猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(19)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
はじめまして。 いい青..
by 地井 at 02:46
書店は交換ってダメなんで..
by alchemie0629_a20 at 01:29
自重すること無く、買えな..
by alchemie0629_a20 at 01:39
Q1:オレンジ Q2:..
by uaa at 21:32
ひんやり万年筆 青軸さ..
by GB at 11:47
どのようなモノか実際見て..
by GB at 11:32
地元の(面倒な場所にある..
by alchemie0629_a20 at 09:09
猫町さん、こんにちは。 ..
by 慎之介 at 17:26
お久しぶりです。参加させ..
by とに at 11:55
こうゆう週間ブロック?の..
by なぎねこ at 17:30
包装紙って、色柄だけじゃ..
by ふりふりばなな at 22:34
Q1:水色と黄緑と赤(ピ..
by えぬ at 23:30
白玉だんご@次回本番2月..
by mukei_font at 14:51
さくさん(Twitter..
by mukei_font at 14:35
れとさん(Twitter..
by mukei_font at 14:35
私も横に使って、軸が三角..
by あむ at 06:22
①自宅ではクレジットのチ..
by はにわ at 23:33
A1)最近はグリーン ..
by あむ at 20:49
はじめまして。いつも楽し..
by h26_tomy at 20:05
A1:黄色. 次点でピン..
by K at 18:42
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


文紙MESSE2013・筆記具部門。

それでは昨日行って来た文紙MESSEについて順番に書いていくことにします。

今でこそ市民に開かれている「文紙MESSE」ですが、小生が行き始めた頃はまだまだ業界人中心のイベントで、内輪の人間が「もうかりまっか」「ぼちぼちでんな」みたいな挨拶をかわしあう、「ザ・馴れ合い」みたいな印象のイベントでした。
その頃から一般人も参加はできたのですが、こちらが業界人でないと分かるとあからさまに商品の説明を端折るようなメーカーも少なくはなかったです。

それがここ数年で楽しげなイベントに変わったのは、一般のユーザーを意識し始めたことが大きいと思います。
業界ではすでにおなじみとなった商品も、まだまだ知らないユーザーがたくさんいる。
このイベントを機にメーカーがユーザーに直接商品を宣伝できるのです。
昨日も「一般」の名札を首からさげたユーザーに熱心に商品を説明している担当者をたくさん見ました。

このような流れが非常にありがたく、昨日は本当に満喫できました。
さらに、すでに文具業界から離れたのみならず、普段は大きな文房具屋のない田舎で暮らしているということもあり、もしかしたらすでに店頭に並んでいるのかもしれない商品にもワクワクできたというお得感。
そして時間の束縛なし。

それゆえ、一つ一つの記事がかなり長くなってしまうことが予想されます。
なので、できるだけ細切れに書いていくことにしますね。

ということで、本題。
やはり一番良かったものから書くことにします。

これ。
文紙MESSE2013猫町セレクション金賞受賞。
f0220714_21421957.jpg

ZEBRAのHPにはまだ載っていませんが、担当者の方に確認したらブログ掲載OKとのこと。
商品名は「サラサスタディ」。
なんと替芯に目盛が付いています。
それによってインクの残量が分かったり、インクの減りで達成感を感じたりできるというもの。

うっわ、これめっちゃ熱い!
替芯に目盛とか、めっちゃ分かってるやん!
これ考えた人、絶対替芯好きな人やん!

と一緒に回っていた友達に熱弁していると、いつの間にか小生の後ろに立っていたZEBRAのお姉さんが「朝から今まででこんなに感動してくださった方は初めてです…」と静かに感激している様子。
そうかみんなはあんまり感動せんかあ…
節穴アイズめ…

でも、これいいと思いませんか。
ボールペンの楽しみの何%かはインクが減っていくのを眺める楽しみだと思っている小生にとっては、これは遅すぎたくらいのアイデア。
インクの減りを観察するのが好きな人はもう自分自身でヨタヨタした線を芯に引いちゃってますからね。

小生は目盛だけでもすでに「キャー(ハート)」な感じなのですが、このサラサスタディの替芯にはもう2つ素敵な工夫がなされています。
1つ目は%表示。
インクの使い始めからどんどん%が増えていき、使い終わると100%表示に。
要するに今表示されている%が今までの勉強量を示しているという。
いいなあこれ!
学生さんは今すぐ欲しくなったことでしょう。

2つ目の工夫は桜のイラスト。
%が大きくなるにつれ、桜の花びらにどんどん色がつき、やがて満開に…
どんだけ芸が細かいねん。
これはもう愛さざるを得ないでしょう。
f0220714_2211063.jpg

ちなみにこれらの芯が見えるように、従来は黒であるグリップは透明になっています。
小生としてはここは透明じゃなくても、ちらちら分解してにやにやするのもまたひそやかな快楽に思えるのですが…
透明グリップじゃ汚れそうだし…
f0220714_22115034.jpg

そしてここにも注目。
バインダークリップがかわいい。
こういうちょっとしたデザイン好きです。
いいなあこれ。
f0220714_2214483.jpg

とまあ、替芯好きにとってはたまらない魅惑のアイテムなのですが、残念な点もちらほら。
一番の問題は価格で、やっぱり気の利いた工夫と引き換えに本体も替芯もちゃっかり高いんですねえ。
当たり前か。
でも学生さんなんてお金ないよー(多分)

ちなみに本体が¥150、替芯が¥100。
従来のサラサクリップは本体が¥100、替芯が¥80。
ただでさえずんずんインクが減るゲルインクボールペン。
¥20も高い替芯買ってくれるかな…
グリップがシースルーでクリップがかわいい本体なんて¥50も高いよ…

なんて言っちゃいけないか。
でも学生さん向けの商品は価格を押さえてくるのが普通だから、そこまでして商品化したかったってことですよね。
きっとたくさん反対されただろうな。
でもそれだけ替芯を愛し、替芯に可能性を感じている人がいるってことだなZEBRAには。

だから文紙MESSE2013猫町セレクション金賞受賞。
単価が安いからちっぽけなビジネスなんて思わない。
ここには愛がある。
少なくともボールペンのインクの減りに励まされることがあることを知っている人が商品の開発に結び付けてくれたことがとてもうれしい。

願わくは0.5の黒・赤・青以外にも幅広く展開を。
というか、すべての替芯に目盛をつけてくれたら。
それをスタンダードにすれば価格も押さえられるのではないか。

ああ、すべての替芯に目盛があったら…(お目目にお星さま)
[PR]
by mukei_font | 2013-08-09 22:35 | イベント感想 | Comments(20)
Commented by 古川耕 at 2013-08-09 22:54 x
そう、これ! 僕もブースでかなりガッつきました。
なんでも塾からの要望でつくられたらしいですね。
子供たちに鉛筆ではなくボールペンを使わせようという運動(?)があるそうで、その一環らしいです。
通常のサラサよりインクの量がちょっと少なめというのも、いやぁ分かってらっしゃる。
Commented by ジェットストリーマー at 2013-08-09 22:57 x
いつも楽しく拝見させていただいております。
替芯ではなく軸にメモリがついていればいままでの替芯も使えるのでは!
さらに軸のメモリが磨り減って見えなくなったらさらにかしこくなる!
どうでしょうか?
Commented by USA at 2013-08-09 23:26 x
こんばんは!
猫町さんの替芯愛に感激しました^^
わたしはボールペンが最愛というわけではありませんが、それでも替芯の減り具合を確認するのは日課になっています。
特にわたしにとって一番減らない苦労する黒がなくなると万歳三唱です^^;
減ることが達成感につながるのはみんな同じ思いなんだろうなあ。
Commented by mattarietto at 2013-08-09 23:50 x
これの軸は無印良品の「さらさら描けるゲルボールペンノック式」を買って、替芯だけ買って詰め替えればいいんじゃないですかね…。さらに、その一回買った替芯と同じ感覚で普通のサラサにメモリを書けば(100%超えるかもしれないけど)筆記距離が分かるんじゃないですか。後、初期インク量がサラサ0.4と同じように見えたので、もしそうならば、サラサ0.4の筆記距離400mを4/5すれば、計算方法が正しければ320mということになるので、普通のサラサ0.5の半分以下となります。さすがに、半分以下はないとしても、だいぶ少ないことになりますね。なのに100円て…。てか、軸の値段が金属クリップのサラサSEと同じかよ…。というか、こんな商品出す前に、フォルティアのサラサ、エマルションとか、ちゃんと使えるように改良したカラーフライトとフルストとか発売されないかなあ…。
長文失礼しました。
Commented by きゅう at 2013-08-10 00:28 x
替芯愛、すばらしいです。
私も受験生だった時(といってもほんの半年前ですが)にはペンのインクが目に見えて減るのが楽しみで仕方ありませんでした。受験勉強で使いきった替芯たちは捨てずに受験当日お守りとして持っていったり(笑)
しかし確かにこの価格はネックになりますね^^; よく使うペンほどコストも気になりますから。愛用していた0.4mmのブルーブラックがあったとして、果たして受験生のじぶんが購入していたかと問われれば……。
Commented by narkejp at 2013-08-10 06:52 x
こんにちは。ボールペンの芯に目盛、大賛成です。サクラサク、をイラストで表示するあたりが、塾の要望を活かしたのでしょうか。そこまでは望みませんが、芯の目盛は、できれば他社にも追従してほしいくらい(^o^)/
とくにパワータンクなどは、使い切る時に感じる「やった!」感を、充分に演出できますねっ(^o^)/
Commented by 猫田トラン at 2013-08-10 10:08 x
わー、このアイディアすっごくモチベーションあがりますね!!サクラサクだなんて、ニクイな。
学生さんがメインターゲットだと思いますが、大人になってからの勉強って文房具でしかテンションあげられないからこういうのに飛び付いてしまいたくなります。
ただ、ジェルインクは本当にあっという間になくなるから達成感は低いかも。
あ、子供さん向けには早く達成出来る方がやる気が削がれなくていいのか。
難関大学向けとか、国家試験対応のロングな油性の替え芯のバリエーションがあったらいいのに...すでにSARASAじゃないですけど(笑)。
(今OPT使って勉強中で、これがまた減らないこと。)

文紙メッセは一般人も入れて羨ましいです。
関東でも開催してほしいなぁ。
Commented by かんてつ at 2013-08-10 20:03 x
猫町さま、皆様、
僕の高校時代(半世紀前)ボールペンではビックが画期的でした。
赤尾の豆単に、それでアンダーラインを引き、インクが無くなると先端チップを外して保存、その数を競い合った、、倉知くん元気?
Commented by mukei_font at 2013-08-10 22:31
>古川耕さん
ガッついたのが小生だけじゃなくてよかったです。
最初は小生のリアクションに感激してくれていたZEBRAのお姉さんも、最後のほうは引き気味というか(ああ、今日は暑いから変な人も…)みたいになっていましたからね。
でも冷静に考えるとやっぱり高い…ですよね。
ラストスパートの時期だけにするとか、特定の過去問を解く時だけにするとか調整したほうが…
なんてケチなことを言ってたらサクラは咲かないのか!
Commented by mukei_font at 2013-08-10 22:32
>ジェットストリーマーさん
軸に目盛りですか!
その場合は他社の芯を入れても楽しめることになるし、いいかもしれません。
が、軸に目盛りとなると透明軸限定、それにご指摘のとおり目盛りもいずれはげてしまいますよね…
やはり軸は不透明でも芯に目盛がついているほうがときめくかもしれません。
それが普通になればいいなと思います。
Commented by mukei_font at 2013-08-10 22:33
>USAさん
ですよね。
インクの減りに達成感を感じるのは学習心理学の理論にものっとった正しいものだと思います。
なのでインクの見えない金属芯はどうも好きになれません(笑)。
Commented by mukei_font at 2013-08-10 22:35
>mattariettoさん
確かにその通りなんですが、そうじゃないんですよね。
結局は好みの問題になってしまうのですが、小生が「サラサスタディ」に惹かれたのは「芯に目盛が書いてあるのでインクを使った量が分かるぞ」ということではないのです。
目盛などなくてもインクの減りを実感することはできますよね。
今までの小生がそうであったように。
それがわざわざ商品となって立ち現れたことがうれしかったのです。
ひそやかな楽しみであったことにお墨付きをもらったような照れくさいようなうれしいような気持ちになったというか。
¥150というのは確かにいろいろな意味で高いように思いますが、だからといってサラサSEと比べるのも違うように思いますね。
「こんな商品出す前に」という気持ちは分からなくもないですが、時には「なんじゃこりゃ!」な商品があってもいいと思います。
絶対にはずさない商品ばかり作るのもストイックでかっこいいですが、数年後に「あったよね…」となるような謎の商品を作ってしまうメーカー、嫌いじゃないです。
Commented by mukei_font at 2013-08-10 22:37
>きゅうさん
インクの減りそのものが自分へのごほうびなんですよね。
特に受験勉強という行為はいかに自分にごほうびを与えて、行動を持続させるかということが肝心になってきますから、替芯マニアでなくても減っていくインクや使い終わった芯に勇気づけられる方は多いと思いますよ。
しかしコストは気になりますよね…
ゲルの減るスピードは尋常じゃないからなあ…
ここはやはり油性芯にも目盛をつけてもらいましょう。
Commented by mukei_font at 2013-08-10 22:37
>narkejpさん
確かにサクラサクまではいらないなと思ったのですが、目盛はあったほうがうれしいですよね。
自分で目盛を書けばいいという話なんですが、もしそれが普通にあれば…ということを想像するとワクワクしてしまいます。
Commented by mukei_font at 2013-08-10 22:38
>猫田トランさん
そうなんですよ。
上で書いたことの繰り返しになりますが、受験勉強にはそういった小さなごほうびが必要になってくると思うんですよね。
替芯だけじゃなく、ノートを何冊使い切ったとかそういうこともみんなそうですよね。
使った分自信につながるというか。

関東在住であればISOTという一大イベントがあるのでは?
Commented by mukei_font at 2013-08-10 22:39
>かんてつさん
皆さんそれぞれに思い出がありますね。
先端チップを保存するというのは初めて聞きました。
おもしろいですね。
Commented by わかば84 at 2013-08-11 18:14 x
個人的に、継続して販売して欲しいなーっていうのがあります。
20円って値段差よりも、文房具屋さんが替芯を在庫してもらえるかがポイントのような。
Commented by mukei_font at 2013-08-22 22:43
>わかば84さん
どうでしょう、限定品かもしれませんね。
サラサクリップ10thアニバーサリーとありますし。
また、これは限定品として売り出すしかないアイテムのようにも思えます。
冷静になるとどうしても値段が高いことに我に返ってしまうというか。
「サラサスタディ」という商品としての勢いで売るしかないかもしれません。
人気が定着したらもちろんサラサスタディもそれ用の替芯も置き続けるでしょうけどね。
Commented by XXX at 2013-08-24 21:19 x
定番品ですよ~
Commented by mukei_font at 2013-09-05 19:45
>XXXさん
情報ありがとうございます。
定着するといいですね!
<< コメントへのお返事。 文紙MESSE2013… >>