猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(53)
(33)
(15)
(9)
(9)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
80年代のマンガ雑誌、な..
by あるけみ at 13:56
包装紙を開くのって、性格..
by みる at 23:43
ボールペンを使い切る時の..
by narkejp at 05:51
猫町さんはじめまして。 ..
by masati at 13:38
猫町さんの筆記体の読みや..
by cheery_box at 13:57
筆記体は筆記速度が速いと..
by あるけみ at 20:49
>カズさん ぺんてるの..
by mukei_font at 11:53
前々から郵便局の文具は気..
by カズ at 11:14
猫町さんお元気ですか? ..
by あるけみ at 01:53
カクノは私が万年筆にハマ..
by あむ at 23:07
文具じゃないですが昔F1..
by ヨッシー at 15:34
文房具じゃないですけど、..
by ふりふりばなな at 15:11
猫町さんこんにちは。 ..
by あるけみ at 14:51
我が家にもタプリあります..
by あるけみ at 02:50
今日の仙台育英は胸熱展開..
by horenso39 at 21:03
カテゴリができてますね!..
by ニャル子 at 12:59
消しゴムまで温度で変化す..
by ともこ at 12:08
ペン爆発とは恐ろしい…。..
by ともこ at 12:04
マッキー様、横から失礼い..
by ともこ at 10:03
久々の書き込みお邪魔しま..
by ともこ at 09:57
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第2回OKB(お気に入りボールペン)48総選挙・猫町版。

昨日ようやく「すごい文房具デラックス」(KKベストセラーズ)を入手、遅ればせながら「第2回OKB(お気に入りボールペン)48総選挙」の結果を知った。

第2回OKB48総選挙についてこれまでに書いた記事はこちら。
第2回OKB(お気に入りボールペン)48総選挙。
第2回OKB(お気に入りボールペン)48総選挙(感想)。

まあ全体の結果はさておき、投票方法の是非などもさておき、個人的な覚書として今回自分がどういう思考をへて1本を選ぶに至ったかを記しておきたい。

まずOKB48のメンバーを見てすぐに3人にしぼられた。
すなわち、

三菱・ジェットストリーム
三菱・ユニボールシグノ
ぺんてる・ハイブリッドテクニカ

なお、OKB48のメンバーの中で一度も握手(=試し書き)をしたことがないのは、三宝のウォーキーペンだけ。
それ以外は持っているか、自分のものではないにせよさんざん使った、もしくは店頭で買うことを前提に真剣に試し書きしたものばかり。
これで握手はしたものとして迷いなく進むことにした。

さて、先ほどの3人については後述することにして、意外に難航したのが4位、5位の選出。
結果から言うと、4位、5位の選出は放棄した。
まったく優劣がつかないのだ。

以下は候補には上がったが横並びだったメンバーたち。

三菱・パワータンク
PILOT・アクロボール
PILOT・オプト
PILOT・スーパーグリップ
ぺんてる・スリッチ
ぺんてる・ハイブリッドEK105

これらの中であえて言うなら、

PILOT・アクロボール
PILOT・オプト
ぺんてる・スリッチ

が4位に相当する。

三菱・パワータンク
PILOT・スーパーグリップ
ぺんてる・ハイブリッドEK105

は5位相当。

こんなわけで、実際にweb投票したのは3位まで。

それではまず5位相当のメンバーから見ていく。
これらのメンバーに共通なのは「情に訴えてくる系」(あくまでも個人的に)。

三菱・パワータンク
→出始めの武骨さから徐々にではあるが進化した点、こういうランキングでは不利な「加圧式」が売りな点…分かってもらえないのにまた出てきたのか、どうしてだよ、傷つくのが平気なんて嘘だろ。パワータンクを捨て置くことなど小生にはできない。

PILOT・スーパーグリップ
→ノック式限定ならあるいは4位グループに入れたかも。昔かっこいい人が使っていたというだけで、どうしても他の100円ボールペンとは一緒にできない。ある時期本気で「なりたい」と思ったボールペン。

ぺんてる・ハイブリッドEK105
→初めて恋したボールペン。初めて替芯を買ったボールペン。田舎町の高校生だった。それだけでもう十分な理由。

続いて4位相当のメンバー。
確かに優秀なのだが今一つ決め手がない。
うっかりしていると、先ほどの5位グループとの区別さえあやしくなる。

PILOT・アクロボール
→いわゆる「新油性」の中では一番油性ボールペンぽいところ。これくらいで十分だと思える。が、芯だけが好きなのかもしれず…(外見が好きじゃない)

PILOT・オプト
→ふと手にしたときの安心感。たとえば店員に差しだされるボールペンがオプトなら幸せになる。そんなボールペンは他にはないのだが…

ぺんてる・スリッチ
→幾本というPILOTのHI-TEC-Cをダメにしたあとの小生にはとんでもない救世主に思えた。ああ、自分にも使えるカラフルな極細ボールペンがあるんだなと思って。しかし染料系インクがどうにも残念で…

以上が、4位、5位の選出を見送った理由。
今あらためて考えてみても、やっぱりこれらの中から2人を選ぶのは不可能。

さて、それでは迷いなく選んだ最初の3人に話を戻そう。

三菱・ジェットストリーム
三菱・ユニボールシグノ
ぺんてる・ハイブリッドテクニカ

これら3人のうち3位はすぐに決定。

三菱・ユニボールシグノ
→抜群の安定感。特にキャップ式0.38の黒。これがなくなると相当困る。考え事をしているうちにインクが少々出すぎる点以外はまずケチのつけようがない。

で、問題は上位2人。
最初からこうなると思ってはいたものの、同率1位などの逃げ道はなく、本当に1本を選ばなければならないイベントのようでこれは相当苦しんだ。

ジェットストリームか?ハイブリッドテクニカか?
これを究極の選択と言わずして何と言う。
すでにこのブログをお読みいただいている方々には、小生がいかにこの2本を偏愛してきたかがお分かりのはずだ。

職場では片時も離さず、なくしたといっては嘆き、見つけたといってははしゃぎ、はてはコイルコードで名札からぶら下げていたマイジェットストリーム
あるいは履歴書から恋文まで、人生のあらゆる局面をともにしてきたわが伝家の宝刀ハイブリッドテクニカ

使っている最中の快感、書き上げた文字の満足度。
まったく差がない。
かたや「最強」、かたや「伝家の宝刀」。
差があるわけがないのだ。

試みにこの2人と過ごした時間に思いをはせてみた。
先に出会ったのはハイブリッドテクニカ。
ジェットストリームとの歴史はせいぜいここ数年のこと。
だがそれがなんだというのだろう。
ともに過ごした日々の長さなどなんの基準にもなりはしない。

次にしたのは2人を擬人化し、そのうちのいずれと結婚するかという想像だ。
結婚したことがない人間がする想像だからたかがしれているが、それでも真剣に考えてみた。
若くて優秀かつモテモテの人か、地味だが優秀で自分と爆発的に相性のいい人か。
有利なのは後者だ。
が、前者でも問題ないはずだ。
なぜなら相手は人間じゃないからである(なんやそれ)。

ジェットストリームがハイブリッドテクニカに勝る決定的な要素。
ハイブリッドテクニカがジェットストリームに勝る決定的な要素。

こうなったらあら探ししかない。

ジェットストリームの欠点→時間の経過とともに起こるにじみ抜け。
ハイブリッドテクニカの欠点→インクの乾きの遅さ。芯の劣化の速さ(猫町調べ)。

これらのことは最初から頭にあった。
両者を知り尽くして愛してきたのだ。
だが、もうこの欠点で優劣をつけるしかない。

長く変わらぬ愛を誓えるハイブリッドテクニカを小生は選んだ。

変わることが苦手な小生は、ずっと同じ調子で同じことを繰り返しながらひっそりと生きていきたい。
そんな小生のペースにきっとハイブリッドテクニカはついてきてくれる。
もしも自分の人生が筆跡に凝縮するというのなら、そこに必要なのは間違いなくハイブリッドテクニカだ。
そしてそれが何よりも大切なことだから。

そんなこんなで小生の第2回OKB(お気に入りボールペン)48総選挙は終わった。

小生の愛するハイブリッドテクニカは実に微妙で中途半端な順位だった。
でもそれでよかったと思っている。
このイベントで大切なのは全体の結果ではないはずだ。
今回こうして小生が懊悩したようなあれこれこそに意味があるのだ。

本当に公正な結果にするつもりなら複数投票を許してはならないし、握手会という名の「試し書き」を重要視したいならweb投票分は合算しないほうがいい。
が、そのような厳密なことよりも、一昔前には妄想だと笑い飛ばされるレベルのわくわくするようなイベントが実際に行われたことや、それをまとめた楽しい雑誌が出版される時代になったことを喜びたい。

タイムマシンがあったら10年前の自分に、20年前の自分に言いに行く。
絶対に楽しいことが待ってるから死のうとするなと。
自分の信じた筆記具を手にし、思うがままに文字を、文章をただ綴り続けろと。
[PR]
by mukei_font | 2012-10-28 16:44 | 文房具与太話 | Comments(12)
Commented by anbo at 2012-10-28 23:07 x
「すごい文房具デラックス」、先日ふとよったコンビニで売っていたので、たまらず立ち読みしてしまいました。
お目当てはアクロボール0.4。
残念。
しょぼんとしながら石ころ蹴っ飛ばしながら家路につきました。
Commented by はじめ at 2012-10-29 00:14 x
ウォーキーペンに一票投じさせていただきましたが、予想通り(?)の順位でした。ウォレットペン、皆さん使ってませんものね。。。

短すぎて書きにくいですが、財布にしまたときにかさばらず、クリップもしっかりしていて耐久性があり、ウォレットペンとしての基本は◎だと思っています。でも、芯をしまってると軸が抜けちゃうのはさすがにどうにかして欲しいところです。手帳用のペンなみに、ウォレットペンももっと競争があれば、改善されるのでしょうけど。

何はともあれ、私にとっては他にかえがたいペンとなっております。
Commented by まよせん at 2012-10-29 01:38 x
私はVコーンに入れました。滲みやすく紙を選ぶことやキャップほぼ必須の水性は伸び悩むかと思いましたが、神7入りで一安心しました。しかしこれらの欠点のため筆箱の中には居ません。
Commented by 古川耕 at 2012-10-29 10:23 x
どうも、OKB総選挙の回し者です。
この記事が読めただけでもOKB総選挙、やっててよかったです……報われました!
ボールペンそのものも楽しいですが、ボールペンについてあれこれ語ったりするのも同じくらい楽しいですよね。
ニーズがあるのかどうか分からぬままにとりあえず全力で投げてみたボール(記事)ですが、こんなにもナイスに受け止めてくれる人(どころか全力で打ち返してくれる人)がいてくれて本当に感無量です。

現代シャープペン調査についても大変興味深く読ませて貰ってました。
僭越ながら勝手にシンパシーまで感じていたりして。
いずれまとまった形で読めること、期待しています!
ではでは。


Commented by mukei_font at 2012-10-29 17:21
>anboさん
お察しします…
でも古川耕プロデューサーも「0.5mmの書き味は至高。この順位は低すぎる」とコメントされていましたよ。
小生も0.5mmは大好きです。
Commented by mukei_font at 2012-10-29 17:21
>はじめさん
(´_ゝ`)
まさかのウォーキーペン…
確かに財布にはさんでおられるお客さんを見たことがあります。
しかしさすがはじめさんですね…
Commented by mukei_font at 2012-10-29 17:22
>まよせんさん
Vコーンは「4、5位グループ」に入れるかどうか迷ったのですが、世間一般の高評価や熱狂的な支持者の存在が気になり、今回は見送りました。
万年筆のような感触で使えるという点では非常に快適なペンなのですが、自分の字との相性はやはりゲルインクの方がいいので…
Commented by mukei_font at 2012-10-29 17:24
>古川耕さん
前回はいきなり結果を知ったOKBでしたが、今回は参加できてとても楽しかったです。
苦渋の決断でハイブリッドテクニカに一票を投じ、永遠の愛を誓ったわけですが、もしもぺんてるがこの先ハイブリッドテクニカを@@(言霊を信じるので伏字)にしてしまったら本当に生きていけないかもしれません…
どうかそんなことがないように、今後もOKBを、そしてハイブリッドテクニカをよろしくお願いいたします。
Commented by at 2012-11-05 15:51 x
はじめまして、こんにちは。
いつも楽しく拝見させていただいております。

このまま未来永劫コッソリ楽しませていただこうかと思っていたのですが、パワータンクのお話があまりにもツボに入りすぎたので、どうしても書かせていただきたくなりましたw

まさに「わかってもらえないのにまた・・・」なんですよねぇ。
ダウンフォースやエアプレスにしてもですが、この絶対無比な能力は短いくるくるでは到底理解してもらえないのは当然で。
投票結果のグラフ、握手会での得票の少なさを見るとあまりに不憫で・・・
ただ、毎日壁を机代わりに、はたまた雨の中手に持ったメモに、と持ち主の無茶にグズりもせず寡黙に答えてくれるパワータンクの素晴らしさを自分だけはわかっている、という愛し方もアリだと思ってますw

コメント長くなりすみませんでした。
最後になりましたが、寒くなってきましたので、風邪など引かぬようご自愛のほどを。
Commented by mukei_font at 2012-11-06 20:44
>松さん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
確かにおっしゃるとおり、ああいうイベントに加圧式の油性ボールペンは向きませんよね。
文房具屋の店頭は常に握手会場なので、ああいう実力派のペンたちがなかなか振り向いてもらえない場面というのを実によく目にしました。
たまにTVで加圧式ボールペンが取り上げられると、「そんなのがあるんだ?」と問い合わせがあったりするのですが、試筆したところでピンと来ず、結局買わなかったり、なめらか系のものやゲルインクボールペンを代わりに買って帰ったり(泣)。
加圧式ボールペンの実力はボールペンが書けなくなるというストレスに直面した時にこそ実感されるものですが、いかんせんボールペンや芯が安いので、「チッ、書けなくなったぜ」くらいで次のボールペンに手をのばしてすんでしまうんでしょうね。
知らない人は永遠に知らないし、知っている人は熱い。
それが加圧式ボールペンなのかもしれません。
Commented by 遠山K at 2013-01-11 17:57 x
今日、初めてお邪魔いたしました通りすがりです。
ハイブリッドテクニカをこれほどに愛されている方が周囲におらず、とても寂しい思いをしてきました。
私のナンバーワンもテクニカです。
@@にならぬよう、祈っております。
また来ますね~。
Commented by mukei_font at 2013-01-14 01:16
>遠山Kさん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
ハイブリッドテクニカ好きの方に立ちどまっていただけてとてもうれしいです。
またぜひ遊びに来てくださいね。
<< 書くを快適にする地味な人たち。 コメントに関するひとこと。 >>