猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(19)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
はじめまして。 いい青..
by 地井 at 02:46
書店は交換ってダメなんで..
by alchemie0629_a20 at 01:29
自重すること無く、買えな..
by alchemie0629_a20 at 01:39
Q1:オレンジ Q2:..
by uaa at 21:32
ひんやり万年筆 青軸さ..
by GB at 11:47
どのようなモノか実際見て..
by GB at 11:32
地元の(面倒な場所にある..
by alchemie0629_a20 at 09:09
猫町さん、こんにちは。 ..
by 慎之介 at 17:26
お久しぶりです。参加させ..
by とに at 11:55
こうゆう週間ブロック?の..
by なぎねこ at 17:30
包装紙って、色柄だけじゃ..
by ふりふりばなな at 22:34
Q1:水色と黄緑と赤(ピ..
by えぬ at 23:30
白玉だんご@次回本番2月..
by mukei_font at 14:51
さくさん(Twitter..
by mukei_font at 14:35
れとさん(Twitter..
by mukei_font at 14:35
私も横に使って、軸が三角..
by あむ at 06:22
①自宅ではクレジットのチ..
by はにわ at 23:33
A1)最近はグリーン ..
by あむ at 20:49
はじめまして。いつも楽し..
by h26_tomy at 20:05
A1:黄色. 次点でピン..
by K at 18:42
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:筆記具・多色、多機能( 42 )

ラスボス登場!フリクションボール3。

2011年もいよいよ大詰め。
ラスボス、ついに登場です。

フリクションボール3。

PILOTが誇る消せるボールペン、フリクションの3色ペンが本日入荷。
まだPILOTのHPの新商品情報は更新されていませんが、もう店頭に並んでいるのだから大丈夫なはず。
9月の展示会以来、約束どおり一言ももらしませんでしたからね。

多色ということで芯はもちろん多色用の細い芯があらたに登場。
ただ芯を細くするのにも限界があったとみえてボディはややむっちり系。
それでも夢にまで見たフリクションの多色、多少むちむちであろうが問題ナッシン、でしょ?

価格は¥600(税抜)。
単純計算でキャップ式のフリクションボール3本分の価格ですが、インクはおそらく猛スピードでなくなるはず。
シャーボxのゲルのリフィルの減るスピードのイメージでいいのではないかと。
それでも、それが分かってても欲しかったんですよね、待ってたんですよね、フリクション信者たちは。

フリクションボール3が店頭にやって来た時の同僚たちの顔。
誰一人フリクションユーザーではないにもかかわらず、それでもどれほどそれが皆に待たれていたものであるかは文房具屋の店頭に立つ者なら誰しも分かること。
全員の体温がふわあっと上がったのを感じました。

折しも町はクリスマス+年末ムード。
サンタの帽子をかぶってレジ打ちするコンビニ店員、街角で年賀状を売る郵便局員。

ラスボスフリクションボール3はもう文具業界のお祭りだからわれわれだってやってみたい。
赤い帽子をかぶって店の前で呼び込みしたい。

待ちに待ったフリクションの多色が出ました!
消せるボールペンの3色です!
もう何本も持ち歩かなくていいんです!
手帳にはこれ1本でいいんです!
え、消せるんですよ、ボールペンなのに。あ、まだご存じじゃない?どうぞ店内でお試しくださーい!

ただし、たぶんこれすぐに品切れになる予感。
特に替芯。
生産が追いつくかどうかはPILOTしだい。

呼び込みどころか目立たないところにそっと什器を置いただけで目ざとい人は素早くレジに持って来ています。
そのスピードたるや。

急げ、信者たち!
[PR]
by mukei_font | 2011-12-08 21:00 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(4)

ZEBRA・シャーボxにドット柄。

おはようございます。
忘れないうちに書いておこう。

昨日ZEBRAから素敵な商品が入荷しました。
シャーボxにドット柄の限定軸新登場。

最初店頭に貼られたポスターを見た時は(まーたドット。まーた女子)と舌打ちしたものですが、これはなかなかいい感じ。
ひかえめな軸色とひかえめなドット。
上品でとてもきれいです。
プレゼントをもらってこれだったらうれしいんじゃないかなあ。

「クールなドット柄」のほうはドット柄だということすら感じさせないスタイリッシュな感じが男性に受けそうな雰囲気。
スタッフの評判も上々。
これ定番の軸にしてもいいんじゃないかしら。

しかし上記HPの「キュートなドット柄」の説明文、「書く度ごとに、心がすこし弾みます」。
「心が弾みます」でええやんな。
なんかこの「すこし」さみしい(表記も含めて)。
そこまでひかえめにならんでいいよ。

そんな感じの新商品です。
[PR]
by mukei_font | 2011-11-15 07:16 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(0)

トンボ・リポータースマート。

連日たくさんのアクセスとコメントありがとうございます。
「妄想ツアー」への期待(?)が高まっていますが、さて、休日に自宅から一歩も出ない小生にそのような行動力があるかは不明。
でもやったら楽しいと思うんですよね。

というか、こうしてブログのコメント欄やメールでいろいろ込み入ったやりとりをしていると、あーもー店に来てくれたら一発で解決やのに、とか、せめて電話で説明したいぜ、とか思うわけでして。
いや、そういう場合は皆さんの町にある文具店員を利用すればいいのか。
そうですよ。
小生ができることは大抵の文具店員ができますし。
皆さん、業界の活性化のためにも何でもがんがん店員に聞いてやってください。

小生いらんやん。

でもまあなんかいつかやってみたいです。
「紙切れを文房具に変える魔法ツアー」もしくは「諭吉を平等院鳳凰堂に変える魔法ツアー」を…

というわけで、今夜はトンボの新商品をご紹介。
先月行った文紙MESSE2011で見た新商品が休憩室にあったので激写。
低粘度の油性多色ボールペン、リポータースマート。
要するにリポーターの新油性バージョン。
f0220714_23501566.jpg

なかなかかっこよくないですか?
小生だけ?
文紙MESSE2011で見た時の感想にも書いた気がするけれど、グリップ部分のドットがなんかそそるんです。
ドット嫌いなのに。
なんかこのドットは媚びてなくていい。

ちなみに透明軸が2色、赤色軸が3色、青色軸が4色の見本。
それぞれ本体価格が250円、300円、350円(税抜)。

軸は軽いし、透明軸などは安っぽさから脱却できていない気がするのですが、クリップが頑張ってるでしょ。
形もつや消しの感じ(こだわりのメッキ処理)もなかなか素敵。
これは胸元にさしてもかっこいいですよ、デキるビジネスマンの皆さん。

さらにこのリポータースマートにはトンボの新ロゴが。
f0220714_0091.jpg

軸の中ほどのトンボが見えるでしょうか。
結構リアルな虫感のあるトンボのニューロゴです。

で、肝心のインクですが、まあちょっと試筆しただけでは分からないし、当方0.5ユーザーなのであまり濃いコメントはできないのですが、引き続きしつこく試筆した感じではそう悪くない印象。
カラーインクの発色もいい。

最初はトンボの芯を使い、ゆくゆくは中身をジェットストリーム化するのもあり。
シャープペンがついていない多色軸なので、嬉しい人は嬉しいかも。

まあいきなりカスタマイズも悲しいので、とりあえずはトンボの「低粘度スマートインク」を試してみましょう。
[PR]
by mukei_font | 2011-09-15 00:09 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(4)

これでいいのか?ビクーニャ多機能(後篇)。

これはあかんで。

ビクーニャ多機能のシャープ部分のレバーノックが甘すぎる件についての話の続き。

先にも書いたようにこの件はお客さんからのクレームによって発覚した。
ビクーニャ多機能を買って行かれたお客さんがすぐに戻って来られ、「これすぐに戻ってまうで(パン!とシャープ部分のレバーノックが戻るのをやってみせながら)。簡単に戻らんやつに交換してもらお思たけど、そこにあるの全部見たけど全部戻るで」。

当然のことながらお客さんは少し怒っている。
とりあえず返金を申し出るが、お客さんの求めているのはそういうことではなかった。

接客をしているとクレームにもいろいろなパタンがあることが分かる。
どうしてそうなったかという説明などはどうでもよく、ただただ交換や返金を求められるパタン。
どちらかというと説明の方を重視し、メーカーからの正式回答を要求するパタン。
説明も気になるし、物も欲しいので、同性能の代替品を一緒に探すことになるパタン。

今回は3番目。

幸い小生は2番目のパタンと3番目のパタンには強い。
自分自身説明や理屈が好きなのでその気持ちが分かるし、ある程度はだいたいその場で説明できるからである。
そのかわり、1番目のパタンとは相性最悪。
説明をすればするほど火に油。
要注意なのだ。

で、今回はうまくはまった。
ビクーニャの多機能を買ったわけでも使ったわけでもなかった小生には初めての発見だったというのもあり、逆に教えられたことに感謝。
お詫びしながらお客さんの話に耳を傾け、お客さんが何を求めておられるかを聞き出す。

お客さんは細身の多機能が欲しかった。
ビクーニャにしたのは他メーカーのそれに比べてボディが細いのが気に入ったからだった(なるほど、ビクーニャの多色や多機能が売れているのもきっと細身が受けているからに違いないとその時悟る)。

というわけで、ビクーニャ多機能以外でこれらの条件を満たすものをあれこれ探すことに。
同時にビクーニャ多機能にしたような「軽く衝撃を与える実験」も行い、それぞれのレバーノック強度も見ていくことになった。

さらに話を聞いてみると、多機能でも「赤」は別にいらないという話。
要するにシャープペンとボールペンがあって細身のもの。

まず候補に挙がったのは、三菱のB'sとPILOTのFEED 1+1、プラチナのダブルアクションの1+1。
このうち、B'sとFEED 1+1はボディの太さで却下。
ダブルアクション1+1は細身ボディの評価が高く、これに決まりそうになったが、インクが普通の油性インクである点に気づいて保留。

ビクーニャ多機能で試筆されていたので、やはりなめらか系の油性がよいということになり、もうそうなればカスタマイズ系に走るしかない。

小生の提案はスタイルフィット。
3色ホルダーにジェットストリームとシャープ機構だけを入れる。
ボディもまあ細い方だし、いかがでしょう。

結局これに決まった。
あれやこれや候補を挙げながら、真面目な顔で「軽く衝撃を与える実験」を続ける小生がなんだか楽しかったらしく、最後は笑顔で帰って行かれた。
めでたしめでたし。

めでたしめでたし…じゃねえ。
どーすんだこれ。
お客さんはいいのを見つけて買って行ったけど、どーすんだこれ。
こらーぺんてる!

とりあえず担当者が来たらクレームだな。
おそらく市場に出回りまくっている商品なのでどの程度回収されるかは分からないが、メーカーも馬鹿じゃない。
例えばジェットストリームの4+1が初めて世に出た頃、消しゴム部分のキャップが外れやすすぎるというクレームが相次いだが、その後三菱はあの部分を改良したと聞いた。
今回も期待したいところ。

さらに今日あれこれ考えていたのだが、ビクーニャ多機能ってスリッチーズ2+1とほぼ同じ作りなんですよね。
店頭で両者を比べてみてもレバーノック部分のデザインも同じ。
おそらくスリッチーズ芯のお尻に付けるやつをビクーニャ多色芯に付けたらスリッチーズにも入ると思うのだが、じゃあスリッチーズ2+1も衝撃でパン!とレバーノックが戻るのか?

さっそく小生のスリッチーズ芯を入れて実験。
が、ノック戻らず。
あれ?
ビクーニャ多機能とスリッチーズ2+1のどこが違うんだろう…
さらに追究すべしだな。

とりあえず今はこんな感じであります。
実際に使われている方がおられましたら、ぜひ使い勝手などについて教えていただけたらと思います。
もしかして大阪近辺に出回っているものだけが不良品なのかも…
[PR]
by mukei_font | 2011-05-17 01:02 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(4)

これでいいのか?ビクーニャ多機能(前篇)。

あっという間に月曜日。
久しぶりに文房具から離れた週末を過ごしておりました。

さて、書くと予告した3つの文房具のうちまずはぺんてるのビクーニャ多機能から。

ビクーニャのラインナップがずらりと増えたのが2月末。
もうどこの店頭でも展開されていると思うのですが、皆さんはカラーインクや0.5、あるいは多色や多機能を購入されましたか。

当店の印象ではいわゆる新油性ボールペンの売れ行きは、

三菱のジェットストリーム
ぺんてるのビクーニャ
ZEBRAのスラリ
PILOTのアクロボール

の順。
データを取ったわけではないが、レジのスタッフ共通の意見。

ジェットストリームの次に売れているのは間違いなくビクーニャ。
単色ではスラリも健闘しているものの、多色で苦戦(見た目悪すぎ)。
アクロボールは単色、多色ともにかなり苦戦。
売れていないわけではないが、替芯の減り方を見ていても以前からある筆記具にしては浸透していない印象。
多色などはその存在すら知らない人が圧倒的。

というわけで善戦しているビクーニャだが、以下は単刀直入に言うとクレームです。

ビクーニャの多機能をお持ちの方。
シャープペン部分のレバーのノック、甘くないですか?
レバーを下げた状態で(シャープペンを出した状態で)コン!とペンに衝撃を与えてみてください。
右手に握ったペンを左手の甲や手のひらにぶつけるみたいな要領で。
パン!とレバーが戻りませんか?

当店のものすべてやってみましたが、程度の差こそあれほとんど戻りました。
昨日他の文具店でもやってみましたが、やはりすぐに戻りました。
念のため他メーカーのものでも試しましたが、その程度の衝撃で戻るものはありません。

これは…(遅刻しそうなので後篇に続く)。
[PR]
by mukei_font | 2011-05-16 09:32 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(2)

インクのたっぷり入った3色ボールペン。

3色ボールペン探してるんですけど、できるだけいっぱいインクが入ったやつ。

と言われて、(いっぱいかあ…でもPILOTのBSRF/BKRFが入ってるやつが最高ちゃうかなあ…とりあえずFEEDとかクリップオンGとかジェットストリームとか見てもらって芯の長さに納得してもらお)と考えながらペンを取りに棚に向かう夢を見ていた。

夢の中でも地味に仕事してます。
自作自演の想定問答お疲れ。

でもまあ、そんな感じですよね。
油性ボールペンで一番たくさんインクが入った芯ということなら、PILOTのBPRFやZEBRAのH-0.7、三菱のSA-7N、ぺんてるのBKLなどが思いつくが、全部単色だもんなあ。

うーん…
何か見落としがあるだろうか…

しかし世の中には多色・多機能ユーザーというのは驚くほどいるものだと思う。
替芯を買いに来るのがそれらのユーザーだからそう思うだけかもしれないが。
小生自身、非常に多色や多機能が苦手なので、(おお…使いこなしている…)と芯を取り替えるたびに感心してしまう。

特に油性の緑色の芯まできっちり使う人とか。
あんなに発色悪いのに。

多色、多機能についてはまたあらためて書こうと思います。
[PR]
by mukei_font | 2010-12-22 07:28 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(4)

PILOT・アクロボール3。

仕事耕具:なめらか油性インキでグリグリ書ける——パイロットの3色ボールペン「アクロボール3」

気がつけば10月。
替芯と戯れたり、シャープ芯について妄想したり、サンプルを作ったり、POPを書いたり、愛用のペンをなくしたり、復活させたりしているうちにPILOTの展示会からはや一ヶ月。
三菱の展示会にいたっては8月の話。

いろんな楽しい話があるのになかなかうまくまとめられず、もたもたしているうちにそのときはまだ小生をはじめほんの一部の人間しか知らなかったきらきらした新製品があっさり店頭に入荷してしまい、あーもー何やってんだろ…

でもえんや。
ぴちぴちの情報を売りにしたブログじゃないし(キリッ)。
じゃあ何が売りかと言われると困るけど。
近視眼的分析と妄想かなあ…
ちぇ…(川に向かって小石)

というわけで、PILOTのアクロボール3も店頭に入荷して来てしまいました。
アクロボール派の皆さん待望の3色ペン。
ちなみに芯はBKRFと互換性あり。
つまりDr.グリップ4+1の中にアクロボールを入れることができます(緑色の替芯がないので、その部分は適当に好きな色の芯を入れるなどして)。

さて、それではこのアクロボールについて以下に述べていきましょう。

アクロボール誕生は今から約2年前。
明らかに三菱のジェットストリームに対抗してPILOTが出した油性ボールペン。

余計なお世話だが、小生からするとこのアクロボール、かなりせつない系ボールペンだ。
なぜせつないのかというと、ジェットストリームに対抗できなかったから。
ではなぜ対抗できなかったのかというと、それには「戦略的な失敗」と、「品質的なインパクト不足」があげられるのではないかと勝手に分析している。

まず、「戦略的な失敗」から。
ちょっとこちらを見ていただきたいのだが、これが最初に出たアクロボールのラインナップ。
軸のデザインがどうのこうのという話は後述したいが、¥150の0.7が6種類、¥150の1.0が3種類、¥250の0.7が3種類、¥250の1.0が3種類…

多すぎです。

もう入荷したときから訳が分からず、え、なんでこれ高いん?ああ、クリップが金属やから?え、これ0.7と1.0があんの?あー…水色の軸とピンクの軸と黄色の軸は中は黒インクなんや…と理解するのも一苦労。

さらに、これが水性ボールペンのノック式、VボールRTと一緒に出たからさあ大変。
什器もアクロボール、VボールRT一体型で、いくら「油性ッ!」とか「水性ッ!」とか書いてあったもあかんて話。
ほんまこれ店員から見ても、ごっちゃごっちゃして相当分かりにくかったんです。
当然お客さんから見ても分かりにくかったはず。

そしてこういうごちゃごちゃで分かりづらい感じというのは、確実に店員のやる気をそぐもの。
分かりにくいからもり上がりようもないというか。
スタッフの中にはアンチジェットストリーム派もいるわけで、ここで「よっしゃアクロボール売ったる」となれば、もう少し違う展開もあったかもしれないのに。
が、そうなりにくい要素が最初からありすぎました。

そう考えるとぺんてるのビクーニャはすっきりしているなあ。
ペン先は0.7のみ。
軸の色は色とりどりあれど、赤軸の赤インクと青軸の青インク以外は全部中が黒インクだと思えば理解も速い。
むう、戦略会議で「PILOTのアクロボールみたいにならんようにしよう」という話が出たに違いない…

次に「品質的なインパクト不足」。
要するに、ジェットストリームほどなめらかではない、と判断されたということだと思う。

お客さんというのは残酷なもので、試し書きのにょろにょろの瞬間によほどピンとこなければインクそのものにはさほど食いつかない。
インクはまあどれも普通で、あとはデザインや持ちやすさやノックの感じやオプション(例えばクリップがしっかりはさめるようになっている等)で決めているようなところがある。

ジェットストリームが飛び抜けてすごいのは、このにょろにょろの段階でもうお客さんを納得させてしまう圧倒的ななめらかさがあるところ。
今年出たぺんてるのビクーニャが手強いのも、このにょろにょろのインパクトが強烈だからだ。

その点アクロボールは弱かった。
確かに従来の油性ボールペンに比べるとずいぶんなめらかだが、ジェットストリームほどではない。
なので、ジェットストリームがすべりすぎだと感じていたユーザーには支持されたが、ジェットストリームのなめらかさに魅せられたユーザーたちを惑わせるほど、ジェットストリームと人気を二分する存在にはなれなかった。

ところで、アクロボールの売りは2つあって、1つめは「アクロボールインキ」、2つめは「タイヤパターングリップ」である。
前者は「書き出しが良くなめらかに濃く書ける」インク。
これは前述のごとくであるが、一つだけ言わせてもらうと、書き出しはけっして良くはない。
むしろ一発目はたいていかすれてしまう。

このことについてどうしても言いたくて、展示会のとき、アクロボールのブースにいたお兄さんに聞いてみたのである。

「書き出しかすれますよね」

とストレートに。
お兄さんは一瞬絶句したが、苦笑いでうなずいてくれました。
あれは、インクをなめらかにしたぶん、とばとば出ないよう、乾きやすいインクになっているかららしい。
その乾いたインクがかたまって書き出しに少しかすれてしまうのではないかとのこと。
ならば、接着剤のフタをするときの要領で、書き終わり(一日の終わり)にきれいにぬぐえば、次(翌日)書いた時にはかすれないのだろうか?(これは想像だが)

まあ、なんにせよ、こういうインクの説明をしてくれるお兄さんは、インクのだめな部分についてもきちんと隠さず話してくれるので大好きだ。
こういう話を聞くと、小生がSXR-5の不器用なエンジンを愛でるように、アクロボールとも上手に付き合っている人がいるのだろうと思うし、いてほしいと思うのだった。

以上、アクロボールがいまいちでせつない理由を戦略面や品質面からえんえん論じてきたが、最後にやはりデザインのことにも少しふれておきたい。

デザインには好みもあるし、小生は特にそのあたりにとんと疎いのでとやかく言う筋合いはないが、やはり最初に出たアクロボールのラインナップを眺めるにつけ、ちょっと垢抜けなさすぎたかなと。
とくに水色、ピンク、黄色の軸の発色の悪さ。
あれはいけません。

あと、グリップ。
これはアクロボールの2つめの売り(タイヤパターングリップ)なので悪く言いたくはないし、見た目がどんくさくても「これえらい握りやすいな!」というグリップは多々存在するので、グリップ自体はいいと思うのだが、軸のデザインとあいまって何か重いような、無骨な印象になってしまったのは確か。

せめて外見がもう少しシュッとしていれば、あるいはもう少し違う展開もあったかも。
デザインで飛びついて、あとでゆっくり品質に目覚めてくれるお客さんだっているのだから。
なんか…残念すぎる。

これらを総合して、小生の中ではアクロボールはせつない系ボールペンなのでした☆

でも大丈夫。
前置きが長くなったが(長すぎじゃ)、今度出たアクロボール3の外見を見てください。
このポップな感じ。
単色のアクロボールのあのぱっとしない感じからするとずいぶん…
本当に兄弟?みたいな…

写真もきれいけれど、実物もとてもいい色。
今まで述べて来たような、アクロボールをめぐる涙なしでは読めない物語など忘れて、いろんな人にぜひぜひキャッキャと手に取ってもらいたい。
そしてアクロボールの存在に気づいてほしい。

本当にそう思っているんです。
[PR]
by mukei_font | 2010-10-05 23:13 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(0)

多機能ペンの洗礼。

なかなか更新できず、恥ずかしく思っております。
自身の体調管理(主に汗疹)に追われており…
誰か背中に薬を!
かちかち山のたぬきみたいになっとう!

さて、気を取り直して文房具の話。

昨日の話だが、「シャープペンとボールペンが一緒になったやつ」と言われ、ZEBRAのシャーボの一番シンプルなやつを売ったのである。

が、ものの数十分で戻って来られたと思ったら、もう壊れとん…

どうやらシャープペンの芯を入れようとして、力任せにシャープペン部分を引っこ抜いてしまった様子。
合掌…

シャーボに限らず多機能ペンと呼ばれているペンは、およそ例外なくシャープペンの内部機構の部分から芯を入れる(後日写真をアップ予定)。

しかし、このことはあまりどこにも解説されておらず、知らない人は案外たくさんいる。
かえって知っている人はいつどのタイミングでこのことを知ったのかと思うほどだ。

とにかく光速でシャーボは壊れた。
そしてリベンジを誓い、プラチナのダブルアクションを買って行かれた。

多機能ペンの洗礼を受けつつもいいお客さんだった…が、あれでよかったのかどうかは分からない。

多機能ペンについてはまたあらためて考えたい。
[PR]
by mukei_font | 2010-08-06 10:22 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(2)

三菱・ジェットストリーム4&1(0.5)。

というわけで昨日は代打登場。
ずっと前に買って、いつもエプロンのポケットにはスタンバイしているが、青色とシャープペンを使うときしか登場しない「ジェットストリーム4&1」…

全部の芯が私の好きなジェットストリームの0.5で、楽しみが4倍でウハウハかと思いきや、なんかちがうんだよな…
全部の芯をいずれ全部黒色に替えようか妄想したこともあったが、使わないのでインクも減らず、ごめんよごめんよ…

思うにそれはボディのずっしり感ではないだろうか。
当然だが、4色にシャープペンまで入っているのでボディがごつい。
それが私の手にはなじまないようだ。
うっすらと分かっていたのに手を出してすまなかった。

もちろん今さらジェットストリームの0.5以外の芯で字を書く気にもならず、昨日は本当にこの人のお世話になったのだが、結局はマイジェットストリームの素晴らしさを再確認するという結果になってしまった。
浮気をしたが結局は奥さんに戻って行くみたいなものだろうか(本当に不倫の恋で苦しんでいる人すみません)。

いや。
それでもいつかずっしりした多機能ペンに目覚めるときがくるかもしれない。
明日のことは誰にも分からないのだ。
f0220714_9343826.jpg

[PR]
by mukei_font | 2010-06-23 09:35 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(0)

まさかの売り切れ。

数日前からもう買う気満々で、今日は仕事中にあれこれ実験してみるつもりでわくわくしながらモップで店内を掃除しつつ、ちらと売り場をのぞくと売り切れているではないか。
ぬあーーー
もう帰るーーー

欲しかったのはジェットストリームの4&1の0.5のネイビー。
ブラックとかライムとかいらんねんネイビーが欲しかったのにーーー
ちなみに「4&1」とは、黒赤青緑の4色ボールペンにシャープペンがついた多機能ペンのこと。
普段多色も多機能も使わない私にしては画期的な選択だったのにーーー

ジェットストリームの4&1は今まで0.7だけで、0.5が出たのはつい最近のこと。
が、すぐに欲しくなったわけではない。
確かにネイビーの軸色にはぐっときたが、基本的に多機能にはあまりそそられない。
どうしても軸が太くなってどんくさい感じになるのが残念すぎるのだ。
かといって細軸の多機能は圧倒的に握りにくく、長時間の筆記に向いていないことは経験済み。

そんなわけで遠巻きに眺めていたのだが、マニアの悲しい性で、毎日ちらちら見ているうちにむらむらしてきてしまうのであった。
確かにちょっとぶっといが、何しろ中の芯はSXR-80-05である(ハアハア)。
それにあのネイビーの軸色をごらん(ハアハア)。
とりあえず最初はおとなしく全色使ってみて、ゆくゆくは全部黒インクにしよう(ハアハア)。
どのレバーをさげてもSXR-80-05の黒が出てくるなんて(ハアハア)。

そんな楽しい楽しいジェットストリーム0.5の4&1(ネイビー)を本日は入手できませんでしたっ。
[PR]
by mukei_font | 2010-04-03 23:33 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(0)