猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(51)
(33)
(15)
(9)
(1)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
消しゴムまで温度で変化す..
by ともこ at 12:08
ペン爆発とは恐ろしい…。..
by ともこ at 12:04
マッキー様、横から失礼い..
by ともこ at 10:03
久々の書き込みお邪魔しま..
by ともこ at 09:57
こんにちは!消しカス記事..
by 梅屋敷 at 16:46
RGBではメモ書きするた..
by w at 08:58
猫町さんの連投にコメント..
by YAS at 21:07
猫町さんこんにちは。 ..
by あるけみ at 13:29
こんばんは。 半年程度..
by YAS at 19:53
こんにちは。 文具に興..
by YAS at 18:54
こんにちは。 デスクブ..
by YAS at 18:33
猫町さん、コメントを読ん..
by あむ at 16:09
今日、ラミー青山の路面店..
by あむ at 14:18
ISOT行きましたが、今..
by マッキー at 17:29
こん○は。 消しゴムは..
by YAS at 23:56
【追記】 寝ぼけていた..
by 輪音 at 19:34
ペトロールのボールペンを..
by 輪音 at 01:22
ちょくちょく拝見させて頂..
by 妃南 at 21:30
はじめまして! 使用中..
by kamiyumi at 17:51
統計という数字が欲しかっ..
by ニャル子 at 23:47
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:〈猫町と3年日記〉( 21 )

猫町と3年日記・その19(今年の3年日記専用ボールペン)。

先日書いた記事の続きです。

猫町と3年日記・その18(いつも心に実験を)。

元日から使い始めたシグノRT1の替芯であるUMR-83ですが、今年は7月24日の欄の下から2行目でなくなりました。
昨年が7月7日の欄の下から3行目でなくなったので、今年は昨年よりも17日分も長く書けたことになります。

おもしろいなあ。
昨年と何が違うんだろう。

もちろん手書きなので字の大きさの統制もとれないし、書く内容によって漢字が多めの日や少な目の日があったりするので、結果はあくまでも個人的に(おお…)と楽しむだけのものだということは分かっています。

でもおもしろいので毎年やってみよう。
調査はいたって簡単。
元日に新しいUMR-83を使い始めればいいだけの話です。

なお軸は今年もZEBRAのサラサクリップ フレンチカジュアルを使用しています。
あまり限定軸を買わないので、いい感じに目立っていいんですよ。
このペンを見ただけで3年日記専用のペンだと分かるし、うっかり他のペンで書いてせっかくの記録を台無しにするなどということもありません。
f0220714_2313677.jpg

このペンを作った時の話はこちらをどうぞ。

猫町と3年日記・その12(来年への準備)。

というわけで、替芯も後半戦。
この調子だと、今年は昨年よりも大晦日にインクがたくさん余るということになりますね。
たまっていくそれらの替芯の使い方もいずれ考えてみたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2017-06-18 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

猫町と3年日記・その18(いつも心に実験を)。

特に記事にしていませんでしたが、今年も「3年日記専用ボールペン」を作り、年初からインクの減り方を観察しています。

昨年は1月1日~7月7日の下から3行目でシグノRT1の替芯であるUMR-83が終了。
7月7日の下から2行目~12月31日までに使った2本目のUMR-83は使い切れず、この芯は保管しています。

今年は新たに仕切り直すことにし、再び元日から新しいUMR-83を使い始めているのですが、昨年の7月7日という記録を抜き去り、何日まで記録が伸びるのかといったところ。

同じような調子で文字を書いているにもかかわらず、結構差があることに驚きますね。
確実にインクの色は薄くなってきているので終わりは近いのですが、かすれることなく黙々と働き続ける優秀な替芯です。

筆跡のせいもあり、自分の3年日記は自分で書いていてもまるで印刷物のように一定なのですが、インクの終わりが近い時のインクの薄さだけはごまかせないというか、唯一見せる人間らしさ(芯は人間じゃないけど)にほっとしたりするのでした。

とにもかくにもいついかなる時も最後まできっちり仕事をするUMR-83を自分は相当気に入っていて、他の用途で使っている替芯と合わせると次で11本目。
替芯を1箱使ったんだなと思うと、純粋にうれしくなります。
[PR]
by mukei_font | 2017-06-13 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

猫町と3年日記・その17(3年目の3年日記)。

3年目の3年日記。
この充実感がお分かりでしょうか。

2015年から始めた3年日記もいよいよ今年で3年目。
3年分書けるようになっているページの最下段に記入すべき時がついに来たのです。

もともと自分の字はみちみちとしている上、昨年からは1文字の隙間もなく行を埋めることを自分に課しました。
なので、最後の行まで書ききったページの密度たるや尋常ではありません。

こんなにも1ページに文字をぎっしり書いて使うノートというのは他にはなく、1ページが終わるごとに自分の耳にはマリオがコインを取る時のチーンという音まで聞こえるのでした。
それくらいのスペシャル感はあります。

おそらく今年も借金をためこんではまとめ書き、というぶさいくな日記のつけ方になると思います。
それでも1ページ1ページ、チーンチーンと仕上がっていくのだと思うと、連用日記の最終年というこの素晴らしい瞬間を楽しまなくては、と思うのです。
[PR]
by mukei_font | 2017-01-08 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(2)

猫町と3年日記・その16(2本目の3年日記専用ボールペン)。

今年は元日から「3年日記専用ボールペン」を使い始め、そのインクの減り方を楽しんできました。

1本目のインクがなくなったのが7月8日
今は2本目の替芯を使っているのですが、再びインクの残りが少なくなってきました。

が、前回の感じからすると、インクが残り少なくなったなと思ってからも結構使えるんですよね。
今年中には使い終わらないだろうな。

さて、もう来年のことを考えても鬼に怒られない時期になってきましたが(むしろ考えろ)、来年はどうしようかなと思っています。
来年は3年日記の3年目なので、全体の統一感を考えてもやはりシグノRT1の替芯であるUMR-83で書くべきでしょう。

問題は「3年日記専用ボールペン」の替芯を切り替えるタイミングです。
だいたい1本で半年使えると分かったし、実験はもういいか。
ボールペンも今年の続きを使おうかしら。

あるいは新たな実験をしてみましょうか。
例えば字を小さめにして文字数を多くし、2016年とインクの減るスピードを比較する実験とか?
わざと漢字ばかりの日記を書いてみるのもいいかも?

チョトマテクダサイ!

ごくごく普通の3年日記もかなりヒイヒイ言いながらなんとかかんとか続いているレベルなのです。
そういうのは3年日記が呼吸と同じレベルで生活の一部になった頃にしてみます。
永遠にそんな瞬間は来ないような気がしますが…
[PR]
by mukei_font | 2016-11-26 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

猫町と3年日記・その15(3年日記が書きやすくなることの意味)。

久しぶりに3年日記について書いてみます。

2015年に始めた3年日記ですが、忙しさに流され、相当な借金をため込みながらも奇跡的に続いています。
1日1日書くスペースが決まっているのが自分には合ったのと、やはり書く文量が少ないものを選んだのが正解でした(こちらに画像あり)。

しかしこの日記帳にも欠点はあって、それはお世辞にもページの開きがいいとは言えないこと。
もちろんこれは最初から分かっていたのですが、いまだにストレスです。

下の記事にも書きましたが、ノドの部分や小口近くの段差のある部分の書きにくさがすごい。
めちゃくちゃ字が汚くなり(自分比)、自分の死後これを見た人に「きったねえ字!」と言われるだろうなと暗い気持ちになったりするのでした。

猫町と3年日記・その8(書きにくさの現実)。

が、この書きにくさが解消される時があって、それがまさに今なのでした。
10月、11月と進んでいくうちにどんどんノドの部分が書きやすくなり、段差も気にならなくなります。
きれいに書けるようになるとうれしくなり、ああ、やっぱりこの日記帳いいかもれしれない!と思うのですが、その頃には1年が終わりかけているという…

そうなのです。
3年日記が書きやすくなってくると1年の終わりが近いという事実。
ここ数年で3年日記から学んだ最も重要なことの1つかもしれません。

さて、ここまで分かっていても、自分は再来年の3年日記の買い替え時にこの日記帳をリピートするのでしょうか。
せっかくなら同じシリーズを棚に並べていきたいという気持ちもあるのですが。
大きさは気に入っているし、いろんな色もあるしなあ。

来年のことを言っても笑う鬼は再来年のことを言ったら爆笑でしょうか。
それとも昨今の時の流れの速さに再来年くらいが来年くらいの換算になっていて、にやりと笑ってくれるでしょうか。
[PR]
by mukei_font | 2016-10-16 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

猫町と3年日記・その14(ついに3年日記専用ボールペン終わる)。

この記事だけはこの日付で書かなくてはと思っていました。

7月8日、ようやく元日から使い始めた3年日記専用ボールペンのインクが終了しました。
シグノRT1の0.38、半年以上もつんですねえ(1日の文字数等はこちらを参照)。

もうすぐインクがなくなりそう、という前回の記事を書いてから20日以上もったことになります。
ここから20日以上ですからね。
f0220714_16481280.jpg

ゲルインクボールペンは万年筆などに比べると筆記線が一定で、何の表情も見せないと思われがちですが、さすがに終わりが近づくと徐々にインクの色が薄くなり、独特の雰囲気を漂わせはじめます。

インクがまだあるのにかすれるなどすると苛々しますが、このいかにも最後が近いことを感じさせるフェイドアウト感というのは悪いものではありません。
むしろ普段はお目にかかれない、この時期だけのひかえめな色味を楽しむことができるのです。

そういうゲルインクボールペンの様子まで写し取られていく3年日記は、やはりなかなか楽しいものだなと思います。
数日ためこんではあわてて書く、ということを相変わらず繰り返してはいるのですが。
[PR]
by mukei_font | 2016-07-08 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

猫町と3年日記・その13(3年日記専用ボールペンのその後)。

久しぶりに3年日記について書きたいと思います。

今年は3年日記に関してある実験をしているのですが、覚えておられるでしょうか。
そうです。
3年日記専用ボールペンを用意し、元日から使っているのです。

猫町と3年日記・その12(来年への準備)。

詳しくは上記の記事をお読みいただければと思いますが、まっさらの替芯を元日におろし、3年日記にだけ使うように徹底して5ヶ月半がたちました(これを書いているのは6月16日)。

現在の替芯の状態。
f0220714_16481280.jpg

ここからまだかなり書けるのですが、5ヶ月半でこんな感じです。
あと半月もてば、1本の替芯でちょうど半年使えることになるのかな。
f0220714_16482048.jpg

ちなみに日記帳はこんな感じ。
文字数については以前も書きましたが、だいたい140字前後。
1日分の面積は5.5センチ×5.5センチ。
このように必ず最後の行まで埋めるようにして書いています。
f0220714_16483022.jpg

もちろん漢字が多い日の日記のほうが、平仮名や片仮名が多い日の日記に比べてインクをよく使うだろうとは思うのですが、まあ平均してこんな感じと分かるのは楽しいですよね。

この3年日記用のボールペンは、まさに3年日記にしか使わないペンなだけに、こうしてインクが減っていくのを見ていると感慨深いです。
これが細い芯の中につまっていたインクか…と自分が書いた文字をゆっくりとなでてみました。
[PR]
by mukei_font | 2016-05-15 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

猫町と3年日記・その12(来年への準備)。

今年は人生初の3年日記をつけ始めた年でもありました。

それがいかに借金にまみれた道のりであったかは、これまでにもしばしば書いてきたとおりですが(例えばこちら)、それでもなんとか穴を開けることなく続けることが出来たのはよかったです。

おそらくそれはこのブログで「3年日記を始める」と宣言したからではないでしょうか。
引っ込みがつかなくなったというか…
来年、再来年もこの調子で頑張りたいと思います。

さて、来年に向けて、前々から考えていたことを実行に移すことにしました。
下記の記事にも書いたことですが、3年日記専用のペンを作り、減っていくインクをにやにや眺めようという試みです。

猫町と3年日記・その10(やればよかったこと)。

ペンは今年と同じくシグノRT1の0.38黒を使うことにして、軸はいつぞや買ったZEBRAのサラサクリップ フレンチカジュアルにしました。
ちなみに上記の記事中でやったように、すでに軸はキメラになっています。
f0220714_2313677.jpg

エッフェル塔がかわいい。
猫町らしからぬ@@力。
f0220714_2315311.jpg

こうして衝動買いした軸が役に立つ時がちゃんと来るわけですよ。
ちなみにサラサの中に入っていた芯は0.5なので家族に提供しました。
来年が楽しみ!(30分後やん)
[PR]
by mukei_font | 2015-12-28 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(2)

猫町と3年日記・その11(記録的借金と空白の1日)。

今年から連用日記を始められた方、というのが結構おられたように記憶しているのですが(こちらの記事のコメント欄参照)、皆さんあれからどうなりましたか。

猫町はなんとかかんとか続けております。
ここにも何度も書いているように、ためこんではまとめ書きするという、とてもほめられたものではない泥臭いやり方でかじりついています。

が、やはり11月は忙しすぎました。
気がつけば3年日記の借金が雪だるまもびっくりなことに。

あまりにもひどいありさまで、さすがにこれは笑えないなと思ったのですが、連用日記の友たちを励ますために正直に告白します。
最大借金は20でした。

20日分もまとめて日記を書くなよ…という話ですが、どうしても日記帳に穴を開けるのは嫌だったのです。
借金返済は、日々のToDoを見返したり、各種ダイアリーの痕跡を見たりしながら記憶を掘り起こし、文章にしていきました。

が、どうしても1日、まったく何の痕跡もない日があり、これには困りました。
店の売上帳を見ても印象的な出来事がなく、その日はたまたま料理も作っておらず、あろうことかToDoも書いていません。

よほど忙しかったのでしょう。
でも何に?

結局携帯メールの履歴から、その日の明け方に怪しげな夢を見ていたことが分かり、そのあたりのことを書いてごまかしました。
びゅんびゅん流れて行く時の流れって、時々本気で尻尾をつかませませんね。

ともあれ、1年目の3年日記もあと少しで終了です。
2年目、3年目も根性でかじりつき、全ページを自分の字で埋めつくすことができるでしょうか。
[PR]
by mukei_font | 2015-11-24 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(6)

猫町と3年日記・その10(やればよかったこと)。

3年日記を書き始めて半年が経過したことは先日書きました。

このあたりで、最初からこうしておけばよかった…的なあれこれについて書いておきます。
来年以降、あるいは次の3年日記を買う際に気をつけてみたいと思います。

まず1つめは、筆記具の消費量についてきちんと管理しておけばよかったということ。
自分はシグノRT1の0.38の黒を日記用に使っているのですが、3年日記に使い始めてからインクの減りが速くなりました。
毎日すべての行を埋めるほど書いているので、それは当然の結果といえます。

しかし、どこまでが3年日記の影響か分からないのです。
そこで考えたのが、3年日記のスタートと同時に新しい替芯をおろし、そこから純粋に減り具合をチェックすればよかった、ということでした。

要は3年日記用のペンを作り、インクの減りを記録するのです。
これは来年から早速着手してみましょう。

2つめも記録管理系なのですが、次に目を付けたのは重さです。
ページの3分の1がすでに字でぎっしりになった3年日記を眺めていると、もしかして全ページをぎっしり文字で埋めると、吸い込んだインク量で日記帳の重さも重くなるのかなと思ったわけです。

もちろん使用前と使用後とで重さが変わったとしても、それはインク量だけの問題ではないのかもしれません。
汚れや手脂も吸い込むでしょうから、重さの内訳は分からないかもしれません。
そもそもインク量にしても汚れにしても、キッチンスケールなどでは細かすぎてその差を量れないかもしれません。

が、やってみたいじゃないですか。
そしてやってみるなら、やはり初年度のピカピカの状態の重さを量っておきたかったなと思いました。
ということで、これは次の3年日記を買う時に着手してみます。

いろいろな実験や観察には時間が必要です。
3年日記はひたすら時間をかけるものなので、実験や観察とは非常に相性がいい気がします。
連用日記にはそういう楽しみ方もあるのではないでしょうか。
[PR]
by mukei_font | 2015-07-07 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)