猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(48)
(33)
(15)
(9)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
こんばんは。最初に猫町さ..
by パソ活 at 23:22
はじめまして。 私は、..
by 芦原英幸 at 14:47
季節の変わり目はただでさ..
by cheery_box at 23:38
猫デルデの実物みましたが..
by あるけみ at 21:22
こんにちは。 デルデを..
by ともこ at 11:48
青つながりで。 ジュー..
by YAS at 23:07
こんにちは。 文具力か..
by YAS at 12:38
猫町さま。 おかしな質..
by 焼き魚 at 09:33
猫町フミヲ様 おお~っ..
by たまみ at 08:15
連用日記、おかげさまで3..
by YAS at 21:09
えーっ、あの独特のペン先..
by YAS at 20:30
今晩は。(コメント修正し..
by YAS at 20:09
あぁ、まだ都会に行ってな..
by あむ at 07:27
>てっつぁん 分析、楽..
by mukei_font at 06:21
>あるけみさん ありが..
by mukei_font at 06:21
>百浩さん 無罫は一度..
by mukei_font at 06:20
>てっつぁん S20の..
by mukei_font at 06:19
>YASさん おお、猫..
by mukei_font at 23:16
>睡蓮さん 場所によっ..
by mukei_font at 23:12
>ksjjさん S20..
by mukei_font at 23:11
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


書くを快適にする地味な人たち。

木枯らし1号が吹きましたが、まだまだ過ごしやすい季節。
寒がりの小生が言うんだからまだ大丈夫(と言いつつ先月からフリースを着用)。

今日はそんな手書きの秋を満喫するための地味なグッズについて書きたいと思います。
もちろん秋に関係なく年中便利なグッズなんですけどね。

まずはこちら。
ソフト下敷きです(写真のものは共栄プラスチックの事務用ソフト下敷きA4サイズ)。
f0220714_1737591.jpg

ボールペンで字を書くときに下に何枚か紙を敷いたほうが安定した字が書けることは皆さんご存じだと思います。
このソフト下敷きはその快感と安心感を確実に手に入れることができるナイスアイテム。

こんなスタンダードなグッズ、ボールペン好きの方々はとっくに愛用されているのかもしれませんが、意外にも小生がこれを手に入れたのは文具店員を辞める直前でした。
ずっとその存在を知っていたにもかかわらず、なんとなく分かった気になって長らく代用品ですませていたのです。
すなわちレポート用紙の裏表紙の厚紙であるとか、レターセットに同梱されている厚紙であるとか。

でも全然違うんです。
ペン先がくっと沈んで吸い付くように安定する感じが厚紙とは全然。
もちろん厚紙にも抜群の厚みのものがあってこれぞ「神下敷き」というのがあるかもしれないのですが、そんな運命の「神下敷き」に出会う前に入手しちゃいましょうよという話。

小生のように「知ってるけど持ってない」「どうせ厚紙と似たようなもんでしょ」という方にぜひおすすめしたいアイテムです。
ボールペン好きなら持っていて損はないはず。

ちなみにソフト下敷きの代用品として軟質のカードケースを使用したこともありましたが、あれはダメですね。
まだまだ硬いです。
そう考えると片面がソフト下敷きになっているカードケースとかがあればいいような気も…(あるのかな?)

また、ソフト下敷きと同様の効力を持ったものにデスクマットがありますが、あれもいいですよね(すべてのデスクマットがというわけではないのでしょうが)。
ああいうものの上で字を書き慣れていると、硬いものの上で書いたときに「あれ?同じボールペン?」となるんじゃないかと思うほどです。
ただ、どうしてもデスクマットは大きいものになってしまう…

あと、こういう下敷き系ではっとさせられるのは役所や郵便局の記入マット。
いったいどこのメーカーのものなのか、素晴らしい書き心地を提供するマットに出会うことがあります。
あれ、いいなあ。

さて、もうひとつのグッズはこちら。
吸取紙です。
f0220714_17382567.jpg

写真の吸取紙にも絵が書いてあるように、これは本来本体に装着して使うものです。
いわゆるブロッターというやつです。
ブロッターについてはエルバンのものが素敵だったりするのですが、とりあえずはこの紙だけあればOK。
十分すぎる働きをしてくれます。

こちらの吸取紙についても、存在は十分に知ってはいるものの代用品でごまかしながら入手まで時間がかかった口。
なんでもっと早く手に入れなかったのか…
これがあれば万年筆のインクの乾きもノーストレス。

万年筆なんて使わないから関係ないと思われた方、乾きの遅いゲルインクにも使えますよ。
個人的に乾ききらないゲルインクが手についてペタペタスタンプ状になるのが大嫌いなので(まあ好きな人はいませんよね)、ゲルインクで書くときはいつも右手のあたるところに小さな紙片をそっとずらしながら書いていたのですが、なんでもかんでもインクを吸ってくれる紙というわけではなく、紙がさらにスタンプ化するという悲劇もなきにしもあらず。
特に愛用のハイブリッドテクニカのインクの乾きの遅さは折り紙つきゆえ…

その点この吸取紙はなかなか優秀。
まさにそのためだけに存在している紙なので信頼度も抜群。
むしろこの紙でダメならあきらめもつきます。

この紙をノートや手帳にはさんで携帯するだけでかなりのストレスフリー。
1枚の吸取紙さえあれば回避できるストレスというのは意外とある気がします。

それにしてもこれを使い切るところがちょっと想像できない小生。
だって普通に使っていたらこのピンクの紙がインクだらけにはまずならないですもん。
裏も表も使えるし。
持ち歩いていると紙がもけもけになりはしますが、この紙に何か書くわけじゃないですから。
もしかして死ぬまでこの紙数枚で十分、いやさんざん使ったとしてもこの1パック(20枚入)で間違いなく人生を終えるのでは…

こちらに関してもすでに多くの方が使われていることでしょう。
ただ、もしかして小生のように「買うほどじゃないよな」とためらっている方がおられたらと思いました。

どんなに安くて地味なものでもちゃんとその存在に理由があり、あればたちまち快適になる。
そんな素敵な人たちのお話でした。

猫町文具店(仮)で取扱い開始しました(実験的に)。
[PR]
by mukei_font | 2012-10-29 19:06 | その他文房具 | Comments(19)
Commented by いぬやま at 2012-10-30 00:25 x
<サンスター アイディア下敷き 硬筆タイプB5>を愛用しています。鉛筆使いなので真っ黒に汚れますが、ボールペン以外にも鉛筆やシャープも書きやすいですよ。
どのメーカーもこの手の下敷きは<薄緑色>なのが二の足を踏む原因なのでは・・・ないでしょうか?
Commented by Mu at 2012-10-30 20:07 x
わかります~
私も最近、工作マットと言うものを買いまして、今までカッターを使うときは便箋やレポートパッドの厚紙を使っていたのですけど、その違いに感動してしまいました。
100円ショップのものでしたので、ちゃんとした(?)カッティングマットはもっと違うのかな、と考えています。
吸取紙はかなり欲しいのですけど、売っているところを見たことがありませんorz
Commented by RMXー708 at 2012-10-30 23:28 x
横レスすみません
Muさんへ
カッティングマットの良し悪しは刃先の沈み込み+刃先の保護。
Bun2の文具王の文具講座からちょっと抜粋すると、
「先端がわずかにマットに沈み込むことで、先端の『点』ではなく『辺』を使うことになり、より安定して切れる」
「カッターの先端の抵抗を一定に保ち、安定させるから…」

文具王は毎回刃先を折って使ったりするとも書いてありました。
Commented by RMXー708 at 2012-10-30 23:40 x
続き
Muさんへ
刃先もマットも消耗品だと私は考えます。
刃先はわりと安価で交換出来、マットはある程度長持ちするけど、良いのは高いし…
ならば、刃先を頻繁に折ったり、交換するほうが良いかな!?とも思います。

刃物は角度+力の入れ方+切れ味だと思うので、100均のマットでも良いけれど、硬いとブレーキが難しいと感じます。
新油性で硬い面に1枚置いて書いた感覚と同様に。
真っ直ぐ切るだけなら問題ないけど、止めたり、曲線の時に差を感じやすいので、そのあたりを必要ならば、マットのグレード上げても良いかな!?とは思います。

あくまでも、主観的意見ですが…
Commented by RMXー708 at 2012-10-30 23:46 x
Muさんへ
吸取紙はイレギュラーな買い方かもしれませんが、マルマンのボストンノートとか、吸取紙付属のノートもあります。

猫町さんへ
先のコメントに不都合や訂正などございましたら、遠慮なく削除をお願いします。
勝手に回答しちゃった感じなので…。
Commented by anbo at 2012-10-31 00:18 x
度々こちらで勉強させてもらっています!長くなってしまったので連投お許しください。

僕が人生で初めて出会った下敷きが、小学1年生時に強制的に送り込まれた書道教室で配られたソフト下敷きです。
高学年になるにつれ、気づくとプラスチック下敷きが幅をきかせ始めました。小学校でも進学塾でも。
「それのどこが書きやすいねん。」
僕は小1から使っているソフト(もういろんな文字が写って真っ黒状態)で6年間通しました。
中高は一貫校にいきましたので、受験戦争とは無縁な穏やかな日々でしたが、やはり暗記科目の勉強で幅をきかしていたのは透明なプラスチック下敷き(赤派と緑派)。僕もさすがに、この時期から透明プラスチックのお世話に。しかし、「これは下敷きじゃねぇ。暗記用シートだ。」
普段の板書はソフト(ちょっといいやつ)にこだわっていました。
しかし、「ソフトを使うくらいなら、何も敷かないで書いても同じじゃね?みたいな、クールで合理的な集団の中にいたので、多分、ソフトを使っていたのは学年200人中1人だけでした。
あの日までは。
Commented by anbo at 2012-10-31 00:26 x
高3の中頃大学受験突入モードで、プラスチックの緑と赤をぼくもフル活用してた頃のある日の休み時間、テニス部キャプテン君が「あのさ、その下敷き良いね。」話しかけてきたのです。彼はアメリカの大学を目指していて、TOEFLやらエッセーやら追い込みで、朝から晩まで英語を書きまくっている時期でした。もう鬼気迫る感じでした。
そんな彼がある朝、「あのさ、その下敷き良いね。」と言ってきたのです!
翌日、キャプテン君に同じものを買ってきてあげるました。後日、キャプテン君に激しく感謝されました。「あれ、最高だよね!」興奮してました。(で、アメリカの大学に行っちゃったのでした。)
それから長い歳月が流れた今現在、ぼくは自称”3刀流”です。①敷かない②表(ソフト面)を使う③下裏(プラスチック面)をたまに使う感じ。
そうです!ソフトとプラスチックを合体させてるのです!
と、これが言いたいだけでした。
今まで心の奥底に抱え込んでいたソフト下敷きへの熱い思いが、今回のエントリーを読んでたら溢れ出ちゃいました。悪しからずであります。
Commented by Mu at 2012-10-31 20:09 x
RMX-708さん、わざわざアドバイスありがとうございます~
とりあえず今のもの使って、傷んできたら次はグレードを上げてみようかな、と思います。
ボストンノートは、これもまた見かけたことがありませんorz
田舎なので大きな文房具店がなくて…
吸取紙が付属している便箋などもあるようですので、そちらも探してみたいと思います(^-^)
ご親切にありがとうございました。

猫町さん、コメント欄を勝手に使わせて頂きましたが、不都合がありましたらすみません。
Commented by mukei_font at 2012-11-01 16:37
>いぬやまさん
やはり愛用者がおられましたね。
<薄緑色>がだめというのは斬新な説ですね…(´_ゝ`)
最初に硬質のプラスチック下敷きに出会うことが多いので、「下敷きといえば硬質」という思い込みがあるのかなと思います。
確かに鉛筆もシャープペンもソフト下敷きだとまた違った書き心地でいいですよね。
一度これに出会ってしまうと、これなしでボールペンを使うのが嫌になってしまうほどです。
Commented by mukei_font at 2012-11-01 16:38
>Muさん
確かにカッティングマットについても同じことが言えますね。
小生も100均のカッティングマットを愛用しています。
ライオンやオルファのメーカー品のほうが素晴らしいですが、ちょっと切る程度なら100均のものでも快適です。
それにしても便箋やレポートパッドの厚紙の汎用性の高さ…(´_ゝ`)
吸取紙、なかなかないんですね。
ちょっと高めの便箋(万年筆用っぽいもの)には付いていることがありますよ(LIFEのものやオキナのもの)。
一枚あったら十分なのでなんとか入手できるといいですね。
Commented by mukei_font at 2012-11-01 16:40
>RMXー708さん
いろいろありがとうございます。
コメントについての小生の考えは昨日(10月31日)の記事に書いたとおりです。
いろんな制約がある中で、それでもできるだけ皆さんに楽しんでいただける場であってほしいと思っています。
どうかご理解いただきますようお願い申し上げます。
Commented by mukei_font at 2012-11-01 16:41
>anboさん
ソフト下敷きへの熱い思いをありがとうございます。
小学生の時から使われていたのですね。
地味な文房具の記事でしたが、書いてよかったと思いました。
Commented by mukei_font at 2012-11-01 16:42
>Muさん
このたびのコメントに関する記事、お気を悪くされていたらごめんなさい。
Muさんに非はありません。
これまでどおり今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by のりこ at 2012-11-10 20:26 x
息子用にソフト下敷きを探し求め、4種類くらい買ってしまいましたが(笑)、これが1番よくて、学校に持たせてます!!
他のは教科書とかに張り付いてしまうのですが、これはそうならないので
すごくいいです!!
Commented by mukei_font at 2012-11-11 19:30
>のりこさん
4種類も買われましたか!
小生は何も考えずにこれを選びましたが、ラッキーだったということですね。
Commented by nobrin-7 at 2013-04-27 07:12
コメントの多さに圧倒されました。
皆さん文具は日常の道具なので関心が高いですネ・・・

私のボールペンマット?はデスク全面マット方式です。食卓のイスの座を自分で張り替えたのですが、使用済みの革の良いとこ取りをしてデスク全面に張っちゃったので、どこでもマウスどこでもスタンプどこでもボールペンになっちゃいました。何十年も尻に敷いて使い込んで硬くなった革なのでバッチリです。

我楽多市で木製のホルダーを入手し吸水紙をセットして使っています。私は文章はパソコンで書きますが、封筒の宛名書きは極太の万年筆を使うため、出るインクの量も多いのでそれこそ乾かない、吸水紙は必需品です。
万年筆の場合すぐに吸水すると書いた文字が薄くなる。ちょっと残念というかもったいないというか・・・ほんとケチですネ(笑)
Commented by mukei_font at 2013-04-30 23:23
>nobrin-7さん
こちらでははじめまして。
恥ずかしながらこちらのブログではコメントへの即レスが難しい状況です…
nobrinさんのデスクマットは本当にうらやましい限りです。
使い込んで硬くなったイスの座面の革なんて…
万年筆に吸取紙は必須ですよね。
確かにすぐに吸わせてしまうとインクが薄くなるので、しばらく眺めていることが多いです。
Commented by K at 2015-06-09 20:40 x
ソフト下敷きはとても良いと思うのですが,
横幅がA4ピッタリって感じで, A4用紙の下に敷きにくいのが残念です・・・
Commented by mukei_font at 2015-07-03 18:03
>Kさん
なるほど、そういう難点もあるんですね。
自分はいつも下敷きのほうが大きい状態で使うので、そういう悩みはありませんでした。
<< 秋の夜のひとこと。 第2回OKB(お気に入りボール... >>