猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(53)
(33)
(16)
(10)
(9)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
万年筆で筆記体書くのは気..
by YAS at 17:59
こん○は kakuno..
by YAS at 17:53
この記事を読んで自分もジ..
by YAS at 17:46
80年代のマンガ雑誌、な..
by あるけみ at 13:56
包装紙を開くのって、性格..
by みる at 23:43
ボールペンを使い切る時の..
by narkejp at 05:51
猫町さんはじめまして。 ..
by masati at 13:38
猫町さんの筆記体の読みや..
by cheery_box at 13:57
筆記体は筆記速度が速いと..
by あるけみ at 20:49
>カズさん ぺんてるの..
by mukei_font at 11:53
前々から郵便局の文具は気..
by カズ at 11:14
猫町さんお元気ですか? ..
by あるけみ at 01:53
カクノは私が万年筆にハマ..
by あむ at 23:07
文具じゃないですが昔F1..
by ヨッシー at 15:34
文房具じゃないですけど、..
by ふりふりばなな at 15:11
猫町さんこんにちは。 ..
by あるけみ at 14:51
我が家にもタプリあります..
by あるけみ at 02:50
今日の仙台育英は胸熱展開..
by horenso39 at 21:03
カテゴリができてますね!..
by ニャル子 at 12:59
消しゴムまで温度で変化す..
by ともこ at 12:08
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ZEBRA・デルガード。

ZEBRAから新しいシャープペンが出るようです。
その名もデルガード

なんでも「どれだけ力を込めても芯が折れない世界初のシャープペン」らしく、垂直方向の筆圧と、斜め方向からの筆圧に対して芯が折れにくい工夫がなされているとか。
詳細は上記のリンクをどうぞ。

まだ実物を見ないうちからあれこれ言うのもと思ったのですが、第一印象も大事かなと思ったので記録しておきます。
以下は率直な感想。

1.パッと見クルトガに似ている
2.なんか薬の名前っぽい
3.シャープ芯の研究はしないのだろうか

まず1のパッと見ですが、どうもクルトガに似ているような気がします。
クリップの形やグリップの感じもそうなのですが、一番「これは…」と思ったのは、クルトガエンジンのマークに似たデルガードシステムのマークが、クルトガと同じような位置についているところ。
これでいよいよクルトガ感が増してしまいました。
価格もクルトガと同じだし、大いに意識しているのでしょう。

軸色は売れ行き次第で今後いろいろ増えるのかもしれませんが、今のところテクトツゥーウェイライト色のクルトガ、という印象です。
せっかく60案以上も案を出して複雑な内部機構を開発し、ようやく商品化にこぎつけたのに、いささかもったいない気がしますね。
これでいいのか…

さて次は2のネーミングですが、何かに似ていると思ったら、ロート製薬のアルガードでした。
文房具のネーミングがダジャレというのは珍しくもない話ですが、今回もそうなってしまったか…と思った次第。
まあダジャレネーミングには分かりやすいという利点がありますよね。
今はもう耳になじみましたが、最初にビクーニャが出た時は何じゃそりゃ?と思ったものです。
小林製薬的なのも大事。

と思っていたら、デルガードもありました!
包帯かあ…
あ、絆創膏もある…
かぶっていてもどうしてもこの名前にしたかったのだろうか。
これでいいのか…

最後は3のシャープ芯。
画期的なシャープペンを開発するのは喜ばしいことなのですが、シャープ芯はどうなっているんだ?と素朴に疑問に思いました。
シャープペンの開発にはシャープ芯が不可欠なはずですが、ZEBRAのシャープ芯ドラフィックスのラインナップは今や0.5のHBとBだけ。
ほとんど風前の灯。

もちろんデルガードシステムの開発には自社以外の芯もあれこれ試したと思います。
が、あまりにも芯のラインナップが少ないと、2Bや3Bのような軟らかい芯を入れても大丈夫なんだろうか、とどうしても不安になるんですね。
だって、どの芯で実験したんだろうと思うじゃないですか。
もしかしたら自分が知らないだけで、ZEBRAから画期的なシャープ芯が今まさに発売されようとしているのかもしれませんが、現時点ではもやもやしますね。
これでいいのか…

とまあ、これでいいのか3連発となってしまいましたが、でも最後のシャープ芯の疑問はどうしても拭い去れません。
いくらPILOTやぺんてる、三菱に比べてシャープペンの数が少ないとはいえ、シャープペンを作っているなら芯も頑張らなきゃ。

そもそもテクトツゥーウェイの0.3や0.7の中には何の芯が入っているんだ?って話ですよ(シャーボxやプレフィールのシャープ機構もそうだけど)。
おそらく在りし日のドラフィックスが入っているんだろうけど、それでは最初に入っている芯を使い終わった後はナノダイヤかグラファイトかシュタインを入れて使ってね、ということになってしまう。
それでいいのか?
シャープペンとシャープ芯の関係はとても濃密だと思うだけに、シャープペンだけの開発ってありえないんじゃないかと思うわけですよ。

とりあえず発売されたら実物を手に取ってみよう。
あと、いつか出ると信じているニュードラフィックス(仮名)を心待ちにしています。
[PR]
by mukei_font | 2014-10-07 23:17 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(10)
Commented by りお at 2014-10-10 10:17 x
もしや、「めざましテレビ」でやっていたやつかしら??
確か男性キャスターが全体重をかけても折れないとか、実験していたような・・・・(ウロ覚えですいません・・・)
折れるのがストレスになるワタクシ、これはちょっと試し書きしてみたいです!!!
Commented by mukei_font at 2014-10-21 16:45
>りおさん
早速めざましテレビでやっていたんですね。
折れるのがストレスになる人にはいいかもしれません。
Commented by now at 2014-12-25 21:04 x
記事拝見させていただきました、自分も文房具好きです!笑

同じ芯が引っ込む機能だったらプラチナのプレスマン0.9のほうが圧倒的にいい気もするのですが...笑
個人的にはプレスマンがこれまでで一番使いやすいと思ったので!
Commented by mukei_font at 2014-12-31 09:36
>nowさん
コメントありがとうございます。
プレスマンは確かにシンプルでいいシャープペンだなと思います。
ただ、もう少し短ければもっとよかったのですが…(当方親指が非常に短いため)
Commented by PenPenPen at 2015-01-25 05:45 x
垂直な圧力に対しては、バネによる緩衝で正攻法ですが、斜めに角度を持った圧力に対して、既存の様に芯とスリーブが引っ込むのではなく、スリーブが逆に出る(デル)という構造を絶妙な曲線をスリーブと本体間に持たせることで解決していますが、これを考えた技術者は凄い。
Commented by mukei_font at 2015-01-30 19:55
>PenPenPenさん
なるほど、おもしろい構造になっているんですね。
店頭にあるサンプルをおそるおそる触っているだけじゃ分からないことですね。
シャープ芯が折れるという苦労をほとんどしていないせいで、食いつけないのが悔しいです。
Commented by PenPenPen at 2015-01-31 12:04 x
ぺんてるシュタインの2B使用で芯径(0.5ミリ)の3倍の1.5ミリまで口金から出しても(デル)が作動、折れません。筆記角度40度…これより寝かせて書く人はいないと思いますが? クルトガと違い、筆記中にペンを回す必要がありますが、クリップが邪魔になります。
Commented by mukei_font at 2015-02-16 15:53
>PenPenPenさん
詳しい情報をありがとうございます。
先日店に来られた方にデルガードをじっくり見せていただきました。
こだわりの機能があるのに書き心地は普通で、いいシャープペンだなと思いました。
Commented by さやえんどう at 2015-03-12 20:40 x
こんばんは、初めまして さやえんどうという中学一年生の女子です。
いつも猫町さんのブログ、楽しく拝見させていただいています。

先日デルガードを使っていたのですが、強い筆圧をかけて芯が引っ込む時に
芯が削れて紙に落ち、紙が汚れることが気になりました。
あとはノックが硬いです。
友達のを借りて少し書いてみただけの感想ですが、すいません。

話が変わりますが、私の愛用のシャーペンはS3の0.4です。
確か昔の猫町さんのブログで、同じシャーペンをあげた方が多かったですよね。
s3は、ドクグリ、クルトガにつぐクラスや塾で人気のシャーペンです。
なぜが私の近くではクルトガよりドクグリの方が人気です。


Commented by mukei_font at 2015-03-18 20:25
>さやえんどうさん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
中学一年生なんて驚きです。
こんな長文のブログを読みこなされているとは、相当国語の成績が良いことでしょう。

デルガードのノックが硬いという感想は時々見かけますね。
自分はあまり気になりませんでしたが、ずっと使っているとそういう部分も気になるのかもしれませんね。
自分はとにかく0.5のシャープペンを使っていて芯が折れるなあ…という体験をしたことがなく、デルガードの技術が今ひとつピンと来ないというか、感動することができないのです。

もし0.3のデルガードが出たらちょっと試してみたいような気がしますが、すでに手が(0.3は折れるぞ、パキッといくぞ、怖いぞ)ということを学習しているので、0.5で書く時のような積極的な筆記はできないと思っています。

いわゆる「HI-TEC-Cの法則」ですね。
まあ今この瞬間作った造語ですが。
ご存じですか、HI-TEC-C。
さやえんどうさんのご両親の世代なら皆お世話になったPILOTの極細ボールペンのことです。
極細ゆえ機嫌を損ねることが多いペン先で、そのうち機嫌を取りながら書くようになるのですが、同時に積極的な筆記からはほど遠いものになってしまうという…(猫町だけかもしれないので、猫町だけの法則ということに)

なので、仮に0.3のデルガードシステムが登場しても、それがすごいから折れないのか、最初から自分が手加減してしまっているから折れないのか、自分なら分かりづらいだろうなと思います。
もちろんこういうのは機械で実験するのでその結果がすべてなんでしょうが、使うのはあくまでも自分なので、上記のような理由で目隠しでもしない限りフラットな気持ちで試せないことでしょう。

話が明後日の方向に行ってしまいました。
とにかく中学一年生の読者というのは素晴らしいですね。
愛用のシャープペンはS3の0.4ですか。
いかにも文房具が好きそうな感じがしますね。
これからもいろいろな情報を教えてください。
<< ZEBRA・デルガード(に関す... 猫町文具店(仮)からのお知らせ。 >>