猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(51)
(33)
(15)
(9)
(1)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
消しゴムまで温度で変化す..
by ともこ at 12:08
ペン爆発とは恐ろしい…。..
by ともこ at 12:04
マッキー様、横から失礼い..
by ともこ at 10:03
久々の書き込みお邪魔しま..
by ともこ at 09:57
こんにちは!消しカス記事..
by 梅屋敷 at 16:46
RGBではメモ書きするた..
by w at 08:58
猫町さんの連投にコメント..
by YAS at 21:07
猫町さんこんにちは。 ..
by あるけみ at 13:29
こんばんは。 半年程度..
by YAS at 19:53
こんにちは。 文具に興..
by YAS at 18:54
こんにちは。 デスクブ..
by YAS at 18:33
猫町さん、コメントを読ん..
by あむ at 16:09
今日、ラミー青山の路面店..
by あむ at 14:18
ISOT行きましたが、今..
by マッキー at 17:29
こん○は。 消しゴムは..
by YAS at 23:56
【追記】 寝ぼけていた..
by 輪音 at 19:34
ペトロールのボールペンを..
by 輪音 at 01:22
ちょくちょく拝見させて頂..
by 妃南 at 21:30
はじめまして! 使用中..
by kamiyumi at 17:51
統計という数字が欲しかっ..
by ニャル子 at 23:47
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ファイル系( 9 )

横綱・大関クリアファイル。

先日木琴堂に素敵な贈り物が届きました。
相撲と文通がお好きだという方からのプレゼントです。

こ、これは…
相撲を見に行かないともらえない、しかも公式LINE登録&先着何百名しかもらえない貴重な横綱・大関クリアファイルではないですか!

ぎゃーーー
かっこいいーーー
f0220714_2355969.jpg

なんていい写真なんだーーー
そしてなんて強そうなんだ稀勢の里!
f0220714_23561835.jpg

ひとしきり盛り上がってクリアファイルを激写し、お手紙も10回以上拝読したのですが、その後帰宅するとポストに角2封筒が。
差出人の名前にまさかの予感が頭をかすめ…

はい。
なんとその中にも横綱・大関クリアファイルが入っておりました。
同じ日に2枚も横綱・大関クリアファイルをいただいてしまった果報者猫町。

これらの謎の引力の後押しもあり(?)、九州場所は横綱鶴竜が優勝。
大関時代から好きでずっと応援しておりました。
横綱になっても相変わらず地味で、華がないだの型がないだの言われ続けてきましたが、それでも付け人たちから尊敬される穏やかな横綱であり続け、真面目にやってきたことが実を結んで本当によかったです。

今回このクリアファイルが猫町のもとに届いたのは、おそらくTwitterで「欲しい」とつぶやいたからでしょう。
安易につぶやいてしまい、後悔しています。
こんな貴重なクリアファイルをわざわざ送ってくださった方々に心から感謝いたします。

文通好きの方へ。
お話ししたいことがたくさんあります。
遅くなっても必ずお手紙を差し上げますので、気長にお待ちいただけたらと思います。

お二人ともに素敵なことがたくさんありますように。
クリアファイルを眺めながら相撲が終わったさみしさを紛らわせます。
[PR]
by mukei_font | 2016-10-27 23:59 | ファイル系 | Comments(2)

惜しいファイル(続報)。

先日の惜しいファイルの続きです。

コメント欄でdawneさんにヒントをいただいた「システム手帳のA5リフィルの真ん中の2穴」には残念ながら入りませんでした。
本当に罪作りなファイルです。

ということで、シレットさんに教えていただいたLaurelのファイルファスナーが良いのではないかと思います。
ありがとうございました。

38greenさんのやり方も素朴でいいなと思ったのですが、せめて公文式のプリントを1枚でもつけてくれていたらそれを台紙にできたのに…と悔やまれます。

実はこちらの記事の緑色のファイルも公文式のファイルで、同じ方にいただいたものでした。
こちらは通常のリングファイルだったので、中学生との勉強に利用しています。

どちらのファイルも複数冊いただいてしまったのですが、公文式って結構最初にファイルを用意させられるものなんですかね…
あっという間に挫折してしまった小学生の代わりに、頑張って使っていきたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-28 23:59 | ファイル系 | Comments(2)

惜しいファイル(アイデア求む)。

以前、木琴堂のお客さんにこんなファイルをいただきました。
ご覧のとおり「公文式」のファイルです。
どうやらお子さんがものすごい速さで公文式に挫折してしまったらしく、新品のファイルだけが余ってしまったとのこと。
f0220714_23293640.jpg

中はこんな感じの2穴ファイル。
サイズはA5だし、青色はきれいし、何に使おうかなとにやにやしていたのですが、いざ紙をはさもうとすると…
f0220714_23295279.jpg

がーん。
とじ穴の間隔がいつもと違う…
2穴パンチで穴を開けた紙は綴じられず、かろうじて20穴のルーズリーフの大きめの穴を利用しながら綴じられる感じ。
f0220714_2330411.jpg

でもそうやって綴じるとこんな感じに紙が上のほうに行ってしまいます。
それでも綴じられるだけましなんでしょうか。
f0220714_23301540.jpg

というわけで、こういう特殊なピッチの2穴ファイルの活用方法をご存じの方がおられたら、ぜひお教え願いたいのです。
よろしくお願いいたします(続きはこちら)。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-21 23:59 | ファイル系 | Comments(10)

USED文具(インデックスカード)。

前回はUSED文具について書きましたが、今回はUSED文具から生まれたものについて書きたいと思います。

以前、ファイルのインデックスが店に大量に入って来たことがありました。
もちろん全部使われています。
おそらくどこかの事務所から引き上げられて来たものに混じっていたのでしょう。

これこそ正真正銘のゴミというか、その日のうちに燃やされてもいいようなものだったのですが、なんとなく捨てられず、置いていたものが最近役に立ち始めました。

よぼよぼになっているインデックスの部分以外はしゃきっとした紙なので、B5サイズからA5サイズを切り出し、見よう見まねでインデックスも作ってみました。
f0220714_116216.jpg

インデックス用紙はあらためて似たものを用意しようとすると、厚みや紙質が特殊でなかなかその辺にない紙です。
が、横着をして付箋ですませようとするとやはり弱いんですよね。
結局はこうしたインデックスカードがもっとも便利で確実なんです。
f0220714_1154318.jpg

これは中学生のために猫町が自作しているドリルのバインダー。
市販のドリルを分解して2穴パンチで穴を開けてバインダーに綴じ、インデックスカードで分類しています。
実はこのバインダーもあるお客さんに「いらなかったら捨てて」ともらったものですが、見た目や使い勝手はかなりいい感じです。

このバインダーにそんな経緯があることはもちろん中学生に言っていませんが、とっくに灰になっていたであろうものが活躍しているのを見ることはなかなかうれしいことです。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-20 23:59 | ファイル系 | Comments(2)

取説ファイルを作るの巻。

連日の解体作業でなんとか新生活も形になってきたので、そろそろ文房具の話を始めたい。
まずは引っ越しの最中に作った取扱説明書ファイルの話から。

といっても、今まで使っていたファイルがどうにもこうにも使い勝手が悪かったので、この機会に新調することにしたというだけの話。

これまでの取説ファイル。
かれこれ15年以上使っている(ちなみに石丸電気には行ったことがない)。
f0220714_2242235.jpg

中はこんな感じになっており、要するにポケットを増やすことができない仕組み。
f0220714_2263755.jpg

もうめいっぱいパンパンに入れて、うんざりするくらいの重さに。
f0220714_228135.jpg

もちろんファイルを新調したところで全体の重量が軽くなることはないのだが、せめてもう少し余裕をもってめくりたいし、ポケットだって増やしたい。
現に今は入りきらない取説を別のファイルに収納するなどしてややこしい。

そこでご登場いただいたのがこちら。
f0220714_22132267.jpg

キングファイルとキングホルダーマチ付。
平凡な解決策ですまん。
いわゆる「取説ファイル」としての商品もコクヨやキングジムから出ているが、リフィルの入手のことなどを考えると贅沢品のような気がして、キングファイルを中心に考えることにした。
f0220714_22192343.jpg

10ミリの厚さの書類まで入れることができるマチ付のホルダー。
厚めの取説にはこのホルダー、薄めの取説には普通のクリアポケットを利用しながら取説を1冊のキングファイルにまとめていった。

こんな感じで全体としては問題なし。
ただ、やはり要所要所はいわゆる専門の「取説ファイル」が上。
たとえばCD-ROMが収容できたりするところ。
あと、基本的なことだが取説は重いので、2穴のファイルよりも4穴のファイルのほうが安定感はある。

が、取説ファイルはそんなにしょっちゅうぱらぱらめくるものでもないし、散逸しないようにファイリングしておくだけで十分その働きをするので、小生はこれでよしとする。
[PR]
by mukei_font | 2012-06-15 22:40 | ファイル系 | Comments(0)

レシピの大きさ考。

昨日家族の付き添いで行った病院の待合室で読んだ料理雑誌にあるものを発見。
ページを切り取ってファイリングできるように「A4サイズクリアファイル用」と「マガジンサイズクリアファイル用」の切り取り線がそれぞれついているのだ。

ちなみに「マガジンサイズ」とは横幅が長めにつくってあるファイルのサイズのこと。
「A4ワイド」などと呼ばれたりもする。
女性ファッション誌等をはじめとする雑誌はいわゆるA4規格で作られてはいない。
横幅が長いのだ。

要するに上記の切り取り線は、A4サイズのクリアファイルを使っていてもマガジンサイズのクリアファイルを使っていても大丈夫ですよ的な配慮。
なんて親切なんだ。

もちろん全ページがそうではないが、雑誌側が読者のファイリングのことまで考えているということにうれしさを感じた。
料理雑誌なんて真剣に見ないから知らなかった。
昔からそうなのか。

と一瞬感動しかけたが待てよ、と思う。

確かに料理雑誌のページをファイルに入れることのみを考えると素敵かつ必要な配慮だが、実際に料理を作る際にはそれはおよそ実用的ではないのではないか。

でかすぎる。

美しい写真ごととっておきたい気持ちはよーーーく分かるが、それをどこで開いて料理しているんだろうか皆さんは。

ファイリングはあくまでも必要なページを雑誌から切り離し、いらない部分を捨てるためであり、お気に入りをファイリングしたものをあらためてレシピブックとして用いるということなのか。
それを見ながら必要事項を小さな紙に書いたりするのだろうか。
それとも狭いながらもキッチンのどこかにクリアファイルを置いてちらちら見ながら作るのだろうか。

一人暮らしのわがキッチンには残念ながらそんなに広い場所はない。
料理本を見ながら作ることはもちろんあるし、その場合は近くにある洗濯機の上に置いたりしておろおろそれを見ながら作るが、もしも最初からレシピが小さかったらもっと手近に置いて作ることができるのにと思う。

雑誌はむしろそういうニーズに応えるべく、大きめの単語カードサイズくらいのレシピを付録に付けるべきではないか。
もうどこかにあるのかもしれないが。

そういえば以前購入した料理本はA4サイズのページがすべてA6サイズに4等分できるようになっており、ちぎった一枚一枚がレシピカードになるようになっていた。
ページが厚手だったのでレシピカードはまるでポストカード、それを入れてキッチンのいい場所に貼れるPPポケットまで付録に付いていたように思う。

このアイデアの延長で、さらに小さいレシピカードがあればなあ。
だってレシピカードが小さかったら買い物にもそのまま持っていけるでしょ。

が、そのような実用性とは別に料理雑誌のページがすべて取っておきたくなるくらいに美しく、食欲をそそる芸術品であるのもまた確か。
ファイリングしたい、でも広げてA3サイズになるようなのはさすがにキッチンでは大きすぎて不便だという方。

朗報あり。

リヒトのAQUA DROPsイージーチェンジ・クリヤーブック
これならページを360度回転できてA4サイズの面積だけでOK。
リヒトのツイストリングシリーズで、ページの抜き差しも簡単。

実は最近リヒトのツイストリングシリーズに心奪われている小生。
来週あたりいよいよノートをツイストリングノートに乗り換え予定。

本体はもうゲットしてある。
今はリーフ待ち(ハアハア)。
f0220714_1417473.jpg

[PR]
by mukei_font | 2011-04-24 14:18 | ファイル系 | Comments(6)

リヒト・メディカルサプライズ。

先日病院で見たカルテを偶然仕事中にカタログで見つける。
リヒトのメディカルサプライズシリーズの「カルテフォルダーダブルファスナー付」が近い。
なんかこんなんだった気がする。

リヒトのメディカルサプライズシリーズはなかなかそそる。
医療系の職場とは関係のないお客さんが探し求めているファイルやグッズが案外このシリーズにあったりして、要注意というか穴場というか。
どのアイテムも無駄のない機能的な感じが秀逸で、医療現場じゃなくても使えそうなファイルがたくさんある。

カルテのページをざっと見てみると、それぞれ「見出し用ポケット」「三角ポケット」「IDカード用スリット」などの工夫がこらされ、そのいちいちに意味があり、なるほどと思う。
さらにはカルテを取り出した方向で閲覧できるといった、「閲覧方向」という観点があることにも気づかされる(取り出した方向で閲覧できるものは見出しが右下に来る等)。

こういうシステマティックな感じ、嫌いじゃない。

が、個人で使いこなすのはおそらく無理(小生の場合)。
職場だからこそ、ジャーナルをガバットファイルに綴じ、伝票をパイプファイルに綴じ、それらの見出しをテプラで貼り…といったことができるが、そういうことが自宅でもできるとは到底思えない。
なにしろ新聞の切り抜きをクリアブックにまとめることさえできないのだ(病気)。

リヒトのメディカルサプライズはそういった文房具の最たるものという気がする。
職場だからこその機能性。

しかしどこかにはこういったシステマティックな文房具で自宅もびしっと整理している人がいるんだろう。
一生無理な境地ではあるが、部屋の一画でもよいからそういう完璧な空間というものをいつか作ってみたいものだと思う。
[PR]
by mukei_font | 2011-01-12 23:32 | ファイル系 | Comments(0)

年の瀬に売れる文房具。

今日も一日頑張りました。

とはいえ、さすがに今日はお客さんも少なめ。
プリンタのインク、来年のダイアリー、カレンダー、年末年始の営業のポスター、年賀状、ぽち袋などがちらほら。

が、これらに混じって年末に必ず出る文房具というのがある。
それらは一括りにすると整理系文房具と言えるかもしれない。

ファイルボックス。
ブックエンド。
そして名刺ホルダー。

特にこの最後の名刺ホルダーは、以前の職場でもそうだったことを思い出す。
長期休みを前に名刺の整理をしようなんて真面目だなあ。
今日もさくさく売れました。

さて、名刺ホルダーが必要になるほど名刺を交換する立場にない小生は名刺ホルダーなどとはまったく無縁である。
はずである。

が、なぜかすごいのを持っているのであった。
キングジムのCard's1000。
最大1128枚まで増やせる大量収納差し替え式。
f0220714_118313.jpg

あれは今年の秋のことでした…(遠い目)
わが文具店でセールがありまして、いろんな商品を驚異の激安価格で販売したのです。

メーカーのアウトレット商品や、どこのメーカーのものかよく分からない商品たちが積み上げられる中、異彩を放っていたのが上記のキングジムの名刺ホルダー。
定価で買えばかなり値段のするそれが、驚くほど安くなっており、思わずカウンタで「これすごいよな。キングやで」。

確かにそう言いました。

翌日のこと。
小生のロッカーにプレゼント包装された巨大な物体が。
「誰かロッカー間違えてる。知らんもんが入ってる」と騒ぐ小生に、「それは…たぶん@@さんがねこまちさんに…」と同僚。

とんだサプライズ。
欲しがってると勘違いされてプレゼントされてしまった。
@@よ…
落ち着け。
誰が小生に1000人もの人間が名刺をくれるというのですか。

というわけでもちろんまったく何にも使い道のない立派な名刺ホルダーを小生は持っております。
猫町コンツェルンとか無罫ホールディングスとかの代表取締役になっても無理。

でも、キングジムの作るライトグレーのファイルは綺麗で個人的にはとても気に入っています(使い道募集中)。
[PR]
by mukei_font | 2010-12-30 01:35 | ファイル系 | Comments(0)

マルマン・ジウリス。

今まで一度もルーズリーフに手を出してこなかった文房具マニアが果たしているだろうか。

いつでもページの順序を入れ替えられるノート。
必要なページだけを残して整理できるノート。
クリアポケットを追加すればクリアファイルの機能も持たせられるノート。

ルーズリーフこそ、夢のアイテムだと言っても過言ではなかろう。

ちなみに私のルーズリーフデビューは中学生のとき。
それ以降さまざまなバインダーに手を出し、飽き、また復活し、バインダーのサイズをA5にし、また飽き、復活し…を果てしなく繰り返して今に至る。
その終着点となったのが、マルマンのジウリスだ。

文房具業界に就職してすぐに見つけてホワイトを購入した。
使うのがもったいないほどうっとりするかっこよさで、汚れると分かっていてもそのエレガントさに負けてホワイトを選んでしまった。
もちろん汚れないわけではないが、後悔はしていない。
ホワイトあってこそのジウリス。
そう信じている。

ジウリスのすごいところはバインダーの素敵さにとどまらない。
専用リーフの必要以上の高級感。
むしろちょっとやりすぎではないかと感じさせるその厚みなんと96.4g/平方m!
小心者の私は普段使いのリーフにはLIFEのクリッパー等のレポートパッドに穴を開けたものを利用。
ジウリスのリーフは重要事項をまとめるのに使用。
それくらい素敵なんですもの。

そんなマルマンのジウリスをこのたび展開することになった。
これがはりきらずにおらいでか。
[PR]
by mukei_font | 2010-06-15 23:17 | ファイル系 | Comments(0)