猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(47)
(33)
(12)
(9)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
ひっそりと応援している者..
by 通りすがりの文具好き♪ at 09:35
おめでとうございます!!..
by ともこ at 12:00
社長さんや同僚の方も大変..
by ともこ at 12:48
自分も今、異動する子にお..
by YAS at 10:37
7周年おめでとうございま..
by YAS at 10:29
はい!サンリオ・キティを..
by あむ at 19:18
通りすがりの者です。遅れ..
by み at 23:03
はじめまして♫ che..
by cheery_box at 21:35
7周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:22
物凄く久しぶりに書き込み..
by テトラ at 18:46
私はこれをダーマトグラフ..
by BOACK at 18:24
猫町さんこんにちは。いつ..
by 焼き魚 at 10:25
男の自分から見ると「ファ..
by YAS at 22:18
受験、大変ですよね。体力..
by ホウレンソウ at 08:17
解答は機械で読み取るので..
by あり at 01:27
素材って大事ですよね! ..
by あり at 00:37
自分も週末に軸と替芯の相..
by YAS at 14:17
こんばんは。うちの夫はミ..
by あむ at 23:16
こんばんは。 待ってい..
by YAS at 19:31
こんにちは! ひさしぶ..
by ともこ at 12:32
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:文具屋日記( 119 )

久しぶりのあれこれ。

もう文具店員じゃないのに「文具屋日記」もないですが、今日は特別。

まず昼すぎに元同僚のいる丙店へぶらり。
元同僚に頼んで注文していたあるものを買いに。

基本的に小生は卒業した学校であるとか、辞めた職場であるとかに近づくことはまずしません。
OB風を吹かせるのが何よりも嫌だし、自分の中で終わった場所に居場所はないと感じるタイプなので。
今回のケースは小生がお世話になった甲店でも乙店でもなく、まったく縁のなかった丙店だったことで実現しました。

その丙店でうれしい再会。
まさか会えるとは思っていなかったM菱のラウンダーさんにばったり。

そしてその顔を見るなり先月書いたPOPのことを思い出す小生。
そっと置いてきてしまったあのPOP、あれからどうなったんだろう。
が、ラウンダーさんも同時にPOPのことを思ったらしく、二人して、「あーあー、ジェットストリーム、POPが、あーあー」と言い合い、最後は言葉もなく抱き合ったという…

要約すると、シャープペンのフェアは好評のうちに終わり、今はジェットストリームのフェアをしている。
小生のPOPも無事使ってもらえている。

たったこれだけのことなんですが、辞めた職場に聞くわけにもいかず、のぞきに行くわけにもいかず、ときどき思い出していたのでほっとしました。
そうかそうか。
あのPOPたち頑張っているんだな。

POPはただの文字だけど、単なる情報だけじゃない何かを感じ取ってもらえたらいいなと思いながらいつも書いていました。
こいつ文房具好きなんやろな、という雰囲気が字や文章から伝わればいいなと。
こういうあれこれが、少なくともラウンダーさんには伝わっているようでうれしかったです。

さて、夜は甲店時代の同僚と食事の約束。
本当は4月に会う予定が、体調を崩し続ける小生のせいでのびのびになっておりました。

久しぶりに以前の職場の話を聞き、替芯の相談に乗っていると辞めたことが嘘のよう。
でもいいことだけを思い出して後悔するような若さはナッシン。
きっとそういうタイミングだったんだと思います。

昼間に丙店でM菱のラウンダーさんに会った話をすると、「売れてますよージェットストリームカラーインク!」
しめしめ。
趣味に走ったマニアックなPOPを書いて正解だったわい。
「レジからよく見えるんですよ。お、また立ち止まってる立ち止まってる、って」。
優秀な式神たちよ、最後の瞬間まで頑張っておくれ。

なんかそんな感じでPOPたちが頑張っているらしいので、久しぶりに「文具屋日記」にしてみました。
[PR]
by mukei_font | 2012-05-17 23:54 | 文具屋日記 | Comments(2)

朋あり遠方より来る。

せっかくの休日なのに朝から物思いにふけってしまい、もうこんな時間。
まあしょうがないですよね。

さて、記憶が薄れないうちに先日あった素敵な出来事について書いておくことにしましょう。

カレンダーを見るとちょうど一週間前。
なんとこのブログの読者某さんが遠路はるばる店に遊びに来てくれたんです。

いやーその節は本当にありがとうございました。

店に遊びに来ませんか、と誘ったのは小生でした。
理由はいろいろあるのですが、まあ春だし、少々遠くても遊びに来てくれるんじゃないかなーと思ったのが一つ。
それから同好の士である読者の方と直接お話ししてみたいなと思ったのが一つ。

それだけではうまく進まなかったかもしれない話が、なんやかんやでうまく進み(というか突然進み)、そしてやって来てくれたのでした。

某さんとはもちろん初対面でしたが、まだ年若いのに文房具に造詣の深い方で、すぐにきゃっきゃと打ち解けました。
なんせ「同好の士」ですから。
年の差なんてシャボン玉。

もちろん小生は仕事中です。
が、何か結界が敷かれていたかのように某さんが店に来ている間だけむちゃくちゃ店が暇だったのです(その反動か夕方の忙しさは伝説級。長蛇の列&2箇所のレジを一人で平行してさばくという小室哲哉プレイあり)

某さんと話したことで印象に残っていることを順不同で書き出してみると、まずクラスメイトの文具事情については、

・ほとんど1人1本クルトガを持っているというくらいに浸透している(が、某さんはアンチクルトガ派)
・コレトとスタイルフィットでは、しだいにスタイルフィット勢力が拡大、今やスタイルフィット>コレトに
・シャープ芯で人気なのはPILOTのグラファイト

某さん個人のコメントとしては、

・0.4のシャープペンに興味が出て来た
・ノートはコクヨのキャンパス→ナカバヤシのスイング・ロジカルノートと使ってきたが、今後はコクヨのドット罫を使うつもり

なんてきらきらした情報なんだ…
メーカーさんに教えてあげたいなあと思いながら、自分自身も興味津々の小生。

クルトガすごいなー(でも金持ちやなー一番安いやつでも¥450やのに…)
スタイルフィットが人気というのはペンの使いやすさゆえなのか?
それともしょっちゅう出る限定軸が功を奏しているのか?
学生には軸がぶっといこととか関係ないのかもなー
だって筆箱があるしなー
ボディのごつさが気になって、コレト軸にスタイルフィット芯をというのは大人の発想なんだなー
シャープ芯がPILOT>三菱というのはちょっと意外…

そしてロジカルノート!
これは笑った!

ロザン(関東の人も知っているのか?)がイメージキャラクターになっているあのノート、明らかにコクヨのドット罫ノートを意識しての登場だったし、まあ「関西」では売れるんかもな…ていうレベルの認識でしたが、ちゃーんと現役の学生さんに選んでもらっていました。
ノートは実際勉強している人に選ばれるのが一番名誉なことだし、あのシリーズはルーズリーフにリングノートにダイアリーにとどんどん展開されていることからしても大人気なんだろうな。

ロザン…(´_ゝ`)
と侮っていた自分を猛省。

その他某さんとは重量感のあるシャープペンの話や、シャープ芯の話、消しゴムの話、それから出たばかりの新商品を紹介したり、まあ楽しい時間でした。
お約束の「筆箱拝見」もさせてもらったし(これ、文具好きは絶対やりますよね。ちなみに小生は自重。なんせ職場にあるのだけでも3つあるし)、これ以上有意義なことがあるでしょうか。

某さんはきらきらした瞳が印象的な本当に頭の良い素敵な方で、昨年お会いしたのりこさんに続き、小生は本当に運がいいというか、おめでたい感じでブログの読者と出会えているように思います。
1年に1人として、あと50人くらいには出会えるということか…

って、何歳まで生きる気じゃ。

真面目で大人な某さんは、最後にちゃんとぺんてるのハイブリッドテクニカ0.4と3Mの修正テープ微修正を買ってくださり、ああ、未来は君のものだ。

某さんとの接客の最中にレジに戻ると、「猫町さん、もういいんですか?あの少年はいったい…?」と同僚。

猫町「あ、メル友なんです」
同僚「!?」

あ、レイさん、普段はもっとちゃんと仕事してますから、そのあたり夜露死苦。
[PR]
by mukei_font | 2012-03-18 19:10 | 文具屋日記 | Comments(3)

楽しいが一番。

今日もいろいろありました。

十日戎で投げたお賽銭の効果があらわれたのか、商売繁盛の神が猫町に降臨。
高級筆記具を売るわ売るわ…
まあたまにはこんなこともないと。

高価な文房具が売れるのはうれしいですが、高い物を買ってくれるからいいお客さんとかは絶対思わないです。
高いとか安いとか関係ない。
お客さんが楽しんでくれるのが一番。

先日苦労して書いたPOPをじっと読んでくれている男性のお客さんを発見。
別にPOPで紹介した商品を買わなくてもいい。
文房具好きの店員がいるんだなとちょっと楽しい気分になってくれたらと思います。
[PR]
by mukei_font | 2012-02-17 00:23 | 文具屋日記 | Comments(0)

新機能備えたユニークな文房具(日経新聞より)。

昨日から新聞の切り抜きらしきものを手にしたお客さんからの問い合わせをよく受けるなと思ったら、日経新聞の土曜版で文房具の特集があったようですね。
今日店にもFAXが流れて来ていました。

Web版はこちら。
新機能備えたユニークな文房具 何でもランキング:日本経済新聞

ランキングのみ以下に転載(メーカー名は略称で)。

ペン部門

1位:フリクションボール(PILOT):420ポイント
2位:ジェットストリーム(三菱):270ポイント
3位:プレスマン(プラチナ):130ポイント
4位:テキストサーファーゲル(ステッドラー):100ポイント
5位:エナージェル(ぺんてる):60ポイント

いやーさすがにどれも一度は記事にしたことがある筆記具ばかりですなあ。

このうち問い合わせ殺到中なのはプレスマンとテキストサーファーゲル。
前者はうちの店には置いておらず、後者は以前置いていたが今はむにゃむにゃといったところ。
この機会に両方とも置きたい。

フリクションボール3にいたってはすでに売り切れてすっからかんになってからこの記事が出たので、対応に追われるとはまさにこのこと。
だから昨年末に買っておけばよかったのにー
出てすぐになくなったわけじゃなかっただけに残念すぎる展開。

まあみんながみんな文房具屋を頻繁にチェックしているわけじゃないですもんね。
こういう記事をきっかけに文房具屋に足を運んでくださるのだから文句は言っちゃいけない。

が、日経の記事、ちょっとどうかと思う箇所があるのも確か。
ぜひリンク先の記事を読んでいただきたいのですが、ゲルインクに関するあたりの記述と、ジェットストリームに関するあたりの記述、字数の関係があるにせよ説明不足すぎ。

前者はさりげなくジェットストリームもゲルインクに含まれている点に問題あり。
確かに成分は限りなくゲルに近い、むしろゲルだと言われているジェットストリームだが、分類はあくまでも「油性ボールペン」。
記事中にも「油性」とあるしこれは混乱を招く。

実際昨日何度も「ジェットストリームは油性なのかゲルなのか」とお客さんに聞かれたし(この記事のせいだったのか)。
十分に説明しきれんのやったら書くなやと言いたい。

後者はもっとひどく、「ジェットストリームでは好みの替え芯を組み合わせて多色のボールペンを作れる」と来た。
スタイルフィットの説明をすっ飛ばしていきなりこれはない。
何も知らない人がこれを読んだら、ジェットストリームの軸にいろんな色(黒赤青緑以外)のジェットストリームの芯を入れて多色作れるんかなとか思いますよね(もしそういう新商品が出るという話ならすまん)

なんやねんもう…
(ノ-"-)ノ~┻━┻

続いてメモ部門。

1位:キャミアップ(コクヨ):260ポイント
2位:ショットノート(キングジム):240ポイント
3位:ニーモシネ(マルマン):190ポイント
4位:ツイストリングノート(リヒト):120ポイント
5位:スベらないメモ(ビジョンクエスト):90ポイント

わがツイストリングノートが4位にランクイン(デストラーデ風ガッツポーズ)!

このランキングの感想はこの新聞を一緒に見ていた同僚の一言がすべてかと思われる。
すなわち、

「真似したほうがランク上じゃないですか。ショットノートせつな…」

色即是空…
(´_ゝ`)

最後に一つだけ。

やっぱり加圧式ボールペンランク外…

でも、本当にサバイバルな状況になったときに必要なのは絶対に加圧式ボールペン、そして耐水性のあるメモですからね。
こちらもばっちり以前取り上げてあります(タフな文房具・其の二。タフな文房具・其の三。参照)。

そう考えると結構このブログって正統派(何を基準に?)なのでは…

興味のある方は以前の似た記事もどうぞ。
スマートに使える進化系文具(日経新聞より)。
[PR]
by mukei_font | 2012-01-16 23:10 | 文具屋日記 | Comments(4)

アウェイで初買い。

出勤前に用事をすませ、今から職場に向かおうとしたそのとき、何気なく手に取った携帯に着信を発見。
職場から。
あわてて電話すると案の定また他店へ行けとの指示。
というわけで本日もアウェイな他店で働いてきました。

まあアウェイといってもやることは同じ。
替芯の相談にのる。
うろ覚えの筆記具を探す。
お客さんの理想のダイアリーに近いものを探す。

あわあわと走り回っているどさくさの中、しかしめざとい小生は自分のいる店には入荷していないとある商品を見つけるのであった。
もうあきらめてハンズで買うことに決めていたファンシーグッズ。
にやり。
買ってかーえろっと。

この成果はまたいずれ。
まさかここに来て「猫町禁断の@イアリーに挑戦の巻」です(たぶん)。
[PR]
by mukei_font | 2012-01-06 23:59 | 文具屋日記 | Comments(0)

仕事納め。

ようやく仕事納め。

昨年書いた気がすると思ったら書いていました。
そう、年末は名刺ホルダーが売れるんです(年の瀬に売れる文房具。参照)。
今日もたくさん売れました。
本当に不思議ですよね。

さて、小生は今から年賀状。
まず龍のはんこを押すところから。

zzz…
[PR]
by mukei_font | 2011-12-30 23:55 | 文具屋日記 | Comments(1)

西へ東へ猫も走る十二月。

ようやく夕食を(正確には夕食後のデザートを)食べ終えたところ。
が、あと一時間以内には床に就かなければならないという…

もう何が何だか分からないほどしっちゃかめっちゃかな毎日。
この慌ただしさの中、まさかの甲乙作戦

説明しよう。
甲乙作戦とは、猫町が通常働いている甲店と支店である乙店を一日のうちに移動しながら両方で働くというむちゃくちゃな作戦である(要は乙店の人手不足のために駆り出されているだけ)。

朝出勤するやいなや「猫さん、乙店行ってほしいねん(でも夜は甲店に戻って来てね)」。
結局甲店で1時間あまり働き乙店に移動、乙店で数時間働いたのち再び甲店で閉店まで働くという一番疲れるパタン。

休憩時間に万年筆とたわむれる(=プロフェッショナルギアスリムの機嫌をとる)計画が…
年賀状が遠のいていく…

あ、でもプロギアスリム、ちょっと機嫌がなおってきました。
今まで一度もへそを曲げたことのない優等生だったのですが、染料インクから顔料インクへの変化にはちょっとついて行けなかった様子。
頼む、頑張ってくれ。

開運フミヲくじつき年賀状、締め切り直前に申し込まれた方以降は本当に届くのが遅くなると思います。
が、ご住所を書き込まれた方には必ずお届けいたしますので。
松の内を目指します。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-28 23:28 | 文具屋日記 | Comments(2)

カタログチラリズム。

毎年この時期になると各メーカーから新しいカタログが届きます。
今夜はそんなカタログの話。

カタログというのは商品の目録のようなもの。
PILOTのカタログにはPILOTの商品が、キングジムのカタログにはキングジムの商品がずらずらと載っているわけです。
それらは美しい写真で構成され、商品名や品番から検索できるようになっており、商品の価格はもちろん、ありとあらゆる興味深い情報が満載。
文具店にとってはなくてはならない大切なアイテムなのです。

近年はカタログ冊子を作らずWebカタログだけにするメーカーもちらほら出てきているようですが、まだまだ紙媒体のカタログは主流であり、いくらネットであれこれ調べられる時代になってもなお重要な役割を果たしているのが現状。
そして小生はこのカタログというのがどうにもこうにも大好きなのであります。

カタログの入れ替えの時期になると、一年間使ってぼろぼろになったカタログと送られて来たばかりのぴかぴかのカタログを入れ替えていきます。
古いカタログはすべて捨ててしまわずに保管したり、複数冊ある場合は捨ててしまったり。
通常はこれだけで作業は終了です。

が、こんな素敵なアイテムを小生が見逃すはずがありません。

猫町「いっぱいあります?」
同僚a「いっぱいあるよ」
猫町「欲しいです」
同僚a (´_ゝ`)

同僚a「ほい」
猫町「!!!」
同僚a「めっちゃうれしそうやん」

猫町(カタログを抱きしめている)
同僚b「え、持って帰るん」
猫町(コクリ)
同僚b「家で何するん」
猫町「普通に見たりとか…夜中に急に調べたくなったときとか調べられるし」
同僚b ┐('〜`;)┌

どうやらカタログをハアハア持って帰っているのは小生だけの様子。
いや、ほんと楽しいんですって。

カタログのおもしろさはいろいろあって、まずメーカーごとに個性がある点。
メーカーごとに見事に違う構成&レイアウト。
これは本当におもしろくて、慣れない頃は(みんな同じ並び順にしてくれーーー)と思ったものですが(苦手ジャンルに関しては今なお)、すっかり慣れてしまった今では各メーカーのカタログごとの「クセ」のようなものとうまくつきあえるようになり、素早くカタログをめくれるようになりました。

次におもしろいのは、単にそれぞれのカタログに個性があるというだけではなく、それぞれがカタログを分かりやすいものにするために最良の工夫をこらしている点。
例えばファイル系のメーカーのカタログなんかだと、「穴をあけてとじる」とか「穴をあけずにとじる」とか「ページが増やせる」とか「ページが増やせない」といった非常に分かりやすいキーワードに沿ってカタログが構成されていたりして、探す方としてはパニックになりそうな気持ちを落ち着けてカタログに従っておればいつかは見つかるというありがたさがあります。

なお、カタログの構成やレイアウトは各メーカーごとには違うものの、メーカー間ではある程度一貫しており、PILOTのカタログはいつもPILOTぽく、キングジムのカタログはいつもキングジムぽい感じになっているのですが、マイナーチェンジというか、バージョンアップというか、毎回少しずつ分かりやすく、見やすく、サービス精神旺盛になっていくのは見ていて本当にうれしいものです。
そういう細かい違いを見るのもカタログをめくる楽しみの一つなんですね。

ここから数行は業界人にしか分からない内容になってしまいますが、カタログでダントツに見やすいのはPILOTですよね。
あの筆記具の分類はいい。
値段の順に並んでいるのもいい。
カタログからも王者の風格。
それに比べると三菱の分かりづらさは病気。
いつもピュアモルトが見つからない不思議。

さて。
こんな風にいろいろあるカタログの楽しみ方ですが、もっとも楽しいのは新旧比較です。
新しいカタログと古いカタログの比較。
あれには載っていたのにこれには載っていない。
いわゆる「廃番決定」というやつです。
これは血湧き肉踊ります。

新しいカタログをぱらぱらっとめくっていく→古いカタログとほぼ同じレイアウトなので違いに気づきやすい→あれ?あれがなくなってる…廃番!?

今回の廃番の発見は例えば三菱のウルトラファイン。
油性ボールペン最激細の0.38はウルトラファインだけだったはず。
芯は残ると思うけど、なんだかさびしいなあ。
じゃあ油性で一番細いのはZEBRAのタプリクリップ0.4ということになるのか…

激細といえば「世界初スーパー超極細」のシグノビットもカタログから落ちています。
確かに置いている店をあまり見なくなったもんなあ…
世界初なのに廃番になっちゃったか…
あとジャンポップも今年のカタログには載っていません。
定着せずか…

さらに地味なところでは小生愛用のNO.550がもはや黒だけになっていたり。
おいおいおいおい。
こちとら青を復活させてほしいくらいなのに。
黒は死守でお願いしますぞ。

あとパワータンクのノック式1.0の青が廃番になった様子(芯は生きてます)。
地味に減らしてくるなあ。

まあこんな感じで、カタログをめくっていると時間がたつのも忘れるという話。

さらなるカタログの楽しみ方は、「フライング新商品」のチェック。
これに尽きます。
カタログが出来た時点ではまだ新商品案内さえもらっていない、まるで見たことのない商品が「NEW」という文字とともに載っている。
これまた血湧き肉踊ること間違いなし。

これは今のところリヒトのカタログに散見されますが、まあ「フライング新商品」についてこのブログでフライングしてしまっていいのかどうかは微妙。
そのうち少しずつふれることにいたしましょう。
同様のことがPILOTについても。
おそらくPILOTの新商品の氷山の一角的な人がちらりと。

まあこれはあとのお楽しみ。
時間切れのようでございます。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-20 23:46 | 文具屋日記 | Comments(4)

プリントゴッコ、ラストラン。

いよいよ12月。
年賀状の準備はいかがでしょうか。

小生はようやく消しゴムはんこの下絵をコピーし、引き出しの中から消しゴムはんこグッズ(カッターや彫刻刀やねりけし)を取り出したところです。
本当に龍が彫れるのだろうか…

さて、年賀状を意識し始めた人たちが文房具屋に買いに来るものはいったい何でしょう。
プリンタのインク?
それとも筆ペン?
それとも年賀状そのもの?

まあどれも正解です。
プリンタのインクに関しては今が一年で一番売れる時期だというし、最近の年賀状はプリンタ大活躍ですもんね。
筆ペンを買われる方はせめて宛名だけでも手書きでという方でしょうか。
素晴らしいです。

これらとは別に熱狂的に売れている年賀用品があります。

プリントゴッコの消耗品。

もうこれにつきるのではないでしょうか。

プリントゴッコに関しては、RISOが9月に発表した「プリントゴッコ事業終了のお知らせ」にある通り、平成24年(2012年)12月28日をもって事業は終了。

これをふまえたユーザーたちがまさに必死のパッチで消耗品を買いに来られます。
ランプをインクをハイメッシュマスターを求めて。
中にはやや買い占めに近い形で大量購入される方も。

小生はプリントゴッコユーザーではないけれど、いつも何かの少数派に属していることが多いので、なんとなくこの悲哀は分かる気がします。

もう終わることが分かっていながら、それでも最後の最後までプリントゴッコにこだわる人たちの年賀状にはいったいどんな龍が舞うのでしょうか。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-04 23:59 | 文具屋日記 | Comments(0)

魅せられて。

店員が使っている商品に魅せられることがある。
そういうことに一番力が入っているのはアパレル業界だと思うが、文房具屋の片隅でもそういうことがあったりする。

例えば店員が使っている筆記具。
カードにサインをするときに店員に借りたペンが書きやすく、しかもかっこよかったりした場合、店員と同じペンが欲しくなったりする。

いい話だなと思うし、本当はそうあるべきなんだと思う。
が、小生には無縁の話だと思ってきた。
なぜなら小生が使っているのは何も特別なペンではなく、今やすっかり有名になってしまったジェットストリームだからである。

もちろんまだジェットストリームを知らない人はたくさんいるし、たまには「うわーなめらかに書けるなーこれ何?」と聞かれることもあるが、それは魅力的な商品をたまたま店員が使っていただけの話。
店員が魅せているのとは違う。

店員が魅せる筆記具とは、例えば隠れたロングセラー商品とか、店頭にはないが取り寄せは可能な高級目の筆記具、あるいは舶来ものの筆記具。
あまり見たことがなくて、珍しくて、かっこよくて、それでいて優秀なもの。
そのいずれも使っていない小生には関係のない世界の話だと思っていた。

が、ついに小生に「その時」が来たようだ。
小生に魅せられる人が現れた。
魅せてしまったのはこの人。
その名もコイルコードジェットストリーム。
f0220714_2282275.jpg

「せっかく買ったペンをなくした」

憮然とした顔で同じものを買い直そうとするお客さんを接客。
最初は機械的にレジ打ちして終わるはずだったが、ヒモをつけたいとか首からさげたいとか言い出し始め、一緒に方法を考えることに。
一つの案として軽い気持ちで小生のコイルコードジェットストリームを見せた瞬間お客さんの目がきらーん。

「それと同じやつで」

自分自身が必死になってあれこれ考えて選んだだけあって、説明はスムーズ。
一応他のパーツや案もいろいろ提示してみたが、お客さんの目にはもはやコイルコードジェットストリームしか映っていない様子。
あいにく品切れしているパーツもあったが、どうしても同じようにしたいということで取り寄せに。

毎日かなり間抜けにびよーんびよーんやっていたが、たまにはこういう晴れがましいこともあるようだ。

ただ、今日のはお客さんの方でそういうニーズがすでに高まっていたので真実「魅せた」わけではない。
何も考えていない無防備な人のハートを直撃するようなそんな奇跡がいつか起こればいいと思う。
[PR]
by mukei_font | 2011-11-01 22:52 | 文具屋日記 | Comments(0)