猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


選べる多色のノック利便性に関する考察。

先日倉敷のうさぎやでスリッチーズの新色ボディを買った話(岡山文具旅3:うさぎやハアハア。参照)を書いた時から書かねば、と思っていたことを今夜は書きたいと思います。

名付けて「選べる多色のノック利便性に関する考察」。
要するに、PILOTのHI-TEC-Cコレト、三菱のスタイルフィット、ぺんてるのスリッチーズ、ZEBRAのプレフィールといった選べる多色ペンのノックのしやすさについて考えようというもの。

小生はもともと「木を見て森を見ず」的な傾向が強い人間ですが、普段は木どころか葉脈をじっと見つめてしまいがちです。
例えばこうした選べる多色についての議論にしても、つい芯の互換性などにばかり熱中し、選べる多色としての完成度をそっちのけにしてしまうようなところがあるのです。

そこで、今日は「ノック利便性」という比較的大きな視点にたって選べる多色を論じてみたいと思います。
まあ論じるといっても大げさなことではありません。
確認していくだけです。

まずこちら。
小生が所持する選べる多色ペン。

右から、
PILOT・HI-TEC-Cコレト・ミー(4色用ボディ)
三菱・スタイルフィット・3色ホルダー(クリップ付き)
三菱・スタイルフィットマイスター・5色ホルダー
ぺんてる・スリッチーズ・3色用ボディ(クリア)
ぺんてる・スリッチーズ・3色用ボディ(ネイビー)
ZEBRA・プレフィール・ナイトブルーニューヨーク(4色ホルダー)
f0220714_18253611.jpg

ノック部分から、
f0220714_18344797.jpg

軸の先のほうまで今日はじっくり見ていきます。
f0220714_1834586.jpg

さて、ノック利便性について論じる前にここでお断りしておきたいのは、ここでいうノック利便性とはその視認性にのみ焦点を当てたものであるということ。
すなわち、物理的動作としてのノックのしやすさ(レバーノックの押し下げやすさ)ではなく、ノックをするときのリフィルの見分けやすさに注目したいということです。

その観点からすると、もっともすぐれたノック利便性を持つのがこのPILOTのHI-TEC-Cコレト。
f0220714_18351266.jpg

何しろコレトはリフィルの一部であるレバーノックパーツにリフィルに関する情報がすべて記載されているという圧倒的強みがあります。

色と太さ。
この2つを常に見分けられる工夫は後で述べる他社製品のどれにも見られないものです。
例えばコレトでは3色すべて同色の太さ違いのリフィルを入れた軸を作ることが可能です。
もちろん作るだけなら他社製品でも可能です。
が、そのノックのしやすさはコレトが抜きんでていると言わざるを得ません。

これが一番最初に世に出た選べる多色ペンであるということはなかなかに恐ろしいことです。
後発商品がより工夫をこらしてくるのはよくあることですが、一番最初に出たものが一番使いやすいとは…(あくまでも視認性に関して)

次に視認性にすぐれているのは三菱のスタイルフィット・スタンダードホルダー。
下の写真の透明のほうです。
f0220714_18352187.jpg

スタイルフィットが初めて世に出たとき、同僚たちと興味津々で話したのがノック時にリフィルを見分けさせる工夫がずいぶん涙ぐましいというものでした。
スタイルフィットは透明のグリップ部分からリフィルをのぞき、リフィルの先端付近に書かれた情報をもとにノックする仕組みです。
実際に体験してみて、もちろん使いこなせないわけではないのですが、コレトのノックがいかに便利なものであったのかを実感しました。

ノックの視認性を考えるときのポイントは2つです。
すなわち「太さ違いのリフィルに対応できるか」と「地味な色のリフィルを詰め込んだときにどうなるか」。

コレトがこの2つに関して完璧に対応できるのに対して、スタイルフィットには弱いところがあります。
何しろリフィル自体の色で色を見分けなければならないので、地味な色のシグノリフィルが集中した場合やジェットストリームの太さ違いが混入した場合にはかなりノックは困難です。
コレトにしてもブラックやブラウンやブルーブラックがひしめくとちょっとした混乱は生じますが、視認できるノックパーツの面積の広さなどからしてもコレトのほうが見分けやすいのは確かです。

それでもスタイルフィットのスタンダードホルダーはまだずいぶんと親切だということがこちらを見ると分かると思います。
こちらは三菱のスタイルフィットマイスター・5色ホルダー。
なんとこんな小さな窓からのぞいて判断しなければならないという…
f0220714_18353171.jpg

こうなってくると先ほどのノック視認性の2つのポイントからすると、見事に両方ともアウト。

「太さ違いのリフィルに対応できるか」→NO
「地味な色のリフィルを詰め込んだときにどうなるか」→困難きわまる

これはスタイルフィットマイスターの回転式3色ボルダーについても同じことが言えます。
でもこれ確か軸に注意書きがありましたよね(ジェットストリームリフィルを入れると分かりにくいですよ的な)…
マイスターなのにこんなんでいいのかとか思ってしまうわけですが、3色ホルダーはなかなか人気らしいです。

次はこちらのぺんてる・スリッチーズ。
f0220714_18354268.jpg

スリッチーズは「弱いコレト」みたいな位置づけです。
上の写真のようにリフィルの見分けは色がのぞく窓があります。
が、細さは分かりません。
ここに一工夫すれば「コレト」になれるのになぜやらないんだと歯ぎしりしたくなるのは小生だけでしょうか。
0.3を無印、0.4に1本線入、0.5に2本線入とかにすればいいだけの話なのですが、色の見分けだけしかできない仕組みなのが残念なスリッチーズです。

もっともスリッチーズでもスタンダードな透明軸の場合、リフィルの先端に目をこらせば芯の細さを見分けることができなくもありません(かなり分かりづらいですが)。
が、最近小生が買い求めた新色のネイビーボディや、しばしば出る限定軸はすべて先端部分が不透明です。
こうなると太さ違いのリフィル対策は完全にお手上げ状態であります。

それにスリッチーズのあののぞき窓は少々上品すぎて、地味な色や似た色がひしめき合った場合にかなり目をこらす必要があります。
やはりコレトのノックパーツくらいの面積がないと色の見分けは厳しいものがあるのかもしれません。

さて、最後は一番最後に出た選べる多色、ZEBRAのプレフィールです。
f0220714_1835537.jpg

プレフィールのノック利便性は悪いです。
小生が大きく見落としていない限り視認性に関する工夫はなされていないと思います。

ある程度はスタイルフィットのスタンダードホルダーのように、先端部分からのぞくリフィルの色を目印にノックできるのかもしれませんが、油性ボールペンあり、ゲルインクボールペンあり、エマルジョンインクボールペンありということで、リフィルの色が地味で真っ黒な人たちが多いのに工夫ゼロというのはなかなかにいい度胸と言わざるを得ません。

プレフィールユーザーに求められているのはずばりこれです。
位置で覚える。
もうリフィルを入れる位置で覚えるしかないのです。

実はこれは先ほど述べたノックの視認性にすぐれない人たち、スタイルフィットマイスターであるとか、スリッチーズであるとかにも適用されることです。
要するにノックが不便ならじっと先端をのぞきこんだりせずに、リフィルを入れる位置で覚えてしまえと。

まったくその通りです。
しかしこれはあまりにも身もふたもない話だと思ったりもします。

小生の勝手な考えでは、プレフィールにこれが許されたのは選べる多色ペンというものがかなり浸透し、あらゆる不便さも含めてユーザー側が成熟してきたということがあげられると思います。
コレトあり、スタイルフィットあり、スリッチーズありの中で満を持して登場したプレフィール。
もちろん人気のゲルインクのサラサや新進気鋭のスラリといったリフィルの魅力もあったとは思いますが、ユーザー側が十分に成熟したからこそ、ノックの利便性にまったく工夫をこらしていないこのアイテムが受け入れられたのだと思います。

これはプレフィールのタイミング以外では難しかったのではないでしょうか。
スタイルフィットがあのタイミングでこんな乱暴なことができたでしょうか。

コレトのノックレバーに対抗すべく、リフィルに芯径を印刷することを思いついたスタイルフィット開発チームや、なんとかノック時の色を分かりやすくしようとのぞき窓を作ったスリッチーズ開発チームの方々の苦労を思うと、なんとも無邪気なプレフィールがいまいましくもありますが、まあそれだけ選べる多色が浸透してきたということになるのでしょう。

コレト兄さんありがとう。
スタイルフィット兄さんもスリッチーズ兄さんもありがとう。

というわけで、プレフィールを使うにはリフィルを入れた位置を覚える必要があります。
小生は最近はすっかりプレフィールに夢中ですが、自分ルールをこう呼んでいます。

左大臣右大臣方式。

クリップ部分を手前にして左に@@、右に@@と覚えるのでそう名付けました。
ちなみにクリップ部分は帝、向は「向正面(むこうじょうめん)」。

この左大臣右大臣方式をマスターすると、ノックの視認性を超越することができます。
コレトが最強と思われたノック利便性もここにきて振り出しに戻ったような感もあります。
が、ユーザー側に努力をさせずにたやすくノックできるという点において、小生は素直にコレトを賞賛したいと思うわけですが…

ちなみにこのようなことを先日店に来られたQ太さんに話したところ、やさしいQ太さんは「きっとこういうのは女子高生とかがカラフルなリフィルを入れて使うんですよー(猫町さんみたいな真っ黒いんじゃなくて)」と…

ちなみにこちらがQ太さんのプレフィール。
f0220714_1836467.jpg

小生のと大違い…(´_ゝ`)
f0220714_18361335.jpg

そんなこんなで分かり切ったことをくどくど述べてしまいました。

自分のお気に入りの選べる多色をくさされたような気分になった方がおられたらごめんなさい。
すべての文房具について言えることですが、小生はわけへだてなくどのペンも愛しております。
いいところもあるけれど悪いところもあるな、ここをこうすればいいな、そんな気持ちでいつも書いております。

こんなことあんまり深く考えないで楽しんでますよー猫町さーん。
そう言ってくださる方が多いことを祈りつつ。
[PR]
by mukei_font | 2012-11-27 20:59 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(15)
Commented by 優煌海 at 2012-11-27 22:10 x
なるほどなるほど。
コレトは限定リフィルだとカラーしか分かりませんが、基本限定は0.4(だったかしら)ということで許してもらう、のかな??
私のように、ノック部分を引っこ抜いて他の芯に付け替えちゃう、なんて暴挙をしなければ(爆)、限定リフィルならボール径は同じはずですものね。
プレフィールも、限定軸買いましたが、結局使わずリフィルはビクーニャの多色に入れて使っている身も蓋もない有様なので、全然不便さに気付いていませんでした。
ビクーニャ多色に入れる場合でも、ノック部分のカラーと中のリフィルを覚えている必要はありますが、黒赤青でノックが色分けされているのに結びつければいいだけですから、位置で覚えるよりはパッと見の見分けは付きやすいかも知れませんねぇ...。
Commented by sato_shina at 2012-11-27 23:50 x
以前コメントさせていただきましたサトシナです。
選べる多色はもっぱらプレフィールです。
三本もってたりとかしますw
私は三色からこの業界?に入ったので色覚えとか楽チンであります。
三色は基本クリップ部を手前にして右が黒で左が赤、向こう側が
青でありますので、それに則って色を入れております。
黒と青は絶対に入れるので規定の位置に。
赤がある場合は黒のトイ面に。ない場合は緑とか標準的な色を
左側に入れております。
ノック部は特別でありますので、0.7のシャープだったり、
スラリのブルーブラックだったりします。

ちなみに、三色の色の配列を大手で唯一くずしてしまったのが
トンボさんでありまして、ノック部の形で識別するという自信からなのか
わたし的には今のリポーターの使い勝手が悪く感じる為、
使用頻度は低めであります。
Commented at 2012-11-28 00:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 慎之介 at 2012-11-28 12:03 x
スタイルフィットの3色軸でもっといろいろ限定軸を出してほしいですね(*^_^*)
Commented at 2012-11-28 19:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ダリア at 2012-11-29 00:18 x
スタイルフィットの軸にスラリを4色入れて使ってますが、確かに分かりづらいですね。
自分で使う分には位置を覚えているので、特に気にしていないのですが、
人に貸すと、首をかしげ、これか!とノックした色は黒ではなく青ということもしばしば。
リフィルさえ見えれば、スタイルフィットの方が分かりやすいんだなぁと気付かされます。

また、どうやら私はスラリとは相性が良くないのか、4色ともダマが激しく、黒に至ってはグレーになってしまうので、次はコレトにスタイルフィットのリフィルを差し替えようと目論んでいます。
もしかして、スラリは本来の形であるプレフィールに入れた方がきちんと書けたりして・・・。
Commented by mukei_font at 2012-11-29 19:40
>優煌海さん
おっとコレトの限定リフィルについてはまったく考えるのを忘れていました。
が、おっしゃるとおり太さは1種類なので見分けも付くんじゃないでしょうか。
他の軸に入れる場合も黒赤青なら苦労はだいぶ少ないですよね。
Commented by mukei_font at 2012-11-29 19:45
>sato_shinaさん
なるほど、基本に忠実に(場合によってはアレンジを加えつつ)使っておられるんですね。
しかし小生のように入れる色が全部黒で太さ違いとか、黒とブルーブラックのインク違いということになると、やはり最初は使いづらいです。
Commented by mukei_font at 2012-11-29 19:47
>非公開コメントさん(100円シャープペンについて)
過去の記事にコメントしても、そのコメントが一番最初に上がってくるようになっているので大丈夫ですよ。
貴重な情報ありがとうございました!
Commented by mukei_font at 2012-11-29 19:49
>慎之介さん
確かに…
5色ホルダーばかりですもんね…
若い女性たちには誰もかなわないんですよきっと…(>_<)
Commented by mukei_font at 2012-11-29 19:58
>ダリアさん
スラリのダマは小生も同様です(0.5ユーザーですが)。
だからこそ先日の0.3に感動したわけでして…
なので、プレフィールに入れたからどうこういうわけではないと思いますよ。
Commented by のりこ at 2012-12-02 11:50 x
手帳に8色(4色2本)使ってるので、視認性からコレト以外は考えられないです。
でも、スタイルフィットのローズピンクとグリーンが、コレトより好きな色なので、それだけ付け替えてます。
(毎回ひっこぬくときに、折れないかドキドキですが^_^;)
Commented by ダリア at 2012-12-02 18:44 x
なるほど。
確認してみたところ0.5を使用していました。
てっきり0.3を使っていると思っていたもので、重要な所を読み飛ばしていたようです。すみません。
0.5を使い終わったら、0.3にチャレンジしてみます。
Commented by mukei_font at 2012-12-02 20:03
>のりこさん
手帳に8色…
すごいですね~
手帳もペンも幸せだろうなあ…
しかしコレトは「視認性」という点でもっとぶっちぎらないといけませんよね…
スタイルフィットの限定軸なんかに負けずにベテランの意地を見せてほしいです。
Commented by mukei_font at 2012-12-02 20:05
>ダリアさん
スラリ0.3はなかなか楽しいですよ。
確かにかなりカリカリするのですが、案外タフなんです。
そしてダマが出ない(少なくとも0.5よりは)。
ずっとずっと小さな字を書くわけじゃないのでスタメンに起用するのはどうかなと思うのですが、楽しいのでおすすめ。
<< 続・開運フミヲくじ2013のお... 開運フミヲくじ2013のお知らせ。 >>