猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(51)
(33)
(15)
(9)
(1)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
今日、ラミー青山の路面店..
by あむ at 14:18
ISOT行きましたが、今..
by マッキー at 17:29
こん○は。 消しゴムは..
by YAS at 23:56
【追記】 寝ぼけていた..
by 輪音 at 19:34
ペトロールのボールペンを..
by 輪音 at 01:22
ちょくちょく拝見させて頂..
by 妃南 at 21:30
はじめまして! 使用中..
by kamiyumi at 17:51
統計という数字が欲しかっ..
by ニャル子 at 23:47
自分の場合、学生の頃のル..
by YAS at 22:41
こんにちは。 手帳シー..
by YAS at 22:28
私のページに、フミヲさん..
by MAGNET at 18:59
こんばんは。神奈川のバッ..
by 神奈川のバッタ at 22:15
娘用にぽちっとしてしまい..
by ゆずな at 10:10
お返事ありがとうございま..
by とに at 22:18
>とにさん 分かりにく..
by mukei_font at 11:21
お久しぶりです。ツイスト..
by とに at 10:55
あああ~~~、これは全色..
by りお at 16:20
よばれました~~~~!!..
by りお at 16:16
イオンの店舗ごとで扱う商..
by あるけみ at 21:55
最近ルーズリーフ (A4..
by K at 21:45
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


コメントを読み、考えたこと(OKBについて)。

「グッとくる文房具2014」について、あるいは「OKB(お気に入りボールペン)48総選挙」についてたくさんのコメントありがとうございます。

あれからもいろいろ考えてみたんですが、結局いろんな感じ方があっていいんじゃないかというのが感想です。
あの雑誌のノリがどうも合わない、好きじゃないという意見は仲のいい友人たちからも聞きましたし、若干キモいながらも雑誌としては楽しめたという意見もありました。

小生は雑誌を作る立場に立ったことはなく、それがどんなに大変な作業か分かりません。
ただこうして日々雑文を気ままに書き綴り、その蓄積が「ブログ」として存在しているだけです。
しかし、「書いてあることはともかくなんかむかつく」とか「どうも好きになれない」といった理由で読者に取捨選択されているという意味では、雑誌もこのブログも同じなんじゃないかと思うわけです。

ある人にとっては楽しいかもしれないが、ある人にとっては不愉快かもしれない。
それはもうどうしようもないことです。
だからこそ、いろいろな意見があってもいいように思ったりもするのです。

ただ、雑誌が個人のブログと違うのは、意図してムーブメントを起こせるということだと思います。
こういうものが流行っているよ、とか、こういう試みがおもしろいと思うんだけどどうかな、といったことを発信する声の大きさが個人のブログの比ではないんですね。
本当に世の中が意図した方向に動くかどうかはさておき、そういう動きがあるような雰囲気を醸すことができてしまう。
だからこそ、皆さんが戸惑われているのだろうと思うし、小生自身違和感を感じているのだろうと思うのです。

が、これとてもう個人の力ではいかんともしがたい領域ですよね。
個人がいかに声高に叫ぼうとお気に入りの文房具が廃番になってしまうように、文房具愛好家とはかくあるべきだ、といった主張も、どこにも届かないものだと思っています。
幸い自分にはブログという場所があり、これまでずっと書いてきた流れがあります。
なので、今後もその続きを歩んでいこうと思っています。

ただ一つこれだけは言えるのは、「OKBというイベントによってかゆいところにやっと手の届いた人たちもまたいるにちがいない」ということです。
OKBというイベントやその演出には賛否両論あってしかるべきだと思いますが、ただ単に「このペンのこんなところが好きなんだ」という話がしたいのに、周りに分かってくれる人がいなくて(むー語りたいぜ)と思っていた人たちには大いに救いになったのではないでしょうか。

たとえばあのイベントにおいて、48本すべてのボールペンについては分からないけれど、お気に入りの2~3本についてだけは詳しく、長い間愛着を持って使っているといった人たち。
長らく一人であたためてきたお気に入りのボールペンに一票を投じ、お気に入りの理由を書いたりできるのは純粋に楽しかったはずです。
一人で(いいよなあ、このペンいいよなあ)と思うのも楽しいのですが、ちゃんとそれを議論する舞台が用意され、自分以外の人の意見も聞けたりするというのはやはりなかなか貴重なことだと自分などは思います。

ある人にとってはどうでもいいことがどうでもよくなくて、分かっている人と話したいとか、分かっている人の意見を聞いてみたいという欲望はありとあらゆるジャンルに共通してあることですよね。
それは中途半端なリアクションでは物足りないどころか、もっと孤独になってしまうような類の欲望で、だからこそそれを追求しようとするとオタクっぽい集まりになってしまうのかもしれません。

ただし、何事も料理の仕方ひとつだろうなとも思います。
もともとアイドルのAKBを意識して始まったイベントなので仕方がないとはいえ、OKBというイベントの持つ「軽さ」に嫌気がさしたという意見もちらほら耳にしました。
たとえば、お気に入りのペンに知らないアイドルの名前がついているだけでもう嫌な気持ちになったといったようなこと。
せっかく地味なボールペンも含めた人気投票ができるチャンスが、クセの強い味付けのせいで参加者を逃してしまった可能性もあります。
それはもちろん結果発表についてもそうでしょう。

でも、OKBというイベントの「軽さ」が「3回目」までこぎつける原動力であったとも思いますし、続いたからこそ議論の対象にもなり、こうして自分もあれこれもやもや考えているわけで、地味で厳密で正しければそれでいいというわけでもないのかもしれません。

あれこれ書きましたが、自分は考えることが好きだから特にそう思うのかもしれませんが、やはりいろいろな意見があってこそ健全というふうに感じます。
誰かがあらかじめ用意してくれた物事をばっさり切り捨てるのは簡単すぎるというか、むしろ自分は自分の中のもやもやが何か、何に違和感を感じているのかといったことをあれこれ考えるのが好きなのです。

すべての意見が一致する人というのはめったにおらず(いたらめちゃくちゃ好きになりますが)、それ以外の物事にもどこかしら学ぶ点があり、そうやって小さくて狭い自分の世界が少しずつ広がっていくのかなと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2013-11-19 21:46 | 文房具与太話 | Comments(2)
Commented by まよせん at 2013-11-20 01:35 x
私も色々思う節があって、今回はノータッチです。
好き嫌い以前に、この企画という輪に入れないなぁ、と思いました。
というのも、私の中に筆記具(敢えてボールペンに限定しません)×紙×文字×気分の組み合わせが沢山あり、ランキングになりようがないのです。
特に気分によるものが大きく、複数のペンのローテーションを組むのが好きなんですね。
例えば最近はマジメな書類を書く機会が多いのですが、筆箱にはそれぞれキャップ式のシグノ0.38とテクニカ0.4が入っています。最近はシグノが優勢ですが、テクニカを筆箱から外すことはありません。
そしてそれ以外の書類にはジェストとアクロ…と続きますが長いのでやめますw
筆記具は必需品という意味で、空気みたいなものなので、私の中で「嫌い」or「無」に分類されているようです。そして、この「無」がなかなか難しいのです。
Commented by mukei_font at 2013-11-28 23:25
>まよせんさん
お気に入りのペンを決める際、紙や文字、気分といったものとの組み合わせがちらついてしまい、順位をつけることができない。
おそらくペン好きの多くの方がそうだろうと思います。
自分もそうです。
なので、「特別」をまかせられるテクニカ以外のペンは優劣がつきにくくて非常に悩みました。
幸い自分の中にはいろんなペンをとっかえひっかえしながら楽しむ部分と、このペンじゃないとにっちもさっちもいかない部分がはっきりしていたこともあり、後者を軸に順位を決めたのですが。
ハイブリッドテクニカ以外は消去法でした。
「嫌じゃないか」「余計なことで自分をわずらわせないか」という基準。
まよせんさんの「無」の基準に近いかもしれません。
<< 機嫌よくダイアリー。 慟哭のハイブリッドテクニカ~第... >>