猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2016年 02月 07日 ( 1 )

猫町、替芯の接客を眺める。

ぶらりと文房具売り場を眺めていた時の話です。

ある客が替芯を買い求めようとして店員とやり取りしています。
文房具屋を辞めた直後はこうしたやり取りが気になって気になって仕方がありませんでしたが、辞めてから数年がたち、田舎というゆるい空間にも慣れ、あまり気にならなくなりました。

が、やはり替芯は大好きなので、何のボールペンかなと見たらモンブランの油性ボールペンです。
(なんやしょうもな。品番のない白い替芯が燃えるのに)と思いつつ耳だけすましていると、なんと在庫がない様子。
まあ、そういうこともあるだろう、もしかしてもともと置いていないのかもしれないし、と思って聞いていると、どんどん説明が無茶苦茶に。

店頭に在庫がないのは仕方がないし、仕入れ先によっては取り寄せもできないのかもしれません。
ここまではいいのですが、どうもその店員の中では取り寄せできない=廃番ということになっており、そう説明してしまっています。

どう見てもスタンダードなモンブランのボールペンなのに廃番とか言ってしまって大丈夫なのか、とさすがにハラハラして他にもう少し分かっている店員はいないのかと店内を見回してみましたが、呼ばれてやって来た先輩店員も助け舟を出す感じでもなく…

いや、もしかして自分が知らないだけで古い古いモンブランなのか?とも思ったのですが、それならそういう説明をしないと。
あるいは偽物のモンブランということもあり得ます。
以前、パーカー芯が入っていたモンブランを見たことがあるのですが、とてもよくできた偽物でした。

客はおそらく筆記具にあまり詳しくない高齢の方だったのですが、じゃあこの軸持っててもしかたないなあ、捨てようかなあ、みたいな流れになってしまい、うそやん!あかんやん!と思ったのですが、結局しゃしゃり出ることもできず、すごすごと退散しました…
なかなか大阪のオ@チャンになれません…

店員に知識がないって本当に恐ろしいんですよ。
ほんの少しの努力でできることをなぜしないんでしょうか。

基本的に替芯というのは文具店員の間でも嫌われ者です。
あまりにも種類が多すぎて、何の替芯かを覚えるのも大変だし、売り場を確保したり、発注を管理するのも大変です。
そしてその大変さの割にあまりに安価なのです。
面倒くさいくせに売り上げにつながらない、と嘆く経営者もたくさんいました。

自分が働いていた文具店でも替芯好きというのは自分だけか、自分ともう一人くらいのものでした。
ジェットストリームやクリップオンマルチなどの人気の替芯たちには反応できても、例えばちょっとマニアックな替芯を買いに来られると露骨に嫌な顔をしたり、あやふやな手がかりで買いに来られると、総合カタログの替芯のページを見せて、こんなに種類があるから無理、と突き放したりする人がほとんどでした。

だからこそ、替芯にハアハアする自分に需要があったし、ある程度重宝されたのだろうと思っています。
確かに手も足も出ないような謎の替芯もありますし、手がかりが少なすぎてお手上げということもありましたが、それでもいろんな可能性がそこから生まれたものです。

文房具屋の接客において、替芯はコミュニケーションのきっかけだと思います。
知識があったほうが絶対に楽しいのにもったいないです。
というか、知識を持たないとだめです。
怒号が飛び交う殺気立った大阪の文房具屋でもある程度できたのに、のんびりした店ならきっとできるはず。

あ、大阪で思い出しましたが、大阪で文房具屋めぐりをするとほとんどの店は替芯を店頭に置いていますね。
もちろんそのほうがいいという方も多いでしょう。
よく分かっていない店員にカウンタでモタモタ替芯を探させるより、自分で店頭の替芯をさっと持って来たほうが正確だし、ノーストレスです。
特にこのブログを読んでくださっているような方はそうでしょう。

自分は替芯の接客が好きだったし、替芯を出す速さと正確さには絶対の自信があったので、替芯の店頭販売はなんとなく味気なく思いますが、店員の負担やお客さんのことを考えると店頭での販売も納得はできます。

が、そのせいで、店員の替芯の知識ががくっと落ちたのも事実。
別に「研修中」でもなさそうな店員が、普通の替芯の質問に答えられなかったり、ぼんやりと替芯売り場だけを案内して終わりだったり。

今は皆がスマートフォンを持っているので、知らないことは客自身が店頭で検索でもしたらいいのかもしれません。
でもそうすると、店員なんてただのレジ打ち要員じゃないかと思ってしまうのですが、どうでしょう。

昔、文具店員の研修みたいなのがあって、商品知識よりもホスピタリティがどうのこうのと言われましたが、商品知識とホスピタリティは対立するものではないはずです。
商品知識がなくて何の「おもてなし」なのかと思ってしまいます。

それにしても、自分はやはり大阪のオ@チャンするべきでした。
売り場の外で待ち伏せして芯を見せてもらい、「この芯廃番ちゃいまっせ!@@行ってみなはれ!」…
いや、やはりそれは相当難しいことでした。
まだまだ修行が足りません。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-07 23:59 | 替芯 | Comments(6)