猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


PILOT・STELLA90S。

ひょんなことからひょんな人に万年筆をいただく。
PILOTのSTELLA90Sナイトブルーマイカ
きゃっほう。
f0220714_2311457.jpg

夜なのであまりいい写真が撮れなかったが、それはそれは素敵な青色ボディ。
ようこそようこそ。
仲良くいたしましょう。

カタログによるとSTELLA90Sは「星のようなかがやきのあるショートサイズ万年筆」。
そんなこと言われたらもう中に入れるインクは色彩雫の「月夜」しかないという感じ(なのか)。

が、それも悔しいので珍しくブルーブラックのカートリッジを入れてみた。
懐かしい青の色。
生まれて初めての万年筆はPILOTで、初めてのインクはブルーブラック。

高校生だった。
あの頃は作家になりたくて、前倒しで父親に万年筆をもらってうれしかったなあ。
万年筆を手にした興奮に後押しされて、原稿用紙の桝目に文字を埋めていったこと。

もっとも今回あえてブルーブラックのカートリッジを差したのは、そんなノスタルジーに浸るためではない。
いいかげん少しはPILOTの万年筆を売る努力をしようと心に決めたからだ。

そのためには自分で使うだけでなく、いつでもささっと取り出してお客さんにも手にとってもらえる万年筆であるべきだろう。
その際は趣味性の高いインクを吸い上げているよりも、ブルーブラックのカートリッジを差しているほうがいいと思ったのだ。

そこまでしないと自信がない。
どうにもこうにもセーラーを愛しすぎていけない。
圧倒的にPILOTの万年筆を多く置いているのに、手頃な価格なのはPILOTの万年筆なのに、正直な小生はついセーラーに肩入れしたトークを繰り広げてしまう。

今日もそうだった。
そのつもりはないが、無意識のうちにセーラー寄りの話し方になってしまっていたようで、お客さんの中ですっかりセーラー>PILOTになっているのに気づいて大慌てで弁解するはめに。

そうじゃないんです、主観なんです。
ただ好きなだけなんです。
愛なんです。
LOVEなんだよ…(紫SHIKIBU)。

幸いなことにそのお客さんには小生の万年筆そのものへの愛が伝わったらしく、「本当にお好きなんですね!」と感激して楽しんでくださり、また必ず来ますと笑顔で去って行かれたが…

駄目だ。
こんなことをしていては。
PILOTの万年筆ともきちんと向き合わなくては。
そして平等に熱弁できるプロの店員にならなくては。

という強い決意のもと差したブルーブラックのカートリッジ。
ナイトブルーマイカの魔力で小生のセーラーびいきが少しはましになることを祈りつつ。
[PR]
by mukei_font | 2011-01-25 23:49 | 筆記具・万年筆 | Comments(0)
<< バブル猫町。 Sublo in Kyoto ... >>