猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(55)
(33)
(17)
(11)
(9)
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
最近のマイブームはJK-..
by K at 20:20
僕はセーラーのフェアライ..
by horenso39 at 23:08
先日は楽しい時間をありが..
by 松 at 11:47
ゼブラsk0.4とjsb..
by 細雪 at 21:24
1番使ってるペンはキャッ..
by なぎねこ at 15:48
三菱のSNP-10ですね..
by narkejp at 20:31
好みの替芯(リフィル..
by 輪音 at 14:59
自分はパイロットG-3(..
by あるけみ at 19:05
初めてのコメント失礼しま..
by エイジ at 20:00
今更なコメントだと思うの..
by haru5214 at 02:20
試験を受けなければいけな..
by K at 13:32
>慎之介さん 最初は「..
by mukei_font at 11:41
猫町さん、こんにちは!(..
by 慎之介 at 10:51
>なおさん ニューバー..
by mukei_font at 09:21
>あるけみさん コピー..
by mukei_font at 09:11
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 09:07
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 09:00
>なぎねこさん Ins..
by mukei_font at 08:59
>りおさん ゴムは汚れ..
by mukei_font at 08:55
>優煌海さん そうなん..
by mukei_font at 08:55
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:スクラップブッキング…×( 15 )

新聞整理の際に必要なこと(補足)。

前回の続きです。

お気に入りの新聞記事を整理する際、いきなりチョキチョキ目当ての記事を切り抜いてしまわず、まずは必要な記事の載っているページを破り取ることの大切さについては前回書きました。

そして、必要なページを破り取る際のアドバイスもコラムに書いています。
すなわち「新聞をざっと読み、興味のある記事のあるページを軽くメモする」というもの。

繰り返しになりますが以前書いたコラムを貼っておきます。

古雑貨カフェ「木琴堂」シリーズ
スクラップブックの作り方と活用のコツ -新聞の切り抜きを楽しく整理してみよう-


このやり方にはしかし問題があります。
「興味のある記事のあるページを軽くメモ」することでどのページをはぎ取ればいいのかは分かるのですが、はぎ取った後でなぜこのページをはぎ取ったのかが分からなくなってしまうことがあるのです。

もちろん記憶が新しいうちにさっさとスクラップまですませてしまえば問題ありません。
が、自分のように数年単位でため込んでしまった場合は本当に訳が分からなくなります。

前回は新聞整理は無心でできると書きましたし、実際無心でできるのですが、数多くの「?」にぶつかりむちゃくちゃ頭も使います。
過去の自分の訳の分からない好奇心に振り回され、くたくたになります。

たとえば地味な三面記事のページが1枚あり、隅々まで読んでもいったいどの記事にピンと来たのかがまったく分からないのです。
裏面も読み、下段の広告などを全部読んでも分からないのです。

これはミスだな、関係ないページが混じったんだ、とあきらめかけた頃、とある事件の1つが「相棒」というドラマでやっていた事件に似ていることに気づきました。

このためだったのか…

という時の疲労がものすごいので、ページをはぎ取る際ははぎ取るページの上部に「@@」とキーワードを書くか、蛍光色鉛筆あたりで記事を大きめにぐるっと囲んでおくといいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2017-10-20 23:59 | スクラップブッキング…× | Comments(0)

黙々と新聞整理。

まだ内省的な文章を書ける心境ではないので日記などはすべて中断し、黙々とできることに励んでいます。

黙々とできること。
ひたすら集中し、やっている間は何も考えなくてもいいようなこと。
すなわち単純作業です。

猫町がまず着手したのは新聞の整理でした。
自分は新聞がとても好きで、あの記事もこの記事ももっと時間をかけて読みたい、読み終えた後もとっておきたい、とかなり執着してしまいます。

が、それらの整理はあまり上手くなく、こうすればいい、という方法を見つけた後もなかなか実行できずにいました。

ちなみに自分の中でもっともいいと思う方法については以前コラムを書いています。
奇跡的にまだ残っているようなので下記にリンクを貼ります。

古雑貨カフェ「木琴堂」シリーズ
スクラップブックの作り方と活用のコツ -新聞の切り抜きを楽しく整理してみよう-


ここに書いたことは自分でももっともだと思うことばかりで、「選別しながらかさを減らす」のあたりは本当にその通りなんですよ。

いきなりチョキチョキ切り抜いてしまうのは絶対に駄目で、切り抜いたが最後、即ファイリングのことを考えなければならず、そのまま放置すると切り抜きは劣化するわ紛失するわでまったくいいことがありません。

ということで、経験豊富な猫町は「必要な記事の載っているページを破り取る」ということをします。
これで切り抜きの劣化と紛失を防ぐことができます。

が、この切り取ったページが山のように積まれてしまった場合はどうでしょう。
とりあえずおいておこう、と威勢よくはぎ取った新聞のページが積もり積もって部屋に4山。
全部を積み上げると70センチくらいになるでしょうか。
きれいに積み上げているので圧縮されており、実はものすごい量なところがポイントです

さすがになんとかしないと…

というわけで、先日から無心で「いる・いらない」の選別と分類に着手し始めたしだいです。
確かに1ページ全部をとっておいているので状態が非常によく、今からでも十分スクラップに耐えられそうなのですが、それをいったいいつ誰がやるのか…

今なのではないでしょうか。

というわけで現在30%ほど量を減らすところまでこぎつけたのですが、このあとさらに分類し、時系列に並べ替え、切り抜いて台紙にぺたぺた貼り付け…

おそらく今しかできないことなので黙々と進めます。
[PR]
by mukei_font | 2017-10-19 23:59 | スクラップブッキング…× | Comments(0)

スクラップブック作り。

スクラップブック作りについて自分なりに答えが出たところで、リンクをまとめておきます。

コラムLatte掲載のお知らせ(思い出整理法)。
コラムLatte掲載のお知らせ(スクラップブック作り)。

スクラップブック作りは以前カテゴリを作ったほど自分の中の課題だったので、なんとなくこれですっきりした気持ちです。
上記のコラムにいたった経緯については、以前同じことを書いていました。
人の考えって変わらないんだな…

今秋の目標:スクラップブッキング…挫折。

スクラップブッキングとスクラップブック作りは別物ですが、結局は自分の好きなようにするしかなく、やりながら慣れていくしかないというのは共通して言えることではないかと思います。
[PR]
by mukei_font | 2014-08-31 23:59 | スクラップブッキング…× | Comments(0)

コラムLatte掲載のお知らせ(スクラップブック作り)。

コラムを掲載していただいている「コラムLatte」に新しい記事がアップされました。

初心者でも簡単カワイイ!思い出スクラップブックの作り方

前回のコラムは「思い出整理法」について書いたのですが、今回はそれを利用していよいよスクラップブックを作ってみようという内容です。

が、実はスクラップブック作りに並々ならぬ苦手意識を持っている猫町。
当ブログの「スクラップブッキング」というカテゴリにひそかに「×」がついていることからも分かるように、すでに挫折しているわけです。

そんな猫町がいったい何を言い出したんだと思われる方もおられると思いますが、挫折を繰り返してきたからこそ言える最低限のこともあるかもと思い、今回まとめてみました。
「ザ・猫町」な微妙なサンプルも載せています。

コラムにも書きましたが、スクラップブック作りに正解はないと思っています。
雑貨屋のスクラップブックコーナーにあるサンプルは確かに魅力的ですが、みんながみんなああいったスクラップブックを作らないといけないわけではありません。

すごいなとは思うけれど同じように作るセンスがないとか、そもそもサンプルの雰囲気が受け付けないとか、いろいろあると思います。
そもそもああいうサンプルはいかにも女性向けですが、男性だってスクラップブックを作ってもいいのです。

そういうことをふまえて、基本的なことを押さえていれば、あとは好きに作っていいんだということを書きたかったのです。
派手な色づかいが苦手な人は無理をしなくていいし(わたしです)、躍動感のある大胆なレイアウトが苦手な人は真っ直ぐに書いていってもいいし(わたしです)、マスキングテープやデコラッシュでデコるのが苦手な人はシンプルでいいのです(わたしです)。

自分は文具店員になった頃からこうしたサンプルを作り始めましたが、何度作ってもこんな感じのものしか作れません。
でも、それでいいのかもしれないなと思っています。
作っている最中も後で眺めても少なくとも自分は楽しいですしね。

とはいえ、実際に手を動かして作っていると、進歩しないということは絶対にありません。
少しずつましになっていくというか、こなれた感じになってきます。
もちろん自分にしか分からない成長なのですが、それでいいのではないかと。

なので、今回の猫町のサンプルもこんな風にしたらいいよ、という意味で載せたのではなく、自分はこうなりました、みたいな報告なんです。
サンプルよりもむしろデジカメ写真の分割プリントやレシートのコピーのノウハウのほうが大事というか。

とにかく、あまり最初からグッズをそろえすぎず、手近にあるノートで始めてみたらどうかと思います。
習うより慣れよ。
これに尽きます。
[PR]
by mukei_font | 2014-08-30 23:59 | スクラップブッキング…× | Comments(0)

コラムLatte掲載のお知らせ(思い出整理法)。

コラムを掲載していただいている「コラムLatte」に新しい記事がアップされました。

楽しい思い出の整理法!付箋やクリアホルダー、ケースなどを使った収納術

今回は思い出の整理法について。
どこかに行った時の思い出の品ってすぐに整理しないと訳が分からなくなってしまいませんか?
自分が特別ずぼらなのかもしれませんが、部屋を片付けていると(これはいつの旅行の時のものだろう?)というパンフレットやチケットがぽろっと出てきたりして、途方に暮れてしまいます。

実はこれは「いつか旅のスクラップブックを作りたい」という夢見がちな目論見とも関係があるのですが、来るともしれない「いつか」のために旅の思い出を取っておいているところまではいいとして、さてそれが時間の経過とともに何やら訳の分からないものになっているんですね。

今回はそのあたりのことを書いてみました。
なので、まめな人には初歩的すぎると思います。
が、小生同様ずぼらな人には「あるある!」かもしれません。
そんな方とともに少しでも歩めればと思っております。

しかし、「スクラップブック作り」というもののハードルの高さはなんとかならないものですかね。
もちろん上級者の方々は肩の力を抜き、気楽に楽しんでおられると思うのですが、自分のような素人はついついすごいものを作らなきゃと思ってしまい、疲れてしまい、その結果何もせず、最低限残しておきたい思い出の品さえ散逸させてしまうという体たらく。

で、今回はごく初歩的な「思い出整理法」について書いてみたのですが、目指すところはやはり旅のスクラップブック。
今回の方法で記憶の風化と思い出の品の散逸を防ぎ、次回はよろよろとでも旅のスクラップブックを作ってみたいなと思っております。
[PR]
by mukei_font | 2014-08-28 18:29 | スクラップブッキング…× | Comments(4)

コラムLatte掲載のお知らせ(スクラップ3)。

4月よりコラムを掲載していただいている「コラムLatte」に新しい記事がアップされました。
スクラップシリーズ最終回です。

スクラップ帳の作り方と活用のコツ第三弾 -カフェ「木琴堂」流・とっておきのスクラップブック篇-

何も成し遂げられなかった5月の唯一の成果というか、自分なりにいつかまとめてみたいと思っていたスクラップ関係の記事なので、お読みいただけると幸いです。

これまでのものはこちら。

古雑貨カフェ「木琴堂」シリーズ  スクラップブックの作り方と活用のコツ -新聞の切り抜きを楽しく整理してみよう-

スクラップ帳の作り方と活用のコツ第二弾 -A3などサイズの大きなスクラップブック篇-

いずれもタイトルはコラムサイトの方によるものですが、中身は猫町の書き下ろし。
「無罫フォント」と同じ目線で書いています。

情報を整理するという観点からも、楽しいからやってみるという観点からも、スクラップは奥深いものですが、いずれにも文房具が深くかかわっているというのがおもしろいと思っています。

ノート、バインダー、クリアファイル、はさみ、カッター、のり…

それらについての知識と経験を総動員しながら、見やすく、やりやすく、続けやすい方法を考える。
これだ、という方法を決めた端から例外があらわれ、その例外に対処するためにまた新たなルールを設ける。
この過程がすでにスクラップの重要な要素だと自分は考えています。

もちろん「時は金なり」ですから、無駄を省くためにはデジタルツールも必要だと思います。
でも、手の届く範囲の情報を手に取れる形で残す程度のことは、やはり手を動かし、文房具を使いながらやってみたいんですよね。

それに自分自身、時間がないないと焦るほど濃い日々を過ごしているわけでもなく、それこそ省かれるべき無駄は他にたくさんあって、こういう手を動かしながらのスクラップ作業というのはむしろ残していかないといけない時間なのかもしれないなあなどと思うのでした。
[PR]
by mukei_font | 2014-06-01 23:59 | スクラップブッキング…× | Comments(0)

コラムLatte掲載のお知らせ(スクラップ2)。

先日よりコラムを掲載していただいている「コラムLatte」に新しい記事がアップされました。

スクラップ帳の作り方と活用のコツ第二弾 -A3などサイズの大きなスクラップブック篇-

前回こちらで宣伝させていただいた記事の続篇になります。

今回は、新聞をスクラップする上でどうしてもぶつかる2つの難問、すなわち「大きなサイズの切り抜きをどうするか」と「裏表にわたって必要な記事のある場合はどうするか」ということについて書きました。
長年自分が一番苦労してきた点でもあるので。

もちろん今回コラムに書いた方法がベストというわけではないと思います。
ただ、同じようなことで苦労されている方もきっとおられるだろうと思いながら書きました。

コラムにも書きましたが、今は100円ショップが充実していて、ファイル類はかなり安く入手することができます。
A3サイズのクリアファイルなんて文房具屋で買おうと思うと大変ですよね。

こんなことを書くとコクヨやキングジムの人に怒られてしまうかもしれませんが、100円ショップは使い方次第だと思っています。
自分に合ったスクラップ方法を模索する段階では心強い味方ではないでしょうか。

これだ!という方法が見つかって、100均のファイルなんてだめだ!となってから、自分のニーズに合わせてメーカー品に切り替えていくのもいいかなと思います。
例えば長期にわたって同じファイルでそろえたい場合は100均では不安ですし、A3サイズの差し替え式のクリアファイルにしたいなどの希望がある場合も100均では無理です。

そういう具体的なニーズがなければ、とりあえずは100均アイテムで始めてみるのもいいと思います。
挫折した時の痛手も少ないですしね。

しかし、新聞記事のスクラップなんて今時流行らないことかもしれません。
スキャナでパソコンに取り込む、あるいはナカバヤシのスマレコペンを使えばスマートフォンに保存できたり、編集できたり…

確かに情報の整理にばかり時間をとられるのも考えものなので、これらの方法も便利なものだと思います。
それらは素早く保存でき、しかも場所をとらず、変質もしませんからね。

ただ、自分の場合はそれらの情報機器を持っていないこと、そして文房具と戯れながら情報の整理方法について考えられる程度の量ですんでいることなどから、まあしばらくはアナログ方式でやってみようかなと思うわけです。

新聞記事のスクラップはひと手間かかるからこそ意味のあるものだと思っています。
手間がかかるからこそ、自分にとって本当に必要な記事を見つけられる。
面倒くささと天秤にかけ、「それでもやっぱりこの記事を取っておこう」と思う基準が明確に自分の中にあることが大切なのです。

そしてそういう基準で選ばれた切り抜きはまるで曼荼羅のように自分自身を写し出し、自分はこういうものに興味があるんだなとフィードバックされるように思います。
これは過去のスクラップを見ているとさらに楽しく、当時の自分が考えていたこと、感じていたことが、それらのスクラップから浮かび上がってくるんですよね。

あれこれ書きましたが、新聞記事のスクラップはなかなか楽しいものです。
単に情報が欲しいからスクラップするんじゃないんですよね。
過去から現在にわたって捨てられないでいるスクラップを眺めていると、保存したかったのは情報ではなく、この記事に立ち止まった瞬間の感動みたいなものなのかなと思ったりします。
[PR]
by mukei_font | 2014-05-17 23:59 | スクラップブッキング…× | Comments(2)

コラムLatte掲載のお知らせ(スクラップ1)。

先日よりコラムを掲載していただいている「コラムLatte」に新しい記事がアップされました。

古雑貨カフェ「木琴堂」シリーズ  スクラップブックの作り方と活用のコツ -新聞の切り抜きを楽しく整理してみよう-

実に中学生の頃から試行錯誤を繰り返し続けている新聞記事のスクラップ。
これがベストなどとは到底言えませんが、現時点ではかなり機能的かなと思っています。

もっともこのコラムには続篇がありまして、コラムサイトの許可が得られればいずれ「コラムLatte」に記事がアップされると思いますし、あちらにアップできなければこちらにアップする予定です。

本当に新聞記事をスクラップされている方なら読めば気づくはずなんですよね。
あれ?あの場合はどうするの?と。
はい、その場合についてもあれこれ考えてあります。

とにもかくにも、「コラムLatte」への記事も本気で書いておりますので、ぜひご一読いただけたらと思います。
記事に関するご質問などございましたら、こちらのコメント欄でお気軽にどうぞ。
[PR]
by mukei_font | 2014-05-02 23:59 | スクラップブッキング…× | Comments(4)

スクラップノート作りに必要なもの。

先日スクラップノートを作ったのをきっかけに、いろんなものを積極的にノートに貼るようになった。
その際に気づいたことが2つあるので書いておく。

1.柄もののマスキングテープはスクラップに向かない
柄に柄を合わせることになるというか、見た目にごちゃごちゃしすぎる。
まさか自分がスクラップノートを作ることになるとは思わなかったので、封緘用の華やかなものしか持っていないのも痛かった。
シンプルなものがいるなと痛感(シンプルな柄ものだと問題ないかもしれない)。
いやむしろすべてを普通ののりにしてしまえばマスキングテープなんていらないんじゃ…

2.一番必要なのはコピー機
もうこれにつきる。
会社やコンビニにあるようなカラーコピー機。
あれさえあれば新聞記事も縮小カラーコピーしてノートに貼れる。
思えば人生で一番うまく作れたスクラップノートは文房具屋で作ったサンプル帳だったが、あれは職場にカラーコピー機があったからだと思う。
新聞の切り抜きは変な形だし大きすぎるしでまずノートに貼れない。
縮小コピーすると万事解決なんだよなあ…縮小しても案外読めるし…
でもスクラップノート作りのためにわざわざ新聞をコンビニにコピーしに行くかというと…

ぱらぱらめくれる形でのスクラップノートというのは本当に魅力的なものだが、悩ましい点も山ほどある。
完璧を求めるとまた遠ざかってしまうので、できる範囲で経験を積み重ねていきたいものだ。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-10 21:35 | スクラップブッキング…× | Comments(6)

まめなおっさん。

先日スクラップした勢いで今日は「文具旅」についてノートにまとめていました。
こういうまめなことをしようという気になるのも涼しくなったから。
今はとにかく手書きできることがうれしい。
f0220714_22504678.jpg

旅の記録もそうですが、なかなかいきなりはビジュアル的に満足のいくものを仕上げることができないもの。
そういう時、思い出すキーワードがあります。

「まめなおっさん」

よくうさむしとなぐさめあっていたんです。
女子っぽいものは無理でも、まめなおっさんが作ったみたいなものを目指そう、と。

考えてみればこれは文房具屋でサンプルを作る時も意識していたことでした。
男性を置いてけぼりにするようなサンプルにするのはやめようと。
まあ自分が作れないから言い訳なんですけどね。

そんなこんなで今日もちまちまとノートを字でうめ、幸せを感じていた猫町です。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-06 23:04 | スクラップブッキング…× | Comments(0)