猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(55)
(33)
(17)
(10)
(9)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>あるけみさん 自分も..
by mukei_font at 23:33
>あるけみさん このジ..
by mukei_font at 23:32
>慎之介さん 自分は最..
by mukei_font at 23:32
>ゆずなさん なるほど..
by mukei_font at 23:31
>YASさん 偵察あり..
by mukei_font at 23:29
>パソ活さん ギャザリ..
by mukei_font at 23:29
>芦原英幸さん はじめ..
by mukei_font at 23:27
>cheery_boxさ..
by mukei_font at 23:27
>あるけみさん 帆布は..
by mukei_font at 23:26
>ともこさん ともこさ..
by mukei_font at 23:24
>YASさん 自分は「..
by mukei_font at 23:23
>YASさん 文房具も..
by mukei_font at 23:23
>焼き魚さん 猫町の記..
by mukei_font at 23:17
>たまみさん S20…..
by mukei_font at 23:16
>YASさん 連用日記..
by mukei_font at 23:15
>YASさん ジュース..
by mukei_font at 23:14
>YASさん いろいろ..
by mukei_font at 23:13
>あむさん その節はあ..
by mukei_font at 23:13
>Kさん アンケート!..
by mukei_font at 23:11
>T君 半年以上前のコ..
by mukei_font at 23:10
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


筆箱拝見!~てっつぁん篇・雑談~

少し間があいてしまいましたが、てっつぁんの筆箱拝見記事に少し補足して、シリーズを完結させたいと思います。

これまでの記事はこちらをどうぞ。
筆箱拝見!~てっつぁん篇・上~
筆箱拝見!~てっつぁん篇・中~
筆箱拝見!~てっつぁん篇・下~

今回、なんと高知県からやって来られたてっつぁん。
しかも奥様同伴で。

猫町を訪ねてやって来られるお客さんのほとんどは初対面の方々です。
中にはブログのコメント欄でおなじみの方もおられますが、今までまったくコメントをされたことがないという方も多いですし、たとえコメントをされたことのある方の場合でも、どんな文房具の話題がお好きかということは記憶に残っていても、年齢も性別も分からないままやりとりしている場合がほとんどで、実際にお会いするまではまったくの「?」です。
それはお客さん側からも言えることで、猫町という人間について文房具が好きということ以外は「?」なはずですよね。

例えばブログではひ弱な中年ぽく自分のことを書いていても、実はハンマー投げの室伏選手のように屈強であるとか、女子とか女子力とか苦手と言いつつ実はきゃりーぱみゅぱみゅみたいであるとか、そういう可能性もあるわけですから。
まあそんなことはないんですが(たいていはブログのままの印象に安心されるようです。一部もっとひどい人間を想像していたのか、感激してくださる方もおられますが(泣))

閑話休題。
こんな感じなので、猫町文具店(仮)に遊びに来られる方とはいきなり「筆箱を持ってきました!」「拝見しましょう!」みたいな流れにはならないことが多いです。
なんとなく世間話。
漠然と最近の文房具の話をすることもありますし、ブログに書いた記事について質問されることもありますが、とにかくふわふわとした世間話。
これが楽しかったりします。

初回は文房具の話をするために(?)来られていたはずの方が、その次来られた時は完全に世間話だけだったということもあり、まあそういう空間でいいと思っています。
ネットでしか知らない人間に会うなんてちょっと危険な感じがするかもしれませんが、薔薇を持って駅前で待ち合わせるわけでもなく、一応店なので大丈夫ですよ。

話があちこちに行きますが、てっつぁんの場合はとにかくこの世間話が楽しかったんです。
奥様がご一緒なのでいきなりてっつぁんとディープな文房具の話を始めてしまうとよくないという思いと、奥様がとても魅力的な方だったので一緒に楽しみたいという思いとで、とにかく世間話でもり上がりました。

高知の話、台風や竜巻の話、爬虫類や車の話…

中でも楽しかったのは、筆記具メーカーと自動車メーカーの比較トーク。
筆記具メーカーのPILOTが自動車メーカーの何にあたるか、みたいなやつ。
これ、ずっとやってみたかったんですよね。
両方に詳しい方のご意見をぜひおうかがいしてみたくて。

昨夏家族が車を買い換えたのですが、その時初めて車に興味を持ったんです。
それまでは自動車についているマークさえ知らないくらいだったのに。
そして初心者なりに(これはメーカー間にかなり特徴があるっぽい。これは筆記具メーカーでいうとどういう…?)という興味がむくむくと出てきたわけです。

が、こういう比較って両方に詳しくないとおもしろくないでしょう?
車に詳しい人は何人もいるのですが、その人たちが筆記具に詳しくないと、トヨタやマツダがどの筆記具メーカーっぽいか、みたいな話はできないんです。
そこをてっつぁんに聞いてみたというわけです。

が、両方分かりすぎると考えすぎてかえって口ごもってしまうもの…なのかもしれません。

PILOT=トヨタ

ここまではよかったのですが、

三菱鉛筆=三菱自動車

もうここで「えーそうなんですか?なんかもっとこう…」とじたばたする猫町。
両者に精通している方がそうおっしゃるのだからそうなのかもしれないのですが、なんとなくPILOTと肩を並べている感のある三菱鉛筆はなんかもっと違うイメージかな…みたいな…

あれこれ話していると、そもそも筆記具メーカーをどのあたりまで考える必要があるのか(サクラやOHTOとかも?)とか、外車についてはどうするのかなどの問題も出てきて、これは軽いトークとして片付かないことが分かりました。

が、これは楽しいので、また自動車メーカー以外でも考えてみたいし、今後も引き続きとっておきの雑談トークとして楽しみたいと思います。
小生としては「スナック菓子メーカー」でもやってみたいし(カルビー、コイケヤ、おやつカンパニー、ジャパンフリトレー…それぞれどの筆記具メーカーにあたるのか)、あとはプロ野球12球団とか、出版社、相撲部屋なんかでもやってみたいですが、まあ力尽きるまで話しても話し足りないことでしょう。

猫町文具店(仮)におけるいわゆる「筆箱拝見」はこのような雑談と、実際に愛用の文房具や珍しい文房具を見せていただいてのおしゃべりから成り立っているわけですが、毎回しみじみと思うのが、実際にその方が筆記具をどう使われているのかを直に見たり聞いたりできるのは素晴らしいということです。

このペンが好きなんです、書きやすいんです、とおっしゃりながらパッとペンを手に取る。
その持ち方を見ただけでハッとすることが多いんですね。
あ、この持ち方ならそうかも、とものすごく納得できるんです。
持ち方だけじゃなく、実際に書いてみていただくとさらに分かります。
自分では苦手だなと思っているペンを絶賛される方はまず自分とはまったく違うペンの持ち方をされますし、書く字の大きさや速さが違うことが多いです。

ちゃんとそこに理由があること、そしてその理由をこそ尊重しなければいけないことが分かります。
世間の評判やメーカーのうたい文句などとは関係のない世界がそこにどかんと横たわっているんですね。
それが非常におもしろいと思っています。

自分は書道の成績もおちこぼれで、書く文字もペンの持ち方も非常に悪いです。
が、矯正しようとは思いません。
書道の先生には怒られてしまうかもしれませんが、自分の興味はすでにできあがってしまった一人一人の「癖」のようなものにあります。
一人一人の困った個性によって選ばれた筆記具に興味があるし、またその筆記具がその個性をどっちにのばしていくかに興味があります。

この人は何に困っているんだろう。
この人は何を使えば快適になるんだろう。

持ち方や書き方を変えるのではなく、筆記具を変えることで何かを変えることができるかもしれない。
別に正解を探そうというわけでもないんです。
何かを変えることができるような気になるだけでもいい。
その気休めを愛しています。

田舎の片隅にある小さなカフェに、時々でも小生をたずねて来てくださる方がある。
少なくとも自身の文具人生は豊かで刺激的であり、田舎の片隅にいてさえ文房具に対する感性が鈍ることはありません。
そのことにとても感謝しています。
[PR]
by mukei_font | 2014-03-27 23:59 | 筆箱拝見! | Comments(12)
Commented by at 2014-03-28 09:26 x
車に置き換えて、興味深いです。
パイロット=トヨタは確かに。
ジェストがカローラ、フリクションがプリウスってなイメージでしょうか。
双璧、三菱は私の中では日産かなー。
守備範囲の広さがそう感じさせますね。
更にマーチ、キューブ、ノートといった女の人を意識したラインナップはまさに今の三菱っぽいというか。
昔の硬派なイメージの三菱はスバルっぽいですが。
ハイユニ(鉛筆)を作り続ける=質実剛健水平対向6気筒を作り続ける、って感じですw
ぺんてるは・・・ホンダかな。
時代の先を行き過ぎてたまに誰も付いて来てない時があるとかソックリですww
これ、バイクだと間違いなくぺんてる=スズキですねww
っと、バイクの話までもってくるととんでもなく長くなりそうですww
話し足りませんがこの辺りでやめておきますw
Commented by s100k at 2014-03-28 22:41 x
初めてコメントさせていただきます。
自分の中では、三菱鉛筆はホンダです。
クルトガとかジェットストリームとか、斬新なアイデアを製品化するイメージが共通してます。
他は、
トヨタ=パイロット
日産=ゼブラ
三菱自動車=プラチナ(モデルチェンジをなかなかせずに同じ製品を作り続ける)
マツダ=セーラー(長刀研ぎとか、マニアックな部分に特色)
みたいな感じです。
異論はいくらでも認めます。
Commented by 輪音 at 2014-03-29 02:11 x
パイロット=トヨタ。
ぺんてる=ホンダ。
三菱鉛筆=日産。
以上に一票。
Commented by かんてつ at 2014-03-29 10:10 x
会社規模からすれば、皆さん同様パイロット イコール トヨタ、となるのでしょうが、体質、DNAからすれば、パイロット イコール ホンダだと、思います。方や万年筆、方やエンジンを追求する姿勢が似ているような。
Commented by あお at 2014-03-29 20:17 x
こんばんは。ご無沙汰してます。
野球で例えるなら、
パイロット=巨人
三菱鉛筆=阪神
サンスター文具=楽天
三菱鉛筆のパイロットへのライバル心は
半端ない気がするので・・・
ぺんてる・ゼブラ・トンボ・サクラその他は
難しかったので保留(笑)
例えるのって楽しくなりますね♪
Commented by mukei_font at 2014-03-29 23:18
>松さん
なるほどー楽しそうですね。
てっつぁんとはぺんてる=マツダかなあとなったんです。
小生はマツダをひいきにしているので、自分が好きになるくらいだからぺんてるあたりだろうと思っていたのですが…
Commented by mukei_font at 2014-03-29 23:19
>s100kさん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
こちらにも自動車メーカーの知識があったらもっと楽しめるのですが、でも三菱自動車=プラチナというのはしっくりくるものが!
小生のひいきのマツダはセーラーか…
これも納得できるかも。
車種がそんなにないから地味なところに違いないと思っていたんですよ。
まあ正解なんてないわけで、わいわいがやがや楽しめたらという雑談です。
Commented by mukei_font at 2014-03-29 23:20
>輪音さん
とりあえずPILOTはトヨタということで…
Commented by mukei_font at 2014-03-29 23:20
>かんてつさん
なるほど!
PILOT=トヨタというところからくずしていくのも楽しそうですね!
Commented by mukei_font at 2014-03-29 23:26
>あおさん
PILOT=巨人はともかく阪神に三菱鉛筆の格があるであろうか?と懐疑的になってしまいますが…どうなんでしょう。

球団のイメージとしては、
巨人…常勝チーム
阪神…ノリ重視、ファンが激しい
広島…いぶし銀的魅力
中日…ストイック
DeNA…ロマンの塊
ヤクルト…怪我人が多い
みたいな感じ…でしょうか?

なんだかケンカになりそうなのでやめておきましょう(笑)。
Commented by てっつぁん at 2014-03-30 23:43 x
パッと目に留まったペンを手に取り眺め、妄想しているうちに「違うな」となってしまったときの悲しさ・・・
「違う」ポイントに妥協できるかどうか物欲と自制心とが激しくぶつかり合うんですけどね^^

※※※※※※※※※※
遅くなりましたが、やっと僕も記事がアップできるようになりました。
Commented by mukei_font at 2014-03-31 20:52
>てっつぁん
まさに「冷静と情熱のあいだ」ですね(適当)。
ところでブログ拝見しましたよー
すみません、笑ってしまいました。
そんなに分かりやすかったですか(笑)。
ブログを拝読して楽しかった時間がよみがえりました。
続きも楽しみにしています。
(あ、それから赤穂市は兵庫県ですので…)
<< 猫町文具店(仮)からのお知らせ。 妥協する楽しみ。 >>