猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブルーブラックの油性ボールペンを使いたい人を救う会。

先日のジェットストリームカラーインクの記事の中で、今まではあったブルーブラックのジェットストリームカラーインクがなくなる話を書いたところ、やはりがっかりした声がちらほら。
そこで、今日はそんな油性ボールペンのブルーブラックインク好きの人の今後を考えてみたいと思います。

選択肢は2点。
ただし、ジェットストリームのようななめらか系油性インクではないのであしからず。

1つ目はZEBRAのシャーボxの芯を使うやり方。
ZEBRAのシャーボxの芯の中には油性のブルーブラックが存在します(0.7のみ)。
ただし、これを使いたいがために多色軸のトレッチェント軸であるとか多機能軸のシャーボx軸を買うのはあまりにもやりすぎ。

そこで、このシャーボxの芯が単体で入る軸を探します。
そういった軸は探せば結構あるもので、例えばZEBRAの手帳用の筆記具などにはシャーボxの芯であるいわゆる4C芯が入ったものが結構あります。

例えばSL-F1mini、あるいはミンナ和柄
最近ではワークダッシュ
残念ながらすべて軸が短いものになってしまいますが。

また、ZEBRA以外では例えばトンボのピーフィット。
あれなども中身は4Cタイプの芯(ただしZEBRAの4C芯は他メーカーのものよりも少し太いので注意が必要)。

さらに、案外おしゃれな外見のペンの中身が4C芯であることも多く、これは無数にあると思われるので軸から挙げることは難しいですが、小生が把握しているだけでも伊東屋のカラーチャートシリーズの革巻きボールペンとか。
あれなどは軸に長さもありますからかなりおすすめではあります(今もある商品かどうかは未確認ですが、定番商品ならあるはず…)。

続いて2つ目はOHTOのリバティシリーズに乗り換えるやり方。
OHTOのリバティシリーズというのは、軸と中のリフィルを自由に組み合わせながら使うシリーズのことで、いわばコレトやスタイルフィットの単色版。

わりと見た目の良い軸が多いこと(もちろん好みはありますが)、中の芯を油性、水性、ゲル、筆ペンから選べること、ペン先のサイズ展開が豊富なこと(油性は0.5、0.7、1.0、水性は0.4、0.5、0.7、1.0、ゲルは0.5、0.7、1.0)、カラー展開も黒・赤・青・ブルーブラックと4色あることなど、なかなか充実したシリーズであります。

問題は入手しにくさ。
東急ハンズなどでは展開されているのをよく見ますが、そんなにあちこちでほいほい展開されてはいないですよね。
あと、基本的にキャップ式の軸ばかりになるので、そのあたりが残念な方もおられるかも。

とまあ国内のメーカーで思いつくのがこの2点。
舶来物だとモンテベルデあたりにもあったかも(うろ覚え)。
が、舶来物だといよいよ大きな買い物になってしまいますよね。

ということで、手頃な価格で何かいい組み合わせが見つかればいいなと思います。
ZEBRAの4C芯系あたりで探すのが無難かなあ…

でもあのブルーブラックってずいぶん色味が特徴的ですよね。
やたらと緑っぽいというか。
そのあたりも好みが分かれるところかもしれません。

そう考えるとジェットストリームのブルーブラックはやっぱり結構貴重だったように思います。
三菱さーん。
[PR]
by mukei_font | 2012-04-28 12:06 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(8)
Commented by nalt at 2012-04-28 18:17 x
こんにちは。昔SARASA多色軸にアクロボールのリフィルが入るよ、という話をしたnaltです。

zebraは最近自社販売をやっていて、ブルーブラックは1.0芯も売っていたりするようです。
http://www.zebraservice.jp/products/list.php?category_id=9

4C芯はフォルティア500あたりが無難かも。
http://www.zebra.co.jp/pro/fortia/index.html
Commented by mukei_font at 2012-04-29 23:19
>naltさん
お久しぶりです。
なるほどフォルティア500はいい軸かもしれませんね。
いつも情報ありがとうございます。
Commented by Mu at 2012-04-30 10:57 x
リバティシリーズ、私はCB-10BLを愛用しています〜
純正のリフィルの種類が豊富な上に、ジェットストリーム(SXR-5/7/10)やノック式のゲルインクボールペンのリフィルも入ったりと、中々に使えるペンですよね(^-^)
Commented by at 2012-06-18 00:16 x
ブルーブラックの油性ボールペン、探していました。油性ブルーブラックってなかなか見つかりません。
何ででしょう?ブラックより素敵だと思うのですが。早速オートのリバティ軸と油性ブルーブラック替え芯を購入しました。リバティ軸はブラウンにしました。情報ありがとうございます。
Commented by Q太 at 2012-06-20 22:22 x
そう言えば、ZEBRAのプレフィール、新油性というくくりなら、エマルジョンインクのブルーブラック 0.5がありますね。(今日文房具屋さんで見てきました) コレト軸とかリポータースマート(中身はジェットストリーム芯)に入るかどうか、一度買ってみようかな。
Commented by mukei_font at 2012-07-05 18:54
>Muさん
おっと、リバティユーザーが。
おっしゃる通りあのシリーズはなかなか夢のあるシリーズなのですが、ラインナップがオジサンぽいというか、小生はそれでもいいのですが、なんだか皆さんキャッキャしてくれないんですよね…
ブルーブラックの油性があったりして楽しいのに。
Commented by mukei_font at 2012-07-07 16:37
>篶さん
お役に立ててとてもうれしく思います。
ブルーブラック、小生も大好きな色です。
あんなに素敵な色なのに万年筆のインクやゲルインクでしか使えないのはさみしいですよね。
最近ZEBRAから出たプレフィールの中にエマルジョンインクのブルーブラックがあるようです(小生はまだお目にかかっておりませんが)。
書き味は油性とは少々異なりますが、一工夫すれば単色のブルーブラックボールペンが作れるかもしれません。
突起(バネ止め)を自作して、ZEBRAのジムノックに入れるとか。
やったわけじゃないので、想像のコメントですが。
Commented by mukei_font at 2012-07-08 20:25
>Q太さん
そうですね。
文房具は日々進化しますから、どんどん後で正解が増えていきますね。
でもプレフィールのリフィルが突起のないタイプなら、単色のブルーブラックボールペンにしたい場合は一工夫しなくちゃいけないのでは…
スタイルフィットの単色ホルダーに入れば解決ですが、過去に「スラリの芯がスタイルフィットの単色ホルダーに入らなかった」という記事を書いた記憶があります(http://mukeifont.exblog.jp/15609681ワッショイ!新油性祭!(芯の話続く)参照)
まあ突起を自作するのが確実でしょうか。
スラリはプレフィールになって一気に種類が増えたので、色も試さなきゃいけないし、細さも試さなきゃいけないし…
なんかもう正直面倒くさいというか、こんな感じ→(´_ゝ`)
<< 激レアカタログ入手。 夜のひとこと。 >>