猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(54)
(33)
(16)
(10)
(9)
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
いろいろお疲れさまです。..
by もとい at 22:26
猫町さん、大変な悲しい時..
by み at 17:50
猫町さん、こんばんは。 ..
by kero at 21:34
あぁ…。15年も一緒にい..
by テトラ at 00:13
!!! 「激しく同意」..
by み at 12:18
はじめまして。いつも楽し..
by kssk at 01:32
なんだかアレですね、徒然..
by horenso39 at 00:52
そういえばイオンでもここ..
by あるけみ at 20:56
あのごつい木製ボールペン..
by あるけみ at 21:25
勤務先にも無事に展開され..
by あるけみ at 23:18
あ、同じ感想を持ちました..
by りお at 10:29
こんにちは。 いつも楽..
by 舞雪 at 15:17
万年筆で筆記体書くのは気..
by YAS at 17:59
こん○は kakuno..
by YAS at 17:53
この記事を読んで自分もジ..
by YAS at 17:46
80年代のマンガ雑誌、な..
by あるけみ at 13:56
包装紙を開くのって、性格..
by みる at 23:43
ボールペンを使い切る時の..
by narkejp at 05:51
猫町さんはじめまして。 ..
by masati at 13:38
猫町さんの筆記体の読みや..
by cheery_box at 13:57
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ステッドラー・かきかたえんぴつ。

ステッドラーからかきかたえんぴつが出る、と以前Twitterで見た時、硬度に興味を持ちました。
2Bでも薄いくらいだから4Bくらいかなと思ったのです。

今、サイトを見に行くと、普通に2Bでした…
あかんやん…

猫町が不勉強なだけで、ステッドラーがこのかきかたえんぴつのために「2B」という呼称のイメージにふさわしい濃さの芯を開発し、それが入っているというのならいいなと思うのですが、実際のところはどうなんでしょうね。

外国メーカーの鉛筆の芯の濃さが国内メーカーのそれとは2段階くらい違っている(2段階ほど薄い)、ということは、鉛筆好きの人なら知っている人も多いのかもしれません。
が、そこまで詳しい人ばかりではないのも事実でしょう。

そうすると、かきかたえんぴつを買う人は、ステッドラーの2Bの濃さを知っていて、鉛筆の新しいデザインに心惹かれる人か、知らずにuniの2Bなどと同じだと思って買ってしまう人、ということになってしまいます。

「かきかたえんぴつ」というからには小学生が対象であり、小学校には鉛筆の硬度の指定があったりしますが、2Bと書いてあるからこれを買ったのになんだか薄いよ、ということになるんじゃないかな、とまた余計な老婆心。

いや、別にこのかきかたえんぴつにケチをつけたいのではなく、以前からステッドラーやファーバーカステルの鉛筆の2Bを小学生が使ったら、先生は絶対に「薄い鉛筆はダメだよ、2Bの鉛筆で書こうね」と言ってしまうと思っていたんですよ。

ここで先生が「すてっどらー(ふぁーばーかすてるかな?)のえんぴつはやめようね」とか日記帳に書いてくれたらむちゃくちゃ楽しいのですが(すぐに友達になりに行かなくては)。

ステッドラーやファーバーカステルは、名前だけは聞いたことのあるなんだかかっこいいメーカー、という印象が無きにしも非ずなので(特に文房具好きではない一般の方を想定しています)、三菱鉛筆やサクラクレパスのかきかたえんぴつはありがちだし、他の子が持っていないかっこいいデザインの鉛筆を俺(おじいちゃん、お父さん、おじさん等)or私(おばあさん、お母さん、おばさん等)がプレゼントしちゃうぜ、となるんじゃないかな、と思ったりします。

さて、どうなるんでしょうね。

一番いいのは大人も一緒に使ってみることだと思います。
特別かっこいい贈答用の箱に入っているわけでもなさそうなので、プレゼントする前に開封してしまうのです。

そして、先に自分が使ったり、いろんなメーカーの2Bを組み合わせて特別な12本を箱に詰め直したり、素敵な方法はいくらでもある気がします。

さて、猫町は今現在2Bの鉛筆に夢中なのですが、ステッドラーの2Bがどういうものか知っているので買わないと思います。
腰を抜かすほどデザインがかっこいいなら、誰か!誰か!となりますが、まあ今のところ大丈夫です。

ただし、実はかきかたえんぴつらしくこれまでの2Bとは別物なんです、濃いんです、というなら話は別。
国内メーカーのBくらいでも許容範囲なので、その時は使ってみたいなと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-02 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(4)
Commented by さい at 2017-02-11 13:59 x
こんにちは。ご無沙汰しております。
鉛筆好きの猫町さんに質問。
前からお聞きしたかったのですが、猫町さん的には太字シャープ(0.7とか0.9とか)どう思われますか?
マークシート用にと宣伝文句がついたりしてますよね。
私個人的には好きな品なのですが。
Commented by ペンスキー at 2017-02-12 00:43 x
はじめまして。猫町さんのブログファンです。
日本製と海外製の鉛筆の濃さは、確かに違いますね。
鉛筆デッサンでステッドラー マルスルモグラフを愛用していました。ファーバーカステルもステッドラーもUniより硬い感じがします。
特に子供はギュッと鉛筆を握ってしまいますし、筆圧が強かったら、外国製の2Bの鉛筆は向かないと思います。

日本の鉛筆よりオシャレな感じの外国製品ですが、子供は日本製の方がキャラクターがついていたり、カラフルなので喜びそうですね。


Commented by mukei_font at 2017-04-28 09:30
>さいさん
太芯シャープも好きですよ。
0.7も0.9も好きで持っています。
が、シャープペンが大げさだなと感じる時があるのです。
鉛筆の素朴さにほっとするというか。
持った感じの細さや軽さ、削るという動作による気分転換など、鉛筆特有の味わいみたいなものを求める気持ちというか。
逆に、削っている場合じゃない、同じ太さでがんがん書きたい、という時は手が太芯シャープを欲するようです。
Commented by mukei_font at 2017-04-28 09:31
>ペンスキーさん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
日本製と海外製の鉛筆の濃さ、違いますよね。
単に濃さが違うだけでもないというか、とにかく異質な気がします。
鉛筆の研究のためにはステッドラーもファーバーカステルもいろんな硬度を使ってみないといけないのですが、三菱やトンボで十分に満足してしまい、研究が進みません(笑)。
<< 猫町、手紙への思いを募らせる。 続・まだかなまだかなネコ柄デルデ。 >>