猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


手紙ってやつ。

コメントのレスさえ覚束ない小生は当然手紙の返事も滞りがちだ。
のっけからえらそうに宣言している場合ではないが、それでも今日はずっと書きたかった手紙を数通書くことができてほっとしている。

手紙を書くのは好きだし楽しい。
なのになぜ返事が滞ってしまうのか。

好んで買ったノートになかなか手が伸びないことについて分析したのと同様に(ノートの飼い殺しについて考える。参照)、今日は手紙というものについて考えてみたい。

手紙を前に固まってしまう理由の最たるものは緊張だ。
最たるものというよりももうそれがすべてとも言える。

きれいな字を書かなければならないという緊張。
一度も間違えずにそれなりに筋の通った文章を書かなければならないという緊張。
これにつきる。

字がきれいかどうかはこの際おくとして、一度も間違えずに手紙を書き上げるのは苦手なほうではない。
むしろ得意なほうかもしれない。
が、それにはかなりの集中力がいる。
その集中力を高めなければならない追い込まれたような緊張感がとんでもなくしんどいのだ。

手紙をさらさらと書けたらどんなにいいかと思う。
ときどき旅先で手紙を書くシーンなどをドラマや映画で見ることがあるが、あんな適当な姿勢で流れるように手紙を書けることを心底うらやましく思う。
それが特に美しい文字じゃなくても、気負わず素早くさらさら書けたらどんなに物事がはかどるだろうかと思うのだ。

が、性格的なあれこれがそれらをゆるさない。
きれいな字を書かなければと思うし、誤字は失礼だと思うし、文章のつながりがおかしいところがあれば書き直さなければと思う。

そんな風に考えると、履歴書の手書きなんてまったくもってたやすい。
あれは決められたことを正確に書いていくだけの話だ。
書き直せないペンを握りしめ、今まさに文章を練りながら書き進める手紙などに比べたらザコといってもいいだろう。

嗚呼。
あらためて自分で書いてみて恐ろしくなったが、そうだ、手紙というのは一発書きなのに書いている最中は着地点をどこにするのかさえ決めていないスリルに満ちた行為だ。
恐ろしい。
どうしてそんな恐ろしいことがこれまでできていたのか。

余談だが、小生は時々食べ物の飲み込み方が分からなくなることがある。
それも決まって熱い物を飲んだり食べたりしている時に。
これはいったいどうやって飲み込むんだったかと口に含んで考えているうちに口の中をさんざんやけどしてしまうということを時々やってしまう。
馬鹿だし危険だ。

今、手紙についてあれこれ考えていて、ちょっとこれに似ているなと思えてきた。
自分がいかに苦手かということをリアルに分析しすぎてかえって恐怖心が高まってしまったかもしれない。
危険な考察を始めてしまったものだ。
適当にやめなければ。

そこで、仮に自分が受け取った手紙が美しくない字で書かれていて、しかも文章も支離滅裂であると想像してみる。
ゆるせるだろうか。
うれしいだろうか。

そんなに気にならないかもしれない、と思う。
もちろん程度にもよるが、自分が感じるほどには感じないかもしれない。
何よりも「手紙が来た」という喜びが大きすぎる。

だからもうそれに乗じるしかないのではないか。
字や文章に自信がなくくじけそうな気持ちと、ポストに手紙を見つけた時の気持ちを比べてみる。
自分がむちゃくちゃうれしかったみたいに相手も喜んでくれるとしたら、何としても手紙は書くべきだ。
書き直せないペンを握りしめ、おびえながらも書き進めるべきだ。

こんなにぷるぷるしているくせに小生には理想があって、それはゆるゆるした文通だ。
季節の便箋に万年筆でしたためる手紙も素敵だと思うが、もっとずっと自由なもの。
ルーズリーフやチラシの裏が便箋だったり、筆記具が鉛筆だったり。
誤字とかも毛虫の形につぶしてあったり。
でもその分ちゃんと書き手の心が息づいているような手紙。

今のところはこういう手紙を受け取る準備しかできていない。
書く準備はまだまだ。
でもいつかそんな自由な手紙をやり取りできるような人になりたいと思うし、そんなゆるさを許してくれる人に出会いたいとも思う。

まあそんな高すぎる理想はさておき、手紙も一種の慣れなのでちょっとブランクがあると緊張はより一層高まってしまう。
緊張感で押しつぶされそうな時こそポストの中に手紙を見つけた時の喜びを思い出し、絶対に相手は喜んでくれると思い込み、ペンをとるようにしたい。

でもそう考えると本当に手紙ってやつはすごい。
時間は命そのものだから、時間をかけて丁寧につむぐ言葉はまさしく愛そのもの。
抱きしめてくれると信じてポストに手紙を落とす瞬間の達成感や安堵感は、きっと手紙を書き上げた者にしか分からない感覚だ。
[PR]
by mukei_font | 2013-06-05 21:28 | 手紙 | Comments(9)
Commented by マイマイカブリ at 2013-06-05 23:07 x
はじめまして。

私は(おおざっぱにいえば)手紙が好きなのですか、ある人からの返事がなかなか来なくてしょんぼりしてます。
いつもなんのリアクションもなく数ヶ月後に返事がくるのです。

忙しいのかな、手紙って簡単じゃないものだしな、返事欲しさに書いてるわけじゃないしな、、、など考えはするものの。
なんだろう このモヤモヤ。

私も『きれいな字を書かなければ、一度も間違えずにそれなりに筋の通った文章を書かなければ』とする性質?です。
それが『私の愛を手紙という形にする』ということかなぁ。
だからなのか、私は“ゆるゆるした文通”をまだ許せてないんだろうなと思います。
ゆるい部分があると『あなたにとっての私はこの毛虫なのね』とかなしくもなります。
(きっと相手はそんなつもりじゃないし、返事を書いてくれたのだから愛のかたまりだと思ってるけど)

こんな私からの手紙じゃ、重いしこわいし嬉しくないなぁ。

『いつでも愛はどちらかの方が深く、切ない』と言ったのは岡本太郎だったかしら。


乱文失礼しました。
Commented by mukei_font at 2013-06-06 20:36
>マイマイカブリさん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
コメントを一読し、まさに小生はマイマイカブリさんを悲しませている人そのものだと思いました。
猛省します。
小生がいつも迷うのは手紙を受け取ったことをメールで返事してもいいのかどうかということです。
手紙をいただいたのにメールで返事をするのは失礼に感じてしまう。
一番いいのはもちろんすぐに返事を出すことですが、それができない場合はやはりメールでも返事をすべきなんだなと思いますね。
本当は手紙の形で返事をして驚かせたいという気持ちもありますが、そうこうしているうちに時間がたってしまっては相手はずっとさみしいままですものね。
本当に気をつけないといけないなと思います。
Commented by mukei_font at 2013-06-06 20:39
>マイマイカブリさん(続き)
それから小生が「ゆるい文通」に憧れるのは、小生の弱点であるスピードをそれで補えるかもしれないと思うからです。
小生が憧れるゆるさは頻度のゆるさではなく、内容のゆるさなんですね。
うんと丁寧に書くけれどすごく待たせてしまうくらいなら、生き生きしたスピードで気さくな手紙を書けたら…といつも思うんですよ。
もちろんどの程度のゆるさがゆるされるかというのは相手との関係にもよると思いますが。
仲のよい親友ならなんでも笑って受け止められても、そこまで親しくない人に急に雑な手紙をもらったら戸惑うと思いますしね。
メールの便利さも間にはさみながら文通の楽しさも続けていけたらと思う今日この頃です。
Commented by マイマイカブリ at 2013-06-07 02:38 x
お返事ありがとうございます。

一言メールで『受け取りました。返事遅くなるかもしれないけど』とあるとホッとするなぁ、と。

返事が遅い、ゆるさ、、、などなど意図があるならいいんです。
(その意図も多少伝えてくれないと、受け取る・待つ方は苦しいなぁ。)

きっと猫町さん(とお呼びしてよろしいでしょうか)からの返事が届くまでの丁寧な時間の経過は相手の方に伝わっていると思いますよ。

雑な字も、『返事次ははやく書くから』宣言無視も、親しい関係の表れと受け止められればいいんでしょうが、、、、
その人のこと、私とても好きなんですよね、、、っていう片思いが大きな壁かも!

人の愛を素直に受け止められるようにならねば!

なんだかんだで、手紙のやり取りは情熱的ですね。


これからも猫町さんの文房具のお話楽しみにしてます。

Commented at 2013-06-12 13:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mukei_font at 2013-06-21 19:15
>マイマイカブリさん
お返事遅くなりました。
あきれた話ですが、コメントのレスは超スローペースでして…(汗)
しかし、マイマイカブリさんのおかげで、小生も自身の文通についてまだまだ考えるべきところがあると思いました。
「手紙」と「メール」の活用の仕方や、自分と相手の「手紙」の比重の違いについてなどなど…
遅筆のくせに手紙が好きなので、これからも自分なりに答えを探ってみたいと思っています。
Commented by mukei_font at 2013-06-21 19:15
>非公開コメントさん
いつもたくさんの愛をありがとうございます(小生にとって手紙はすべて愛なので)。
これからもだめな小生を導いてくださいね。
Commented by 優煌海 at 2013-06-24 17:54 x
ご無沙汰してました。
あまりに長文になるのでレポート用紙に手紙書いてたこともありましたよ(´∀`)

ゆるい手紙歓迎です。
コッソリ←?お待ちしています(*´艸` )
Commented by mukei_font at 2013-07-05 20:27
>優煌海さん
レポート用紙にお手紙、いいですね。
信頼関係があってこそかもしれませんが、手紙を受け取る側はあまり細かいことを気にしないかもしれませんね。
それより何より「手紙が届いた!」ということがとんでもなくうれしいことなので。
ゆるいお手紙、また書きたいです。
<< 寝る直前のひとこと(感謝)。 ノートに何かを貼るということ。 >>