「ほっ」と。キャンペーン

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(45)
(33)
(12)
(9)
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
物凄く久しぶりに書き込み..
by テトラ at 18:46
私はこれをダーマトグラフ..
by BOACK at 18:24
猫町さんこんにちは。いつ..
by 焼き魚 at 10:25
男の自分から見ると「ファ..
by YAS at 22:18
受験、大変ですよね。体力..
by ホウレンソウ at 08:17
解答は機械で読み取るので..
by あり at 01:27
素材って大事ですよね! ..
by あり at 00:37
自分も週末に軸と替芯の相..
by YAS at 14:17
こんばんは。うちの夫はミ..
by あむ at 23:16
こんばんは。 待ってい..
by YAS at 19:31
こんにちは! ひさしぶ..
by ともこ at 12:32
はじめまして。猫町さんの..
by ペンスキー at 00:43
昔の未使用年賀状、私生ま..
by さい at 14:02
こんにちは。ご無沙汰して..
by さい at 13:59
初めまして。 ブログを..
by ジョッター愛用者 at 08:05
シグノ太字の白があるんで..
by ミコト at 00:44
自分も先日注文した品が届..
by YAS at 17:51
猫町さま。 インターネ..
by 常陸の風土記 at 14:37
現在大学の通信教育課程に..
by あるけみ at 12:37
フミヲ様、こんばんは。丁..
by YAS at 22:22
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:インク( 23 )

セーラー・STORiA顔料ボトルインク20ml。

STORiAの話の流れでこちらの記事をどうぞ。
どうやらSTORiAが小型化されるようです。

STORiA 万年筆用顔料ボトルインク 20ml セーラー万年筆

公式サイトのプレスリリースはこちら

ちなみにこれまでのインクはこちら。
インク瓶は当然30mlボトルの方が素敵ですよね。
f0220714_9232512.jpg

万年筆を使っていると、ほんの少しのインクでも文字が書けることに驚きます。
コンバータの中が空っぽになってもまだ1枚、2枚と葉書の宛名が書けて感動したりするのです。

なので自分はインクが小容量になることについてはいいんじゃないかと思いますね。
使用頻度がそう高くない筆記具ということもありますが。

が、こうしてSTORiAのインクを見ていると、当初のコンセプトであるサーカスはどこに行っちゃったんだ?と思うわけです。
もともと30ml時代のインクからして箱にしか「Night」と書いておらず、本体には「BLUE」とあっさり書いてあるだけだったのですが、それでもインク瓶が素敵だったりサーカスっぽいイラストがあったりしたんですよね。

しかし今回のミニボトルは箱から出すとただのインクのような…
まあ別にいいのですが、サーカスがコンセプトでしたよね、とちょっと思うわけです。

もしかしてネーミングと色のつながりが難しかったのかな。
「Night」が「BLUE」だったり「Spotlight」が「YELLOW」だったりするのはまだいいとして、「Balloon」が「GREEN」だったり「Clown」が「YELLOW GREEN」だったりするのは知らないと全然ピンと来ない組み合わせのような気がします。

そう考えるとPILOTの色彩雫ってすごいシリーズなのかもしれない。
ネーミングの美しさを保ちつつ、同時に色もイメージできるってすごい。
日本語の力ということになるのでしょうか。

何はともあれ顔料インク好きとしては、小瓶になってもサーカスじゃなくなってもいいからずっと廃番にならずに息の長いシリーズになってくれたらと願っています。
[PR]
by mukei_font | 2016-12-09 23:59 | インク | Comments(0)

セーラー・STORiA・Night。

今回は先日のレターブレイクでデビューしたインクをご紹介します。

セーラーの顔料インクSTORiAのNight。
実はこれと、カールのエンゼル5ロイヤルが自分への誕生日プレゼントでありました。
だいたい三度の飯と同じくらい顔料インクが好きなのに、猫町が買わないなんてありえません。
f0220714_9232512.jpg

いやー買ってよかった。
ネットで見た時はかわいい路線か…と思いましたが、実物を見ると箱もかわいくて満足。
f0220714_9233969.jpg

これを入手した経緯がちょっとおもしろくて、三菱の展示会の帰りに行ってみようかと思っていた文房具屋の店員さんがたまたま展示会の会場にいたので、まったく知らない人なのにずうずうしく在庫状況をたずねてみたんですよ。
旅の恥はかき捨て。

なにしろ大阪行きは毎回時間的制約が厳しいので、無駄な動きをしたくないわけです。
直前にSTORiAがあちこちで売り切れている、みたいな情報も耳にしていたし、聞いてよかったです。
最後の1個を無事ゲット。

STORiAは箱もかわいいですが、インク瓶もかわいいのです。
くもりガラスのひんやりした感じが素敵。
f0220714_9234843.jpg

ずっと眺めていたくなるかわいいイラスト。
f0220714_9235986.jpg

そもそもなぜサーカスなんだったっけと上記サイトを見てみると、以下のような文章が。

ブランド名「STORiA(ストーリア)」はイタリア語で「歴史」「物語」を意味し、それぞれのカラーには「幼いころに見た色あざやかで色褪せない思い出」の象徴として“サーカス”をモチーフにしたビジュアルと色名を冠しています。

分かるような分からないような…
サーカスって楽しいよりもせつない印象が強いというか、筋肉少女帯の名曲「サンフランシスコ」の印象なんですけどねえ…(めちゃくちゃかっこいい曲だから知らない人は聴いてみよう)

まあそんなわけで、STORiAですよ。
最初はセーラーのクリアーキャンディ万年筆に入れてみたのですが、猫町の持ち方とは相性が悪く、恐々LAMYのサファリに入れてみました。
f0220714_9185842.jpg

この万年筆はPILOTの色彩雫・朝顔しか入れないと決めていた万年筆でしたが(懐かしいこちらの記事参照)、軸色と同じ色が気に入ったのか、顔料インクなのにすんなりと受け入れてくれました。

セーラーの人には「軸もうちの軸を使いなはれ!」としばかれそうですが、しばらくこのまま使ってみようと思っています。
ブログで見たから~と真似したらだめですよ。
どこの馬の骨だか分からん猫町を信じるなんて博打だっせ。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-20 23:59 | インク | Comments(2)

セーラー・STORiA顔料ボトルインク。

友人より素敵な情報あり。

「極黒(きわぐろ)」「青墨(せいぼく)」に続く新しい超微粒子顔料ボトルインク「STORiA(ストーリア)」誕生!

これは欲しい!

そろそろ気づいているのですが、自分は顔料インクが非常に好きです。
ゲルインクボールペンにしても、水性顔料系じゃないと手がのびないというか、たとえそういう過酷な状況にさらされることがないとしても、「耐水性」とか「耐光性」といったものがあるに越したことはないと思ってしまうのです。

ずっと変わらないものなんてこの世にはないのに、なぜかそういうものに惹かれてしまいます。
褪せていくものの味わいも分かるのですが、いつまでも変わらないものもまたあってほしいと思ってしまうのです。

ということで、万年筆の青系インクでは「青墨」をひいきにしているのですが、さてこのSTORiA(ストーリア)の「ナイト」はどんな青色でしょうか。
青好きの友人とも「青が『ナイト』だけなんて」と嘆きあったのですが、とりあえず実物の色見本を見てみたいですね。
案外他の色にも惹かれるかもしれません。

でも、たぶん「ナイト」は色見本関係なく買うと思うなあ。
なんてったって顔料インクですから。

HPを見る限りではパッケージもかわいい感じ。
都会に行く楽しみができました。
[PR]
by mukei_font | 2015-03-07 23:59 | インク | Comments(0)

PILOT・iroshizuku mini 3色セット。

少し前にTwitterで見かけていましたが、本当に出るんですね、iroshizuku mini<色彩雫>3色セット

以前も限定でminiのセットはありましたが(あれ完売したのかなあ…以前働いていた文房具屋の在庫がふと思い出される…)、今回は好きなボトルを3つ選べるようになっている点が新しい。
これはありがたいですよね(店によってはセット販売のみの場合もあるらしいですが)。

ちなみに以前のセットの内訳を見てみたのですが、結構えぐい…
それに比べると今回のセットのなんと現実的なことか。

しかし、客の立場からすると魅力的なことでも、店の在庫としてはどんな感じになっているんでしょうね。
あまり出ない色というのもあると思いますが…
あらかじめ出そうな色を多めに置いているのかな?
バラバラに1個単位で発注できるといいなと思いつつ…

で、自分ならともちろん考えてみたわけですが、まず絶対にセットじゃないとダメと言われたら迷わずセットB。
朝顔、深海、山葡萄、どれも好きな色。

もし好きな色を3つ選べと言われたら、

深海、朝顔、月夜

もしくは、

深海、朝顔、露草

かなあ。

朝顔と露草と月夜は迷いますが、深海は絶対。
インクが紙に染み込んだ後にすっと体温が下がるようなところが好きで、もう自分はセーラーの青墨とPILOTの深海さえあればいいんじゃないかというくらい気に入っている青です。

ああ。
万年筆とも戯れたいよう。
[PR]
by mukei_font | 2014-11-20 23:59 | インク | Comments(6)

夏色インク。

ただでさえかまってちゃんな万年筆ですが、この暑さでかまって度が激増。
吸い上げたインクは乾く、カートリッジのインクは煮詰まる、あたしを見て、あたしを見て、あたしを見て。

ちょっと日記をさぼっただけで、日記用に使っていたプラチナポケットのカートリッジのインクが濃度を増し、ギラギラしたものになっていて、あーもー暑苦しいやつ!
f0220714_20302146.jpg

というわけで、ちょうどインクがなくなったタイミングでインクカードリッジを洗浄し、注射器で別のインクを入れるというイケナイコトに挑戦してみました。

というのも、このプラチナポケットのようなショートサイズ万年筆はコンバータが入らないんですね。
通常はカートリッジをほとんど使わない小生にはこれはちょっと厳しい。
というかつまらない。

本当はやらないほうがいいと分かっているのですが、どうしても涼しげな色を入れたくなり、やってみました。
選んだのはPILOTの色彩雫の「孔雀」。
「紺碧」でもよかったのですが、同じ日記帳で使ったことのない色をチョイス。

洗浄して空っぽにしたカートリッジにインクを入れる際に使うのは注射器。
これは100均に売っています。
ちゅーと吸い上げて、ちゅーと入れるのはかなり楽しい。
f0220714_20233252.jpg

普段はあまり使わない色味の青。
暑い間は書く文字からも涼をとらないと。
f0220714_20234849.jpg

書く紙によって色味が違うのも万年筆のインクの楽しいところ。
こちらはLIFEのライティングペーパー。
しっかりインクがしみていく感じのバンクペーパーです。
f0220714_20241063.jpg

それにしてもこのプラチナポケットは小さいのに優秀な相棒。
青好きにはそれだけでうれしい軸色(銀色キャップの下から出てくるところがナイス)、中字なのにインクの出方が限りなくひかえめでつぶれずに小さな文字が書けるところ。
f0220714_20304541.jpg

実はいただきもので、前の前の持ち主の名前が名入れされていたり、それが削られていたり、写真には写していない軸の裏側は少しいたんでいるのですが、その分気兼ねなく使えるナイスフレンドです。
[PR]
by mukei_font | 2013-07-16 20:39 | インク | Comments(4)

女子いろdays。

明後日大阪に行く用事があり、そうだ青墨のボトルインクでも買うかとセーラーのオンラインショップで値段を調べようとした小生が発見してしまったもの。

女子いろdays

なんと、セーラーショップ限定販売のオリジナルボトルインク(全10色)。
全然知らんかった…
できることなら知らないままでいたかった…

「女子」なんて、「女子いろ」なんて、「女子いろdays」なんて個人的には相当BADなコンセプトだが、気になるじゃないか!
ぬおお、青系が3つもある!

シアワセ、レディ、オデカケ。
レディが紫系だということは分かるが、シアワセとオデカケの違いが分からない。

シアワセ:あこがれのウエデイングドレス。幸せ運ぶSomething Blueの色。
オデカケ:おしゃれ大好き!おでかけデニムの色。

(´_ゝ`)

おじさんにも分かるように教えてほしいんだな…
百歩ゆずっておでかけデニムの色は理解できても(できないが)、幸せ運ぶSomething Blueの色はまったく想像もつかないというか…

インクブレンダーの石丸さんのコメントに「発案者一人ひとりが持っているイメージを大切にして彼女たちの”心の中にあるもの”をインクとして具現化しました」とあるように、これって完全にイメージの話ですよね。
そしてきっとこれはそういう「雰囲気」を楽しむためのシリーズに違いない。

まあそんなことを言ってたらPILOTの色彩雫だって、何が「月夜」だよーどこが「冬将軍」だよーみたいな話になってしまいますもんね。
いや、違うな。
「月夜」や「冬将軍」にはある程度具体的なイメージがある。
「おでかけデニム」とは違うぞ。

まあいい。
シアワセとオデカケがどんな青なのか。
それだけが知りたい。
が、こればっかりは実物を見ないとなあ…
[PR]
by mukei_font | 2012-12-11 21:45 | インク | Comments(0)

PILOT・色彩雫iroshizuku「竹炭」「深海」「天色」。

さて、それでは少しずつPILOTの展示会の話をば。

まず会場に足を踏み入れるやいなや目に飛び込んで来たのが万年筆インキ「色彩雫iroshizuku」の新色。

こ、これは…(ごくり)
新色とか…心の準備が…(ばくばく)
しかも青系やし…(どきどき)

色は「竹炭(たけすみ)」「深海(しんかい)」「天色(あまいろ)」。
今回も美しい名前ですねえ。
名前を見た瞬間もう恋してしまいました。

一応その場で色見本らしきを作ってみたのですが、混雑した人ごみの中で立って書いたのでいつも以上にヨタヨタ…
それプラスうちのスキャナ氏の能力との合わせ技でいつもどおりの分かりにくさ。
すみません…
雰囲気だけでもお分かりいただけますでしょうか…
f0220714_1835292.jpg

しかも今回、プレラ色彩逢い(iro-ai)にカリグラフィー用のペン先が出るとかで、試筆用の万年筆に普通のFとカリグラフィー用とがあり、試筆するのも一苦労。
ブースにいたお姉さんは「いろんな線が楽しめるカリグラフィー用が楽しいですよ」とすすめてくださいましたが、カリグラフィー用は大の苦手。
ちょっと書いただけでもう挫折。
本当に需要があるのかな…

さて色の説明ですが、「竹炭」はですね、一見濃い黒です。
が、じっと見ているとかすかに青が潜んでいるような黒です。
万年筆の黒をほとんど使わないので詳しくないのですが、PILOTの普通の黒よりも濃いように思いました。
が、一瞬試筆しただけなので…ちょっと自信がないです…

「深海」は暗めのブルーブラック。
書いた瞬間に似ているなと思ったのが猫町オリジナルインクの「ロドリゲス」(「猫町インクコレクション。」参照…してもよく分からんが)。
「ロドリゲス」は薄めのブルーグレーなのですが、それの濃いバージョンというか。
くすんだブルーブラックといったらいいのか…

「天色」はライトブルー。
「紺碧」がいよいよ明るくなった感じの青です。
ゲルインクボールペンとかでしばしばお目にかかる色というか…

嗚呼、色の表現は難しい。
ほとんど分からなかったと思うので、ぜひ店頭で実物をご覧になることをおすすめします。

もちろん小生の好みは…
f0220714_18351822.jpg

もし入手したらロドリゲスと比較したり、他社のブルーブラックとも比較してみたいものですが、はたして…
[PR]
by mukei_font | 2012-11-01 19:43 | インク | Comments(4)

夜のひとこと(朦朧としながらインクの話)。

もう何度意識が飛んだことか…
書き始めてから数時間が経過しています。

今日でだいたいネット関係の方々に、暑中見舞い&引っ越し通知ハガキを書き終えました。
今週中には届くと思います。

今回すべてのハガキをセーラーのプロフェッショナルギアスリム+セーラーの青墨で書き終え、もうこの組み合わせを猫町源氏における「紫の上」としようと心に決めました。

ずっといろいろな青系のインクを試してきましたが、青墨の青は一つの到達点という気がします。
落ち着いた青で、なおかつ美しい濃淡が楽しめる青、そしてクリーム系の紙に書いても黒くなってしまわない青。

もう(田舎に引っ越したことだしインクの浮気もできないし)この色とともに生きていこう。
なぜか「みちのくひとり旅」が頭の中をぐるぐる回っています。
[PR]
by mukei_font | 2012-08-03 23:56 | インク | Comments(0)

現実逃避でインクの話。

年賀状かあ…
もう今年は無理かもしれんなあ…

消しゴムはんこのことを考えると出奔したくなるので、万年筆のことでも考えよう。
今年はPILOTのステラ(中字)で書くつもり。
宛名に細字はちょっと細すぎるから。

インクはどうしようかな。
摩耶ラピスか広重…(猫町インクコレクション。参照)

本当は青墨が使いたい。
セーラーの顔料系インク。
すでにあちこちのムックで取り上げられている青墨の青色を青好きの小生が試したくないはずがない。

が、基本放置プレイの小生に顔料系インクが使いこなせるかどうか。
だいたいどのペンに青墨を入れるというのか。

普通に考えるともちろんセーラーのプロフェッショナルギアスリムだが、プロギアスリムはFなので年賀状のために青墨を使うのにこれでは意味がない。
そうなってくるとコンバータで吸い上げてステラに…ということになるが、いきなりそんな危険なことをしてもいいものだろうか。

嗚呼。
青墨が使いたい。
緑がかったブルーブラックを見てみたい。
水に流れない顔料系インクにハアハアしたい。

とりあえずカートリッジだな。
プロギアスリムで練習して、いけそうなら思い切ってボトルに手を出そうじゃないか。
あるいは少々貧弱でも細字で宛名を書かせていただくか。

明日発注しよ。
青墨♪青墨♪
[PR]
by mukei_font | 2011-12-05 23:59 | インク | Comments(6)

色彩雫見本作成。

一日中こたつを出していた。

こんなふうに書くと何台も何台も出したかのようだが、出したのは一台。
いや違う。
こたつは年がら年中部屋に出ていて、そこに布団をかぶせて本来のこたつの姿にしたという話。

なのになぜまだ完全に終わっていないのか…

いやー
夏こたつというのはいけませんねー
こたつの下もものの置き場所になってしまいますもんねー

もうノートと試し書き用紙と文具メーカーにもらうパンフレットとレシートと薬の袋と替芯と洋服のタグ的なものと手紙と何かの明細のミルフィーユ状態。
そんなミルフィーユの中から数週間ぶりに眼鏡が出てくるあたり…

さらに、掃除が下手なくせに一部だけ掃除するのがなんだか悔しく、部屋の模様替えなどに着手したのが運の尽き。
職場では什器をもってうろうろ、家では衣装ケースをもってうろうろ。
あー休日が終わるー

というわけで今日は文房具と戯れることができず。
代わりに前回の休日に文房具と戯れた成果をば。

PILOTの色彩雫の色見本を作ってみたんです。
ガラスペンでぷるぷるしながら。
スキャナでは本来の色は分かりませんが雰囲気だけでも。
f0220714_23562721.jpg

たぶん同じことを全国の文具店員がやっているはず。
達筆だったらなあと思いつつもいつもの猫町フォントで。
万年筆を身近に感じてくれたら大成功。

それにしても終盤に「躑躅」は…
相当神経すり減りました…
[PR]
by mukei_font | 2011-11-25 23:59 | インク | Comments(6)