猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


コメントへのお返事。

遅くなってしまいましたが、いただいていたコメントへのレスを先ほどアップいたしました。
いつのまにかコメントが20件を超えてしまっていたので、レスをこちらに転載いたします。
無関係の方も多数おられると思いますので、折りたたんでおきますね。
黄色のボールペンについて興味深いコメントをお寄せくださった皆さんに感謝しています。



>miyamoさん
あらためまして、一番に感想をありがとうございました。
あまりにも場違いでむずむずしてしまったのと、ハイブリッドテクニカの残念な結果にへこみ弱音を吐いてしまいましたが、掲載自体は素敵な思い出になったと思っています。
これからもいろんなことをぽつぽつ書いていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

>非公開コメントさん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
あたたかいコメント、とてもうれしかったです。
早速ハイブリッドテクニカを買いに走ってくださってありがとうございます。
いつまであるか分かりませんが、この世からなくなるまでは一番の愛を注ぎ続けたいと思います。

>たまみさん
もったいないお言葉をありがとうございます。
たまには謎の人物が載っていてもいいかと気にしないことにしました(車田正美先生風に表現すると体はごつくて目だけ光っている人物的な)。
これからも毒にも薬にもならないようなことをへらへら書いていきたいと思っています。

>かんてつさん
OKBについての疑問は昨年自分もあれこれ考えました。
確かにペンの種類がばらばらで使用目的もばらばらでナンバーワンなんて選べるのかと思いますよね。
なので自分は勝手に自分の中に「最終的によりどころになる1本」という基準を作り、それに基づいて選びました。
その結果、「一番優秀というわけではないが、もっとも他と替えがきかないペン」が自分のナンバーワンになったように思います。

>soramameさん
なるほど!
鋭いオタ心理ですね。
そうかあ、順位が低いのがステータスかあ…

>ありんこさん
まあいろいろ事情があるのは分かるんですけどね…
でも、スリッチが出たからもういいだろうとか、エナージェルにもニードルチップがあるしとか、ぺんてるさんには思わないでほしいですね。
愛したのは水性顔料系のインクが入ったキャップ式のニードルチップなんだということを分かってほしいというか…まあぺんてるさんはこんなところは見ていませんよね(笑)。

>kaddey∞さん
ナガサワにないのはショックでした。
結構微妙なシリーズも置いているのに、ハイブリッドテクニカがないというのがなおのことせつないというか…
(知らないんだきっと、あの素晴らしさを…)と小石を蹴りながら帰ってきたのは言うまでもありません。

>非公開コメントさん
ご親切にありがとうございます。
その店、分かります!
ただし通る時はいつも車なので、実際に入ったことはないのですが。
ご実家がそのあたりなら、木琴堂は目と鼻の先ですね。
いつかお会いできますように。

>なぎねこさん
年賀状企画…今まさに頭を悩ませているところです。
今年はなんというか自信がなく、調子のいいことを言って書けなかったらどうしようとくよくよしています。
二、三日中に記事にする予定ですが…
もちろん企画がなくても年賀状はありがたいですし、お返事もきっと書かせていただきます。
フミヲくじをどうするか…考え中です。

>松さん
ぺんてるのサイトは分類自体がよく分からないのですが(新しいものを優先的に載せている?)、ぺんてるのWebカタログに載っているうちは大丈夫だろうと思っています。
が、もし本体が廃番になってもしばらくは芯だけ作られると思うし、それもなくなる頃にはきっと老眼になっているだろうから、実力的にニードルの0.4なんかで字が書けなくなっているんじゃないか…と思ったりもしています(本当はものすごい老眼鏡をかけてでもテクニカを使いたいけど)。
いずれにせよ最初からフラれた時や別れた時のことばかり考えさせる罪な奴ですよテクニカは。

>りおさん
ありがとうございます。
もしかしたらもっとハイブリッドテクニカのためになるようなコメントを書かれる方もおられたかもしれませんが、あの記事をきっかけに一人でも興味を持ってくださればいいなと思っています。

>カズさん
万人に受ける企画というのも難しいですよね。
企画のノリや味付けについては賛否両論あってしかるべしですが、「書ければいい」「書きやすければいい」と思っていた人が、「そもそも書きやすいとはどういうことか」と考え始めるきっかけになるという意味ではなかなかおもしろいのではないかと思っています。
一堂にペンを集めてそれぞれの個性を説明しようとしたら恐ろしく細分化されたように感じますが、ほとんどのペンは以前から存在し、文房具屋の店頭に並んでいたものばかりなんですよね。
説明をほどこされないうちは、せいぜい「油性ボールペン」「ゲルインクボールペン」だったものが、実はそれぞれに個性があったという話というか…
文具業界の行く末については分かりませんが、安い筆記具を介して使い手側の感受性が花開いていくのはけっして悪いことではないと思っています。

>まよせんさん
お気に入りのペンを決める際、紙や文字、気分といったものとの組み合わせがちらついてしまい、順位をつけることができない。
おそらくペン好きの多くの方がそうだろうと思います。
自分もそうです。
なので、「特別」をまかせられるテクニカ以外のペンは優劣がつきにくくて非常に悩みました。
幸い自分の中にはいろんなペンをとっかえひっかえしながら楽しむ部分と、このペンじゃないとにっちもさっちもいかない部分がはっきりしていたこともあり、後者を軸に順位を決めたのですが。
ハイブリッドテクニカ以外は消去法でした。
「嫌じゃないか」「余計なことで自分をわずらわせないか」という基準。
まよせんさんの「無」の基準に近いかもしれません。

>とにさん
ハマったわけではないのですが、緑色のゲルインクってきれいだなーと思って。
グリーンインクのおまじないは若い方はご存じないと思います(笑)。
でもシグノの緑を見ていると、つい(あの頃このペンがあればやってたかもなあ)と思うんですよね。

>やっさん
ありましたよねー
これ水性だからにじむんですよね。
字の太さもコントロールしにくいし、インクの減りも見えないし、使い切りだし、そもそも持ちにくいし。
でもこういうペンとともにあった日々なんですよね…

>ひーやんさん
それはアンラッキーでしたね。
リフィルの筒が空っぽだったんでしょうか。
すぐに店員さんに言えば替えてくれると思いますよ。

>ありんこさん
グリーンブラックやボルドーブラック、確かに店頭であまり見なくなりましたね。
手紙を書くのにいい色だなと思うのですが…
若い人に支持されないと淘汰されていく傾向があるのでひやひやしますね。

>みゅうさん
みゅうさん、グリーンコレクターですもんね。
手帳に記入する色、プライベート担当が緑で緑が増えると嬉しくなるというのはいいですね。
色ペンたちが幸せそうにさざめきあっているのが見えるようです。

>きゅうさん
なるほど。
「主張しすぎない色だけに、目立たせたいというよりは目にいたくない色で見やすくする」…
いいなあ、生きた意見。
聞いてみてよかったです。

>motiさん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
学生さんのコメントうれしいです。
なるほど結構黄色のペンも筆箱の中に入っているのですね。
しかし、黒板とまったく同じ色でノートに書きたいとか、女子の筆箱はペンが多くてナンボとか、現役の学生さんからの情報はまぶしさが違いますね(年寄り発言)。
自分の時はどうだったかなあ…

>にあさん
ビクーニャをボディに選ばれたんですね。
確かにスリムなところは魅力的かもしれません。
アクロボール4もそのうち出るのでしょうか。

>yuiさん
お絵描き!
そうなんですよね。
自分が絵を描かないからすっかり頭から抜け落ちていたのですが、絵を描かれる方からご指摘をいただき、なるほどと思ったところです。
その可能性に気づいただけでも記事にしてよかったと思います。

>Nekaさん
オレンジになると用途も思い浮かぶし、ユーザーの数もグッと増えるんですよね。
でも黄色のペンをあえて探している方もやはりおられたので、個人的にすっきりしました。
いろんな意見が聞けて楽しかったです。

>あむさん
万年筆のインクになると緑色でもまた幅が出てきますよね。
今の子たちが恵まれているなと思うのは、大人が使っているものとまさに同じものが子ども用の文房具だということですね。
スタイルフィットにしてもコレトにしても子ども向けのものじゃなくて、ビジネスマンが仕事で使っているものと同じですからね。
子どもはおもちゃみたいな適当なのでよくて、大人は高品質なものを使う、みたいな時代でしたよね昔は。

>あむさん
若干心を許しすぎているような気もしますが、何色で書かれていても、途中ぐちゃぐちゃに塗りつぶされていても、便箋が変な大きさで切られていても、手紙は本当に宝物ですから(自由すぎるうさむし)。

>えはらさん
「黒板の文字の色と同じ色を使いたい」という願望って結構メジャーなんですね(motiさんやyuiさんも同じことをおっしゃっていましたね)。
あまりにも昔の記憶なので忘れているだけで、自分もそうだったのかもしれませんが…(自分の時は黄色いペンなんてなかったか…蛍光の黄色とかならあったかも)
それから「赤いシートをかぶせる」のも高校2年生の頃にやめてしまいました。
なんかそういう子どもっぽいことが嫌になった時期があったというか(笑)、結局全部覚えないといけないんだからまるごと覚えようと思い、かなり強がって本来オレンジで書くべきところもすべて青色のペンで書いていました。
若かったなと思います。

>りおさん
「真黄色」探し派…
こういうご意見を待っていた気がします!
全色制覇したい&全色持ち歩きたい…かっこいいですね。
前者はともかく後者がすごい。
どんな筆箱なんでしょうか。
確かに「真黄色」を探している方からすれば、どの黄色もオレンジがかっているかもしれませんね。
ジュースで出会えて本当によかったですね。
やはり黄色は深かった!

>tobiraさん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
過去の記事が参考になったようで、恐縮しております。
自分は文房具の改造はめったにやらず、この時はたまたまリクエストがあったから頑張っただけなんですね。
改造の得意な方は他にもたくさんおられると思いますし、小生のような中途半端な人間は手を出さないほうがいいなといつも思っているんです。
でもお役に立ててよかったです。
改造ペン、かわいがってあげてください。

>えはらさん
そんなにたくさんあるんですね!
まるで自分がお土産物売り場に行ったかのような細かさで想像できました。
ありがとうございます。
小生は遊園地等が非常に苦手で行くことはないと思うのですが、お土産物売り場だけちょっと気になります。
いろんな文房具類を見て、わあとかへえとか思いたいなと思って。
だから妹にはいつも感謝しているんです。

>輪音さん
先日はまたまた遠くからありがとうございました。
こちらこそ勉強になることばかりでした。
ペン一つとってもいろいろな感じ方があり、とても楽しい数時間でした。
今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by mukei_font | 2013-11-28 23:48 | わたくしごと | Comments(0)
<< 猫町文具店(仮)からのお知らせ。 朝のひとこと(出勤前のメモ)。 >>