猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ステッドラー・マルスルモグラフ2B使用感。

前回に続き鉛筆の話。
先日姫路で買い求めたステッドラー・マルスルモグラフ2Bの登場です。
f0220714_947415.jpg

喜び勇んで早速使っているのですが…薄いです。
以前同シリーズのHBを買った際、芯が非常に硬くて薄く、日本の硬度とは違うことを学び、ステッドラーの2Bが国産のBくらいかと思って購入しましたが、まだまだ硬くて薄かったです。

でもちょっと違いますね。
薄くて硬いというと説明不足な気がします。

なんというか、膜がはった感じのする書き心地です。
大きな声を出したいのに、声が全然届かない感じに似ています。
水中で必死で走っている感じというか、独特のグモグモ感があります。

これではますます分かりませんね。

言いたいのは芯が硬いからといってザリザリした感じはないということです。
薄いなりになめらかで、その代わり、硬いのにあまり紙に引っかからずに流れます。

自分は鉛筆は英語の筆記体を書くのに使っているのですが、マルスルモグラフ2Bで書いている時が一番書き直しが多いです。
筆記体はきれいに書こうとしないぞ、多少乱れても書き直しはしないぞ、と思って書いているのですが、とにかく硬いくせに流れるのでどうしてもミスをしてしまいます。

そして消すと芯が硬いので消した跡に溝ができており、再び同じ箇所に書くと字に段差ができ、イーーーーーッとなります。
これは国産のBでは起こらないことなので、そのあたりの黒い気持ちをカタコトの英語でぶちまけておきました。

特に今は紙が湿気ているということもあるのでしょう。
湿気の影響の少なそうな薄い紙に書くとそれなりに濃いのですが、キャンパスノートで国産のBの鉛筆たちと書き比べてみると差は顕著です。
これは4Bくらいを買わないといけなかったのかもしれませんね。

さて、マルスルモグラフの他の特徴としては軸の細さです。
こうして同じキャップをかぶせてみると、その細さが分かります。
f0220714_9471571.jpg

鉛筆は新しいうちはノッポすぎるという点がやや気になりますが(ペンケースに入らない)、これは助かります。
一瞬、鉛筆が最初から短いのかと思いました。

ちなみに逆のケースもありまして、ステッドラーにはかっこいいペンシルホルダーがあるのですが、あれに国産の鉛筆を入れると傷まみれになります。

と思っていたら、美しい青色の軸に傷が。
100均のプラッチック(方言)アイテムにありがちなバリが悪さをしたようです。
マルスルモグラフ唯一の美点が…(涙)
f0220714_9472839.jpg

[PR]
by mukei_font | 2015-07-02 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(4)
Commented by 小豆 at 2015-07-08 22:19 x
いつぞや以来コメントさせていただきます。

海外産の鉛筆の薄さ、とっても分かります!
鉛筆でイラストを描くので日常的に鉛筆は使っています。先日三菱ユニのBの代わりにファーバーカステルのBを購入して使用しているのですがまぁ薄くて。一般的なHBくらいの濃さで、柔らかさも三菱ユニのFの方が柔らかく感じるくらい固いです。買い直すのもアホらしいので使っておりますが。
外国の鉛筆って皆こうなんでしょうかね~?他のも使ってみなければ…!

そういえば先日の記事で木物語がお好きと書かれていらっしゃいましたが、北星鉛筆の製品にも同じ雰囲気のものがありますよ~ 私はアートセットを使っていますが、なかなか使いやすくて好きです。

それでは失礼いたします。
Commented by 居候のたま at 2015-07-21 22:45 x
磨耗を低減するために、樹脂でも練り込んだのか?と一時期本気で考えました…
グレーの筆記線が硬質感あって良いのですが、オッサンのゴツイ指にはなかなか繊細でして…

ペンシルホルダーに限定でネイビーブルーがあって、欲しい欲しいと思っていたら売り切れていた、昨年の夏。
Commented by mukei_font at 2015-07-31 10:01
>小豆さん
外国製の鉛筆には本当に驚かされます。
あんなの小学一年生の入学準備とかに絶対そろえちゃいけない鉛筆ですよね。
硬度のイメージが違いすぎて。
見た目はかっこいいんですけどね。
北星鉛筆、実物を見ることがあればチェックしてみます。
Commented by mukei_font at 2015-07-31 10:22
>居候のたまさん
何やら人工的な感じを受けますよね。
硬いのにダイレクトに力が伝わる感じがしないというか…
ペンシルホルダーにネイビーブルーがあったんですか!
知らなくてよかった…
<< 猫町と3年日記・その9(半年経過)。 木物語、恋物語。 >>