猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(54)
(33)
(16)
(10)
(9)
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
いろいろお疲れさまです。..
by もとい at 22:26
猫町さん、大変な悲しい時..
by み at 17:50
猫町さん、こんばんは。 ..
by kero at 21:34
あぁ…。15年も一緒にい..
by テトラ at 00:13
!!! 「激しく同意」..
by み at 12:18
はじめまして。いつも楽し..
by kssk at 01:32
なんだかアレですね、徒然..
by horenso39 at 00:52
そういえばイオンでもここ..
by あるけみ at 20:56
あのごつい木製ボールペン..
by あるけみ at 21:25
勤務先にも無事に展開され..
by あるけみ at 23:18
あ、同じ感想を持ちました..
by りお at 10:29
こんにちは。 いつも楽..
by 舞雪 at 15:17
万年筆で筆記体書くのは気..
by YAS at 17:59
こん○は kakuno..
by YAS at 17:53
この記事を読んで自分もジ..
by YAS at 17:46
80年代のマンガ雑誌、な..
by あるけみ at 13:56
包装紙を開くのって、性格..
by みる at 23:43
ボールペンを使い切る時の..
by narkejp at 05:51
猫町さんはじめまして。 ..
by masati at 13:38
猫町さんの筆記体の読みや..
by cheery_box at 13:57
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


で、文房具を何に使うか~猫町の場合・後篇~

それでは昨日に引き続き、今まで自分がやってきたノートの使い方について振り返ってみることにします。

今回は日記関係。
前回のノートが完全に個人的なものだったのに対して、今回は文房具屋の店頭に出すサンプルのために書いたものがいくつかあります。
いろいろやって来たんだな、くらいに思っていただければ幸いです。

日記
もっともスタンダードな用途のひとつ。
それだけに挫折のパタンも数知れず。
使用ノートは名もないファンシーなノート、コクヨのキャンパスノート、TSノート縦罫(B5)、LIFEのノーブルノート横罫(A5)、ダイゴーのフルールグラース、ミドリのMDノート無罫(A6)、満寿屋のMONOKAKI無罫(B6)などなど。
これらの中ではTSノート縦罫が一番続いたかもしれない。
縦罫というのと、シャープペンで書いていたのがよかったのだろうか。
B5サイズなのに1日1ページぎっしり書いていた。
もっともこの頃はネットもなく、書きたい欲求のすべてをノートにぶつけることができたからかもしれないが。
日記はパソコンでもつけたことがあるが、あとで気軽に読み返せないのがどうにも嫌で、その時点で自分の中では日記としては機能しておらず、結局ハードディスクごと壊してしまった。
少なくとも自分にとっては単に記録を残すことだけが日記なのではない。
手書きにこだわるのもそういう理由だ。

夢日記
詳しくはこちらを参照。
言いたいことは以前すでに書いていた。
上記記事中では無罫ノートを推奨しており、確かに無罫にむく内容だが、肝心なのは罫種ではなく生きたまま夢を写し取れるかどうかで、殴り書き→清書の段階をへてしまう小生はいまだに完璧な夢日記にたどりついてはいない。
これはノートを汚い文字でうめたくないという子どもっぽい潔癖さゆえのものだが、夢日記の本質からすればいかに汚い文字を自分に許すかがポイントだと思う。
ミドリのトラベラーズノート無罫(中身だけ)、LIFEのシンフォニー無罫、満寿屋のMONOKAKI無罫(B6)と使ってきたが、どれもライブ感覚に欠ける。
結局そのへんの紙切れに書き殴っているものが一番おもしろく、現在は実験的に多用途メモのクロッキー帳に書いてみている。

恋日記
古くは鍵付の日記帳などに書いたものだが(すでに焼却済)、書きたい気持ちがむんむんしているテーマに関してはページが進むものである。
日々の日記に恋模様が散りばめられてあるのも趣深いが、1冊まるまるそれに特化させてしまうのも熱に浮かされた感じが後で見て微笑ましいのではないか(焼却したくなった際も便利)。
大人になってからも一度つけたことがあるが、以前と比べると客観的に記述する術を身に着けており、特に焼き払いたい気持ちになることもなかった。
むしろ自分がノートに生まれたらこういう用途で使ってほしいなと思うような幸せなノートかもしれない。
子どもの頃は横罫や縦罫、大人になってからは無罫を使用。

猫日記
ロドリゲス(仮名)が家に来る直前から数ヶ月間だけつけた日記と、文房具屋の店頭に出すサンプルとして作ったロドリゲス日記(不定期更新)がある。
前者は無印のダブルリングノート無地(A5)を使用、後者はダイゴーのフルールグラースという美しい日記帳を使用(両者とも中断という形でノートは余っている)。
本当はずっと継続してつけておくべきなのだろうが、何もない毎日を描写するのは結構大変。
近年は猫の様子がおかしい場合のみ、普通の日記帳に克明に記すことにしている。
が、後で振り返った時、猫日記だけで1冊にしておけばよかったと思うような気がしてならない。
もっとも冷静な気持ちでそれらを読めるかどうかは分からないが。

交換日記
小学生の時、中学生の時、そして大人になってからといろいろやってきた。
相手が必要になる、誰かがノートを止めてしまい停滞する、交換日記をしているのにその相手とケンカをしてしまい深刻な事態に陥る等いろいろ思い出があるが、なかなか楽しいものではある。
幼い頃は子どもっぽい秘密の共有などが主であったが、そのうち相手を笑わせる方向に走って行き、あやしげな切り抜きをはさんだり、その切り抜きを入れる袋をノートに取り付けてバージョンアップしたりと文房具的にも成長していった。

近年では店頭に出すサンプルにすることを前提に文具店員同士で交換日記をしたことがあったが、のちに完成したそれは相当人気を博し、使用したマルマンのニーモシネ(A5・無罫)はビジネスマン以外の人たちにもたいそう売れた。
が、ページがちぎれるようになっているニーモシネを選んだのは完全にミスで、多くの方々に愛されすぎてページがちぎれ、ノートの補修に追われることになった。

それとは別にプライベートでやっていた交換日記にはアピカのホワイトノートB6Eを使用。
使い切る直前に大阪を離れてしまったが、いい思い出になった。
さらにネコマティノートというのもあるが、これはまた稿を改めて。

読書日記
学生時代に読んだ本のタイトルを記録し始め、その際はB6サイズくらいの横罫のノートだったが、そのうちに本を採点し始め、のちにB5の横罫ノートへと移行、簡単な感想を書き始める。
実はそれは「エヴァンゲリオン」の「人類補完計画ノート」という黒いノートだったわけだが、なんと紛失。
あまりの痛さに捨ててしまったのか。
横罫といってもだらだらとした横罫ではなく、1ページが大きく4つのブロックに分かれている(数行ごとに罫線が太くなっている)というナイスなノートだったのだが…
読書日記はかっこいい書評を書かねばという気持ちになって気負いがちなので、こういう風にあらかじめスペースが限られているのはありがたい(タイトルや著者や出版社を書くだけでも恰好がつく)。
もし今度またつけるなら同じように横罫ノートを何行かごとに区切って使いたい。

胃袋日記
これもまた文房具屋の店頭に出すサンプルとして始めたもの。
ニーモシネのA5の横罫(品番N195)を使用。
先ほどの「人類補完計画ノート」と同様に横罫が大きく3ブロックに分かれており、それぞれ朝食、昼食、夕食の内容を記すことにした。
が、あまりの食生活の貧しさに情けなくなり中断、その後サンプルノートとしてこちらも愛された(が、同様にページがちぎれて補修。ニーモシネは保存するノートには本当にむかない)。
アイデアとしては悪くないはずなので、ミシン目が入っていない横罫のノートでやってみるべきだと思う。

飲酒日記
まだキリンビールが発泡酒に参入してからそんなにたっていない頃、次々に魅力的な発泡酒が登場するのを順番に飲んでは記録していたことがあった。
最初からそんなに続かないだろうと思っていたので、仕事ノートか創作ノートの一部でこっそり展開していたように思う。
実際飲むのは夏だけだし、年々飲酒量も激減し、1冊ノートを作らなくてよかったと思っている。
が、しょっちゅう飲まれる方や、いろんなお酒を飲まれる方は楽しいはず。

引越日記
使用したのはミドリのベラーズノートパスポートサイズ横罫。
引越をするたびに記録に残しておけばよかったと後悔するので、多少無理をしてでも完成させた1冊。
幸いパスポートサイズは小さく、引越までにすることや捨てたもの、売ったものを日記形式で記録していくのにちょうどよかった。
リアルタイムに本当にその日記をつけていたかというと、最後のほうは修羅場でそれどころではなく、落ち着いてから補足した部分もあるが、一応引越日記の体裁にはなっている。
引越は一大イベントなので、何らかの形で記録に残しておくことをおすすめしたい。

文房具日記
使用したのはミドリのトラベラーズノートパスポートサイズ無罫。
文房具屋の店頭に出すサンプルとして作成。
トラベラーズノートだからといって旅の思い出を書く必要はない、旅行に行きたくても行けない人にも買ってほしいと思い、関係のないテーマでサンプルを作成した。
内容は買った文房具についての記録。
かつかつの生活費をやりくりしながらそれでも無駄に文房具を買ってしまう悲哀に満ちた記録になった。
おすすめ。

無職透明日記
無職期間限定の日記。
何せ時間があるので連日みっしり文字でページをうめながら就職先が決まるまで続く。
2度ともA6サイズの無罫ノートを使用。
後で読み返すとしみじみと楽しいが、本来こんな日記だけで1冊を終えている場合ではない。
[PR]
by mukei_font | 2013-10-03 23:58 | 文房具与太話 | Comments(4)
Commented by スナフキンパパ at 2013-10-04 01:52 x
深夜でもう眠らなければと思いつつこの記事に引っかかってしまった。
結局最後まで読んでしまい、自分も何かノートを作ろうと作業が始まってしまった。
明日は仕事なんだけどなあ・・・
まあ悶々と眠れないより楽しいほうがイイカ!
Commented at 2013-10-04 07:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mukei_font at 2013-10-04 21:29
>スナフキンパパさん
楽しいノートライフが始まることを祈っています。
挫折したらしたで理由を分析すればいいのですから、とりあえず始めてみてください。
Commented by mukei_font at 2013-10-04 21:30
>非公開コメントさん
ありがとうございます。
タイトルだけでも素敵なものにしたかったので。
しかし3人で3冊の交換日記はすごいですね。
小生はノートを次の人に渡した瞬間だけ「キャッホゥ!」な気分になり、回ってくるとどんよりした気分になったものでした。
好きで始めたことなのにどうにもおっくうなことになっていく交換日記なんですよね。
<< コメントへのお返事。 で、文房具を何に使うか~猫町の... >>