猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(19)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
本にサインするのに、見た..
by MK at 03:28
はじめまして。 いい青..
by 地井 at 02:46
書店は交換ってダメなんで..
by alchemie0629_a20 at 01:29
自重すること無く、買えな..
by alchemie0629_a20 at 01:39
Q1:オレンジ Q2:..
by uaa at 21:32
ひんやり万年筆 青軸さ..
by GB at 11:47
どのようなモノか実際見て..
by GB at 11:32
地元の(面倒な場所にある..
by alchemie0629_a20 at 09:09
猫町さん、こんにちは。 ..
by 慎之介 at 17:26
お久しぶりです。参加させ..
by とに at 11:55
こうゆう週間ブロック?の..
by なぎねこ at 17:30
包装紙って、色柄だけじゃ..
by ふりふりばなな at 22:34
Q1:水色と黄緑と赤(ピ..
by えぬ at 23:30
白玉だんご@次回本番2月..
by mukei_font at 14:51
さくさん(Twitter..
by mukei_font at 14:35
れとさん(Twitter..
by mukei_font at 14:35
私も横に使って、軸が三角..
by あむ at 06:22
①自宅ではクレジットのチ..
by はにわ at 23:33
A1)最近はグリーン ..
by あむ at 20:49
はじめまして。いつも楽し..
by h26_tomy at 20:05
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:筆記具・鉛筆( 32 )

ステッドラー・マルスルモグラフ2B使用感。

前回に続き鉛筆の話。
先日姫路で買い求めたステッドラー・マルスルモグラフ2Bの登場です。
f0220714_947415.jpg

喜び勇んで早速使っているのですが…薄いです。
以前同シリーズのHBを買った際、芯が非常に硬くて薄く、日本の硬度とは違うことを学び、ステッドラーの2Bが国産のBくらいかと思って購入しましたが、まだまだ硬くて薄かったです。

でもちょっと違いますね。
薄くて硬いというと説明不足な気がします。

なんというか、膜がはった感じのする書き心地です。
大きな声を出したいのに、声が全然届かない感じに似ています。
水中で必死で走っている感じというか、独特のグモグモ感があります。

これではますます分かりませんね。

言いたいのは芯が硬いからといってザリザリした感じはないということです。
薄いなりになめらかで、その代わり、硬いのにあまり紙に引っかからずに流れます。

自分は鉛筆は英語の筆記体を書くのに使っているのですが、マルスルモグラフ2Bで書いている時が一番書き直しが多いです。
筆記体はきれいに書こうとしないぞ、多少乱れても書き直しはしないぞ、と思って書いているのですが、とにかく硬いくせに流れるのでどうしてもミスをしてしまいます。

そして消すと芯が硬いので消した跡に溝ができており、再び同じ箇所に書くと字に段差ができ、イーーーーーッとなります。
これは国産のBでは起こらないことなので、そのあたりの黒い気持ちをカタコトの英語でぶちまけておきました。

特に今は紙が湿気ているということもあるのでしょう。
湿気の影響の少なそうな薄い紙に書くとそれなりに濃いのですが、キャンパスノートで国産のBの鉛筆たちと書き比べてみると差は顕著です。
これは4Bくらいを買わないといけなかったのかもしれませんね。

さて、マルスルモグラフの他の特徴としては軸の細さです。
こうして同じキャップをかぶせてみると、その細さが分かります。
f0220714_9471571.jpg

鉛筆は新しいうちはノッポすぎるという点がやや気になりますが(ペンケースに入らない)、これは助かります。
一瞬、鉛筆が最初から短いのかと思いました。

ちなみに逆のケースもありまして、ステッドラーにはかっこいいペンシルホルダーがあるのですが、あれに国産の鉛筆を入れると傷まみれになります。

と思っていたら、美しい青色の軸に傷が。
100均のプラッチック(方言)アイテムにありがちなバリが悪さをしたようです。
マルスルモグラフ唯一の美点が…(涙)
f0220714_9472839.jpg

[PR]
by mukei_font | 2015-07-02 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(4)

木物語、恋物語。

先月買って以来、すっかり気に入ってしまったトンボの木物語B
f0220714_9455072.jpg

鉛筆の書き比べを始めた当初は、まんべんなく使いながらいろいろ比較してみよう、と冷静だったのですが、木物語のナチュラルな外見や軽さ、いかにも鉛筆然とした書き心地や気前よく減っていく芯などにめろめろになってしまい、今や木物語しか使っていないありさま。

自分は100円ショップのセリアで3本入りを買ったのですが、ダースで買おうかなあとカタログをうっとりと眺めてみたり。
もかわいいですよね。

HPによると、木物語は軸も黒鉛もリサイクルみたいですが、芯の減るスピードが速いように思うのはそのせいでしょうか。
自分は筆記具の「減りの速さ」には寛大なほうなので気にしませんが、そのあたりが気になる方は嫌かなあ。

あと、一度だけ芯が中で折れていたことがありました。
普通に鉛筆削りで削っているだけだし、鉛筆を落とすこともないのでおや?と思ったんですよね。
これもリサイクル黒鉛だからでしょうか。
まあ一度だけですけどね。

それにしてもこんなにも木物語を好きになってしまうとは。
久しぶりに鉛筆を使ってみたいな、と思った時に思い浮かべた「鉛筆感」がまさにそこにあるというか、気前よく芯をすり減らしながら書き上がる濃い筆記体を見ていると、とても幸せな気持ちになるのです。
[PR]
by mukei_font | 2015-07-01 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(2)

ペンだこ考。

前回に引き続きペンだこの話を。

確かに、「六角鉛筆がペンだこの主な原因ではないか」という仮説を検証してもいいのですが、そもそもペンだこができるメカニズムについてもう少し考えてもよさそうですよね。

ペンだこは筆記具が指にぎゅうぎゅう押し付けられることからできるものではないかと考えるわけですが、この背景には「子どもは何でも握りしめてしまう」ということがあるのではないでしょうか。

要は発達的な要因というか、まだまだ指先の力を器用にコントロールできない時期というのがあるのかなと思うわけです。

もともと不器用な時期、というのが誰しもあり、そこでペンだこの土台ができる。
そこによくない持ち方、より強い筆圧、使用頻度などが加わり、強固なペンだこになっていく。

もしそうなら、子どもを六角鉛筆群と非六角鉛筆群に分けてみる調査において分かることは、まずペンだこの位置ですよね。
ペンだこの土台ができることが前提なら、いずれの場合もペンだこはできることになります。
ただし、軸の太さや形状でペンだこの位置が違うのではないか。

そしてその後、そのペンだこがどう育っていくか、みたいなことは個々のケースを縦断的に調査する中で、分かってくることもあるでしょう。
もちろん筆記具の選択や、筆記角度、筆圧、使用頻度などが重要な要素となってきます。

まあ熱心に考えても非現実的な調査なわけですが、まだ幼いお子さんのいる方は、彼らのペンだこの出現を観察し、その後の筆記具史などを追いかけていくと、おもしろいかなと思います。
[PR]
by mukei_font | 2015-06-29 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

ペンだこ養成ギプス。

ドラマ「相棒」の再放送を見ていると、鑑識の人が「指紋の隆起線の乱れ」とか「ペンだこ」とか言っていて、おお、と身を乗り出してしまいました。

何度か書いたと思いますが、自分にはペンだこが2つあります。
1つめはよくある中指の第一関節で、2つめは人差し指の先。

これはもちろん悪い持ち方をしているからですが、2つめのペンだこはまさに指紋が乱れていて時々まじまじと眺めます。

さて、タイトルの「ペンだこ養成ギプス」ですが、それは鉛筆ではないでしょうか。
例の六角形の鉛筆。

最近鉛筆をよく使うようになり、そのたびに指にぐいぐい食い込んでくる彼らを感じながら、(ペンだこが育っていくなあ)と思うのです。

もし、世の中に六角鉛筆がなかったら、人間のペンだこってもっと違う感じになるんじゃないかしら。
そんなこともない?

でもシャープペンやボールペンの軸のバリエーションはあまりにも多いから、なんかこう今頭に浮かんでいる「ザ・ペンだこ」的なやつとは違う感じになりそうな気がします。

不可能でしょうが、一度も鉛筆を使わず、鉛筆よりも太くて丸みを帯びた軸のシャープペンだけを使って育った群と、鉛筆だけで育った群とでペンだこを比較してみたいですね。

当然鉛筆の持ち方や筆圧、使用頻度で差が出てくるでしょうが、そこは何千何万というデータがあれば…
どうなるんだろう?

自分自身の感覚としては、やはり指を具体的に刺激してくるという意味でも六角鉛筆の影響は小さくはないという気がしますね。
いや、やっぱりこれは持ち方によるな。
自分が二人いたら試せるのに…

ということで、最近なんだかペンだこが小さくなってさみしい、文房具を使っていないみたいで焦る、という方には鉛筆をおすすめします。
特にHBよりも硬い鉛筆、あるいは海外の鉛筆がおすすめ。

ペンだこに影響が出たらぜひご報告を。
[PR]
by mukei_font | 2015-06-28 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(2)

トンボ・木物語B。

鉛筆の素敵なところは、使えば短くなるというところだと思います。

「使っている」ということが目に見えるのはいいですね。
目に見えて短くなっていくから、つい次のを買ってもいいんだという気にさせられてしまいます。

ということで、買ってしまいました。
トンボの木物語のBです。
f0220714_9315654.jpg

この鉛筆は投票所に置いてあることが多いので、刷り込みから、普通の紙に書いていても例のユポ紙(投票用紙)に書いているような錯覚に陥ります。
すぐに違うと分かるんですが、なんとなく書き始めにあの吸い付くような感じを手が期待してしまうというか。
f0220714_9321748.jpg

でも軸の色味の明るさや軽さも相まってなんだか他とは違う鉛筆に思えますね。
この芯も実は@@と同じというオチなのかもしれませんが、錯覚するのも楽しいので、軽快な気持ちで使うことにします。
[PR]
by mukei_font | 2015-06-12 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(4)

鉛筆専用ペンケース、あるいは寿司好き。

鉛筆の話になったところで、ペンケースの話もしてみたいと思います。

複数の鉛筆を使い始めてすぐに、これは専用のペンケースがいるなと思いました。
何しろ新品の鉛筆は長い。
それにキャップを付けるとなるとさらに長い。
こんなに細長いものはいつものペンケースには入りません。

ということで、細長ーい、いかにも鉛筆専用というペンケースを木琴堂のおかみさんに作ってもらうことにしました。
それがこちら。
f0220714_8455387.jpg

うっかりすかすか銀色キャップの長さに合わせて作ってしまったので、カラフルな消しゴム付きキャップに替えるとさすがに長さがぎりぎりに。
カラフルさんたちはさらに長いのです。

それでも十分満足。
このペンケースには鉛筆だけ、というのが潔くて好きです。
英語日記を書く時はこれだけあればいい、みたいな。
f0220714_846678.jpg

さて、こちらのペンケースは猫町のロールペンケースとおそろいです。
できたら兄弟みたいなペンケースになればと思っていたのでうれしいです。
f0220714_846181.jpg

さらに調子に乗ったのがこちら。
分かりますか?
袖口なんですが…
f0220714_8462870.jpg

もとは@年以上前に買ったイタリア製のありがたいブラウスなんですが、カフスの付いたごっつい部分をすべてはずし、袖口に縫い付けてもらいました。
イタリア人が見たらびっくりするでしょうか(怒るかな?)。
f0220714_846385.jpg

もともとこの布は青の濃淡が素敵かつ寿司好きなのでときめいて買ったものなのですが、これでいつも寿司と一緒ですよ。
こうして捨てる部分なく何かを使い切るのは本当に気持ちがいいですよね。

ちなみに好きな寿司のネタはイカと鯛とイクラと納豆です(どうでもいい)。
[PR]
by mukei_font | 2015-06-04 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(6)

続・鉛筆書き比べ(B)。

鉛筆に関する記事が増えそうな予感がするので、カテゴリを新設してみました。

他の文房具と同様に、使っているうちにどんどん感想が変わると思うので、一つの記事だけを見て「なんだー」と思われたら困るなあと思いつつ、そんなことを言っていたら過去の記事とリンクを貼るだけで大変な作業になってきますよね。

松さんに言われたことがあるのですが、このブログは同じ文房具が何度も登場するのがおもしろいそうです。
「だめだこりゃ」と思っていたのに「案外イケる!」となったり、「ゲットしたでー!」とはしゃいだのに「ううむ…」となったり、そういうのが本当に多いブログなので。

鉛筆に関してもそんな感じになると思います。
というのも、鉛筆はシャープペンとは違い、「芯がちびていく」段階でまた全然違った書き味になるからなんですね。
これから短くなっていくであろう長さとのバランスもあると思います。

これは、鉛筆の芯と同じ太さの2ミリシャープや芯ホルダーを使った時の感覚ともまったく別物という気がします。
物理的には芯がちびていくという現象は同じだし、MAX太くなった芯の太さも両者は同じはずですよね。
が、チャックにはさまれた円柱形の芯と、根っこが木になっている円錐形の芯は違う気がするんですよ。

先日の記事で、ユニスター以上はなめらかすぎる、と書いた件についても、ちびていくと実はそうじゃない顔も見せたりします。
なので、別にユニスター以上は英語の筆記体しか書けないわけではなく、最初から削り方を工夫すればいいという話になってきます。

そうなってくると、鉛筆の削り方を調整できる鉛筆削りも欲しくなってくるし、芯のちびていく過程で自分の好みの瞬間を見つけてみたい欲望もめらめらしてきますね。
しかし鉛筆の研究のためには使ってみないと(=勉強しないと)いけないんですよ。

今のところ、トンボのippo!、三菱の9800、9000は数学の問題集に、ユニスター、ユニ、ハイユニのユニトリオは英語の問題集に使っています。
英語はもっと筆記体を書き散らしたいのに、記号の問題とかしたくない…
鉛筆の研究も数学も英語も…そのうち何かつかめるはずと信じています。
[PR]
by mukei_font | 2015-03-19 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(8)

鉛筆書き比べ(B)。

以前、鉛筆について少し記事にしました。

鉛筆との戯れ(前篇)。
鉛筆との戯れ(後篇)。

が、手持ちの鉛筆がHBばかりだったため、いまいち求めていた「鉛筆感」を味わえず。
ということで、地元で手に入るBの鉛筆をいろいろ買って試してみました。
f0220714_9331128.jpg

f0220714_9332824.jpg

上からトンボのippo!、三菱の9800、9000、ユニスター、ユニ、ハイユニ。

それぞれの書き味はじっくり使ってみてから記事にします、という流れになるかと思いきや、あっさりと答えが出てしまいました。

ユニスター以上はなめらかすぎ。
というのが、結論です。

確かに硬度をBにしたことで、求めていた「鉛筆らしいほろほろとした芯の書き心地」や、「若干手や紙面は汚れるけれど、素朴であたたかみのある文字の見た目」は、すべての鉛筆から得られました。
やっぱり鉛筆はBからだな、と単純に感激しました。

が、同時にある程度の引っかかりも欲しいのです。
しっかりとした字を書きたいのです。

ハイユニは一番ふわふわした感じがしました。
これがなめらかさか、とはっきりと分かります。
これはシャープ芯の比較などに比べるとはるかに分かりやすい感覚でした。
が、力士なら一番駄目なタイプ。
土俵上で足が流れてしまいます。

その意味では一番砂を噛んでくれそうなのはトンボ(「(土俵の)砂を噛む」というのは「足の親指が砂にくい込む」という意味の相撲用語。強い力士はこうでなくては)。
三菱の9000もかなりいいですね。
濃いのにしっかりしていました。
一番安い9800でも満足でした。

しかしこれで「ユニスター以上はダメ、もう使わない」となったわけでは全然ありません。
用途を変えればいいなとすぐに思いました。
英語の筆記体を書けばむちゃくちゃ気持ちよさそうです。
本当は絵を描いたりすればいいのでしょうが、それは無理なので。

ということで、英語の問題集もちょうど届いたし、さらさらと筆記体を書き散らしてみました。
うむ、英語はユニスター、ユニ、ハイユニで。
しかし、英語の筆記体を書くのも久しぶりというか、英文法の問題集自体が久しぶりというか、基本的な動詞の過去形などを間違えるありさま、悪い汗をかきながらの鉛筆体験となりそうです。
[PR]
by mukei_font | 2015-03-18 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(4)

鉛筆との戯れ(後篇)。

鉛筆、鉛筆…とむらむらしても、ファーバーカステルやステッドラーの鉛筆では前述のようにどうもしっくりきません。
そこで、そもそも自分が今まさに求めている「鉛筆」なるものについて考えてみました。

まずは、鉛筆らしいほろほろとした芯の書き心地。
次に、若干手や紙面は汚れるけれど、素朴であたたかみのある文字の見た目。
それから、削りたての鉛筆の木や芯のにおい。

これらを味わってみたい!
今すぐに!

ということで、次に手にしたのは三菱の9800。
国内メーカーの鉛筆なら、海外組よりも鉛筆感を味わえるに違いありません。

と、鼻息荒くノートに向かうのですが、あれ…HBってこんなに薄かったっけ…
もちろん海外組の鉛筆よりは濃いのですが、全然ほろほろしないし、書いた文字もなんだかしゃきっとして…

おそらく鉛筆を使っていた時は手が汚れたりノートが汚れたりするのが嫌で、Bなんて!と思いHBこそベストと思っていましたが、鉛筆感に飢えている今求めているのはそんなんじゃなかった…

ほろほろした鉛筆はどこに?
と思ってペン立てを見ると、6Bが数本…
極端すぎる…

もちろん鉛筆なんて安いもの。
ひとっ走り文房具屋に出かければいろいろあるとは思うのですが、こんなに筆記具があるのにどうして持っていないのか?と悔しいのです。

待てよ。
持っていたかも。
引き出しの中から出てきたのは、おそらく100均の鉛筆。
こうなったらこれでも使ってみるか。

ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ。
新しい鉛筆を鉛筆削りで削る強い感触。
これを味わえるのは一発目だけ。
そしてこれだ。
木と芯が混じったにおい。

さて、まったく期待せずに試し書き。
鬼が出るか蛇が出るかの100均クオリティ。

…あら、意外といいかも。
HBなのに、三菱の9800よりも濃い。
100均なら何かが粗悪なはずですが、濃さはなかなかのもの(だから粗悪なのか?)。
よし、しばらくこれを使ってみるか。

MacBookがお休み中のため写真がありませんが、そんなこんなでしばらくは名もない100均鉛筆と戯れてみることにします。
数学の問題を何問か解いてみた感じでは、適度な鉛筆感もあるし、悪くありません。
書き上げた文字を眺めると、自分が見てみたかった素朴な風合いを感じることもできました。

裏切られたいような、裏切られたくないような100均クオリティに、今回もどきどきしています。
[PR]
by mukei_font | 2015-03-06 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(12)

鉛筆との戯れ(前篇)。

MacBookの不調はいろいろな部分に影響を及ぼします。
仕事場にいる間の執筆道具がないというのもその一つ。

嘆いていてもしかたがないので、この機会を利用してかねてより興味のあった筆記具に手を出してみることにしました。
鉛筆です。

鉛筆については、先ごろご紹介したまとめ記事を書いている時からむらむらしていました。
自分はもともと自分が読みたい文章を書くために文章を書いているようなところがあり、基本的に一人で盛り上がっています。
なので、ああいうまとめ記事に自分が一番影響されるというか、そわそわしてしまうんです。
かなりおめでたいですよね。

そこで、鉛筆ですよ。
心理学で「終末効果」という言葉があるのですが、直近に得た情報というのは人の判断に大きな影響を及ぼします。
ということで、猫町の頭の中は鉛筆でいっぱい。

で、鼻息も荒く鉛筆を取り出し、ノートにあれこれ書いてみたのですが、どうにもこうにもピンとこないのです。
なんかイメージと違うというか。

ちなみに最初に手にしてみたのはこちら。
いつぞや大阪のナガサワ文具センターで買った外国の鉛筆たち。
上から、ファーバーカステルのカステル9000、ステッドラーのマルスエルゴソフト、同じくステッドラーのマルスルモグラフ(大阪文具旅2:ナガサワ文具センターハアハア。参照)。
f0220714_2056586.jpg


f0220714_20561824.jpg

が、以前も書いたかもしれないのですが、この人たちは非常に硬くて薄いのです。
今まで自分が使っていた鉛筆と比較するため、すべてHBで硬度をそろえたのですが、これがHB?というくらい非常に薄いです。
小日向京さんも『考える鉛筆』(アスペクト)の中で指摘しておられますが、国内メーカーの鉛筆と海外メーカーの鉛筆とでは同じ硬度でも濃さが全然違います。

特にカステル9000はHかいうほどの薄さで、どんだけ筆圧かけさすねんという感じ。
考えてみれば太軸鉛筆以外の鉛筆は細軸なわけで、芯の硬度を選び間違えれば、細軸を握りしめてひたすら強く書くはめになり、これでは手が疲れてしまいます。

国内メーカーと海外メーカーの鉛筆の濃さの違いなど、いずれカステル9000やステッドラーたちのBや2Bで試してみたいところですが、今はとにかく「鉛筆欲」を満たしたいのです(後篇に続く)。
[PR]
by mukei_font | 2015-03-05 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)