猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
例えば、メモ帳ならば..
by 輪音 at 19:09
『文房具の見た目』……と..
by 輪音 at 19:06
カレンダーを貼るって良い..
by cheery_box at 16:57
高校生のころ鉛筆を愛用し..
by なぎねこ at 21:03
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プレフィールの必要性、あるいは正当化(後篇)。

それでは前篇に引き続いて後篇へとまいりましょう。

あれからいろいろ考えて、ZEBRAのプレフィールのリフィルを決定しました。

油性ボールペン黒
油性ボールペン青
エマルジョンインクブルーブラック0.5
シャープペン0.7

なんだか地味すぎる組み合わせですが、今のところこんな感じでいいかなと。

個人的見解として、「プレフィール」のもっともすぐれた点は、普通の油性ボールペンのリフィルがあることだと思うわけです。
三菱のスタイルフィットのジェットストリーム芯は油性にして油性にあらず。
このブログでも何度か取り上げたように、いずれはにじみ抜けを起こすインクです。

気合いを入れた長期保存というわけではないが、にじみ抜けられては困るような何かを書く時、結局手がのびるのは普通の油性ボールペン。
もともと多色にあまりなじみのない小生は油性の多色ボールペンを持っておりません。
これをきっかけによく使う黒と青の油性ボールペンを選んでみました。

今回のリフィル選択でもっとも個人的に進化した点は、ゲルインクを排除したところ。
そうなんです。
今までの経験上、多色軸でゲルインクは使わないことが分かったのです。
コレトにせよ、スタイルフィットにせよ、スリッチーズにせよ、いくら一番使う黒や青やブラウンブラックを入れたところで、結局手が伸びない。
ゲルを使う場面に登場するのは、ハイブリッドテクニカやシグノなどのキャップ式のゲルインクボールペン。

なぜか。
ヒントは「多色軸」と「ゲルインク」の組み合わせ。

もともと小生の場合、ゲルインクボールペンは仕上がりを気にする時に使うペン、油性ボールペンはスピードを求める時に手にするペン、といった風に使い分けているのですが、「多色」の「ゲル」ではその役目を果たすことができません。
なぜなら多色は芯が斜めに出てくる関係で筆記角度に無理があり、そもそもノック式のゲルインクはチップが不安定です。
それらは書き心地がよくないだけでなく、長時間の筆記にも向きません。
結局「ゲル最強」は「キャップ式の単色」なのです。

もちろんこれらのことは小生自身の経験にもとづいた分析ですから、多色のゲルを心地よく使っておられる方は大勢おられると思います。
そうでないとサラサの多色芯のJK-0.5があんなに売れるわけがないですし、スタイルフィットやコレトの隆盛もなんやねんということになってしまいます。

繰り返しておきますが、これはあくまでも小生自身の分析。
買って使わなくて情けない思いをするのは小生ですし、その情けなさを回避するためにはどうすればよいかを考えているわけです。
で、多色軸におけるゲルリフィルに手が伸びないのは、ゲルに求めていることが果たせないからだなと気づいたという話。

多色軸、とくにスタイルフィットやコレト、今回のプレフィールなどの選べる多色軸の大きな魅力は、たくさんのペンを持ち歩かなくていい、ということだと思います。
ハイテックCやシャープペン、消しゴムを持ち歩いていた人がコレト1本ですみ、シグノやジェットストリーム、シャープペンを持ち歩いていた人がスタイルフィット1本ですむ。
今回のプレフィールにいたっては、ジムノック、サラサ、スラリ、シャープペンを持ち歩いていた人までもが1本ですんでしまいます。
しかも自分の好きなインクや色を厳選しながら。

しかし、と小生は思うわけです。
これらの理想を詰め込んで作り上げた夢の多色・多機能ボールペンは、完璧なようで完璧ではない。
多くの犠牲の上に成り立っています。
ある人はそれはリフィルの減るスピードだと思われるかもしれませんが、小生が重視するのは書き心地の悪さ。

結局、「いろんなペンを1本にまとめることができる便利さ」と「書き心地の悪さ」をはかりにかけ、それでもこれは便利だと思うものを残しながらリフィルを選ぶしかないのだと思います。
なので、「書き心地の悪さ」が勝るゲルインクにはお引き取りいただこうと。
反対に「便利さ」>「書き心地」の油性ボールペンを優先的に選ぼうと(前述したようにいわゆる普通の油性インクは貴重)。

というわけで、油性ボールペンの黒と青をまず選択。
あとの2ヶ所には何を入れようかしらということで、次に決まったのは0.7のシャープペン。

多機能におけるシャープペンは「いる」という人もいれば「いらない」という人もいますが、小生は意外といる派。
常時鈍器のような筆箱を持ち歩いているとはいえ、シャープペンをわざわざ取り出すのは大げさな場面というのが結構あります。
それがまたこだわった製図用のシャープペンなんかだと、落としたりした時のダメージなども気にかかります。

おそらくそういう場合はちょこっとだけ必要な場面でしょうから、「便利さ」>「書き心地」の考え方でシャープペンも選んでおきましょう。
太芯シャープは楽しいので、今までコレトにもスタイルフィットにもなかった0.7を選びます。
最後の最後で選べる多色市場に参入した強み、後端ノックの工夫も見逃せません。

で、最後が問題。
別に4ヶ所全部にリフィルを入れなくてもいい気がして、空けておこうかなと思ったのですが、これまでの自分の選択を振り返りながらさらに考えてみました。

これまでの選択について、自分で自分につっこむと以下のようになります。

それは、いつも自分が大量の筆記具に囲まれ、外出時も鈍器のような筆箱を持ち歩いているから言えることではないかと。
もし1本しか筆記具を持てなかったとしたらそんな贅沢は言えるかと。

そこで仮に1本しか筆記具を持てない状況を考えてみます。
今までは「多色軸=書き心地に期待してはいけないもの=便利さ重視で選ぶべき」路線でしたが、この状況下でもし何かをきれいに書き上げる必要が生じたら?
そこは書き心地に目をつぶってもゲルインクをチョイスすべきではないのか。

否。

それでもゲルインクの選択はやめておきましょう。
1本しか筆記具を持てない状況というのは、ある程度あわただしい状況だと考えられます。
仕事中は1本しかエプロンに差してはいけないとか、旅行の荷物にペン1本しか入らなかったとか。
そんな落ち着かない状況の中、ゲルインクを満足に使いこなす自信は小生にはありません。
なぜならゲルインクにはインクの乾きが悪いという欠点があります。
ゲルインクを普段使いする人にはあきれられるかもしれませんが、小生の字の書き方では手についたゲルインクがぺたぺたスタンプになる現象が起きてしまうことは自分でよく分かっています。

そこに登場するのがエマルジョンインク。

ある程度あわただしい状況で、油性ボールペン以上ゲルインク未満の書き上がりが期待できるボールペン。
ゲルインクのようにインクの乾きに神経をとがらせる必要がない点は大きいですよね。
仕事中に何かをきれいに書かなければならない時、あるいは旅先からポストカードを出す時など、普通の油性ボールペンと同じくらいの手軽さで美しく書き上げることができるのは非常に便利な気がします。

が、個人的にエマルジョンインクをそこまで評価していないこともあり(少なくとも自分には書き味が安定しないように思える)、オーソドックスな油性を主にし、エマルジョンには補佐的に働いてもらうことにしたというしだい。

それに、先に述べた「筆記具を1本しか持てない状況」というのは非現実的ですし、いざとなったら油性ボールペンでもある程度きれいな字を書くことができますよね。
経験上、旅先のポストカードなどはつるつるした材質のものが多く、油性ボールペンならなんでもカバーできるという強みもあります。

そう考えるとなんとなくエマルジョンインクがいらない気もするのですが(´_ゝ`)、まあ実験的に今回初登場のブルーブラックなどを試してみることにします。

そんなこんなで、あとはプレフィールに出会うべく都会に出かけるのみ。
気分はニューヨーク!ニューヨーク!であります。
[PR]
by mukei_font | 2012-09-17 10:09 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(4)
Commented by 古川耕 at 2012-09-17 10:55 x
め、めんどくさい……!!
ですが、多色ボールペン観が私と非常に近いので激しく同意してしまいました。
(特に「ゲル最強→キャップ式の単色」「多色ボールペンは書き味悪い」は1000%同感です)

プレフィールのリフィルでぜひ感想を聞いてみたいのが、エマルジョンの0.3です。
低粘度を謳ったインクとしては、おそらくこれが最細かと思われます。
(ohtoのi-Fitインクではすでにありますが)
すごく細いのにカリカリじゃない、というちょっと他にはない書き味です。
もしよかったらお試しを!
Commented by mukei_font at 2012-09-17 13:23
>古川耕さん
長い長い記事をお読みいただきありがとうございます。
1000%同感をいただいた部分もあるようでうれしく思います。
あれこれ書きながら、「だからそれは多色・多機能の仕組み上仕方ないでしょ」という声も聞こえたのですが、だからこそ問題点(と自分が感じる部分)を回避した選択もありかなとあれこれ考えてみました。
エマルジョンの0.3は野次馬的には気になっておりました。
食わず嫌いではちょっと情けないしなあ…
ということで、こんなに考えたメンツを再考する必要が生じました(泣)。
Commented by カズ at 2012-09-18 14:29 x
はじめまして。
最近、ブログを見始めましたが、文房具への観点が参考になります。特に今回の「多色ペンは芯が斜めに出る」は、なんとなく感じていた疑問に明確な解が出ました。

選べるペンは楽しそうですが、アクロボール派の自分には辛い話。
多機能ペンとかコレトでアクロ芯とか欲しい今日この頃です。
Commented by mukei_font at 2012-09-18 20:35
>カズさん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
長い記事をお読みいただきありがとうございます。
確かにアクロボールファンはちょっとさみしいかもしれません。
コレトにアクロ芯が加わればいいですね。
他社の軸に入れるのでよければいろいろ方法はあると思いますが(スタイルフィット軸にアクロボールの多色芯とか)…
こんな感じでかなり内容の偏ったブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。
<< まちかど文具・その101〜その... 深夜のひとこと(クールダウン)。 >>