猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(48)
(33)
(15)
(9)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
こんばんは。最初に猫町さ..
by パソ活 at 23:22
はじめまして。 私は、..
by 芦原英幸 at 14:47
季節の変わり目はただでさ..
by cheery_box at 23:38
猫デルデの実物みましたが..
by あるけみ at 21:22
こんにちは。 デルデを..
by ともこ at 11:48
青つながりで。 ジュー..
by YAS at 23:07
こんにちは。 文具力か..
by YAS at 12:38
猫町さま。 おかしな質..
by 焼き魚 at 09:33
猫町フミヲ様 おお~っ..
by たまみ at 08:15
連用日記、おかげさまで3..
by YAS at 21:09
えーっ、あの独特のペン先..
by YAS at 20:30
今晩は。(コメント修正し..
by YAS at 20:09
あぁ、まだ都会に行ってな..
by あむ at 07:27
>てっつぁん 分析、楽..
by mukei_font at 06:21
>あるけみさん ありが..
by mukei_font at 06:21
>百浩さん 無罫は一度..
by mukei_font at 06:20
>てっつぁん S20の..
by mukei_font at 06:19
>YASさん おお、猫..
by mukei_font at 23:16
>睡蓮さん 場所によっ..
by mukei_font at 23:12
>ksjjさん S20..
by mukei_font at 23:11
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


マイシャープペンシルズ。

再びシャープペンシルの話。
たぶんあと一回で一段落する予定。

さて、前回はシャープペンに求める条件についてあれこれ語った。
ならば、おまえはいったいどんなシャープペンを使ってきたのだと思われた方も多いのではないだろうか。

そこで、以下にマイシャープペンシルズを紹介したい。
初めてシャープペンを手にしてから約25年。
ありとあらゆるシャープペンからシャープペンを渡り歩き、飽きたり、壊したり、験を担いだりしながら学生を卒業し、社会人になってシャープペンから離れ、それでもなお現在も手もとに残っている人たち。
f0220714_23213063.jpg

まずはこの人。
メーカー名と品番が明らかなのはこの人だけ。
ぺんてるのクイックシャープ。
高校生くらいから愛用。
f0220714_23233699.jpg

プラスチック製なのでもちろん全体的には軽いが、余計なことをしていないグリップは非常に持ちやすく、スケルトンのボディは中が見えて楽しく、それより何よりキャップ部分その他に使用されている知的なネイビーが好みのど真ん中。
サイドノックがチャームポイント。
もちろん今は廃番だが、サイドノック魂はまだぺんてるの中で生き続けている。
f0220714_2329494.jpg

次は、名前も柄もない青い人。
f0220714_23312094.jpg

地元のファンシーショップ「ファニー」(今はたぶんもうないまだばりばりありました)でやはり高校生の頃に購入。
これがまた持ちやすいのなんの。
適度としかいいようのない重みで、軸もつるつるしたただのプラスチックではなく、妙にしっくりくる。
ノックの感触も絶妙で、ファンシーショップ出身でありながら、この人の落ち着きは素晴らしい。
ちなみに最初は魚のイラストやちょっとした英語の文章が銀色の塗料で描かれていた気がする(鑑識の人なら復元できるだろう)。
青に惹かれて買ったのだろうが、とんだ掘り出し物だった。

続いては、この人。
f0220714_23415062.jpg

数々の修羅場にクリップが折れてしまっているが、この人はもうなんというか…十代の象徴としか言いようがない。
受験の相棒。
相棒というか伴走者?守護神?
なんせ「東京大学」。
f0220714_2347944.jpg

兄からもらったプレゼントの中で一番うれしかったもの。
そして一番長く大切にしているもの。
いったい幾多の試験をこの人とくぐり抜けて来たのだろうかと考えると、懐かしさよりも先にもう絶対にあの頃に戻りたくねーーーと絶叫したくなってしまう。
この人、実はよーく見るとPILOTの名が。
当時あった100円シャープペンに名入れしたものなのだろう。
全体的には軽すぎるちゃちなシャープペンだが、やはり知的な青が小生の心をとらえてしまったようだ。

続いて、この人。
名前のない銀色の人。
f0220714_23543419.jpg

京都のINOBUNで大学院生の頃購入。
INOBUNが置いているくらいだから、どこかのこじゃれたステーショナリーメーカー(ケイ・コーポレイションとか?)のものなのだろうが、どこにも品番がなく、ボールペンじゃないので替芯からたどることもできず、謎のまま。
この人の特徴は…とにかく重い。
口金から軸への段差0の流線型のラインは抜群に持ちやすく、もっとも好きな握り心地だが、ぱっと手にした瞬間のぎょっとする重さ。
ただし、書き始めてからは重さを利用して書けるからなのか、不思議と重さが気にならない。
安定した美しい字が書けるのもこの人ならではの特徴。
大学院生の頃は、この人といつも一緒だった。
実験計画の再三の練り直し、遅々として読み進められないジャーナル…
だあっ!ちゃぶ台返し!
思い出したくねえ!

最後は、この人。
大学院生の頃、あるいは社会人になってから、アフタヌーンティーで購入。
思えばこの人を最後にシャープペンを買っていないような。
f0220714_0131322.jpg

もうどうにもこうにも青色に惹かれてしまったのだろう。
銀色の人ほどではないがある程度の重みがあって安定しており、やはり銀色の人と同じく口金部分がぬーんと長いためペンの下の部分を強く握れるようになっている。
それからノックが非常に快感。
思わず押したくなるような頭冠の形。
ちょうど子どもがエレベーターのボタンを押したがるような感じで。
押したら押したで予想どおり気持ちよくて止まらないような快感。
ただし。
この人の致命的にだめな点はパイプが収納されるタイプだという点。
しかもそのパイプもすっきりしたパイプではなく、どんくさい形のもの。
青じゃなかったなら目もくれないのに。
青色恐るべし。

以上がマイシャープペンシルズでした。
全体的に文房具というよりも雑貨系ルートでのシャープペン多し。

筆記具との歴史は、長ければ長いほど、それ自体の性能を超えた次元での結びつきが強くなるように思う。
特に強い思い入れとともに購入する雑貨系文具は、最初から結びつきの点で少しアドバンテージがあるのかもしれない。
[PR]
by mukei_font | 2010-09-19 00:49 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(5)
Commented by alchemi at 2010-09-19 09:17 x
猫町さん、大変ご無沙汰しております。

2番目にご紹介の名前も柄もない青い人に見覚えがあります。「魚のイラストやちょっとした英語の文章が銀色の塗料で描かれていた」はずです。
私も中学生か高校生の頃に使っていました。重さも質感も、とても心地よかったことを、猫町さんの文章を読んで思い出しました。
困ったことに物持ちが非常に悪いので、もう現役ではないのですけど…。

ノックする力が強過ぎるのでしょうか。使用頻度ボールペン>>シャープペンなのに、職場での愛用品も何度か代替わりしました。なので、ノックで壊さないように、振って芯が出るタイプをこの春採用したところです。太いのが難点ですが…。
Commented by かめさん at 2010-09-19 22:11 x
サイドノック式のシャープペンシル
懐かしいですね!大好きでしたヨ。
なんと言っても芯を出すためにペンを持ち替えなくていいところが魅力でした。
そういう意味でも今はDr.Gripを使うことが多いです。
ガンガンと思ったことをそのまま筆記するときは、太い軸で、フルだけで芯が出るこのペンは最高の相棒かもしれません。
でも、じっくりと言葉を選びながら書き進めるときは細めのペンで力を入れずに書くのが好きです。

ペン先のパイプは私も引っ込んで欲しくないですね。
字が見えにくくなるし、ペン先までの距離が変わるってストレス
を感じます。

おっと忘れるところでした。
芯はナノダイヤを使っています。
書いていてカリカリせず滑らかなところが気に入っています。


Commented by mukei_font at 2010-09-20 00:33
>alchemiさん
こんにちは。
こちらこそご無沙汰いたしておりました。
お名前を拝見し、言葉にならないくらいうれしかったです。
こんなところにまでお越しいただいて、本当にありがとうございます。
さて、なんと2番目のシャープペンに見覚えがおありとのこと。
まさか、分かる方がおられたとは…
写真を載せてみるものですね…大感激です。
あのシャープペン、意外と市場に出回っていたのでしょうか。
何のキャラクターものでもなかった気がしましたが。
素敵な偶然の報告をありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by mukei_font at 2010-09-20 00:59
>かめさん
こんにちは。
おっと、かめさんもサイドノックお好きなんですね。
あれ、本当にいいですよね。
フレフレ機構もかつては愛していました。
きっとこういう気持ちは使用頻度に比例するのでしょうね。
ノックをわずらわしく思うほど字を書いていた頃が懐かしい…
パイプについても同意見でうれしいです。
でも、ぺんてるの製図用シャープペン等にあるような、最初の強いノックでガキッとパイプが出てきて、それから先は普通にノックする系のは好きなんです。
中途半端にぬるんと出たり引っ込んだりする系のが嫌いということで。
かめさんはナノダイヤユーザー…
三菱はどうしてもなめらかというイメージなので、どこまでナノダイヤに強度があるのか非常に興味があります。
Commented by mukei_font at 2015-10-09 00:45
>屋下輪句さん
両方とも金属チャックに思えますが…
<< 実験用シャープペン入手。 MDノートその後。 >>