31
>YASさん 偵察あり..
by mukei_font at 23:29
>パソ活さん ギャザリ..
by mukei_font at 23:29
>芦原英幸さん はじめ..
by mukei_font at 23:27
>cheery_boxさ..
by mukei_font at 23:27
>あるけみさん 帆布は..
by mukei_font at 23:26
>ともこさん ともこさ..
by mukei_font at 23:24
>YASさん 自分は「..
by mukei_font at 23:23
>YASさん 文房具も..
by mukei_font at 23:23
>焼き魚さん 猫町の記..
by mukei_font at 23:17
>たまみさん S20…..
by mukei_font at 23:16
>YASさん 連用日記..
by mukei_font at 23:15
>YASさん ジュース..
by mukei_font at 23:14
>YASさん いろいろ..
by mukei_font at 23:13
>あむさん その節はあ..
by mukei_font at 23:13
>Kさん アンケート!..
by mukei_font at 23:11
>T君 半年以上前のコ..
by mukei_font at 23:10
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ぺんてる・サインペン。

「お嬢さまペン」と聞いて、それがぺんてるのサインペンであることが分かる人間はこの世におそらく二人しかいない。
いや、もしかしたらもう少しいるだろうか。

話は以前働いていた文房具屋にさかのぼる。
以前働いていた店では、ノートや便箋等気のきいた紙製品を多くそろえており、それらを売るためにサンプルとして1冊を開放していた。
そのノートを使ってみたいお客さんに、自身の筆記具で自由に試し書きしていただけるように。

しかし、そこまで積極的でないお客さんにもノートの魅力に気づいてもらいたい。
そのためにはこちらでおもしろいサンプルを作ってしまえばいいのではないか。
というわけで、店員同士が交換日記を試みて作ったサンプルや、日替りで更新されるサンプルなど、ありとあらゆるサンプルを作った。

前述の「お嬢さまペン」というネーミングは、そんなサンプルノートの片隅から誕生した。
以下はその抜粋。

「ぺんてるのサインペンは本っ当にものすごくよくて、私が大金持ちなら家に20ダースくらい常備して、すべての考えごとをこのペンで書き散らしたいところです。そんで先がちょっとでも丸くなったら次のペンをおろす…

ばあや『まあお嬢様またもったいないことを!まだまだ使えるじゃありませんか!』
猫町『いいのよ。先が真新しいときだけ特別素敵な字が書けるんですもの。あとはばあやがお使い』

(小一時間続く妄想)」

そんなわけで、サンプルノートで交換日記をしていた先輩と私との間では、ぺんてるのサインペン=「お嬢さまペン」ということになってしまったのだが、サンプルノートは実は密かに愛読者が多く、販売効果も大きかったので、もしかしたらわれわれ以外にも「お嬢さまペン」で通じる人がどこかにいるかも。

さて、このサインペンの魅力は、サンプルノートに書いたとおりである。
何と言ってもペン先が丸くなるまでの、あの細い、よそゆきのかわゆらしい線。
あれにつきる。
どうしてへたるんだーーー
へたるのがまた早いぞーーー
なのにまた使いたくなるのはなぜだーーー

私と同じような人がいるのか、このペン、がっちりユーザーの心をつかんでいるのは確か。
店頭でも、「ほらあの、昔からある、水性の、マジックの」とうわ言のように繰り返す人は9割方ぺんてるのサインペンを探している。
外見もシンプルで何の特徴もなく、また名前もただの「サインペン」という困ったちゃんで、店員泣かせではあるが、「これですか」と差し出したときのお客さんのほっとした表情ときたら。

ちなみに猫町家では「犬ががじがじ噛んだみたいなペン」と呼ばれています。
f0220714_23291817.jpg

[PR]
by mukei_font | 2010-05-04 23:23 | その他筆記具 | Comments(8)
Commented by ちはる at 2010-05-05 01:15 x
まさにこのペン!
ただし常用しているのは「赤」。
品物がそろっているかどうかチェックする、お客様の名前を書くのに使っています。
刷毛となる時期を乗り越えて使って、ペン先が無くなるまで使ってしまいます。
この記事を読んで無いのに、あの会話…
Commented by mukei_font at 2010-05-11 08:21
>ちはるさん
まさかあんな場所でサインペンの話をすることになるとは…
でも楽しかったです。
ぺんてるのサインペンは永遠のロングセラー。
みんな「ハケ化」させながらも使ってるんだなあ。
Commented by たけの at 2010-11-19 14:55 x
サインペンのハケ化はぺんてるのDNAですね。創業者の父親が筆職人だったそうですから。
ところで、以前宣言したとおり、猫町さんのブログ、全部読んじゃいました。油性ボールペンがどうにも苦手な自分には、替え芯の話はちょっとついていけない感じでしたが...
普段の生活では、油性ボールペンを極力避けるようにしています。ただ、どうしても避けられない場面があって、そのたびに小学生レベルの字を人様にさらしてしまって恥ずかしい思いをしています。
複写式の請求書を書くときや役所、銀行の窓口。それに宅配便の受け取りの際に配達員さんからサインを求められる場合も、渡されるのは100%油性ボールペンですね。
自分の場合、鉛筆やサインペン、ゲルインクボールペンくらいの適度な抵抗感がないと、まともな字が書けないのです。油性ボールペンはつるつる滑ってしまって、線があらぬ方向に伸びてしまったり、止めたい所に止められないといった感じです。ジェットストリームが滑るのはもちろん、ねっとり重たいLAMYのインクでもやっぱり書きにくいのです。
油性ボールペン嫌いを克服するいい方法ってあるのでしょうか?
Commented by mukei_font at 2010-11-20 14:13
>たけのさん
こんにちは。
ハケ化についてのコメント、うれしいです。
そうなんです、小生もどこかで「創業者の父親が筆職人」というのを知り、(ハケ化というとマイナスなイメージだけど、筆みたいと考えればそう悪いものでもないのか…)などと考えておりました。

ブログを読破していただいたとのこと、心からお礼を申し上げます。
本当になんて素晴らしいことでしょう!
このブログは自分が好きなものについて好き勝手に書いているだけのブログですので、もちろんつまみ食いのように読んでいただければいいのですよ。
読者の皆さんと完全に好みが一致することなんてないですから。
替芯の話は特に自己満足の極みでして…適度にスルーで結構です☆
Commented by mukei_font at 2010-11-20 14:19
>たけのさん(続き)
それにしても、油性ボールペンが苦手とのこと。
例えば実際にたけのさんが店頭に来られたら、いろんな筆記具で書いていただいて、どんな感じで苦手なのかが分かるのですが…文章だけでは難しいですね。
油性ボールペンの抵抗感のなさをあげておられますが、おっしゃるとおり、ジェットストリームは抵抗感を限りなく減らしたインクですからすべってしまうのはよく分かるのですが、一般的な油性ボールペンは、たけのさんがあげられた筆記具の中でも一番筆圧を要求される重いインクのはず。
鉛筆やサインペン、ゲルインクボールペンがよくて、油性ボールペンがだめなのは、あるいはその筆記線の太さかもしれませんよ。
書いた後の文字にある程度の太さがあれば、なんとなく文字をごまかすことができますから。
役所等の受付にある油性ボールペンはたいてい0.7。
書いた文字はひょろひょろになってしまい、見栄えもよくないのかもしれません…
相性の良い油性ボールペンに出会えると油性ボールペン観が変わることもありますが、しかたのないときだけ我慢して、あとはお気に入りのペンを使えばよいと思います☆
Commented by mukei_font at 2010-11-20 14:32
>たけのさん(続き)
どうしても、と言うのであれば、一度、油性ボールペンのペン先の太いものを使ってみてはいかがでしょう。
1.0、1.2、1.4、1.6とありまして、どれもいわゆる普通の油性のインクなので筆圧をかけない限りすべってしまうことはありません。
書き上げた文字も少しはひょろひょろじゃないかも…
文房具屋の店頭でぜひ試し書きを。
あと、書く時に下にやわらかいもの敷くこと。
これが油性ボールペンと上手につきあうコツです。
いわゆるデスクマット的なもの。
ソフト下敷きというものもありますが、なければ軟質のカードケースでもよいです。
役所の受付にはこうしたものが充実していますが、ときどきないところがあり、書けるかー!とちゃぶ台を引っくり返したくなります。
またよろしければどのゲルインクならまだましかを教えてくださいね。
いろいろ考えてみます☆
長文失礼いたしました。
Commented by たけの at 2010-11-20 17:35 x
お体大丈夫でしょうか?体調が優れないのにコメントにお返事いただいて申し訳なかったです。
油性ボールペンの線幅が細い件、納得しました。いままで疑ったこともなかったです。よく見てみると0.5のゲルインクよりも0.7の油性のほうが実際ほそいですね。
プラチナポケットという伸び縮みするペンを持っていますので、太い変え芯を買い求めて試してみます。
ちなみにいつも使っているゲルインクはユニボールシグノ(キャップ式)です。
いろいろ教えていただいてありがとうございました。お体大切になさってください。
Commented by mukei_font at 2010-11-21 22:45
>たけのさん
コメントありがとうございます。
少しでもお役に立てたなら幸いです。
体調は大丈夫ですよ。
ご心配おかけするようなことを書いてしまい、恐縮しています。
またいつでも遊びに来てください☆
<< 三菱・ピュアカラー。 4C芯はお好きですか。 >>