猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(55)
(33)
(17)
(10)
(9)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>あるけみさん 自分も..
by mukei_font at 23:33
>あるけみさん このジ..
by mukei_font at 23:32
>慎之介さん 自分は最..
by mukei_font at 23:32
>ゆずなさん なるほど..
by mukei_font at 23:31
>YASさん 偵察あり..
by mukei_font at 23:29
>パソ活さん ギャザリ..
by mukei_font at 23:29
>芦原英幸さん はじめ..
by mukei_font at 23:27
>cheery_boxさ..
by mukei_font at 23:27
>あるけみさん 帆布は..
by mukei_font at 23:26
>ともこさん ともこさ..
by mukei_font at 23:24
>YASさん 自分は「..
by mukei_font at 23:23
>YASさん 文房具も..
by mukei_font at 23:23
>焼き魚さん 猫町の記..
by mukei_font at 23:17
>たまみさん S20…..
by mukei_font at 23:16
>YASさん 連用日記..
by mukei_font at 23:15
>YASさん ジュース..
by mukei_font at 23:14
>YASさん いろいろ..
by mukei_font at 23:13
>あむさん その節はあ..
by mukei_font at 23:13
>Kさん アンケート!..
by mukei_font at 23:11
>T君 半年以上前のコ..
by mukei_font at 23:10
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:手帳・日記・家計簿( 108 )

ダイアリーへのこだわりらしきもの。

自分の性格からすると、ダイアリーに関してはお気に入りをばしっと決め、あとは死ぬまで同じダイアリーを使い続けたいタイプです。
筆記具やノートはあれこれ使ってみたいのですが、それとてお気に入りを見つけると、死ぬまでずっと使い続けようと心に誓ってしまいます。

しかし、永遠の愛を誓ったアーティミスのブロックタイプのウィークリー(レイアウトはこちら)とは2年の縁だった様子。
巻頭のマンスリーが日曜始まりから月曜始まりになったのも痛いし、前回書いたように、もしかして別のレイアウトのダイアリーのほうが小回りが利くかもと思い始めたこともあります。
永遠なんてシャボン玉…

さて、そんな猫町ですが、唯一アーティミスのダイアリーから引き継いだ要素があります。
それはB6というサイズ。
とても使いやすかったので、今後もこのサイズでいきたいと思ったのです。

先日からのダイアリーを求めての旅(自転車で移動できる範囲)でも、B6サイズを中心に見ていきました。
その結果、コクヨのキャンパスダイアリーなどはそそられはしたものの、A5かあ…と保留。
ノート系はナカバヤシもユナイテッドビーズも確かA5ですよね(アピカのCDノートのダイアリーにはB6あり)。
B6へのこだわり、今のうちに捨てたほうがいいかなあ。

あとはビニールのカバーがついていることも条件に入れながら見て回りました。
ビニールのカバーは表紙に何かを貼り付けやすいので好きなのです。
付箋がない時はメモをセロハンテープで貼りつけられるし。
ダイアリーなので中に書こうよという話ですが、いよいよ大事なメモは表紙に貼るのが一番。
そのためにもビニールカバーはありがたい。

そんな風に考えると、山のようにあるダイアリーも自分と縁がありそうなものは限られてきますよね。
B6とA5はまだ揺れていて、来年はB6にするけれども今後はどうしようかなというのはあります。
ノート系が使ってみたいのと、いずれROUGANになることも考えないといけないので。
いくらちまちました字を書くのが好きでも、近いうちにそうはいかなくなるだろうなと思って。

しかし、書類の規格がA4になり、A列のみが生き残るかと思いきや、大学ノートはいまだにB5が主流だし、ダイアリーにはしっかりB6があるんですよね。
実はB6というサイズが非常に好きで、一番体や手になじむサイズなんです。
なくなってほしくないなあ。

と、今無印のサイトを見ていると、B6のマンスリーでビニールカバーのものがあるのか…
これは姫路に行くしかないようです。
[PR]
by mukei_font | 2015-09-29 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(0)

猫町、来年のダイアリーの方針を決定する。

というわけで、徘徊しながら来年のダイアリーの方針を決定しました。

複数のマンスリーを同時に3冊ほど使う。

これが方針です。

昨年、今年とアーティミスのブロックタイプのウィークリー(レイアウトはこちら)を使っているのですが、結局ウィークリーのブロック部分は箇条書きにしか使っておらず、これなら巨大なブロックタイプのマンスリーがあればそれでいいのではないか?という気がしていました。

しかし、ブロック部分に書き込む項目はかなり多く、理屈上は大きめのブロックタイプのマンスリー1冊で事足りるとはいえ、いったいどれくらいのサイズのダイアリーを用意し、どれくらいちまちまとした字で書くことになるのか、そしてそれははたして持ち歩けるのか、ということを考えると、なんとなく実現不可能な気がしていたのです。

そんな時、「来年はダイアリーを2冊使ってみようかな」などという考えが浮かびます(続・ダイアリーについて現時点で思うこと。参照)。
メインのダイアリーを記録用にし、サブのダイアリーを予定管理用としてラフに使おうかなと考えたのでした。

とりあえずサブのダイアリーから探してみるか。
実験的に使うわけだし、深く考えずにざっと見て回ろう。

そんなわけで、ブロックタイプのマンスリーを中心にチェックして回ったのですが、行く先々でついふらふらと購入してしまい、気づけば複数冊のマンスリーが…

お、落ち着け。
とりあえず、用途を考えれば何とかなる。
こっちを@@用にして、こっちを@@用はどうかな…
ああ、でもそれならメインのダイアリーはどうなる?

いや。
もうメインなんていらないんじゃないか。
それぞれのマンスリーに上手に役割を与えたら、それでいいんじゃないか。

それに何がメインかなんて、状況によりけりだし。
仕事中は仕事がメインだけど、プライベート中はプライベートがメインというか。
持ち歩くのも、その状況に合わせればいいんじゃないか。

そう考えるとなんだか気が楽になりました。
今すぐ試してみたい名案のように思えました。

今考えているのは、仕事用、文通用、家事用の3分類か、仕事用、プライベート用、金銭関係用の3分類。
こうしてみるとやっぱり仕事用がメインということになるのかな。
今のところゲットした2冊はなんとなくサブ的な雰囲気なので、ガツンとした感じのものを最後に買おうかと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2015-09-28 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(8)

ダイアリーを求めて@田舎。

さて、ブログの更新が滞っていた間、猫町がしていたことの1つに「来年のダイアリーチェック」があります。
この時期、文房具屋や書店の店頭を賑わす来年のダイアリーを順番に見て回っておりました。

といっても、猫町が暮らすのは田舎町。
おそらく大都市のダイアリー売り場の賑わいの数十分の一以下でしょうが、それはそれで楽しいものです。

田舎(というと定義が難しいですが、まあ分かりやすく田舎と書きますね)のいいところは人口密度の低さだと思っています。
道を歩いている時、店の中を歩いている時、そしてこうしたダイアリーが山盛りになったコーナーを徘徊している時、まったく人とぶつからないのは素晴らしい。

空気が悪くないのもいいですね。
外の空気じゃないですよ、店内の空気。
何しろあまり人がいないので、空気が汚れていないような気がするんですよ。

というわけで、誰にも邪魔されずにダイアリー売り場をあちこち徘徊してきたわけですが、ダイアリーって楽しいですよね。
いや、楽しいというと、それを使うのが楽しい、それを使うのが好き、みたいな響きがありますが、そういう類の楽しさではなく、「いっぱい種類があるなあ!みんな去年もここで会ったよね!元気だったかい!」的な見たまんまの楽しさがあるように思うのです。

だって、こんな田舎町でもこんなにもりもり積まれているんですよ。
それが毎年繰り返されているんですよ。
楽しくも平和な営みだなあと思うわけです。

さて、西へ東へと自転車を走らせ(しょぼい)、あちこちのダイアリー売り場を徘徊した猫町の結論は以下の通り。

「田舎でも十分すぎる種類のダイアリーがある」

自分がダイアリーに対してそこまで情熱を燃やすタイプではないからかもしれませんが、十分選択肢があるではないかと思いましたね。
書店にはビジネス系が、量販店にはファンシー系がもりもりと。

逆に、これは赤穂には影も形もないぞ、というダイアリーを思いつくままに書き出すと、

ほぼ日系
EDiT系
ジブン手帳系
MDダイアリー系
トラベラーズダイアリー系
モレスキン系
クオバディス系

あと、ハイタイドやマークス、デルフォニクス、ユナイテッドビーズとかそういうのも見てないかも。
意外な店に並んでいるのかな…
でもアーティミスはあったな。

システム手帳系はどうだろう。
フランクリンプランナーとかはなさそうだけど…

でも、それ以外なら、種類は限定されつつも結構いろいろあるんですよね。
もちろんダイアリーは毎年同じのが使いたいという方が多いので、例えばダイゴーや高橋が置いてあっても、自分の必要なものがなければしょんぼりなわけですが、自分の欲しいダイアリーが明確に分かっている場合は注文という手もありますしね。
注文ならネットでもできますし。

ただ、先ほども書いたように、ダイアリーはなんだかその存在と盛り上がりが楽しいので、必要なものをゲットして終わり、ではなく、多少空気が悪くても、ダイアリーがもりもりしている空間に足を踏み入れてみたいものかもしれません。
[PR]
by mukei_font | 2015-09-27 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(2)

続・ダイアリーについて現時点で思うこと。

前回の記事が割と現実的だったのに対して、こちらはやや妄想ぎみですが、来年はダイアリーを2冊使ってみようかな、なんて考えています。
ブロックタイプのマンスリーを1冊別に用意してみようかな、なんて。

そこまでして日曜始まりのマンスリーが使いたいのか?という話ではありません。
確かにブロックタイプのマンスリーなら、アーティミスのMB6などは日曜始まりです。

ブロックタイプのマンスリーを2冊目に持つなら、当然なじみのある日曜始まりを選んでもいいのかもしれませんが、今回は日曜始まりがらみの話ではなく。

常々自分のダイアリーの使い方を見て、記録用だよなあと思うわけです。
記入していることがすべて何かの記録になっているのです。

誰それからいつ何々の注文が入ったとか、いつ誰に手紙を送ったとか、そういう記録。
@@があるよ、という風に使うのではなく、@@があったよ、という風に使うというか。

これはこれでいいのですが、それがあまりにもびっしりしすぎて、予定を立てるためのカレンダーとしては機能していません。
実際、視覚的にこれ以上記入するとごちゃごちゃで苛々すると思います。

ということで、予定を立てる用にマンスリーを使おうかなと考え中。
おそらく雑に使うことになるので、安くてぺらぺらでいいのです。
何かのおまけについてくるようなのでいいかもしれない。

記入する項目についても考えていて、それは綿密な文通計画です。
季節柄のレターをいつどのタイミングで使うと逃さないですむか、的な。
しょうもなくてすみません。

あと、ブログの記事やまとめ記事を書く順番を練るのにも使えるかもしれない。
本当はこういうことにダイアリーを使わないといけないようなことに、これまで使ってこなさすぎたのかもしれません。

でもまあダイアリーへの詳細な記録も相当助かっているしな。
というわけで、来年は2冊使ってみようかなと考えているところです。

2冊使うとなると、せっかくだから日曜始まりのマンスリーにしようかしら。
それとも来年から月曜始まりの違和感を受け入れる決心をしたのだから、こちらも月曜始まりにすべきかしら。

いずれにしてもぺらぺらで安くて、サイズ的にも主役のダイアリーと一緒に持ち歩けるような(持ち歩く場面もそんなにないが)ものにするつもりです。
あ、ハンディピックとかになるかも。
[PR]
by mukei_font | 2015-08-30 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(10)

ダイアリーについて現時点で思うこと。

手帳の話がちらと出たので、ダイアリーについて現時点で思うことを書きます。
まあ覚え書きですな。

先日の大阪文具旅でダイアリー売り場にも立ち寄ったんです。
まだ8月だったにもかかわらず、すでににぎにぎしく展開されており、愛用中のダイアリーが仕様変更になることもあり、普段よりは真面目に手に取りました。

愛用中のアーティミスのダイアリーDB6は、来年から巻頭のマンスリーが月曜始まりになってしまいます。

自分が日曜始まりのマンスリーにこだわる一番の理由は、それがカレンダーと同じ見た目だからですが、なぜかここが月曜始まりになっているダイアリーが多いんですよね。
ウィークリー部分はともかく、マンスリーのあの「カレンダー」な部分は、見慣れたいつものカレンダーであってほしいと思ってしまいます。

中にはカレンダーが月曜始まりであることに違和感を感じ、月曜始まりのカレンダーを探す方もおられますが、その方と自分は仲間だと思っています。
両者の一致をはかりたいという意味で。

問題は、両者がずれていても特に気にならない方がほとんどであるということ。
皆さん上手に切り替えられるんだなあと感心します。

マンスリーは日曜始まり、というこだわりは、ダイアリーをたいして使っていなかった頃からの唯一のこだわりでした。
それゆえアーティミスに落ち着いていたというわけですが、その部分が変わってしまうと、これでまたふりだしに戻ってしまいます。

が、日曜始まりがラインナップにある他のダイアリーはどうも好きになれそうにないことも分かっており(一応毎年チェックしている)、この機会に月曜始まりのマンスリーの違和感を受け入れようかなと考えているところです。

とはいえ、再び全ダイアリーが候補になるのはあまりにもしんどい。
そこで2年間使ってみて便利だった、ウィークリー部分がブロックになっているタイプを条件に探すことにしました。

その結果、ハイタイドやラコニックにそれらしきダイアリーが。
本当はもっとあるのかもしれませんが、なんとなく手に取って(おお、結構あるんだな)と安心したところです。
ハイタイドは事務員をしていた頃に使ったこともあり(月曜始まりだったが見た目に惹かれた)、なじみもあります。

あとは青とか紺とかなんかそんなのでピンときたら決めよう。
地元ではこれらのダイアリーにおそらく出会えないだろうから、また大阪に来るつもりで売り場を後にしました。
[PR]
by mukei_font | 2015-08-29 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(0)

続・恐ろしいダイアリーの仕様変更。

先日の恐ろしいダイアリーの仕様変更。の続きです。
もしかしてとにさんしか読まないかもしれませんが、隠れアーティミスユーザーのために書きます。

アーティミスに問い合わせたところ、2016年版のダイアリーより、MB6以外は月曜始まりに仕様変更となるそうです。

がびーん。
日曜始まりのないアーティミスなんて、旗のないお子様ランチじゃないですか。

どうしよう…
もともとブロックタイプのウィークリーは月曜始まりだったんだし、マンスリーの月曜始まりを受け入れていく方向にするか、これを機会に全アイテムから選び直…

いやや!
選択肢の幅が広がるのはいやや!

というわけで、涙目でアーティミスについていくつもりではいますが、ダイアリー祭りの時期にもし大阪に行くことがあれば、ぐらぐらと気持ちも揺れるかもしれません。

嗚呼、無限舌打ち。
[PR]
by mukei_font | 2015-07-25 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(4)

恐ろしいダイアリーの仕様変更。

にわかには信じがたいのですが、もしかして愛用のダイアリーのレイアウトが変更になったかも…
愛用の、といってもまだ2年目なのですが、この先もずっと同じタイプのものを使い続けるつもりだっただけに動揺…

アーティミスの「DB6」というタイプのダイアリーを使っているのですが、マンスリーが日曜始まりなのが気に入っています(ダイアリー2015。参照)。
そこが月曜始まりになったら…困るどころじゃない!

いや、もう考えたくないから月曜始まりを受け入れるか?
ブロックタイプのレイアウトにもなじんでいるし、開きはいいし、第一また一からダイアリー選びに消耗したくない。

月曜始まりでさえなければ…と却下したいくつものダイアリー。
またあの人たちも一緒に吟味しなきゃならないとか!

いや、今のところHPの情報も入り乱れているし(個別の商品ページだけ月曜始まりになっている)、きっと何かの間違いだ…
とりあえず問い合わせのメールを送りました(続く)。
[PR]
by mukei_font | 2015-07-22 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(6)

日記は日常に追いつけるか。

みなさんはマラソンが得意だったでしょうか。

猫町は苦手でした。
苦手どころじゃなく、ひどいありさまでした。

(完走しなければ)(歩いてはいけない)という思いひとつでなんとなく走ってはいましたが、あれは絶対に「ちょっと休んでダッと走る」を繰り返したほうがタイムとしては速かったと思うわけです。

なぜマラソンの話をしたかといえば、あのスタートした時はクラスメイトがまだ周りにいるのに、そのうち彼らの背中がどんどん遠く小さくなっていく感じを説明したかったからです。

日記がやばいです。
3年日記も英語日記もやばいです。
本当の日付がどんどん遠ざかっていきます。

かろうじて記憶はメモに記していますが、あきれるくらい日がたつのが早いのです。
太陽とともに目覚めていると、夜はびっくりするくらい早い時間に眠くなります。

まるで健康な老人のような生活ですが、健康な老人だって毎日日記をつけている人はいるから(いや、むしろ多いかもしれない)、単に自分の要領が悪すぎるのです。

最近よく思うのが、「1日は24時間しかなく、人間はその何分の1かをどうしても眠らなくてはならない」ということです。
そしていくら便利な道具で時間を節約できても、人間の能力がスピードアップするわけではないということ。

つまり、書いたり考えたりという自分の脳ありきの営みは、やはりそれなりに時間がかかるということです。
もちろん手書きよりもキーボード入力がスピードとしては速いですが、それを考える脳自体はこれ以上加速しません。

いろいろ理屈をこねていますが、要するに3年日記と英語日記に振り落とされそうになっているという愚痴でした。
そして今の自分はまさに「ちょっと休んでダッと走る(=日記のまとめ書き)」を繰り返しています(泣)。
[PR]
by mukei_font | 2015-05-28 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(4)

2015年のダイアリーに思うこと。

2015年のダイアリーを機嫌よく使っている猫町ですが、最近愕然としたことがあります。

なんと、巻末のフリーページが1ページもない
たまたまフリーページに用があり、いざページを繰ると「ない」。
本当にきっぱり1ページも半ページもなし。

これはかなり不便であります。
というか、軽くショック。
こんなこともあるんだなあ。

今年もダイアリーは昨年同様、アーティミスのB6サイズのブロックタイプを使っているのですが、2014年のダイアリーが11月始まりだったのに対して、今回は1月始まり(正確には12月の第2週始まり)。
おそらく帳合の関係でそうなってしまったのでしょう。

ダイアリーのフリーページというのは何も記入されないまま終わることも多々あると思うのですが、なければないで不便なものですね。
自分の場合はレターパックの控えのシールを貼りつけてメモしたいだけだったのですが、ページがないのでシールを指に貼り付けたままおろおろしてしまいました。

今回は特にネットでダイアリーを購入したこともありますが、店頭で買う場合もフリーページはあるものと思ってチェックしなかったかもしれません。

もっとも、フリーページがないから来年からダイアリーを変える!というほど困っているわけでもなく、来年はちょっとだけ気にしてみようかなと思います。
[PR]
by mukei_font | 2015-02-19 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(4)

手帳用筆記具2015。

今回は手帳用筆記具について書いてみることにします。
最初にお断りしておきますが、以下のツッコミは禁止。
なぜなら自分でも分かっているからです。

・多!
・ややこし!
・増えてるやん!
・手帳用筆記具ちゃうやん!

ということで、今年の手帳用筆記具はこちら。
f0220714_17482635.jpg

ちなみに昨年の手帳用筆記具はこちら(あ、正確にはこれにシグノRT1のブルーブラック0.38追加)。
f0220714_17484664.jpg

なぜこの3本になったかについては、こちらに詳しく書いています。
どれどれと思われた方はぜひお読みください。
ある程度ご理解いただけると思います。

さて、昨年の3本に加え、今年はアイプラスが追加されています。
理由は、黒、赤、青、緑、そしてブルーブラックだけではどうしてもマンスリーのページで目立たない項目があり、ピンクがいるなと思ったから。

ではなぜ、スタイルフィットやプレフィールのリフィルにして、プレフィール軸に入れなかったのか。
なぜ、わざわざアイプラスを買う必要があったのか。

これはですね、コラムを書くためにどうしても必要だったんです、すみません…
自前の文房具で写真を撮っているので、カスタマイズボールペンのコラムに必要でした…

というわけで、

トンボのリポータースマートにスタイルフィットシグノ青・0.38(ただしカット)
ZEBRAのプレフィールにスタイルフィットシグノ赤・0.38
ZEBRAのプレフィールにスタイルフィットシグノ緑・0.38
ぺんてるのアイプラスにスリッチーズピンク・0.4
三菱のジェットストリームにシグノRT1黒・0.38

が、今年の手帳用筆記具です。

まあややこしいようですが、アイプラス以外は昨年からずっとこんな感じで使っているので問題なし。
アイプラスは先日も書いたように、おしゃれに目立つ軸なのでペンケースの中でも見つけやすいし問題なし。

というか、こうしてじっくりと多色ボールペンを使ってみて、あらためて単色ボールペンが好きだと分かったので、トンボのリポータースマート内のスタイルフィットシグノ青・0.38がなくなりしだい、青はシグノRT1青0.38(すでに持っている)にリニューアルします。
f0220714_17491711.jpg

で、プレフィール内のスタイルフィットシグノ赤&緑はアイプラスに統合するかもしれません。

というのも、そもそも最初からそんなにかっちりはまっているわけではない「プレフィール+スタイルフィットシグノ」のコンビが、最近外れていることが多くなってきたのです。
油断していると抜けているんですよね、リフィルが。

スリッチーズリフィルのお尻のパーツさえつければ、スタイルフィットシグノはアイプラスにかっちりはまることは実験済み。
なのでこの際アイプラスに統合してしまおうかと。
統合が完了すれば、アイプラス、シグノRT1×2と、常識的な感じになりますよね。

一番いいのは、現在プレフィールに入れて使っているスタイルフィットシグノの赤と緑を使い終えた時点で、両者をスリッチーズリフィルにすることですが、0.38というボール径がやはり好きなんですよね(ピンクの0.4が太くて残念)。
なので、軸は減らしても中のリフィルはややこしいまま、今後も使うことになるのではないかと思います。

こんなにじゃらじゃら現実的じゃねえ!どれか1本にしぼれや!
というのであれば、三菱のジェットストリームにシグノRT1黒・0.38を入れたもの1本でOKです。

ほとんどがこのペンで、あとは項目別にちょこちょこ書いているだけなので。
いざというときは付箋にメモして、あとでゆっくり書けばいいと思っています(2015年のダイアリーを使い始める。参照)。
[PR]
by mukei_font | 2015-01-24 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(4)