猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(55)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
最近のマイブームはJK-..
by K at 20:20
僕はセーラーのフェアライ..
by horenso39 at 23:08
先日は楽しい時間をありが..
by 松 at 11:47
ゼブラsk0.4とjsb..
by 細雪 at 21:24
1番使ってるペンはキャッ..
by なぎねこ at 15:48
三菱のSNP-10ですね..
by narkejp at 20:31
好みの替芯(リフィル..
by 輪音 at 14:59
自分はパイロットG-3(..
by あるけみ at 19:05
初めてのコメント失礼しま..
by エイジ at 20:00
今更なコメントだと思うの..
by haru5214 at 02:20
試験を受けなければいけな..
by K at 13:32
>慎之介さん 最初は「..
by mukei_font at 11:41
猫町さん、こんにちは!(..
by 慎之介 at 10:51
>なおさん ニューバー..
by mukei_font at 09:21
>あるけみさん コピー..
by mukei_font at 09:11
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 09:07
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 09:00
>なぎねこさん Ins..
by mukei_font at 08:59
>りおさん ゴムは汚れ..
by mukei_font at 08:55
>優煌海さん そうなん..
by mukei_font at 08:55
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:〈猫町と3年日記〉( 26 )

猫町と3年日記・その24(大解剖!3年日記専用ボールペン)。

何が「大解剖!」だよと思いながら苦しまぎれのタイトルをつけた猫町ですが、時々記事にしている3年日記専用ボールペンについて書いてみたいと思います。

3年日記専用ボールペンについてはこれまで6つほど記事にしておりまして、〈猫町と3年日記〉カテゴリの4分の1を占めています。

「書くこと」が好きなので、書くもの(=筆記具)も書かれるもの(=ノート)も同じくらい重要で、たとえメインは3年日記であっても筆記具を無視することはできません。

さて、2016年の元日から「3年日記専用のボールペン」をスタートさせ、昨年は2本の替芯(シグノRT1の替芯であるUMR-83)を使いました。
今年も元日に新しい芯を下ろし、7月に1本目を使い切り、今は2本目を使っています。

こちらがその写真。
f0220714_168239.jpg


f0220714_1681567.jpg


f0220714_1683176.jpg

芯に書いているとおりですが、昨年の2本目の替芯は完全に使い切っていません。
まだまだ書けるはずです。

が、記録を狂わせたくなかったので、今年は今年で新しい芯から始めています。
今年は1本を使い切るのに昨年よりも時間がかかったので、おそらく大晦日には昨年よりももっと多くのインクが残っていることでしょう。

中途半端にインクの残ったこれらの芯をどうするかって?
もちろん使います。
この芯が入る軸は無数に持っており、だいたいどの軸も好きなのでまったく困りません。

今回の「大解剖!」記事で一区切りがついたので、昨年の残りの芯をお気に入りの軸に入れて機嫌良く使う毎日です。

猫町と3年日記・その12(来年への準備)。
猫町と3年日記・その13(3年日記専用ボールペンのその後)。
猫町と3年日記・その14(ついに3年日記専用ボールペン終わる)。
猫町と3年日記・その16(2本目の3年日記専用ボールペン)。
猫町と3年日記・その18(いつも心に実験を)。
猫町と3年日記・その19(今年の3年日記専用ボールペン)。
[PR]
by mukei_font | 2017-11-29 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(4)

猫町と3年日記・その23(いつの間にか仕様変更)。

ついに2冊目の3年日記を購入したことは前回書きましたが、今使っている物と比較してみると若干の違いがありました。

新しい3年日記のほうが角丸のカーブがきつくなっています。
f0220714_9264025.jpg

別に関係ない気もするのですが、今使っている3年日記をぱらぱらとめくってみると結構ページのぎりぎりまで書いていました。
f0220714_952073.jpg

比較するとこんな感じ。
まあそれなりに適応できるでしょう。
f0220714_9581236.jpg
あとは余白のページが少なくなっていました。
が、今もまったく使いこなせていないのでこちらは問題なし。
ああいう巻末の余白ページってどうやって使ったらいいんだろう。

とまあ、いつの間にか仕様変更されていたという話でした(価格も上がっている)。
3年日記というのは毎年発売されていますが、使う側からすると買うのは3年ごとです。
買わない年もちょこちょこ売り場をのぞいてみるのも楽しそうですね。

願わくは2021年までにネイビーの追加を…
[PR]
by mukei_font | 2017-10-28 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

猫町と3年日記・その22(2冊目の3年日記購入)。

以前、ダイアリー何色にするのか問題について書きましたが、EDiT以上に色に悩んだのが来年いよいよ2冊目に突入する3年日記でした。

3年日記自体は引き続き博文館新社の3年連用ダイアリー・ソフト(B6サイズ)を使うことにしたのですが、表紙の色をいったい何色にすべきか…

今使っているのは「ミント」という薄い水色。
この水色を選んだ時も青系だから選んだだけで、EDiTのブルーほど好きな青色というわけではありませんでした。
ということでリピートはなし。

ならば何色にするか。
無難にブラック?
でもミントと棚に並べると色のコントラストがきつすぎるような…
ミント、ブラック、ミント、ブラック、と交互に並べてもきれいな色合いでもないし…

うーん、それならマンゴーやラズベリー?
黄色は好きな色だしマンゴーにする?
ミントとマンゴーを並べるとギョッとするかもしれないけれど、3冊目をラズベリーにして、4冊目をブラックにするとなんだか楽しげな色合いになるんじゃないか?

ということで、2024年に使う3年日記の色まで決めてしまった猫町ですが、とりあえず2018年から2020年まで使う3年日記はマンゴーにしました。

マンゴーかわいい。
黄色は好きな色で、ネコ柄デルデも黄色だし、ちょこちょこ黄色い小物を選びがちです。
f0220714_16531578.jpg

ミントと並べてみるとこんな感じ。
f0220714_1654289.jpg

EDiTの時もそうでしたが、自分はどうもブラックとかダークグレーといった無難な色が苦手で、そういう無難な色のダイアリーを真面目に使っている自分がどうしても想像できないのです。

来年から3年間よろしくね。

ということで、ふと気になったのですが、猫町が3年日記をよろよろと始めた時に「私も始めます!」とおっしゃっていた皆さんは今はどうされているのでしょうか。
猫町は意外としぶとく走り続け、2冊目の3年日記を買うところまでこぎつけました。

猫町、連用日記に挑戦する。
伴走者求ム…
[PR]
by mukei_font | 2017-10-27 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

猫町と3年日記・その21(借金更新)。

写真のある記事と記事の間にこっそり告白。
自分の覚え書きのために。

まとめ書きが常態化している3年日記ですが、これまでの最大借金は26です。
夏の間はどうもため込んでしまうようで、昨年も同じように「なんと今から26日分も日記をつけないといけない」とありました。

これには暑さだけではなく筆記環境も影響していて、自分は木琴堂の猫町オフィス(と勝手に呼んでいる猫町が雑用をする空間)の机で3年日記を書くことが多いのですが、夏の間は店に出なかったのでそのままずるずると借金がかさむはめになったようです。

ノートと机の相性というのもよく考えれば変な話ですが、3年日記は普通のノートとは違い、逃げ場がありません。
好き勝手に使えるノートなら特に机を選ばないのですが、書きにくいノドの部分にも書かなければならない3年日記だとそれにふさわしい姿勢があるようです。

ちなみに26日分もまとめ書きなんて…と思われるかもしれませんが、そんなに大変でもないのです。

わが3年日記は1日分のスペースが小さい。
・書くネタはEDiTに書いたToDoを見ればよし。
・なんといっても日本語で書いていいのが超楽ちん。

ということで、自分の字でみちみちと埋まっていくページを眺めながらの結構楽しい作業なのです。

なお、以前は20が最大借金だったようで…
昔の記事を読み返してみると、今はEDiTというセーフティネットのおかげでずいぶん快適になったなと思いました。

猫町と3年日記・その11(記録的借金と空白の1日)。
[PR]
by mukei_font | 2017-07-15 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

猫町と3年日記・その20(小口の汚れとまとめ書き)。

いつも1つの記事を書いてからその記事について考え込むのですが、3年日記の小口がさほど汚れていない理由が分かりました。

まとめ書きをするからではないでしょうか。

確かに紙質や紙色の違いもあるのでしょうが、EDiTのように毎日手に取っているかというとそうではありません。
小口の汚れは手に取った回数に比例するはずだし、小口が汚れていない3年日記なんて恥ずかしいなあ…

あ、もちろん汚れていないといっても新品のようにぴかぴかというわけじゃないですよ。
今はさすがに小口も地も汚れています。

が、2年目まではそういう感じがしなかったんですよね。
本当に連用日記か?というくらいきれいなままで…

もっともたとえ毎日3年日記を書いたとしても、手に取る回数はEDiTほどではないかもなと思ったりもします。
EDiTは蓄積した情報を検索する場面がしょっちゅうありますが、3年日記を読み返す場面はさほどないので。

どうなんだろう。
「3年日記を毎日つけた場合とまとめ書きした場合の小口の汚れの比較」という実験を一瞬思いつきましたが、やめておきます。

3年日記が続いているのはまとめ書きという奥の手があるからだということは自分が一番よく分かっているので。

恐る恐る始めた3年日記も今年が3年目。
通常のダイアリーに加えて今年は3年日記を選ぶという一大イベントがあります。

心の中は決まっていますが、3年日記ユーザー風を吹かせながら手帳売場を眺めるのを今からとても楽しみにしています。
[PR]
by mukei_font | 2017-07-08 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

猫町と3年日記・その19(今年の3年日記専用ボールペン)。

先日書いた記事の続きです。

猫町と3年日記・その18(いつも心に実験を)。

元日から使い始めたシグノRT1の替芯であるUMR-83ですが、今年は7月24日の欄の下から2行目でなくなりました。
昨年が7月7日の欄の下から3行目でなくなったので、今年は昨年よりも17日分も長く書けたことになります。

おもしろいなあ。
昨年と何が違うんだろう。

もちろん手書きなので字の大きさの統制もとれないし、書く内容によって漢字が多めの日や少な目の日があったりするので、結果はあくまでも個人的に(おお…)と楽しむだけのものだということは分かっています。

でもおもしろいので毎年やってみよう。
調査はいたって簡単。
元日に新しいUMR-83を使い始めればいいだけの話です。

なお軸は今年もZEBRAのサラサクリップ フレンチカジュアルを使用しています。
あまり限定軸を買わないので、いい感じに目立っていいんですよ。
このペンを見ただけで3年日記専用のペンだと分かるし、うっかり他のペンで書いてせっかくの記録を台無しにするなどということもありません。
f0220714_2313677.jpg

このペンを作った時の話はこちらをどうぞ。

猫町と3年日記・その12(来年への準備)。

というわけで、替芯も後半戦。
この調子だと、今年は昨年よりも大晦日にインクがたくさん余るということになりますね。
たまっていくそれらの替芯の使い方もいずれ考えてみたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2017-06-18 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

猫町と3年日記・その18(いつも心に実験を)。

特に記事にしていませんでしたが、今年も「3年日記専用ボールペン」を作り、年初からインクの減り方を観察しています。

昨年は1月1日~7月7日の下から3行目でシグノRT1の替芯であるUMR-83が終了。
7月7日の下から2行目~12月31日までに使った2本目のUMR-83は使い切れず、この芯は保管しています。

今年は新たに仕切り直すことにし、再び元日から新しいUMR-83を使い始めているのですが、昨年の7月7日という記録を抜き去り、何日まで記録が伸びるのかといったところ。

同じような調子で文字を書いているにもかかわらず、結構差があることに驚きますね。
確実にインクの色は薄くなってきているので終わりは近いのですが、かすれることなく黙々と働き続ける優秀な替芯です。

筆跡のせいもあり、自分の3年日記は自分で書いていてもまるで印刷物のように一定なのですが、インクの終わりが近い時のインクの薄さだけはごまかせないというか、唯一見せる人間らしさ(芯は人間じゃないけど)にほっとしたりするのでした。

とにもかくにもいついかなる時も最後まできっちり仕事をするUMR-83を自分は相当気に入っていて、他の用途で使っている替芯と合わせると次で11本目。
替芯を1箱使ったんだなと思うと、純粋にうれしくなります。
[PR]
by mukei_font | 2017-06-13 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

猫町と3年日記・その17(3年目の3年日記)。

3年目の3年日記。
この充実感がお分かりでしょうか。

2015年から始めた3年日記もいよいよ今年で3年目。
3年分書けるようになっているページの最下段に記入すべき時がついに来たのです。

もともと自分の字はみちみちとしている上、昨年からは1文字の隙間もなく行を埋めることを自分に課しました。
なので、最後の行まで書ききったページの密度たるや尋常ではありません。

こんなにも1ページに文字をぎっしり書いて使うノートというのは他にはなく、1ページが終わるごとに自分の耳にはマリオがコインを取る時のチーンという音まで聞こえるのでした。
それくらいのスペシャル感はあります。

おそらく今年も借金をためこんではまとめ書き、というぶさいくな日記のつけ方になると思います。
それでも1ページ1ページ、チーンチーンと仕上がっていくのだと思うと、連用日記の最終年というこの素晴らしい瞬間を楽しまなくては、と思うのです。
[PR]
by mukei_font | 2017-01-08 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(2)

猫町と3年日記・その16(2本目の3年日記専用ボールペン)。

今年は元日から「3年日記専用ボールペン」を使い始め、そのインクの減り方を楽しんできました。

1本目のインクがなくなったのが7月8日
今は2本目の替芯を使っているのですが、再びインクの残りが少なくなってきました。

が、前回の感じからすると、インクが残り少なくなったなと思ってからも結構使えるんですよね。
今年中には使い終わらないだろうな。

さて、もう来年のことを考えても鬼に怒られない時期になってきましたが(むしろ考えろ)、来年はどうしようかなと思っています。
来年は3年日記の3年目なので、全体の統一感を考えてもやはりシグノRT1の替芯であるUMR-83で書くべきでしょう。

問題は「3年日記専用ボールペン」の替芯を切り替えるタイミングです。
だいたい1本で半年使えると分かったし、実験はもういいか。
ボールペンも今年の続きを使おうかしら。

あるいは新たな実験をしてみましょうか。
例えば字を小さめにして文字数を多くし、2016年とインクの減るスピードを比較する実験とか?
わざと漢字ばかりの日記を書いてみるのもいいかも?

チョトマテクダサイ!

ごくごく普通の3年日記もかなりヒイヒイ言いながらなんとかかんとか続いているレベルなのです。
そういうのは3年日記が呼吸と同じレベルで生活の一部になった頃にしてみます。
永遠にそんな瞬間は来ないような気がしますが…
[PR]
by mukei_font | 2016-11-26 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

猫町と3年日記・その15(3年日記が書きやすくなることの意味)。

久しぶりに3年日記について書いてみます。

2015年に始めた3年日記ですが、忙しさに流され、相当な借金をため込みながらも奇跡的に続いています。
1日1日書くスペースが決まっているのが自分には合ったのと、やはり書く文量が少ないものを選んだのが正解でした(こちらに画像あり)。

しかしこの日記帳にも欠点はあって、それはお世辞にもページの開きがいいとは言えないこと。
もちろんこれは最初から分かっていたのですが、いまだにストレスです。

下の記事にも書きましたが、ノドの部分や小口近くの段差のある部分の書きにくさがすごい。
めちゃくちゃ字が汚くなり(自分比)、自分の死後これを見た人に「きったねえ字!」と言われるだろうなと暗い気持ちになったりするのでした。

猫町と3年日記・その8(書きにくさの現実)。

が、この書きにくさが解消される時があって、それがまさに今なのでした。
10月、11月と進んでいくうちにどんどんノドの部分が書きやすくなり、段差も気にならなくなります。
きれいに書けるようになるとうれしくなり、ああ、やっぱりこの日記帳いいかもれしれない!と思うのですが、その頃には1年が終わりかけているという…

そうなのです。
3年日記が書きやすくなってくると1年の終わりが近いという事実。
ここ数年で3年日記から学んだ最も重要なことの1つかもしれません。

さて、ここまで分かっていても、自分は再来年の3年日記の買い替え時にこの日記帳をリピートするのでしょうか。
せっかくなら同じシリーズを棚に並べていきたいという気持ちもあるのですが。
大きさは気に入っているし、いろんな色もあるしなあ。

来年のことを言っても笑う鬼は再来年のことを言ったら爆笑でしょうか。
それとも昨今の時の流れの速さに再来年くらいが来年くらいの換算になっていて、にやりと笑ってくれるでしょうか。
[PR]
by mukei_font | 2016-10-16 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)