猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(55)
(33)
(17)
(10)
(9)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>あるけみさん 自分も..
by mukei_font at 23:33
>あるけみさん このジ..
by mukei_font at 23:32
>慎之介さん 自分は最..
by mukei_font at 23:32
>ゆずなさん なるほど..
by mukei_font at 23:31
>YASさん 偵察あり..
by mukei_font at 23:29
>パソ活さん ギャザリ..
by mukei_font at 23:29
>芦原英幸さん はじめ..
by mukei_font at 23:27
>cheery_boxさ..
by mukei_font at 23:27
>あるけみさん 帆布は..
by mukei_font at 23:26
>ともこさん ともこさ..
by mukei_font at 23:24
>YASさん 自分は「..
by mukei_font at 23:23
>YASさん 文房具も..
by mukei_font at 23:23
>焼き魚さん 猫町の記..
by mukei_font at 23:17
>たまみさん S20…..
by mukei_font at 23:16
>YASさん 連用日記..
by mukei_font at 23:15
>YASさん ジュース..
by mukei_font at 23:14
>YASさん いろいろ..
by mukei_font at 23:13
>あむさん その節はあ..
by mukei_font at 23:13
>Kさん アンケート!..
by mukei_font at 23:11
>T君 半年以上前のコ..
by mukei_font at 23:10
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:その他筆記具( 45 )

三菱・プロパスウインドウ〈クイックドライ〉。

まあそんなこんなで相変わらず文房具屋や100円ショップをふらふらしています。
田舎なので新商品等の入荷は遅いのですが、いつか手に取れればいいや的なゆるさで楽しんでいます。

が、通販してでも欲しかったのがこちらの蛍光ペン。
三菱・プロパスウインドウ〈クイックドライ〉
f0220714_901182.jpg

勉強がらみで蛍光マーカーを使うことが多くなってきたのですが、一番困ったのは乾きの遅さでした。
蛍光マーカーを引いたページをうっかりめくって戻ると隣のページにべったり…

でも、乾くのを待っていると案外時間がかかり、地理→歴史→理科→地理とはしごしながら勉強する羽目になり、記憶の定着には案外こうした勉強法もいいのかもしれませんが(適当)、自分は何をやっているんだ!みたいな感じになってしまい…
そこでこちらの蛍光ペンに強く心惹かれた次第です。

蛍光マーカーを遠巻きに見ていた時は、派手すぎない色のZEBRAのマイルドライナーに心惹かれたものですが、中学生の教科書は想像以上につるっつるでマイルドライナーなど薄すぎてまったくお呼びではありませんでした。

もちろん蛍光マーカーの善し悪しは紙質や用途に左右されます。
マイルドライナー向きの紙質があることも容易に想像できます。
が、少なくとも理科や社会の教科書に自分が求めるのは、適度に目立ちつつ、乾きの速い蛍光マーカー。
目立ってほしいし、素早く乾いてほしい。

で、プロパスウインドウ〈クイックドライ〉なのですが、確かにコクヨのWiLLのマーキングペンよりは速く乾きます。
が、色が薄いので何度も重ね塗りしてしまうという欠点もあり、結局あまりクイックドライ感を体験できていないような…

使い初めだから色が薄いのかな?
それだけ教科書がつるっつるなんですよね。

ちなみに「ウインドウ」はあまり役には立っていません。
クルトガがない世代の人間がセルフクルトガをするように、窓がなくても普通にマーキングできるのです。

もちろん1ミリもはみ出さないのか?と言われると困りますが、そんな厳密な作業はしていないので。
それに「お、これが窓か?どこを見るんだ?ここを見るのか?なんか遠近感がおかしいぞ?いつ止めるんだ?うわっはみだしてもた…」を何度かやってこりました。
できるだけ窓はのぞかずに使っています。

しかし、蛍光マーカーというのもなかなか楽しい世界ですね。
少し前には知らなかった世界に足を踏み入れることにわくわくします。
いよいよ学生チックに楽しんでいきたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-10 23:59 | その他筆記具 | Comments(2)

つるつるした年賀状に書ける筆記具(ギャザリー掲載)。

このたび、「つるつるした年賀状に書ける筆記具」についてまとめ記事を書きました。

つるつるした年賀状に書ける筆記具~マーカー・サインペン篇~
f0220714_2253165.jpg

ブログの借金のことも非常に気になってはいたのですが、この時期に書いておかないと、また1年間もやもやした気持ちで過ごす羽目になる、と一念発起しました。

というのも、毎年この時期になると、「つるつるした年賀状にも書ける筆記具。」という2010年に書いた記事へのアクセスが増えるからです。

すでに改訂済ですが、タイトルの割に不完全な記事で、検索でこんな記事にたどりついてしまった人たちすみません、という気持ちでいっぱいでした。
検索している人はきっと切羽詰まっているのに。

で、毎年この時期に(もっとちゃんとした記事を書かなくては)という気持ちになり、しかし忙しさでそれもかなわず、本当に情けない気持ちになっていたというわけです。

そんなこんなで、今回ようやく少しはまともな記事を書くことができました。
実験らしきものも行い、リアルな写真もあります。
ただしむちゃくちゃ汚いです。

理由は3つあります。

理由1:試筆のしすぎ
理由2:焦る気持ち
理由3:もともと字が汚い

試筆のしすぎ、というのは記事をお読みいただければお分かりかと思いますが、やはりかなり書きました。
できるだけきれいに書けたものを写真に…と思ったのですが、試筆ハイになり、あのざまです。
また、実験用の紙(インクジェット写真用〈光沢〉葉書)に限りがあり、清書する余裕もありませんでした。

焦る気持ちというのは、前述のように「この時期に書かなければ」と非常に切羽詰まっておりました。
昨年の自分の計画では、11月あたりからもっとすごい実験を繰り広げる予定だったのですが…

そして結局最後はもともと字が汚いというオチ。
自分の字のまずさを自分の字と相性のいい筆記具でごまかしながら生きている身としては、普段それほど使わないペンというのはなかなか容赦がありません。

まあそんなことはどうでもいいですね。
とにかく、本文をお読みいただけたらと思います。

ペンのスペックだけを並べても仕方がないので、実験らしきものを行い、その結果順にペンを紹介しています。
上位のペンたちは予想通りかもしれませんが、紙のつるつる度によっては案外活躍するペンもいて、なかなか楽しかったですよ。

しかしまあ、こんなに短いスパンでまとめ記事を書くのはあまりないことで、先日のまとめ記事と合わせて15000字以上…
ほとほと疲れました。
今年の長文はこの辺で仕事納めということにさせていただきたく…
[PR]
by mukei_font | 2015-12-01 23:59 | その他筆記具 | Comments(6)

ボールペンの愛し方(ギャザリー掲載)。

このたびギャザリーにまとめ記事を書きました。

身近な相棒!ボールペンの愛し方~今年も始まるOKB48(お気に入りボールペン48)選抜総選挙~

先日の記事でふれた、OKBについてこれまでに思っていたことをふまえて書いたまとめ記事です。

ボールペンが好きっていったいどういうことなのか。
われわれはボールペンのどこに心惹かれているのか。
ボールペンはどのように比較すべきか。
ボールペンへの愛はどの程度まで説明可能か。

というようなことを考えながら、つらつらと書きました。

ボールペン好きの方、理屈っぽいことを考えるのが好きな方、長文好きの方はぜひお読みください。
特に長文好きの方、8000字以上ありますので、繰り返しお読みいただければと思います。

また、そうではない方もざっと流し読みしていただければ幸いです。
何しろこういうまとめ記事は普段のブログ10本以上の内容があると思いますので。

どうしても長文が苦手な方は写真だけでもご覧いただければと思います。
実はこの記事は写真がおもしろいんですよ。
見どころが3つあります。

1つめはボールペンのサンプルとして載せた写真が廃番のボールペンだらけである点。
あかんやん…
いつの間にかそうなっていたようです。

2つめはハイブリッドテクニカのニードルチップの写真が綺麗に撮れた点。
やっぱりあんさんが一番や!

3つめはどさくさにまぎれてトップの画像がさりげなく猫町のOKBになっている点。
もちろんセンターはあの方々。
画像が小さいですが、視力のいい方はチェックしてみてください。

なお、第5回OKB48総選挙にエントリーされていないボールペンへの愛はこちらで叫んでください。
叫ぶだけではなく、理由などをせつせつと語っていただいても結構です。
猫町も叫びに行く予定です。
[PR]
by mukei_font | 2015-09-25 23:59 | その他筆記具 | Comments(8)

ボールペンが書けなくなる原因とその対策(ギャザリー掲載)。

このたび、「ボールペンが書けなくなる原因とその対策」についてまとめ記事を書きました。

ありがち!ボールペンが書けなくなる原因とその対策

ボールペンが書けなくなる原因を6つあげ、それぞれについての対策を述べる形で展開しています。

通常は原因1~4で十分なのですが、どうしても5や6についてもふれたいと思いました。
が、5についてはまだまだ補足したいことがあり、後日こちらで書かせていただければと思います。

しかし、書きに書きました。
長文好きの方、今回は9500字以上の長文ですよ。
もうこういう長文は書きませんので、存分に楽しんでくださいね。

ボールペンのトラブルに関するあれこれは、自分の短い文具店員生活がぎゅっと詰まった、一番濃厚な部分です。
お客さんに正確に説明したくて、また自分自身が心から理解したくて、いろいろなことを貪欲に学んできたなと思います。

前回同様、今回もまたこのブログの読者の方は読まなければなりません。
mustです。

ボールペンの芯やインクを本気で研究している人には到底かないませんが、素人が知ることのできるぎりぎりのところまでは知りたいといつも思っていました。

そのあたりのことをぎゅうぎゅうに詰め込んだまとめ記事です。
どうぞよろしくお願いいたします。

しばらくこの記事を一番上に置き、過去の記事を投稿していく形にします。
読んだことのない記事が下にあったら読んでみてください。
[PR]
by mukei_font | 2015-06-30 23:34 | その他筆記具 | Comments(6)

学生時代に出会いたかった文房具・筆記具篇(ギャザリー掲載)。

新年度が始まりました。
子どもの頃は意味の分からなかった「年度」も、今は一つの節目なんだなと思いますね。

さて、このたびリクルートのキュレーションメディア「ギャザリー」に記事を掲載していただいています。

今からでも使いたい!学生時代に出会いたかった文房具☆筆記具とその仲間篇

ということで、日々中学生を見つめていて思うあれこれを記事にしてみました。
記事にする際、ブログを読んでくれている友人にメールで意見を聞いてみたのですが、「私(おばあさんの絵文字)の頃は○○も××もなかったんだーーー」という涙なしでは読めないメールの応酬、文房具の進歩をかみしめました。

記事に挙げた文房具は、厳密には「出会いたかった順」というわけではないのですが、やはり優先順位の高いものから並べています。
どれどれ、と見出しだけでも眺めていただければと思います。

便利な文房具が当たり前にある時代に生きる人に、それが当たり前になかった時代のことを想像してもらうことは不可能で、そのようなことは求めてはおりません。
自分とて、自分の親の世代の不便さは想像できないからです。

自分はむしろ自分と同世代の人に問いかけてみたいと思いました。
昔はこんな便利なものなかったですよね、今はずるいですよね、でも今からでも使いたいですよね、というふうに。

なお、記事中にも書きましたが、上記の記事は1970年代に生まれ、1990年代に学生時代を終えた人間が書いています。
ジェネレーションギャップを微妙に補正しながら楽しく読んでいただければと思います。
[PR]
by mukei_font | 2015-04-01 23:59 | その他筆記具 | Comments(2)

ギャザリー掲載のお知らせ(単色ボールペンをプレゼントする)。

コラムやまとめ記事のご紹介が続いてしまってすみません。
バレンタインまでに書くぞ、と気合いを入れて書いたのでご紹介します。

筆記具をプレゼントする~単色ボールペン篇~

とんでもなく長くなってしまい、これはチョコレートにプラスアルファのプレゼントを軽く探している女性の役に立つことはないな…と気づいたのですが、引き返せず突っ走りました。
しかし、書いたからには一人でも多くの方に読んでいただきたいと切に願っております。

以下の項目に該当される方はぜひ。

・ボールペンが好き
・替芯が好き
・舶来のボールペンにも興味
・この先誰かにボールペンをプレゼントすることがあるかもしれない
・長い文章を読むのが好き

特に最後の項目に該当される方はぜひ。
今までで一番長い記事になっております。

そして恐ろしいことに続篇があります…
[PR]
by mukei_font | 2015-02-11 23:59 | その他筆記具 | Comments(4)

カラーペンの意義。

初夢はいかがでしたでしょうか。

普段から夢日記に関心が高い小生は、「夢日記」として何冊もノートを使ってきたわけですが、昨年の後半から、普通の日記(内面系)に混ぜて書くようになりました。
その日の見出しに「夢日記」と付けて。

が、書いている最中から(これは分かりにくいな)と感じており、年が変わったら色分けしてみようかと考えていたのです。
それを実行する時が来ました。
すなわち、日記(内面系)は黒色、夢日記は青色で書くという風に。

本当は内面系の日記をさらに色分けする野望もあったのですが(内面系といってもいろいろあるので)、持っているペンが青系のペンばかりで、その濃淡で分類するのは視認性としていまいちと判断し、見送りました。
そうなんです、ここで求められているのは視認性であり、見た目の美とかではないんですよね。

1冊のノートを多用途に使う際、結局あとで一番分かりやすいのは色分けだというのが自分の結論です。
それも見出しだけ色分けするのではなく、そのページ全体を特定の色で書いてしまうくらいの色分け。
付箋などでは間に合わない気がするんですね。

ということで、自分も複数の色を使い分けることを考えました。
多色ペンは書き味的に嫌なので、単色のゲルインクボールペンであるシグノRT1あたりでやってみようかなと。
しかし、シグノのピンクやバイオレットを使いこなしている自分がどうしてもイメージできず…まあ今はやめておこうということになりました。
年初なので始めるなら今、なのですが。

とまあ自分は弱気にも黒と青でやりますが、色分けは1冊のノートを複数の用途で使う時に絶対に便利だとは思うわけです。
普通のノートは、ルーズリーフやリヒトのツイストリングノートのようにページを差し替えできません。
その不便をなんとかいろんな方法で乗り越える必要があり、それが色分けだったり、付箋だったり、インデックスだったり、ノートを前からと後ろからと使う方法だったりするんですよね。

先ほどは始めるなら年初である今、と書きましたが、自分さえよければ年中機会はあるわけで、今年もいろいろ楽しみながらノートを使っていこうと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2015-01-02 09:37 | その他筆記具 | Comments(2)

君たちの名は。

先日の万年筆再会物語には続きがありまして、親切な読者の方は「おまけ」と称してたくさんのおもしろいペンを一緒に送ってくださいました。
本当にありがとうございます。

こちらはなんとなく見覚えがあるペンたち。
働いていた文房具屋の片隅にまだ残っていたか、ストックの中にひっそり横たわっていたか…
ボールペンとシャープペンが出ていたようですね。
f0220714_19413459.jpg

なるほどS'ACCO200という名前だったのか…
ボールペンはK-0.7芯が入るタイプ。
手もとにあったUK芯を入れてみたりしてしばし楽しみました。
グリップがジムノック路線の地味なグリップで好みです。
f0220714_19415812.jpg

あ(豆電球)。
これ猫町文具店(仮)で販売しているやつの仲間だ。
この人、シャープペンなんですが…
f0220714_19421889.jpg

同じロゴ!
そうか、あのペンはこのペンの廉価版だったのか。
頭の中でつながっていなかった。
ZEBRAで結構人気のシリーズだったのかな…
f0220714_19423946.jpg

ちなみにこちらのシャープペンは「新素材マティロ」なるものでできているようです。
「ボディーが、汗を吸収しベトつきません」とのこと。
もしかして今の季節にぴったり?
f0220714_19425524.jpg

一方こちらはまったく知らなかった人たち。
三菱から出ていたシリーズのようですが、ボディには「she's」とあります。
ノック部分がまんまるでかわいいし、女性向けのシリーズだったのでしょうね。
どんなカラー展開だったのか気になります。
f0220714_19431416.jpg

こちらもボールペンとシャープペンが出ていた様子。
ちゅるんとした握り心地がおもしろいのと、一見どこが開くのか分からない構造も魅力的(特にシャープペンシル)。
ボールペンはSJ芯が入っていますね。
ちょっとぜいたく路線だったのかな?

こうした一瞬市場に出たもののロングセラーにならずにひっそり消えて行ったシリーズ、というのはなぜか心惹かれるものがあります。
いや、あるいはそれが普通なのかもしれません。
ジェットストリームやフリクションのように、世間の人が当たり前のように口にするアイテムが特別なだけで。

これからも、こういうひっそりした人たちに出会いたいし、見守っていきたいと思います。
このたびは貴重なものをありがとうございました。
[PR]
by mukei_font | 2014-07-25 19:51 | その他筆記具 | Comments(12)

最近の三菱鉛筆。

長々とした記事を書いているうちにもう3月ですね。
連日字だらけの記事をお読みくださりありがとうございます。
常々思うことですが、当ブログを好んで読まれている方はきっと長文を読むことに抵抗のない方ですよね。
感謝しています(と同時に反省もしています)。

さて久しぶりに三菱のHPを見てみたら、ジェットストリームやスタイルフィット、クルトガの限定バージョンが出るようですね。
女性社会人向けの「ジェットストリームコスメティックカラー」と、男子学生向けの「スタイルフィットグラデーションカラー」、「クルトガブラックブルー」とのことですが…

プレスリリースの写真を見る限り「コスメティックカラー」の色展開は今までもあったような気がするし、「スタイルフィットグラデーションカラー」はPILOTのフレフレスプリンターのグラデーションを思わせるスポーティな感じもしますよね(バイカラーではないけれど)。

まあ、そういうのが人気なのかもしれない!
オシャレのことは分からん!

と思いつつ、なんだか最近の三菱はジェットストリーム、スタイルフィット、クルトガのデザイン違いばかり出している気がして、それだけそれらのアイテムに自信があるんだろうし、手堅く手広く売って行こうということなのかもしれないけれど、ちょっとさみしい気持ちもしたりなんかする猫町でありました。
[PR]
by mukei_font | 2014-03-03 18:20 | その他筆記具 | Comments(12)

ねこまちの失敗(BGM~ぼくたちの失敗/森田童子)。

順番に書いていきたいと思います。
まずはバレンタインのあたりから。

実はミスをしてしまいました。
こんなに筆記具筆記具言っているのに初歩的なミスをしてしまったんです。

ミスその1。
レターパックライトの宛名書きをゲルインクボールペンで書いてしまった。

あー馬鹿な馬鹿な猫町。
なぜか頭の中が「いつもより大きな字を書かなきゃ」ということでいっぱいで、いきなり0.7のゲルインクボールペンを手にしてしまった猫町。
2行目を書く時にもう失敗に気づいたというか、うわ、これかなり乾くのを待ちながら書かなあかんやつや。

バレンタインの発送がギリギリになったこともあり、内心焦ってはいたのですがそうも言っておれません。
なんせ宛名ですから。
こすれてぐちゃぐちゃになってはいけないわけです。
それに悔しい。
猫町何やってんだと思われたくない。

…頑張りました。
できるだけこすらないように、乾くのを待ちながら慎重に慎重に書き上げました。
ペンの太さにこだわっただけあって、仕上がりは悪くありません。
が、輸送中のハードさに耐えられるかどうか。
つるつるの紙に顔料インクが貼り付いているだけなわけで、強くこすると汚れてしまうかも。
字が消えてしまうことはないにせよ、美しくはないはず。

嗚呼、なんでマーカーを使わなかったんだろう。
そこは三菱のパワフルネームでしょうよ。
実際そう思ったのですが、マーカーの悲しさはその使用頻度の低さからしばしば肝心な時に死亡しておられるということ。
それでついゲルインクボールペンに手がのびてしまったのでした。
いろいろ失格な猫町。

せめて。
せめてそこは1.0以上の油性ボールペンを手にすべきだった。
ゲルインクはインクの湧出量も多いし、あの紙にゲルインクはちょっと無理すぎました。
このド素人が!

ミスその2。
つるつるめのポストカードにゲルインクボールペンで書いてしまった。

あー馬鹿な馬鹿な猫町。
なぜか頭の中が「手紙といえばゲル」ということでいっぱいで、いきなりいつものハイブリッドテクニカの0.4を手にしてしまった猫町。
ポストカードはいろんな紙質があるから要注意なのに…

もっとも先ほどのレターパックとは違い、こちらはメッセージを考えながら書き進めていったのでなかなかその間違いに気づきません。
が、さっきからなんでこんなに時間がかかっているのかと我に返ればインクが乾くのを待つ時間の長さが尋常ではなかったという…

もちろん吸取紙をずらしながら書いているわけですが、とにかくインクを吸いにくい紙らしく、書いた文字に吸取紙をあてるとそのままインクを全部持って行かれるありさま。
吸取紙についたインクの再転写にも要注意です。
またポストカードにメッセージといっても数行だけ書くわけではなく、4ミリ四方くらいのちまちました字でポストカード一面を埋め尽くすということを始めたもので(好きでよくやります)、この作業のはてしなさにめまいが…

手紙なんて元来一気に書き上げるものなのに、一行書くごとにある程度乾燥させる必要があり、非常に牧歌的なペースの作業に。
最終的には無事に書き上げ、こちらはプレゼントの中に入れるものだったので乾かしておけば輸送中のことまで心配しなくてもよかったのですが、簡単に言えば筆記具の選択を間違えたのでした。
いろいろ失格な猫町。

確かに手紙にはゲルインクボールペンがいいかもしれない。
が、それは紙質と相談してのこと。
今回は油性ボールペンを使うべきでした。
ポストカードくらいの厚さになるとにじみ抜けの心配もしなくてもいいのでジェットストリームで素直に書けばよかったんです。
このド素人が!

このように、普段さんざん筆記具筆記具と言っているわりに初歩的なミスをおかしてしまったわけですが、これって案外持っている筆記具の種類が少ない人のほうがうまくいったケースかも。
例えば家にZEBRAのマッキーとどこかでもらった油性ボールペンしかない人とか。
レターパックをマッキーで書いて(ちょっと字が細くなるけど油性ボールペンで書いてもいい)、ポストカードを油性ボールペンで書いてさらっと解決。

Oh…
自分はいったい何をやっているんだ…
何のための知識とコレクションなんだ…
悩みを深めながら、それでも生きていかざるを得ない猫町でした。
[PR]
by mukei_font | 2014-02-19 23:59 | その他筆記具 | Comments(6)