猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
高校生のころ鉛筆を愛用し..
by なぎねこ at 21:03
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


コメントへのお返事。

いただいていたコメントへのレスを先ほどアップいたしました。
今回特にレスが遅くなってしまいましたこと、お詫び申し上げます。
すぐに押し流されてしまいそうなので、念のためこちらに転載いたします。
無関係の方も多数おられると思いますので、折りたたんでおきますね。



>kekoponさん
もうご覧になりましたか?
やはりラミーに入れられたのでしょうか…

>@やしおさん
書きやすさは人それぞれなので一般的なことしか言えませんが、なめらかさでいえばSXR-5でしょうか。
使い始めはガリガリするかもしれませんが、いずれなめらかになると思います。
ジムノック(K-0.7が入った普通のジムノックですよね?)はいわゆる普通の油性ボールペンです。
もしジムノックのほうが書きやすいと感じるのであればそれはボール径が違うからかもしれません。
SXR-5は適度に引っかかりつつなめらかというのが特徴だと思うのですが、引っかかる必要はなく単になめらかがうれしいのであればジェットストリームの0.7と比較されてはいかがでしょう。

>レイさん
お久しぶりです。
レイさんもダイアリー苦手だったのですね。
でも学生さんなら何かとあったほうが便利かもしれませんね。
文庫サイズのMDノートに合わせるのであれば、それにブックカバーをかけてはさめるくらいの薄さのものがいいですよね。
ダイゴーのハンディピックダイアリーのスモールサイズなどはいかがでしょう。

>ゆみコロさん
はたしてうまくいったでしょうか…
すでに手もとにあるリフィルで実験できたらいいですが、わざわざ買ってうまくいかなかったら申し訳ないです。

>にあさん
BVRF芯の緑は「Dr.グリップ4+1のアクロインキバージョン」が出た時に登場したみたいですよ。
プレフィールの中にPILOTのリフィルが入るかどうかについては本文記事中にも書きましたが、うまくいかない場合が多いのではないかと思います(ZEBRAの芯径は三菱やPILOTの芯とは違うため)。
自分はクリップオンマルチにPILOTの芯を入れようとして壊しましたが、クリップオンスリムだとうまくいくという意見もありますし、kaddey∞さんがおっしゃっているように軸のタイトさとも関係があるのかもしれませんし、芯の組み合わせによるのかもしれません。
プレフィールの中にスタイルフィットリフィルを入れる場合も、入らないという人もいれば運良く今回の小生のようにおとなしく入ることもあります。
とにかくZEBRAの軸へ他社の芯を入れる場合は要注意です。

>NecotaToranさん
そうなんです。
手紙のアナログさは単に相手の筆跡を眺められる楽しみにとどまらないんですよね。
まさに五感を刺激するものというか。
素敵な香りとともに文を、というのは光源氏の時代からありましたが、ボールペンの筆圧で凹凸ができた紙のぱりぱり音を楽しむというのは比較的最近の感性かも。
そう考えると文通っていつの時代になっても風流なものなのかもしれません。
便箋のお試し用紙、同感です。
高級になればなるほど書き損じが痛いですよね。
でも不揃いになった便箋や封筒をいろいろ組み合わせて使うのもまた楽しかったり…

>あむさん
ぺんてるのニードルチップはハイブリッドテクニカもスリッチも大好きなんですが、スリッチーズのリフィルだけはどうも好きになれない猫町です。
やっぱり斜めに芯が出てくるのにニードルというのが危なっかしくて貧相なんですよね…
まあ筆圧をかけすぎるのかもしれませんが…
軸は好きなんですけどね。
多色なのにごろんとしていないのがほっとするんです。

>ELBさん
ELBさんには素敵な便箋をご紹介いただき感謝しています。
極細の油性ボールペンでぐいぐい書いていく感じ…とても快感です。
天のり、コツがあるのですね。
自分は表紙部分を強く引っぱって天のり部分をむき出しにしてからちぎるようにしています。
ダイソー以外の100均便箋も試しましたが、紙厚が薄く、レポート用紙とまではいかないまでもなんとなく物足りない感じで、ダイソーの「常備箋」はあれでも結構高級感を出していたのだなと分かりました。

>えはらさん
サラサよりもシグノが好きな理由は、まずシグノにはキャップ式があること。
基本的にゲルインクボールペンはキャップ式派なので。
ノック式のゲルインクボールペンはシグノRT1が登場するまでは正直どこのメーカーのものも苦手でした。
ノック式ということでインクの湧出量が押さえられていることからくるガリガリ感や、スプリングチップのカクカクした感じが文字を書く集中力をそいでしまうので。
サラサは登場したばかりの頃に数本使ったのですが、ザリザリ感がどうしても合いませんでした。
それからにおい。
ZEBRAのゲルは(黒だけかもしれませんが)どれも同じように不思議なにおいがするように思います。
サラサもハイパージェルもサラサスティックも。
どれもプラスチックのにおいがするような気がするんです。
しばらく使っていないプラスチックの保存容器を久しぶりに開けた時のこもったにおいというか…
書いている最中もですし、書き終えてインクが乾いたものをにおってもそう。
これが決定的にダメな理由ですね。
黒以外は分かりませんし、多色リフィルについても分かりませんが…

>非公開コメントさん
お大事に…(まだ入院中ですよね?)

>うさぎもどきさん
アドバイスありがとうございます。
ナボリンという薬でなんとか症状が緩和しました。
根を詰めすぎないようにしたいと思います。

>NecotaToranさん
アドバイスありがとうございます。
温めたり、眼球体操をしたりしてみました。
おかげさまで今は目の痛みから解放されています。
小さい字が書けるうちにと欲張りすぎてはいけませんね。

>かんてつさん
かんてつさんは犬好きなんですね。
同じく犬派の妹は「世の中には猫グッズばかりで犬グッズが圧倒的に少ない」とよく嘆いています。

>ぴちゃぴちゃんさん
普段使いのゲルインクボールペン、二番手のゲルインクボールペンということなら間違いなくそうだと思います(もちろん自分の場合)。
自分にとっての特別なペンが普段使いのペンになるとは限らないのがおもしろいところですよね。

>えはらさん
芯をカットしたりの改造をほとんどしない小生にとってはあまり「あるある」ではないのですが、それだけに精神的ダメージも大きく…
でも今ちゃんと使えているのでよかったです。
改造は器用な方におまかせいたします。

>kaddey∞さん
勝手にお名前を出してしまってすみませんでした。
確かにタイトなゼブラ軸はまた違うのかもしれませんね。
あむさんもクリップオンスリムにいろいろ入れておられるようですし…
芯の入れ替え差し替えは楽しいのですが、やりすぎると壊してしまう場合もあり、小心者の自分は絶対に間違いのない組み合わせでピヨピヨやっているくらいがちょうどいいようです。
サラサのブルー、プレフィール用のリフィルで同じになりましたか?
単色と多色、ボール径の大小で色味が変わることは珍しいことではないと聞きます。
BLUE-4でももっとシビアな比較実験をしてみたい気もしますが、とりあえず今のメンツで完走を目指します(現在トンボが脱落中ですが)。

>かんてつさん
なるほどそういう使われ方をしていたのかもしれませんね。
今はないデザインや素材を愛おしむのもまた楽しいかなと思っています。

>わかば84さん
あ、本当ですね。
今回はギャグ要素もなく、おとなしい作品になってしまったので入選は無理だろうと思っていましたが…
どんどん運を使い果たしています。

>松さん
シグノRT1は個人的に「文房具オブ・ザ・イヤー2013」かもしれません。
ご来店、楽しみにお待ちいたしております。
[PR]
by mukei_font | 2013-11-15 21:32 | わたくしごと | Comments(2)
Commented by miyamo at 2013-11-16 13:53 x
コメントは三度目になります。「グッとくる文房具」読みました。猫町さんのコメントが掲載されてますね。OKBの中の「トップヲタの証言」というなかの一つ。猫町さんの名前を見つけておお!と叫びそうになってしまい、熟読させていただきました。ハイブリッドテクニカ0.4(キャップ式)への愛あるコメント、とくと読ませていただきました。1本のペンに愛情を持って接することができるというのはしあわせなことだと思います。そういう1本が私にはまだないのでうらやましく思います。
私は多々あるペンに均等に接していきたいタイプなので。
Commented by mukei_font at 2013-11-28 23:01
>miyamoさん
あらためまして、一番に感想をありがとうございました。
あまりにも場違いでむずむずしてしまったのと、ハイブリッドテクニカの残念な結果にへこみ弱音を吐いてしまいましたが、掲載自体は素敵な思い出になったと思っています。
これからもいろんなことをぽつぽつ書いていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
<< 「グッとくる文房具2014」に... 夜のひとこと(ダイアリーとか筆... >>