猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(19)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
本にサインするのに、見た..
by MK at 03:28
はじめまして。 いい青..
by 地井 at 02:46
書店は交換ってダメなんで..
by alchemie0629_a20 at 01:29
自重すること無く、買えな..
by alchemie0629_a20 at 01:39
Q1:オレンジ Q2:..
by uaa at 21:32
ひんやり万年筆 青軸さ..
by GB at 11:47
どのようなモノか実際見て..
by GB at 11:32
地元の(面倒な場所にある..
by alchemie0629_a20 at 09:09
猫町さん、こんにちは。 ..
by 慎之介 at 17:26
お久しぶりです。参加させ..
by とに at 11:55
こうゆう週間ブロック?の..
by なぎねこ at 17:30
包装紙って、色柄だけじゃ..
by ふりふりばなな at 22:34
Q1:水色と黄緑と赤(ピ..
by えぬ at 23:30
白玉だんご@次回本番2月..
by mukei_font at 14:51
さくさん(Twitter..
by mukei_font at 14:35
れとさん(Twitter..
by mukei_font at 14:35
私も横に使って、軸が三角..
by あむ at 06:22
①自宅ではクレジットのチ..
by はにわ at 23:33
A1)最近はグリーン ..
by あむ at 20:49
はじめまして。いつも楽し..
by h26_tomy at 20:05
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2011年 06月 22日 ( 3 )

PILOT・露草。

夏至の夜なので青い文房具について書こうと思う。

なぜ夏至だから青い文房具になるのかについて説明しようとすると、小生の夏至に対する並々ならぬ思いについて語り始めなければならず、それはずいぶんと時間がかかりそうなので端折ることにするが、要するに夏至の暮れない青い夕暮れが好きだからである。

ほの暗いのに視界は広く、薄青い闇が満ちてくる時間。
あの不思議で静かな時間。

実際は梅雨時期なので夏至当日に理想的な夕暮れに立ち会えることはめったにないが、いつか見た青い夕暮れの印象が強すぎて、小生の中では夏至は青いということになってしまった。

そんなわけで青い文房具。
ずいぶん明るい青ではあるが。

久しぶりにインク登場。
PILOTのインク、「色彩雫iroshizuku」シリーズの「露草」。
f0220714_23163034.jpg

ずいぶん前に紹介した「月夜」「朝顔」と合わせて「青の御三家」。
小生が勝手にそう呼んでいるだけだが。

「露草」の青は不思議な青だ。
「月夜」ほど個性的な青ではないし、「朝顔」ほどクリアな青ではないが透明感がある。
少し薄めの青は頼りなげでもあるが、ふわりと浮遊する自由な感じもあって楽しい。
何より明るいのがいい。

そしてこの「露草」を吸い上げて使う時、必ず最初に試筆するのがこの歌。

露草のはなびら溶けてすじ雲の羽毛ほどけて青だけの場所

『ミドリツキノワ』のやすたけまりさんの短歌。

前の職場でも何度かサンプル帳に書かせていただいたが、これほど端的にそして詩的に「露草」の素晴らしさや「青」の素晴らしさを物語る言葉があるだろうか。

もう何も言えなくなってしまう。
いや、言う必要なんてないのだ。
f0220714_23323936.jpg

[PR]
by mukei_font | 2011-06-22 23:45 | インク | Comments(2)

朝のひとこと。

おはようございます。
夏至の朝です。

今夜は青い文房具について語りたいと思います(いっつも青いけど)。

それでは長い一日を満喫いたしましょう。
[PR]
by mukei_font | 2011-06-22 09:43 | わたくしごと | Comments(0)

もそもそとむらむら。

同僚との交換日記が奇跡的に続いている(五月病と交換日記。参照)。

この交換日記において小生が心がけていることは一つ。
毎回違う筆記具で書くこと。

いつも家で書く時間がなく休憩時間に書く関係で、筆記具はエプロンに入っているペンや持ち歩いているペンケースの中のペンがほとんど。
今日の筆記具はステッドラーの製図用シャープペンシル2.0
昨年末にむらむらして買ってしまった素敵な2ミリのシャープペンシルだ。
f0220714_23522782.jpg

たやすく想像できることだが、2ミリのシャープ芯はあっという間に先が丸くなる。
あっという間にもそもそした字になる。

が、それがいい。
中途半端にではなく、徹底的にいつもの字が書けないのが逆に心地よい。
どうにでもなれという自由な気持ちになる。

デッサンの狂った字でもそもそ書いていると、深刻な悩みも深刻に見えない。
まあフィードバックの一種ですな(そうなのか)。

一度、まさにこのペンを探しているお客さんの接客をしたことがある。
ノックできる2ミリ芯を探しているとのことだったが、店頭には該当する商品がサンスターのシャーピッツしかない。

ダメもとでシャーピッツを紹介しながらステッドラーのは取り寄せになる旨伝えると、カタログを見せてくださいということに。
で、カタログを開くと「あ…これかも…ネットで見たんですけど…」。

それやったら持ってるやんと思い、ペンケースから小生の私物の2ミリシャープを出して見せる。
「わあ…☆」とあんまりうれしそうにするので、ある時猛烈にむらむらと欲しくなり、いても立ってもいられなくなって鼻息荒く買い求めた話をすると、「たぶん僕今がちょうどそのむらむらなんです」。

結局この青年は迷いに迷った末、店頭にあるぺんてるの0.9ミリのシャープペンを買って行った。
最終的にどれを選んだのか興味があったが、小生は別の接客中だった。

その青年が久しぶりに来ていたように思う。
まったく普通の文房具の買い物だったので気づかなかったが、途中で思い出した。

あのときのシャープペンとは仲良くやっているのだろうか。
それともむらむらがおさまらずに結局どこかでステッドラーの2ミリシャープを購入したのだろうか。
聞いてみたかったがひっきりなしにレジに人が並んでそれどころではなかった。

0.5以外のシャープペン自体が初めてだと言っていた青年の「もそもそ字」の感想をいつか是非聞いてみたいものだ。
[PR]
by mukei_font | 2011-06-22 01:01 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(0)