猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(48)
(33)
(12)
(9)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
以前お伝えした通りですが..
by horenso39 at 18:00
はじめまして!今春、高校..
by なかじまうま at 01:16
お久しぶりです。年賀状、..
by さやえんどう at 19:38
↑うえの長文のものです。..
by 猫ノ後釜 at 13:09
以前赤ボールペンの際もコ..
by 猫ノ後釜 at 13:02
私もNO.550好きです..
by MAGNET at 07:56
ひっそりと応援している者..
by 通りすがりの文具好き♪ at 09:35
おめでとうございます!!..
by ともこ at 12:00
社長さんや同僚の方も大変..
by ともこ at 12:48
自分も今、異動する子にお..
by YAS at 10:37
7周年おめでとうございま..
by YAS at 10:29
はい!サンリオ・キティを..
by あむ at 19:18
通りすがりの者です。遅れ..
by み at 23:03
はじめまして♫ che..
by cheery_box at 21:35
7周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:22
物凄く久しぶりに書き込み..
by テトラ at 18:46
私はこれをダーマトグラフ..
by BOACK at 18:24
猫町さんこんにちは。いつ..
by 焼き魚 at 10:25
男の自分から見ると「ファ..
by YAS at 22:18
受験、大変ですよね。体力..
by ホウレンソウ at 08:17
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:その他文房具( 29 )

ダイソー・豆ぽち袋(すもう)。

時間ができたらしたいことの一つに、100円ショップ&ファンシーショップめぐりがありました。

別にそこまで忙しくなかったのですが、心の余裕がなかったので。
とりあえず今はいるものだけを買おう、楽しむのはもう少し先にしよう、と自分に言い聞かせてきました。

が、解放感をかみしめる今、ようやく楽しみを自分にゆるす気になっています。
これからは今まで以上に100円ショップやファンシーショップを徘徊するぞ。
そして役に立たないかわいいものを買ったり使ったりしよう。

さて、こちらは昨年あらいぐまゆみさんにいただいたダイソーの豆ぽち袋。
500円玉がぴったり入る、とても小さなサイズのぽち袋です。
f0220714_6131681.jpg

最近お相撲さんグッズが増えてとてもうれしいのですが、100均のファンシーグッズは店によって品ぞろえが異なり、出会えないこともしばしば。
この豆ぽち袋もあらいぐまゆみさんからいただかないと、出会えていなかったかもしれません。

こういうかわいいグッズは使わずに眺めているだけのことが多いのですが、先日ちょうどおつりを返す場面があったので使ってみました。
500円玉を入れるとかわいいサイズのところに194円入れたので、このどすこい感。
お相撲さんなのでむしろこのくらいが頼もしいのか…
「日本の和紙」というシリーズなので、丈夫さはあります。
f0220714_6133099.jpg

もうすぐ三月場所も始まりますね。
お相撲さんのTwitterを眺めていると、自分も行ったことのある店や食べたことのあるものを楽しんでいる姿をたくさん目にします(大阪場所なので)。

大阪にも行きたいし、美味しいものも食べたいなあ。
煩悩にまみれた春を過ごそうと思います。
[PR]
by mukei_font | 2017-03-02 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

デルデ使用感。

恐る恐るデルデを使い始めてから2週間以上がたちました。

前回の記事にも書いたように、デルデの中に鉛筆専用ペンケースを入れるという方法で使っています。
鉛筆や消しゴムは刻一刻とサイズが変わるので、こうしたインナーペンケースがあると安心。
f0220714_854468.jpg

これまでスタンド式のペンケースを使ったことがなかったからかもしれませんが、非常に便利です。
便利というかありがたい。
机やその周辺が常に散らかっているので、底面積が小さいことが非常にありがたいのです。

立てている時はペンケースの背丈を短くしているので、ペンの頭だけがのぞいている状態なのですが、ジュースのボディを見分けやすいようにしていてよかったと思います。
ブルーとブルーブラックのままだと分かりにくかったかもしれません。

安いペンに安い工夫。

ということで、ほくほくと楽しんでおります。
あまり入りすぎないので適度に厳選メンバーになるところも気に入っています。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-27 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

身の回りの小物を替えた時にありがちなこと。

ここでかわいらしい失敗談を1つよろしいでしょうか。

デルデを家に忘れてきたデ。

臥牙丸のしゃべり方を意識してみました。
臥牙丸というジョージア出身のでっかい力士がいるんですよ(力士はみんなでっかいか)。

割と感情が表に出るタイプの力士で、負けたら泣きそうなくらいにがっかりし、勝ったらうきうきする力士なのですが、横綱の日馬富士に勝って金星をあげた時の止まらないインタビューは語り草。
そしてその中の「金星は一生残りますデ」「また頑張りますデ」という名言。
それを意識したしだいです。

とか言ってる場合じゃない。
恐る恐る使い始めたデルデを見事に家に忘れてきてしまった昨日という一日でした。

これは身の回りの小物を替えるとしばしばやってしまうミスでもあります。
コートを替えるとたいてい鍵が行方不明になり、鞄を替えるとたいてい何かを失くします。
時間に余裕をもって行動しなくては…

幸いだったのは、行った先が店だったということ。
木琴堂の猫町オフィス(今やただの散らかった部屋ですが)には文房具がたくさん。
書いたり消したり切ったり貼ったりするのにはまず困らないほどの文房具があるのですが、そこにいるのはどうしても2軍の選手やOBということになってしまいます。

1軍の選手は持ち歩いているか、せめて自宅に置いているので、週に数回しか行かない猫町オフィスはこれまでお世話になった文房具やコレクションの置き場になってしまうのでした。
いや、2軍やOBならまだいいほうで、結構な割合を占めているのが故障者のたぐいです。

安いボールペンであるからこそ部品を奪われた人たち、実験の犠牲になった人たちが多く眠るのも木琴堂の猫町オフィス。
これがまた捨てられないんですよね。

というわけで、昨日は普段は手にしない筆記具たちと戯れてきました。
クルトガとかシードの消しゴムとか水性染料系のゲルインクボールペン(PILOTのG-3やぺんてるのエナージェル)とか。

少し使うとこれらも楽しくて、へえ、家に連れて帰ろうかなと思ったりもするのですが、今後の楽しみのためにとっておきました。
自分が持っている文房具の中からあらたな発見をしたりするのがまた楽しいので。

そう考えると、もう買い足さなくても今あるもので十分楽しいんだ、と思ってわくわくします。
それでも買い足してしまうのですが。

いつも行き先が店というわけじゃないので、デルデには慣れていかないと。
どんな状況であれペンケースを忘れた一日はいつもとても心細く、情けない気持ちになるものです。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-11 23:59 | その他文房具 | Comments(1)

恐る恐るデルデデビュー。

前々回の記事を書いた直後からネコ柄デルデを使い始めました。

ペンケースは家と店の往復の際に使っているのですが、慎重に中に入れる数本を選びます。
君はこっち。
君はお留守番。
慣れてくると無造作になるこうした作業も、はじめのうちはなんだか新鮮です。

迷ったのは鉛筆でした。
いくら長さが短くなるデルデでも、短い鉛筆は埋もれてしまいます。
鉛筆はスタンド式のペンケースには向かないなあと思いつつ猫町がとった行動は、鉛筆専用ペンケースごと入れるというもの。

スリムだし、やわらかい布製なので少し頭を折り曲げると入ります。
2つだった筆箱が1つにまとまっただけですが、一緒に持ち運べるのならいいや。

短くなった鉛筆や小さくなった消しゴムはやはり別扱いにしてあげないと不便だなと思います。
鉛筆専用ペンケースをインナーペンケースにすれば万事解決。
デルデの中にも小さなポケットはあるのですが、とりあえずこのスタイルで使ってみます。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-10 23:59 | その他文房具 | Comments(1)

愛用のペンケースとペンケースの素材。

前回記事にしたように、現在猫町の机の上にはネコ柄デルデが鎮座しています。
中にペンは入っておらず、完全なオブジェです。

新しいから使うのに抵抗がある、ということの他に猫町をためらわせているのがその素材です。
サンスターのHPによると材質は綿、ポリエステルということですが、帆布の目の粗さがなんともいい感じに汚れそうなんですよね。

ひとたび汚れはじめるともう気にならないと思うのですが、今はぴかぴかのまま眺めていたい気持ち。
使い始めるきっかけを何にしよう。

ペンケースをデルデに替える理由としてはもっともらしいものがあります。
それは、現在猫町が使っているペンケースが古くなってきたこと。

こちらが猫町愛用のペンケース。
とにかくたくさんのペンが入る優秀なペンケースで、ファスナーが閉まらないほど詰め込むこともざら。
今は撮影用にスリムにしてあります。
f0220714_614389.jpg

このペンケースは文具店員時代に同僚からもらったものでしたが、長い間使いすぎたせいか中がぼろぼろになってしまいました。
下の写真のように、内側に貼られた合皮が割れてはがれ、白い粉が中に入れているペンのラバーグリップについて厄介なことになってきたのです。
f0220714_615059.jpg

いったい何年このペンケースを使っているんだろう、と調べてみると、もらったのは2010年の誕生日でした。
もらった瞬間から使い始めたので、もう6年以上使っていることになります。

黒猫ペンケース。

こんなに長持ちしたのはビニールコーティングされた素材のおかげではないかと思います。
中は相当汚れましたが、外見はあまり変わっていません。
ペンケースの素材、重要ですよね。

前回コクヨのネオクリッツについて少しふれましたが、あのさらっとしたポリエステル素材も汚れ対策に一役買っているのかも、と思います。
ちょっと薄手な気がするので耐久性がよく分かりませんが。

いいや。
そんなことを言っていると、布製の、特に帆布製の製品が使いづらくなります。
汚れ上等。
汚れた時はまた新しいのを買う楽しみもあると思って潔く使っていきましょう。

あと、色にもよりますよね。
今回購入したネコ柄デルデは猫の白い部分や鮮やかな黄色の部分が少し気になるのですが、それも最初だけでしょう。

ちなみに猫町のペンケースはこれに猫町ロールペンケースと、鉛筆専用ペンケースが加わって全員集合となります。

猫町ロールペンケースは万年筆用、鉛筆専用ペンケースはその名の通り鉛筆用なので、ボールペンその他の文具をすべて引き受けるのが大容量のペンケースというわけです。

中がぼろぼろになってきたとはいえ黒猫ペンケースもまだまだ使えそうだし、デルデも使ってみたいし、乗り換えの瞬間はたいそう悩ましく、楽しいものです。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-08 23:59 | その他文房具 | Comments(1)

ネコ柄デルデついに購入。

昨年末よりずっと楽しみにしていたサンスターのネコ柄デルデがついにやってきました。

こんなに待ち遠しかったのも久しぶりというか、待つことが生きる力になったようなところもありました。
Nice to meet you!

まだかなまだかなネコ柄デルデ。
続・まだかなまだかなネコ柄デルデ。

というわけで、こちらです。
実物を見ずに買ったので写真と色が違っていたらどうしようと思いましたが、まったくイメージどおりでした。
割と大ぶりなことは知っていたのでサイズも納得。
f0220714_6141654.jpg

こちらは小さくしたところ。
小さくしたら小さくなったままじっとしているところが非常にいいです。

このサイズが愛らしく、もうペンケースとは違う用途で使おうかしらと思うほど。
実際デルデについていた商品タグには「小さいままポーチにも」とあるので、そういう使い方も間違いではないみたい。
f0220714_6143246.jpg

恐る恐るペンを入れてみました。
なるほどペンスタンドになるというのはこういう感じか。
これはいいな。
f0220714_6144681.jpg

ペンスタンドになるペンケースではコクヨのネオクリッツが有名ですが、自分はどうもあのペンケースを使おうという気にはなれずにいました。
あまりにも学生が使いすぎているし、スポーティな雰囲気も苦手だし、まず自分は使うことがないだろうと遠巻きに眺めていました。

デルデが出た時も最初はあまり興味がなく、視界には入って来ても頭には入って来ない感じでしたが、それは単にガーリーな雰囲気が苦手だったからかもしれません。

要するに猫なら何でもいいのかも。
いや、何でもいいわけじゃないな。
猫なら「どれどれ、ちょっと見てみようかな」という気になる。
これが正しい。

というわけで、にやにや眺めたり長くしたり短くしたりして楽しんでいるわけですが、中も外もあまりにもきれいので、使う勇気がありません。
ペンケースは使えば汚れると相場が決まっているので、ペンを入れる時もノックがちゃんと引っ込んでいるかチェックしたり、シャープペンの先から芯がのぞいていないかパイプの先をなでまわしたり…

しばらくはどきどきしながら眺めることになりそうです。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-07 23:59 | その他文房具 | Comments(1)

続・まだかなまだかなネコ柄デルデ。

いろいろと心折れることがあった先月、猫町を支えていたのはただ一つ、サンスターのネコ柄デルデが発売になるということだけでした。

何しろ昨年のBun2の12月号を見た時から心奪われているのです。
ネットで買おうと思っても「予約受付中」などで、まだか、まだなのか、早くこのボタンをクリックさせてくれ、クリックしたいんだよ!と毎日画面をチェックしにいくありさま。

ネットショップというのは検索の履歴を学習し、ほれほれ、おまえはこれが欲しいんだろう、欲しかったんだろう、と見せつけてくるものですが、その人たちにも、もう分かったから少しは落ち着け…と言われてしまいそうなくらいにチェックを繰り返しました。

それがたぶんもうすぐ来ます。
ゆうパックの配達状況の画面も見まくっていて、見るたびに荷物が近づいてきているのが素晴らしい。
当然のことなのかもしれませんが、夜中のすごい時間に荷物が移動しているのがありがたい。

デルデの実物を見たのは昨年の夏で、意外と大きかったような記憶があります。
しかも今回のは実物も見ないで選んでしまいました。

が、いいのです。
それだけを頼りに猫町は耐えてきたのです。

仮にそれが期待通り素晴らしいものだったとしてもすべてが癒えるわけではありませんが、それでも何かを待てるのは幸せなことなのかもしれません。

まだかなまだかなネコ柄デルデ。
以前も似たようなタイトルにしたかなと記事を検索すると、書いていました。

まだかなまだかなネコ柄デルデ。

たぶん本当にそこまで近づいてきているはずのネコ柄デルデ。
早く会いたいぞ。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-01 23:59 | その他文房具 | Comments(1)

まだかなまだかなネコ柄デルデ。

昨年末、下記の記事を書きましたが、日に日にデルデが欲しくなっています。
特にネコ柄

来年使ってみたい文房具・その1(サンスター・デルデ)。

というのも、赤ペンの探究などを始めたことからペンがさらに増えてしまいました。
中学生のところに行く時は最低限の筆記具が入る細いペンケース(鉛筆専用ペンケース)を持って行くのですが、もうパンパンでファスナーが閉まりません。

あれ、おかしいぞ。
自分はもっとガツンと入るやつを持っていたはず。
しかもかわいいやつ。

(しばらく部屋を探し回る)

デルデか…
まだ買ってなかった…

と、幻まで見る始末。
発売されたらすぐにネットで買うんだフフン。

唯一の不安は一度も実物を見ていないことで(デルデ自体は見たことがあります)、めっっっちゃ派手で黄色の部分が目つぶし!みたいな明るさだったらどうしようということですが、中学生に自慢したいのでそれくらいのインパクトがあってもいいはず。

そうなのです。
いくら中学生に文房具が好きだと言ってみても、持っている文房具が渋すぎてまったく説得力がないので、ここらで一度ガツンと目を引くアイテムをという下心もあるのでした。

何せ、寿司柄の布製ペンケースに鉛筆数本(こちらとしてはいろいろ調べている)、消しゴム(同様にこちらとしてはいろいろ調べている)、いろいろな芯が入った赤ボールペン数本(もちろん重要な調査中)では地味なのです。

早く来い来いネコ柄デルデ。
[PR]
by mukei_font | 2017-01-06 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

来年使ってみたい文房具・その1(サンスター・デルデ)。

先日のクリスマスにクリスマスカードと一緒に「Bun2」を送ってくれた友人がいました。

「Bun2」というのは文具店等で配布されている文房具のフリーマガジンで、赤穂などではまず手に入りません。
文具店員時代に同僚であったやさしい友人が、季節のお便りと一緒にいつも送ってくれるのです。
大阪を離れてからずっとなので、もう相当な回数になります。

この友人というのは本当にすごくて、一番最初に会った時から今までずっと猫町に同じ笑顔で接してくれます。
冷静に振り返っても自分はかなり困った店員であったはずなのに(一人だけものすごく年上かつ典型的な針の先だけを見つめるタイプ)、今なお夏には一緒に文紙MESSEや三菱の展示会に行ってくれるという…

猫町はずっとこういうやさしさに育てられてきたんだなあとしみじみしますね。
来年はもっとこの友人に手紙を書こう。
素敵なものを見つけたら封筒に入れてどんどん送ろう。

閑話休題。
送られてきた「Bun2」では「2016年Bun2大賞」なる特集が組まれていました。

読者が選んだという素晴らしい文具が1位から30位まで紹介されているのですが…
うーむ、知らないものがいくつか。
田舎に住んでいる割には結構実物を見たほうかな。

この中で持っているものはZEBRAのサラサドライ(芯だけ)とショウワノートのジャポニカ学習帳日本の伝統文化シリーズ(相撲)だけ。
後者は猫町文具店(仮)に来られたお客さんからいただきました。
その節はありがとうございました(年内に記事にしたいです)。

それにしてもペンケースの類が多くランクインしているのが印象的なBun2大賞でした。
サンスターのデルデ(3位)、コクヨのネオクリッツフラット(6位)、リヒトのスタンドペンケース(8位)、キングジムのペンサム(9位)、コクヨのウィズプラス(20位)、ナカバヤシのディスプレイペンケース(29位)…

これは分かる気がするというか、ペンケースっていくつ持っていてもそそられるんですよね。
それぞれに良さがあって、こういう路線だとこれが好きだけど、そういう路線だとそれもいいね!みたいな。

これらの中ではデルデとペンサムにかなりそそられ続けた一年でした。
デルデはTwitterで買った人のツイートを見てそそられたものの、実物を見ると少し雰囲気が違い保留。
ペンサムは大阪に行くたびに実物を吟味し、ついに買い物かごに入れるところまで行ったものの、必要かなあと思い直してやはり保留。

しかし今回の「Bun2」にデルデの限定新柄情報が載っていて再び欲しい気持ちになっています。
ネコ柄があるじゃないか…
青くはないけど黄色は差し色としては好きな色なので実物を見てみたいなあ。

そう思ってサンスターのデルデのページを見てみると、思っていた以上に種類がありました。
夏にハンズで見た時はガーリーなイメージが強かったけど、結構好みのものもあるような。

ううむ、次に実物が見られるのはいつだろう。
来年使ってみたい1つめの文房具はサンスターのデルデということにしておきます。
[PR]
by mukei_font | 2016-12-17 19:38 | その他文房具 | Comments(0)

A5サイズ下敷(誕生日プレゼント・その1)。

明日が誕生日、という8月某日。
やっぱり誕生日には誕生日プレゼントが必要だ、と思い立ち、ネットショップで文房具を購入しました。
翌日到着ということで、誕生日に受け取ることができます。

買ったのはA5サイズの下敷。
ヨドバシドットコムで101円。

実はずっと欲しかったのです。
マルマンのニーモシネを相変わらずケチケチ使っているのですが、両面に鉛筆で書くのでどうしても下敷がいるのです。
ちなみにケチケチ使っている理由についてはこちらの記事をどうぞ。

ノートを使い始めた時にやってしまいがちなこと。

とはいえ、わざわざA5サイズの下敷を買うのも贅沢な気がして、これまでずっとB5サイズの下敷で頑張ってきました。
が、B5サイズだとあまりにも大きさが違い、下敷がずれた時などにニーモシネの弱点(ニーモシネとしてはセールスポイントですが自分としては弱点)であるマイクロミシンカットを刺激してしまいます。

ぴったりサイズの下敷があれば…
ということでこの機会にゲット。
f0220714_104148100.jpg

かゆいところに手が届くとはまさにこのこと。
完璧な使い心地にもっと早く手に入れるべきだったと思ったのもつかの間、重大な欠点に気づきました、

透明なのですぐに見失ってしまう。

B5の透明下敷も行方不明になりがちですが、A5だとサイズも小さいので大きなものの中にまぎれてしまうと、本気で探してもなかなか見つかりません。
先日は3日間くらい探し続けてようやく発見しました。

下敷に色がついているのって重要なんですね。
受験生じゃなくても赤色や緑色のがいりますわ。
[PR]
by mukei_font | 2016-08-02 23:59 | その他文房具 | Comments(0)