猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(48)
(33)
(15)
(9)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
こんばんは。最初に猫町さ..
by パソ活 at 23:22
はじめまして。 私は、..
by 芦原英幸 at 14:47
季節の変わり目はただでさ..
by cheery_box at 23:38
猫デルデの実物みましたが..
by あるけみ at 21:22
こんにちは。 デルデを..
by ともこ at 11:48
青つながりで。 ジュー..
by YAS at 23:07
こんにちは。 文具力か..
by YAS at 12:38
猫町さま。 おかしな質..
by 焼き魚 at 09:33
猫町フミヲ様 おお~っ..
by たまみ at 08:15
連用日記、おかげさまで3..
by YAS at 21:09
えーっ、あの独特のペン先..
by YAS at 20:30
今晩は。(コメント修正し..
by YAS at 20:09
あぁ、まだ都会に行ってな..
by あむ at 07:27
>てっつぁん 分析、楽..
by mukei_font at 06:21
>あるけみさん ありが..
by mukei_font at 06:21
>百浩さん 無罫は一度..
by mukei_font at 06:20
>てっつぁん S20の..
by mukei_font at 06:19
>YASさん おお、猫..
by mukei_font at 23:16
>睡蓮さん 場所によっ..
by mukei_font at 23:12
>ksjjさん S20..
by mukei_font at 23:11
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


現代シャープペン事情~まとめと反省篇~

お待たせいたしました。
いよいよ今夜で「現代シャープペン事情」も最終回。

これまで長々と、実に長々とシャープペンについて書いてきましたが、今夜はそれらを振り返りながら、あれこれぼやいてみたいと思います。

以下にこれまでの記事を短く振り返ると…

まず、現代シャープペン事情~クラスで人気のシャープペン篇~では今回の調査にいたったいきさつと、クラスで人気のシャープペンについての調査結果を述べました。

なお結果は、

1位:クルトガ
2位:Dr.グリップ
3位:αゲル
4位:S3

次に、現代シャープペン事情~クルトガ篇~では、見事クラスで人気No.1シャープペンに輝いたクルトガの秘密に迫りました。
クルトガのどんなところが支持されているのか?
同時にクルトガへの不満点も調査しました。

現代シャープペン事情~Dr.グリップ篇~では、クルトガに続いて人気のDr.グリップについての意見を整理しました。
肯定派はどこに惹かれ、否定派はどこに不満を持っているのか?

さらに、現代シャープペン事情~S3篇~では当初小生がクルトガのライバルだと思い込んでいたS3について探りました。
クラスでの人気はさほどでもないにもかかわらず、愛用シャープペンとして多数から支持されたS3の魅力とは?

そして、現代シャープペン事情~愛用のシャープペン篇~では、調査協力者の愛用のシャープペンについての調査結果をまとめました。

なお結果は、

1位:PILOT・S3(6人)
2位:ぺんてる・グラフ1000(5人)
3位:三菱・クルトガαゲル(2人)
3位:PILOT・Dr.グリップ(2人)

どれも長い記事ですが、詳細をお知りになりたい方はぜひ元の記事をお読みください。

さて、ひょんなことから若人のシャープペン事情を調べることになった今回の調査。
まずは反省点から述べていきましょう。

これは何といってもデータの少なさ、であります。
父兄や先生方からの聞き取り調査をのぞくと得られたデータは、

中学生5人(男1人、女4人)
高校生6人(男3人、女3人)
大学生2人(男1人、女1人)
専門学校生・予備校生2人(男1人、不明1人)
計15人

これは調査ではなく、ただの世間話ですよね…(´_ゝ`)

でも、こんなことがない限りコメントを書き込んでくださらなかったと思われる若い読者の方々からコメントをいただけたのは本当にうれしかったですし、有意義でした。

何より少人数だからこそ自由記述での調査ができ、自由記述だったからこそ細かい意見まで聞くことができたのは大きかったです(まとめるのは難儀しましたが)

仮に何百人、何千人からデータを取ることができても、それが機械的な質問紙であるならば得られるのは数値のみです。
もちろんその数値のみで物を言うために膨大なデータが必要になってくるわけですが。

ともあれ個人のブログで読者に呼びかけただけの試みにしては濃く楽しめたと自画自賛しております。
皆さん、本当にありがとうございました。

こんなふうに「調査風のエベント」でウキウキしていた小生は実はすごいことに気づいてしまいます。

高校教師の友人がいる。

早速事情を話すと「OK!OK!イケるイケる!そんなんちょちょいのちょい!」とのこと…
はわ…
夢にまで見た何百というデータが手に入る…?
一応友人が間に入っているということで、つっこんだ聞き取りもあるいは可能…?

夢が!
広がりまっくす!

まあまあそれはおいおい考えよう。
本当にやるとしたら今度こそきちんとした調査項目にしたいし、せっかくならシャープペン以外のことも聞いてみたいし…
シャープ芯?消しゴム?蛍光ペン?
ハアハアハアハア…
あかん、冊子みたいなアンケート用紙になってまう!

それに集めたデータをいったいどうやって集計したらいいのかという問題もある。
心理学科の時はSASで統計解析をしていたのですが、そしてそのプログラムを書くのがちょっと好きだったのですが(いつの時代?)、今はどうなってるんだろう…
貴重なデータを使いこなせるのか!

ということなので、これは「可能性があるよ」というだけでもうお腹いっぱいであります。

話を今回の調査に戻して反省を続けます。

データ数はこんなものとして、じゃあ他に何を調査で聞けばよかったのか?ということについて考えてみました。
これは(規模はともかく)次回同様の調査を行う時にもヒントになるのではないかと。

思いつくままに列挙してみると…

・普段書く字の大きさ
・字を書く上で重視すること(速さ、美しさなど)
・シャープペンの持ち方(持つ位置、角度、筆圧など)

これらを聞いておくとあるいはその人がなぜクルトガやDr.グリップを支持したのかが分かったかな、と。
一部の方々はこれらにも言及してくださったので、解釈がとても楽しかったです。

一番いいのは書いた字を見せていただくこと、さらにいいのは字を書いているところを見せていただくことなんですが…それはさすがに大がかりですよね。
ほとんどフィールドワークというか…(´_ゝ`)

調査については他にもいろいろ考えることがあります。

集めるデータをより実りあるものにしようとすると、当然のことながら質問項目から考え抜く必要があります。
今回のような思いつき的な調査ではなく、たとえばシャープペンそのものの分析から始める必要があるのかも。

今回はたまたま「クルトガ」「Dr.グリップ」「S3」とタイプの異なる3種類についてバランスよく聞くことになりましたが、そもそもこれらはどんなシャープペンの代表選手であるのか。

特殊な工夫を凝らした系?
グリップに特徴がある系?(それは単に太軸ということとも違うのか?)
製図用シャープペン系?(それは単に細軸ということとも違うのか?)

シャープペン側の分析、そしてユーザー側の分析、それらがあってこその有意義な結果の分析ができるのかもしれません。
…って誰がするんや。

これはとびきり頭のいい人が必要ですなあ。
そして中学教師と高校教師が多数。

猫町の出る幕無し…(´_ゝ`)

反省すればするほど非現実的になっていくので、最後に現実的なぼやきを。
今回の調査の感想はすばりこれです。

みんなリッチすぎる。

皆さんが持っているシャープペンの単価の話です。
クルトガのスタンダードモデルで1本¥450(税抜)。
それをほぼ全員が持っていて、持っている人は複数本持っているって言うじゃないですか。
ちなみにクルトガαゲルが¥850(税抜)、ハイグレードモデル/ローレットモデルが¥1000(税抜)。

Dr.グリップにしてもそうです。
Gスペックで¥600(税抜)。
フルブラックやピュアホワイトだと¥800(税抜)。
けっして安くはないです…

幸いS3は¥300(税抜)と唯一リーズナブルですが、愛用のシャープペンの第2位を思い出してください。
ぺんてるのグラフ1000は¥1000(税抜)です。
高いです…

これがもし「愛用のシャープペン」だけの結果なら、ああ、みんなシャープペンが好きなんだな、やっぱり好きなものにはお金を惜しまないよね、となるのですが、そんなに文房具に夢中ではないはずのクラスメイトもしっかりクルトガは持っているというのが…

恐るべきクルトガ教。

中高生時代が遠い過去となって久しい小生などからすると、これらの単価の高さは隔世の感を禁じ得ないわけですが、それでも文房具好きなので理解は可能です。
でもたとえばうちの両親くらいの世代になると…ちょっと理解を超えているかも…

同様に、今回の調査結果でおもしろかったのはこれ。

誰も¥100シャープを使っていない。

¥100シャープというのはあれです。
PILOTのスーパーグリップノックとか三菱のベリーシャ楽とか。
だいたい¥200くらいまでの値段で、ボールペンたちと一緒にシリーズ化されているようなアイテム。

もちろん「クラスメイトの中にはレックスグリップを使っている人も」という報告もありますし、オプトを愛用しているという声や、タプリシャープを愛用しているという声もあったのですが、クラスで人気のシャープペンのランキングに食い込んでくるほどではありませんでした。
こういう点からも単価の高さが見て取れます。

となると、いったい誰が¥100シャープを使っているのかという疑問がわいてきます。
大人?
研修等で急にシャープペンがいるようになって足早に購入していく大人?(確かに朝イチのお客さんに多かった)
そんな大人のために各メーカーは¥100シャープを作っているの?

¥100シャープの中でも、特にボールペンのラインナップの一環として登場したと思しきビクーニャシャープあたりのせつなさ…
シャープペンになるともう世界一なめらかな低粘度インキとか関係ないからなあ。
それはタプリシャープとかエナージェルシャープにしてもしかり。
まあ、タプリシャープは残芯3.5mmまで書けるということですが、芯が「たっぷり」という連想からすると、シャープ芯がどばどば入るのかと思ってしまうというか、それはサンスターのシンドバットか…(廃番?)

とにかく、今の若人たちはそんなせつない¥100シャープに目もくれず、日本が誇る素晴らしいシャープペンをきっちり選んで使っている。
そして、その理解と支持こそが、さらに日本のシャープペンの技術を高めていく。

そういうことではないでしょうか。

思いつきで始めた調査にしては大がかりな記事になってしまいました。
調査にご協力くださった学生の皆さん、若者の情報を伝えてくださった大人の皆さん、そして今なお現役でシャープペンを愛用しておられる大人の皆さん、本当にありがとうございました。

シャープペン好きの皆さん、次回はシャー芯プロジェクトでお会いしましょう!(いつになるかは分かりませんが)
[PR]
by mukei_font | 2012-10-24 19:56 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(17)
Commented by mattarietto at 2012-10-24 21:07 x
 言われてみれば、確かに文房具にいくらぐらい使っているんだろう…。でも、100円のシャープペンも使います。100円のシャープペンならプラチナのA-PENが芯が短くなるまで使えるので好きです。後、ビクーニャシャープペンは値段の割に使いやすいと思います。また、ボールペンと一緒にシリーズ化されたものの一つであるぺんてるのシャープレットファインは塾に行くときに愛用しています。
Commented by カズ at 2012-10-25 00:04 x
100円シャープというと、5年位前に買った「S」とかいうのを愛用してた。
三角グリップで、小型繰り出し式消しゴム付きと、なかなか拘り機能。
セブンイレブン限定だったらしく、再び欲しいのだが見たことないという……


シンドバッドは持ってます。未開封が3コもあるw
今度、シンドバッドマルチペンが出るとか。8本芯が入るらしいです。
Commented by 輪音 at 2012-10-25 00:29 x
お疲れ様でした。
次回の芯研究も楽しみにしております。
支援記事として遅きに失した感はありますけれども、『書くことの愉しみ~早川式』を書きました。よろしければ御笑覧ください。
しかし、わたしの嗜好と皆さんの嗜好との違いが大きすぎるような……。

ううん。

Commented by at 2012-10-25 00:36 x
ちなみに個人的なオススメのシャープペンシルはロットリングのティッキーⅡです。
Commented at 2012-10-25 08:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-10-25 20:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まよせん at 2012-10-26 23:56 x
研究、お疲れ様です。
MPについてはあまりアツくないのでただ見守っていました・・・
私は小中学生相手の塾講師をやっていますが、確かに100円シャープはあまり見かけない気がしますね。小学生なのにグラギ500から始まりグラギ/グラフ1000、かと思えばタフ0.7などなど。
もちろんトンボ8900でぶっとい字を書く子やファンシーものを使う子もいます。

私はMPはプラチナのグラマーソフトとカラーフライトという、まったく方向性の違う2本を並行して使っています。製図用MPのシャープさ・安定感は素晴らしいのですが、その安定感が逆に物足りないというか、私には「太くて柔らかい人」と「細くて固い人」を交互に使うほうが合っているようです。
Commented at 2012-10-27 21:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by GB at 2012-10-27 21:41 x
カズさんの言われてる「S」というシャープペンシル、私も愛用していました。
セブンイレブン限定で販売していたものとはプリントの位置や色が違うのですが、「 F-WPS112W (Wはホワイト) 」という型番号でコクヨからまだ販売されています。
通販で探せばまだ手に入りますよっ!
Commented by mukei_font at 2012-10-27 22:47
>mattariettoさん
おっと¥100シャープも使っておられましたか…
あれこれ使われたうえでのドラフィックス300だったというわけですね。
ボールペンもそうですが、安いものから高いものまでそれぞれによさがあって楽しいですよね。
¥100シャープに関しては、本体の軽さやデザインはそれなりでいいと思うのですが、パイプが引っ込むタイプだけはどうしても許せない小生です(またほとんどが引っ込むタイプですよね)。
例えば三菱のシフトのようなパイプ収納タイプは好きなのですが、あの中途半端に引っ込む感じが…
Commented by mukei_font at 2012-10-27 22:49
>カズさん
S、という名前なんでしょうか?
見てみたいです。
シンドバッド…(´_ゝ`)
あれ、あんなに芯いらないですよね…(´_ゝ`)
シンドバッド多機能ペン、以前からもあった気がします。
確かに多機能でシャープ芯が多めに入るのはありがたいかも。
でも本当につまらないようになっているのかな…
Commented by mukei_font at 2012-10-27 22:57
>輪音さん
『書くことの愉しみ~早川式』、読ませていただきました。
たくさんのシャープペンたち…皆さんそれぞれに歴史がありますね。
モンブランの突針、素敵でした。
ロットリングのティッキー、小生も好きなシャープペンです(所有してはいませんが)。
輪音さんのおかげで、記憶からこぼれ落ちていたLYRA55を思い出すことができました。
ありがとうございました。
Commented by mukei_font at 2012-10-27 22:58
>非公開コメントさん
太軸の¥100シャープがあれば言うことないですね!
今後太軸のものを見るたびに思い出しそうです。
今後もコメントお待ちいたしております。
Commented by mukei_font at 2012-10-27 23:00
>非公開コメントさん
なんと!
心強い調査協力者が!
その際はよろしくお願いいたします。
Commented by mukei_font at 2012-10-27 23:00
>まよせんさん
見守ってくださってありがとうございます。
小学生なのにグラフギア…(´_ゝ`)
親がシャープペン好きで無理矢理子どもに買い与えたとかじゃない限り許さん…
買おうか買おまいか何年も逡巡している中年もいるというのに…
まあ冗談ですけど。
もらったおこづかいの使い道は自由ですもんね(涙目)。
カラーフライトは個人的にかなり好きでして(細軸でグリップなし)、今回の調査でももっと名前が挙がるかと思っていました。
「『太くて柔らかい人』と『細くて固い人』を交互に使う」…
非常によく分かります。
甘いものを食べた後に辛いものが食べたくなるのと同じですよね(同じなのか)。
でもみなさん、多かれ少なかれそうしておられるのかも。
筆箱の中にタイプの違う人たちがいろいろ入ってそうですもんね。
Commented by mukei_font at 2012-10-29 16:48
>非公開コメントさん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
現場でのリアルなお話、今後もたくさんお聞かせください。
Commented by mukei_font at 2012-10-29 16:51
>GBさん
「S」というシャープペンについての情報ありがとうございます。
(カズさん見てくれているといいな…)
<< 現代シャープペン事情~資料篇~ マイシャープペンシルズ(補足)。 >>