猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(53)
(33)
(15)
(9)
(9)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
80年代のマンガ雑誌、な..
by あるけみ at 13:56
包装紙を開くのって、性格..
by みる at 23:43
ボールペンを使い切る時の..
by narkejp at 05:51
猫町さんはじめまして。 ..
by masati at 13:38
猫町さんの筆記体の読みや..
by cheery_box at 13:57
筆記体は筆記速度が速いと..
by あるけみ at 20:49
>カズさん ぺんてるの..
by mukei_font at 11:53
前々から郵便局の文具は気..
by カズ at 11:14
猫町さんお元気ですか? ..
by あるけみ at 01:53
カクノは私が万年筆にハマ..
by あむ at 23:07
文具じゃないですが昔F1..
by ヨッシー at 15:34
文房具じゃないですけど、..
by ふりふりばなな at 15:11
猫町さんこんにちは。 ..
by あるけみ at 14:51
我が家にもタプリあります..
by あるけみ at 02:50
今日の仙台育英は胸熱展開..
by horenso39 at 21:03
カテゴリができてますね!..
by ニャル子 at 12:59
消しゴムまで温度で変化す..
by ともこ at 12:08
ペン爆発とは恐ろしい…。..
by ともこ at 12:04
マッキー様、横から失礼い..
by ともこ at 10:03
久々の書き込みお邪魔しま..
by ともこ at 09:57
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:文房具与太話( 205 )

怪我の功名。

先日からの右手の不調で得たものがあるとすれば、それは筆圧が弱くなったことです。

一時期ピリピリと電流が流れるようだった人差し指の違和感も消え、別にペンを強く握れないわけではないのですが、なんとなく力を入れないほうがいいような気がして弱く握るようになりました。
結果的に筆圧がとても弱くなったと思います。

書いた字を見比べてみると、筆圧が強かった頃の字の方が大きいです。
元気な字、と言えば聞こえはいいですが、勢い余って少々雑な感じ。
筆圧が弱くなってからは用心深く字を書いていることもあり、字のまとまりがよくなったような。
といっても、たぶん自分にしか分からないレベルですが…

しかし、このまま筆圧が弱いまま定着すると、ひょっとして筆記具の好みも変わってくるんじゃないかと思ったり。
力士の足の指ががしっと土俵の砂を噛むがごとく、しっかりとしたペン先を愛していたのですが…

もしや、今こそ万年筆の出番なのかな。
いくら手に優しくても、Dr.グリップのような太軸系はどうしてもピンとこないので、ここは万年筆と戯れる良い機会ととらえてみることにしましょう。
[PR]
by mukei_font | 2016-08-28 23:59 | 文房具与太話 | Comments(2)

どすこい文具。

またもや猫町の造語なわけですが、大相撲秋場所もいよいよ佳境。
普段は相撲に興味のない方も、ここ数日の盛り上がりはテレビや新聞で目にされているかもしれません。

今場所は白鵬が休場しているのですが、やはり絶対王者がいないと思わぬ展開になるものです。
さあ、歴史的瞬間を目に焼き付けましょう。
そしてこの機会に豪栄道の顔を覚えよう!

というわけで、今回は相撲がらみの与太話で失礼いたします。

6月に東京に遊びに行った際、たまみさんと両国をぶらぶらしたのですが、そこで目にしたのは「どすこい」の大安売り。
右を向いても左を向いてもどすこいどすこい。

例えばこんな感じで自動販売機までどすこいなことに。
f0220714_11322697.jpg


f0220714_1132869.jpg

といっても、なんだかよく分からない飲料が出てくるだけで、何がどすこいなのか分からないのですが…
f0220714_11324314.jpg

さて、こうなると当然話題に上がるのが「どすこい文具」。
たまみさんとあれこれ考えてみたのですが、「パワータンク」「ツバメノートのごついやつ(B5・特厚200枚)」がお互いの口から飛び出すのみで、やはり文房具とどすこいは遠かったか…

帰って来てからも考えてみたのですが、油性マーカーはそのまんま感があるから省くとして、例えば先日うさむしにもらったようなごつい系のボールペンとかになるのか?
筆記具以外だとニチバンの南部鉄製のテープカッターとか?

うーん…
相撲好きのくせに「どすこい」の理解が浅い気がして恥ずかしいですね。

単に外見がごついとかでかいとかだけじゃさみしいような。
力士だってガタイだけじゃないですからね。
体は大きいのに弱い力士とか山ほどいるし。

やはり、「パワータンク」が一番に候補にあがったように、底知れぬパワーを秘めた文房具であってほしいですよね。

ということになると、@万回@@しても壊れない、的なやつでしょうか。
サンスターのアーム筆入とか?
あれは確かにどすこい感あるかも…

あるいは同じくサンスターのシンドバット
これもある意味どすこいなイメージ。

と、ここまで書いてそもそも「どすこい」って何?と調べたら…
相撲甚句の合いの手(「は~どすこい、どすこい」という合いの手があります)である「どすこい」が、お相撲さんを表す言葉になっていったとかなんとか。

なぜお相撲さんといえば「どすこい」なのか?

詳しくは上記のリンク記事にありますが、その記事中の「「どすこい」という響きが持つ重さと力強さの感覚は確かに力士など体格のいい人を彷彿とさせるので、力士を描写したりコントにしたりするときに最初にこの言葉をチョイスした人はすごくセンスがあると思う」という記述が素晴らしいなと思いました。

ということで、これからは文房具を見る際に「どすこいかどうか」という視点も取り入れていきたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2016-08-19 23:59 | 文房具与太話 | Comments(4)

続々・ペンと猫町と私。

こんにちは。
ロドリゲス(仮名)です。
しつこいですが、誕生日周辺はだらだらした記事を書くと決めていたようです。
f0220714_21461712.jpg

さて、例のネコ柄ボールペンですが、かつて猫町はこのペンがわたしに似ていると言っていました。
PILOTのジャストミートスリムのグレーです。
f0220714_21275337.jpg

f0220714_21301711.jpg

このボールペンが出た頃、猫町は油性ボールペンにはまっており(ジェットストリームの0.5が出る前のことだったと思います)、PILOTのBSRF-6Fと三菱のS-7Lを使い比べて後者を気に入ったり、油性顔料インクに惹かれてぺんてるのローリーの替芯(BPS7)を入れて使ったりしていたようでした。

当時の猫町の関心は「安い芯が入るかっこいい軸」で、それがこのペンだったようです。
確かに60円の芯が入るかっこいい単色軸は珍しいかもしれませんね。

ちなみにこのボールペンはなぜか2本あるのですが、どうして2本あるのか分かりません。
なくした!と思ってあわてて買い直したのでしょうか。

おそらくその後見つかったので2本になったと思うのですが、2本を比べて見るとつやの有無は歴然としており、おそらくこっちが古いやつだな、と分かるのです(肝心の比較画像はなし)。
[PR]
by mukei_font | 2016-08-18 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

続・ペンと猫町と私。

こんにちは。
ロドリゲス(仮名)です。
ちなみにロドリゲスというのは、「うさむし」という猫町の友人が勝手にわたしにつけた名前です。
f0220714_17125668.jpg

さて今日は、ネコ柄ボールペンのその後について語ります。
軸目当てで例のペンを2本買った猫町ですが、ハチワレ軸の0.5は中をサラサの0.5の赤に入れ替え、シャム軸の0.3はそのまま使っているようです。
f0220714_9172560.jpg

猫町的にはシグノRT1の0.38を入れるつもりだったようですが、なんだかんだとジェットストリームの軸が気に入っているのと、3年日記用のサラサクリップフレンチカジュアルも気に入っており、特に改善すべき軸がなかったからとのこと。

サラサの赤を入れたのは、「丸付け」という作業が苦手で、まったく気乗りがしないからだそうです。
苦手なので赤色のインクがなかなか減らず、減らないインクを見ているとますます気が滅入るのだとか。

で、中の見えないハチワレ軸に入れて、まあまあ機嫌良く使っているようですが、エナージェルの軸ってノック音がうるさいですね。
カチッというノック音の中にキュムッ!という高い音が混じりませんか。
気になり始めると気になります。

0.3のエナージェルについては、最初は「これもありかも!」と興奮して使っていたのですが、やはり水性染料インクだということでテンションが下がっていきました。
猫町によると水性顔料インクは光や水に強いところがかっこいい、とのことですが、「永遠」という言葉に弱い猫町の今後が心配です(続く)。
[PR]
by mukei_font | 2016-08-17 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

ペンと猫町と私。

こんにちは。
ロドリゲス(仮名)です。

猫町が起き出した後の布団が好きで、寝そべっていたところ、無理矢理変なパンフレットと一緒に撮られたのがこの写真です。
f0220714_826244.jpg

猫町によると、これらはネコ柄のペンだとか。
ちょっと何を言っているか分かりません。

ところでインスタグラム、というのは何でしょうか。
猫町がしきりに舌打ちをしながらインスタグラム、インスタグラムと言うのです。
それがあれば、わたしの写真を利用して、オリジナルのネコ柄のペンが作ってもらえるかもしれないとかなんとか。

浅はかな猫町。
仮にそのインスタなんとかがあったとしても、わたしが素直に写真に応じるとでも思っているのでしょうか。

昔から写真は嫌いです。
携帯のカメラが撮影前にチカッと光るのが嫌で、それ以来いつも目を閉じてやるのです。

ところで猫町は完全に「すっぱい葡萄」状態です。
もし当選してすごいペンを作ってもらってしまったら、今後ぺんてるの商品をボロクソに言うことができなくなるから、とのこと。
相変わらずのたちの悪さです(続く)。
[PR]
by mukei_font | 2016-08-16 23:59 | 文房具与太話 | Comments(2)

文房具に涼を求める。

今年の夏は本当に暑く、文房具を手に取ろうという気さえなくなる日々でした。

で、タイトルの「文房具に涼を求める」ですが、何を思いつくでしょうか。
万年筆の青インクを筆頭に、青色系の文房具が思い浮かんだ方もおられるかもしれません。

が、もっと直接的な涼をうちの猫から学びました。
金属です。

ひんやりとした感触がうれしいのか、今年の夏はしょっちゅうハサミの上で寝ています。
なぜそんなところにハサミがあるのかというのは置いておいて、ふと見ると、猫の下にハサミの取っ手がのぞいているということを繰り返しています。

金属のひんやり感。

ここですぐに思いつくのは無印良品のアルミ系ステーショナリーです。
特にバインダー。
冬には近づきたくもない、見るだけで寒々しいあの銀色のシリーズが、夏にはひんやりと涼を提供してくれるのではないか?

現に猫の暑さ対策グッズにアルミの板みたいなのがあった気がします。
買ったのにまったく上にのってくれなかったのですが…

うーむ、アルミバインダーか。
冬の冷たさ以上に、あの独特のカクカクしい感じもちょっと苦手なのですが、猛暑にそなえて今後は少し気にしてみることにします。
[PR]
by mukei_font | 2016-07-26 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

夏の終わりの検索ワード。

現在の猫町のブログの借金は約40。
ということは、実際はもう夏休みは終わりかけなんですよね。

さて、このブログはアクセス数などとともに、どんな「検索キーワード」でたどり着いたのかが分かるようになっているのですが、最近増えてきましたよ。

「自由研究」

ということは、皆さん例のフリクションの記事を読まれているということですね。
もちろん「フリクション」も「検索キーワード」に連日ランキングしていて、やれやれと思います。

フリクション実験~夏の陣~其の柒(まとめ)。

あの実験は穴だらけで、反省点としてはまず温度を測るところから正確にやるべきだった、というのがすぐに思い浮かぶ感想です。

しかし猛暑日が何日も続いた今年はフリクション実験日和でしたよね。
西日の当たるポストから熱くなった郵便物を取り出すたびに、もう一度実験したくなりました。

あの実験、4年前だったんですね。
ロンドンオリンピックの年?
光陰矢のごとし。
[PR]
by mukei_font | 2016-07-14 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

ユニクロ・The BrandsグラフィックT〈トンボ鉛筆〉。

先日の東京文具旅の後日談です。

東京で得ることのできなかったユニクロのコラボTシャツですが、まさに灯台もと暗し、なんと地元のユニクロにあるではないですか。
ということで、早速ゲット。

じゃーん。
f0220714_10191690.jpg

トンボ鉛筆のMONO100のHBだよ、わーい。
f0220714_10193574.jpg

愛用はBだけど記念撮影。
f0220714_10194415.jpg

ポケットに鉛筆が入っているデザインがわいくて、真似をして入れてみました。
f0220714_10195420.jpg

トンボ鉛筆と言えばMONO消しゴムなので、こちらのTシャツもゲット。
そもそもTシャツが爆発的に似合わない&メンズのSサイズでもぶかぶか&白色が似合わないので、当初は買うつもりがありませんでしたが、過去にこんな記事を書いていたこともあり、結局購入。
f0220714_1020476.jpg

上記のリンク記事を書いた時はMONO消しゴムのTシャツを熱望するあまり、もしそんなTシャツが登場したら「買うだけじゃなく着てしまうのではないか、部屋で着るだけでなく地下鉄に乗って出勤してエプロンを着てそのまま働いてしまうのではないか」などと書きましたが、やっぱり無理ですね。

でも気持ちよさそうなので夏の寝巻にします。
少々贅沢な寝巻ですが、文房具の楽しい夢が見られるかもしれません。

ところでMONO消しゴムTシャツのデザインにはちょっと首をかしげたくなりますね。
MONO消しゴムはあんなふうにすり減らないのでは?
ああいう風に消したままの形ですり減っていくのは、いわゆるフォーム系の消しゴムだと思うんですよ。

MONO消しゴムのリアルはひび割れが笑ったように見えるジュゴンスマイルだと思うのですが、それがまずければスリーブが散髪されて短くなっていくところとかがよかったな、などと部外者はどこまでも勝手なことばかり考えてしまいます。

追記:
トンボ鉛筆のプレスリリースにあったんですね。
全然気づきませんでした。
MONO×ユニクロTシャツ UNIQLO 企業コラボTシャツ2016に参加
[PR]
by mukei_font | 2016-07-11 23:59 | 文房具与太話 | Comments(2)

ジュース松。

先日帰省していた妹と「おそ松さん」のガチャガチャをやり、かわいいボールチェーンマスコットをゲットした話は以前書きました。
それがこちら。
f0220714_1454966.jpg

何に付けようかなと考えて、ふと頭をよぎったのがチャーム付きボールペン。
ご当地キティをはじめとするお土産物のボールペンなどで見かけるあれを、ちょっとやってみたくなりました。

自分が持っているペンでチャームが付けられそうなものを探すとPILOTのジュースが。
で、早速やってみました。
f0220714_14553355.jpg

……とってもかわいいですが、爆発的に邪魔です。
そもそもペンに付けるチャームの大きさじゃないですね、ごめんなさい。

チャーム付きのペン、というと、最近妹にもらったずーしーほっきーの太芯シャープ。
あれ、ようやくチャームに慣れてきました。
ぺちぺち手に当たりますが、薄いし軽いですからね。
f0220714_10485297.jpg

ううむ、チャーム付きのペンかあ…
これまであまり注意して観察してこなかったジャンルなので、どれくらいの大きさのチャームがいいのか分かりません。

あ、でも待てよ。
今までいろいろ見せてもらった中になかったっけ?
猫町文具店(仮)に来られた方の中に、チャーム付きのペンを使っておられた方がいたような…

というわけで、ざっと過去の記事を読み返してみた結果、以下の方々の筆箱の中にチャーム付きのペンがひそんでいました。

筆箱拝見!~優煌海さん篇・上~
筆箱拝見!~あむさん篇・上~
筆箱拝見!~シレットさん篇~

優煌海さんのペンにはひこにゃんや携帯はさみが付いていますね。
ひこにゃんは結構紐も長く見えますが、大丈夫なんでしょうか。

あむさんのがいかにもチャーム感あります。
あの大きさならじゃまにならないはず。

シレットさんのは残念ながらすでに外れてしまっていますが、これもチャームの宿命でしょうか。
チャームに惹かれて買うことも考えられるだけに残念です。

ということで、おそ松さんたちはそれぞれリュックや手提げに付けることになりましたとさ(続く)。
[PR]
by mukei_font | 2016-07-09 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

ライフスタイルと文房具。

人はライフスタイルに合わせて使う文房具も変化していくものですが、学生さんに近いようなことをしていると、やはり鉛筆やシャープペン、消しゴムというものと仲良くなっていきます。

自分は接客業が長かったのでどうしてもボールペンにかたよりがちで、鉛筆や消しゴムといったものとは学生時代以来触れる機会もなく、このままよく分からないまま終わっていくんだろうなと思っていました。

それが今や、それらに対する好みや物申したい気持ちがふつふつとわき起こり、自分の中で1つの価値観が形成されるまでになりました。

そう考えると、転職を繰り返す浮草のような自分の人生にも幾分意味があったように思えてうれしくなるのですが、もちろん文房具全体を考えるとこれでもほんのわずかです。

分からないことがほとんどなんだという謙虚さと、今自分が手にしている文房具を五感で味わい尽くそうとする貪欲さの両方を大事にしながら、毎日を楽しんでいけたらなと思っています。

最近またもや体調を崩し(軽度の熱中症@室内)、元気に思考できる今がありがたく、たまには真面目なことを書いてみました。
[PR]
by mukei_font | 2016-06-25 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)