猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(55)
(33)
(17)
(10)
(9)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>あるけみさん 自分も..
by mukei_font at 23:33
>あるけみさん このジ..
by mukei_font at 23:32
>慎之介さん 自分は最..
by mukei_font at 23:32
>ゆずなさん なるほど..
by mukei_font at 23:31
>YASさん 偵察あり..
by mukei_font at 23:29
>パソ活さん ギャザリ..
by mukei_font at 23:29
>芦原英幸さん はじめ..
by mukei_font at 23:27
>cheery_boxさ..
by mukei_font at 23:27
>あるけみさん 帆布は..
by mukei_font at 23:26
>ともこさん ともこさ..
by mukei_font at 23:24
>YASさん 自分は「..
by mukei_font at 23:23
>YASさん 文房具も..
by mukei_font at 23:23
>焼き魚さん 猫町の記..
by mukei_font at 23:17
>たまみさん S20…..
by mukei_font at 23:16
>YASさん 連用日記..
by mukei_font at 23:15
>YASさん ジュース..
by mukei_font at 23:14
>YASさん いろいろ..
by mukei_font at 23:13
>あむさん その節はあ..
by mukei_font at 23:13
>Kさん アンケート!..
by mukei_font at 23:11
>T君 半年以上前のコ..
by mukei_font at 23:10
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


年賀状2014楽屋裏。

なんだかお久しぶりです…

ようやく年賀状をほぼ書き終え、本日投函してきた猫町です。
これでおそらく元日につくはず。
海外在住の方は遅くなってしまってすみません。
早めにご住所を教えていただいていたのに申し訳ないです。

今回の年賀状は表書きをセーラーの青墨で、裏面をぺんてるのハイブリッドテクニカ0.4で書きました。
本来は表も裏も同じ筆記具を使うべきなのかもしれませんが、万年筆とボールペンそれぞれにしか表現できない世界があり、それこそが自分が日頃もっとも大切にしていることだという思いから両方使わせていただくことにしました。

表書きは今さら言うまでもないですが、非常に下手くそです。
情緒ゼロ、躍動感ゼロ。
せめて正確に書こうと心掛けるわけですが、書き慣れぬ大きさの文字をハエがとまりそうなスピードで書いているうちに、自分がいったい今までどうやって字を書いていたのか分からなくなってしまうような感覚に襲われ…
もともとはねたりはらったりしないダメな字を書くので、一度この感覚に陥ると字が図形にしか見えなくなってしまうんですね(機会があればいったいどの漢字に特にパニックになったか白状したいと思います)

こんなに下手くそなのに万年筆とかまさに(笑)ですよね。
しかしそれこそが小生の言いたいことなのでした。
こんなに稚拙な文字でも万年筆を使ってもいい、楽しんでもいいということ。
万年筆というときれいな字を書かないと格好悪いみたいな風潮に、そんなことはないんじゃないかと。
単にインクの濃淡を味わう楽しみだってあると思うんですよね。
だから個人的に一番濃淡に味わいがあると思う青墨を選びました。

もちろん「こんな稚拙な文字は寒いぜ」と思われてもいいと思っています。
万年筆に似合う字になるように字の練習をされている方を何人も知っていますし、素晴らしいことだと思っています。
でも少なくとも小生はこんな風に万年筆を楽しんでいますよということで。

昨年まではこんな感じで裏面も万年筆でした。
が、実は毎年自分で自分に違和感。
本来こういうメッセージはボールペンで書くよな。
もちろんぺんてるのハイブリッドテクニカ0.4で。
ギッギッと筆圧をかけて思いを込めながら。
年中ブログでボールペンの話をしているわりにボールペンの出番がないとか…

というわけで、ハイブリッドテクニカ0.4です。
細かい話になりますが、使用したのはややつゆだく仕様のハイブリッドテクニカ0.4。
本来は強く書くと筆記線が中抜けする(筆記線の中央のインクが抜けたようになる)くらい渋いインクの出が魅力なのですが、中抜けしていると「やーい、ハイブリッドテクニカの中抜けやーい」といじめられるのではないかという親心から、つゆだくちゃんに頑張ってもらいました。
いや、つゆだくちゃんが苦手なので頑張ったのは小生なのですが…
何しろ葉書の紙質とただでさえインクの乾きが遅いハイブリッドテクニカのつゆだくバージョンということで、今回吸取紙が活躍したのなんの。
下手をすると吸取紙についたインクがさらに転写されてしまうくらいしぶといインクですから。

そう考えると、やはりハイブリッドテクニカはじっくり清書する用のペンなんですよね。
書いてすぐこすりそうな用途はちょっと難しいというか。
でも清書といっても下書きの上から書いて消しゴムで消す系の清書は注意が必要。
乾いたと思っても乾いていなくて、消しゴムでびゃーっとインクを広げてしまう危険性が。

あ…
だから一発書きが得意になったのかもしれない。
下書きの上から何かを書いてあとで消すという行為をまったく信頼していないというか、あれは悲劇にしかならないと刷り込まれているというか。
うーむ、知らない間にハイブリッドテクニカにずいぶん鍛えられているようだ。

何の話だ。
年賀状の話でした。

そんなわけで、表書きは万年筆の濃淡を、裏面は中抜けしていないハイブリッドテクニカを見てあげてください。
字はどう頑張っても下手くそなので、遠くから見たり、逆さまにして見たりして楽しんでいただければと思います。
繰り返しになりますが、こんな字でも筆記具やらノートやらではしゃいでいいというのは大きな勇気になるのではないでしょうか。

だって知っているんですよ。
皆さんの字がとてもお上手であること。
さすが文房具好きの方は違うなというような書き慣れた文字の数々。
何度ギャフンと言わされたことか。
それでも来年の元日から恥をさらす猫町であります。
[PR]
by mukei_font | 2013-12-24 23:42 | 文房具与太話 | Comments(0)
<< 年賀状2014楽屋裏(追記)。 朝のひとこと。 >>