猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(54)
(33)
(16)
(10)
(9)
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
あぁ…。15年も一緒にい..
by テトラ at 00:13
!!! 「激しく同意」..
by み at 12:18
はじめまして。いつも楽し..
by kssk at 01:32
なんだかアレですね、徒然..
by horenso39 at 00:52
そういえばイオンでもここ..
by あるけみ at 20:56
あのごつい木製ボールペン..
by あるけみ at 21:25
勤務先にも無事に展開され..
by あるけみ at 23:18
あ、同じ感想を持ちました..
by りお at 10:29
こんにちは。 いつも楽..
by 舞雪 at 15:17
万年筆で筆記体書くのは気..
by YAS at 17:59
こん○は kakuno..
by YAS at 17:53
この記事を読んで自分もジ..
by YAS at 17:46
80年代のマンガ雑誌、な..
by あるけみ at 13:56
包装紙を開くのって、性格..
by みる at 23:43
ボールペンを使い切る時の..
by narkejp at 05:51
猫町さんはじめまして。 ..
by masati at 13:38
猫町さんの筆記体の読みや..
by cheery_box at 13:57
筆記体は筆記速度が速いと..
by あるけみ at 20:49
>カズさん ぺんてるの..
by mukei_font at 11:53
前々から郵便局の文具は気..
by カズ at 11:14
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧

ステッドラー・テキストサーファーゲル。

「なんかおもしろい商品ないですかね」

一週間ほど前のことになるだろうか。
30代くらいのサラリーマンの接客をしているとき、ふいにこう言われた。
話の流れから察するに、手頃な価格のおもしろい筆記具があれば、まとまった本数買って贈り物にしたいような雰囲気。

直前まで蛍光ペンつきのボールペンにこだわっておられたので、蛍光ペンがいいのかと思い、今思えば奇跡的なひらめきでステッドラーのテキストサーファーゲルをすすめてみた。

テキストサーファーゲルとは、口紅のようにくるくると繰り出せるクレヨンみたいな不思議な蛍光マーカー。
そのなめらかな書きごこちは「うわーーーぜいたくしとるーーー」と絶叫したくなるほどの気持ちよさ。
発色もよく、特にイエローがきれい。

この商品自体は昨年からあったが、入荷したらあっという間に売れてメーカーで長期欠品&なかなか入荷しないなどまだまだ市場に出回っている感じでもなかったので、お客さんもまだ知らなかった模様。
へえーこんなんあるんや!とずいぶん気に入っていただけて、まず1本見本で買って帰り、会社の人と相談してから注文するかどうか決めることになった。
ほどなくお客さんから注文の電話が入り、メーカーで欠品している色もありばたばたしたが、なんとか今日すべての本数をそろえることができたというわけ。

空回ることが多い小生の接客においてこれは久々のクリーンヒットではないか。
「なんかおもしろい商品ないですかね」と言われたそのときにどんぴしゃな商品を思いつくことって結構難しい。
たいていお客さんが帰ったあとに、あーーー○○よりもむしろ●●やったーーーお客さんごめんーーーとなるのがオチだ。
自分で言うのもなんだが、GJオレ!

「ありがとう、おもしろい商品すすめてくれて。みんなにもほんま好評で。助かりました猫松さん」

猫町です。
[PR]
by mukei_font | 2010-05-31 22:31 | その他筆記具 | Comments(2)

デルフォニックス・ロルバーンポケット付メモ。

別に信者ではないが、店にあれば間違いなく売れるだろうなというノートはデルフォニックスの「ロルバーンポケット付メモ」である。
何それ?と思われた方も、デルフォニックスのサイトの「Products」をクリックし、上から3段目、左から3つめの写真をクリックすれば見たことがあるノートだと分かるだろう。

サイズは5種類。
名刺サイズくらいのものからB5サイズまで。
表紙の色は多数。
中のページはクリーム色がかった紙で5ミリ方眼。
リングノートだがページが切り取れるようにミシン目が入っており、ノートの最後には透明のポケットが数枚おまけのようについている。
そして裏表紙についているゴムバンドで表紙をとめることができる。

海外の文房具すべてがそうというわけではないが、デザイン性を追究した文房具には質の悪いものが時としてある。
かっこいいけど、使いにくい。
かっこいいけど、粗悪。
はっきり言って、かっこいいだけ。

が、このロルバーンに関してだけは少なくとも大丈夫なのではないか。
中の紙も悪くないし、なんといってもゴムバンドが丈夫だ。
同じような体裁の国産メーカーのノートを以前の店でおいてみたことがあるが、サンプルに出しているうちにゴムバンドが切れてしまった。
ロルバーンではそういうことはなかった。
それに一つ一つが最初からPPの袋に個包装されているのも販売店からすればうれしい。
きれいな状態のまま買っていただけるからだ。

ちなみにこれがマイロルバーン。
一番小さいサイズ。
f0220714_17543432.jpg

先輩に教えられたこと、カタログから学んだことをちまちまと書きつけたこれは皆から「辞書」と呼ばれ、職場が変わった今も私をときどき助けてくれる。
f0220714_1756526.jpg

あーロルバーン置きたいなー
サラリーマンからOLさんから学生さんからみんなわくわくしながら買ってくれるのにー

まあ何もせずただ並べるだけで売れるので、店員としては正直かなり物足りない気持ちもあるが、これを機にノートに目覚めてほしいのだ。
お客さんも店員も。
特に後者。

ノート楽しいのに。
[PR]
by mukei_font | 2010-05-30 18:12 | ノート | Comments(2)

進化するプレピー。

仕事耕具:1年間使ってなくても書ける——プラチナ萬年筆が新構造の万年筆

プラチナ萬年筆から、1年間キャップをしたまま使わなくてもインクが乾いてしまわない万年筆「プレジール」が発売になった。
その秘密はキャップ内部の構造にあるという。

ちょっと待ったーーーーー!

記事には一切ふれられていないが、これはプラチナからすでに発売されているシリーズ「プレピー」とまったく同じ構造を持つ万年筆である。
キャップの秘密はプレピーにもすでにあるし、ペン先もプレピーと同じ。
落ち着くんだ。

いわばプレジールはプレピーの進化パージョン。
プレピーがお手軽な値段でカラーインクを楽しめる万年筆であるのに対して、プレジールはボディを艶っぽく豪華に仕上げ、より万年筆らしい体裁にした万年筆。
ボディの色=インクの色というわけではない、「豪華なプレピー」みたいなものだ。

ちなみにこれはマイプレピー。
f0220714_1215884.jpg

コンバータを入れて(そうなんです。プレピーにはコンバータが使えるんです)、PILOTの色彩雫「孔雀」を使用中。
f0220714_1217166.jpg

ペン先が乾かないキャップの秘密はこちら。
f0220714_12192451.jpg

キャップの先端にスプリングが入っているのが見えるでしょうか。
このスプリングのおかげでキャップ内の内鞘がよりペン先にフィットした状態でぱちんと閉まる。

まあプレピーもプレジールもプラチナの製品に変わりはないし、ボディが豪華になるのはいいことだと思う。
プレピーを愛用している中年男性は結構多いから。
が、それならペン先ももうちょっとなんとかしたらよかったのでは…

コンバータまで買って試して使っている私でも、プレピーはやっぱりプレピーだなと思ってしまうペン先。
それは万年筆ではなく、限りなくペンに近い。
200円のプレピーなら「お、わりといいやん」となっても、1000円でも同じままでは少々せつない。
[PR]
by mukei_font | 2010-05-30 12:41 | 筆記具・万年筆 | Comments(2)

週末文房具のために。

恒例、「週6勤務の土曜日に好きな文房具を買おうプロジェクト」、その名も「週末文房具」。

今週はもう決めていて、ファンシー系。
それ文房具じゃないやんと言われそうだが、ファンシー系文具って必ず文房具屋に売っている気がする。
昔ながらの文房具屋の一角にも。
だから文房具なんや。

つまらないものちょこちょこ買って散財して帰って来よう。
[PR]
by mukei_font | 2010-05-29 07:14 | 文具屋日記 | Comments(0)

SXR-5、わが愛。

戯れに「SXR-5」とGoogleで検索すると、かなり上のほうに自分のブログが登場することに驚く。
これは何も私だけが「SXR-5」をブログで取り上げているということではなく、皆はきっとそれを「ジェットストリーム」という名前で呼んでいるからだろう。
替芯の品番で愛を叫んでいるのは私くらいのものだ。

もう何度となく書き続けているが、大好きだSXR-5。
ジェットストリームが好きなんじゃない。
ジェットストリームの0.5だけが好きだ。
SXR-5だけが好きだ。

とてつもなく楽しそうかつ果てしない妄想なのでこんな時間から考えるのはよすが、もしも「私の替芯ランキング」なるものがあったとして、SXR-7とかSXR-10とかは絶対にどこにも入らない。
哲学が違う。
だから「ジェットストリームが好き」という言い方は違和感がある。

展示会に行くたびに「0.5はないんですか。0.5があれば絶対に使うんですけど。素晴らしいと思うんですけど」と言い続けた日々。
本当に作ってくれてありがとう。
0.5が発売される直前の展示会で「本当に出るんですか!ずっと待ってて…」と言うと、「去年も確か(言ってましたね)…覚えてますよ」と言ってくださった方。
毎日使っています。
誰よりも愛しています。

7代目は驚異の粘りを見せ、本日も走り続けた。
もう芯は空っぽなのに、まだ文字が、言葉が生まれる。
替芯を好きな理由は山ほどあるが、この最後の最後まで可能性を秘めてひた走るさまは真実胸を打つ。

生まれ変わったら替芯になりたい。
どの替芯になりたいかについてはいずれまた語ろうと思う。
[PR]
by mukei_font | 2010-05-29 01:06 | 替芯 | Comments(2)

謎は(半分だけ)解けた。

今朝書いたSXRの疑問点だが、早々に解決してしまった。

替芯の箱に書いてありました。
すみませんでしたっ。
替芯番長の目は節穴でしたっ。

箱に書いてあった説明は以下のとおり。

・インク逆流を防止するツインボール機構を採用しています。
・インク直流を防止するスプリングチップを採用しています。

意味はよく分からないのだが…

そしてこの説明は単色のジェットストリームの替芯の箱にも、多色のジェットストリームの替芯の箱にも書いてあります。

要するにパッと見で分からないだけで、多色の芯(SXR-80)にも変な玉や板が入っているらしい。

勉強になるなあ…
[PR]
by mukei_font | 2010-05-28 13:52 | 替芯 | Comments(2)

カウントダウンSXR-5。

いよいよインクがなくなりそうなマイジェットストリーム。
疾走の合間に息切れがするようになり、終わりが近いと実感する。
どのボールペンもそうだが、使い終わりはインクが等しく降りて来ないため、どうしてもかすれがちになる。
お疲れさま。
あと少しだよ。

これは先代(6代目)の画像だが、SXRの先の部分というのは何度見つめても不思議なことになっている。
金属ぽい質感の変な玉や変な板が見えていて、これはいったい何だろう。
f0220714_792531.jpg

ジェットストリームの特殊なインクに対応するための秘密だろうか。
でもそれなら多色のジェットストリームの芯であるSXR-80シリーズの芯がやけにあっさりしているのはなぜだ(上は多色のジェットストリームの芯)。
f0220714_7105783.jpg

私が、単色のジェットストリームと多色のジェットストリームがはたして同じものなのかどうか疑いたくなるのは、実はこの芯の違いに納得できないからだ。

いつかまた機会があれば、三菱の人に聞いてみたい。
が、たとえ展示会に出かけてもそういうことに答えてくれる人はたいていいなくて、あのジェットストリームの販促ビデオに出ていた人ならどうだろう。
大橋、みたいな人。

いずれにせよ、本日出陣じゃ。
f0220714_7172435.jpg

[PR]
by mukei_font | 2010-05-28 07:19 | 替芯 | Comments(0)

それがどうした。

文房具馬鹿だと思われている。
接客しているとき以外はっきりと周囲から浮いているのを感じる。

だけどそれが何だというのだ。

生き方も恋愛も容姿もすべて中途半端で、このうえ文房具まで中途半端にすることなどできない。
給食のスプーンみたいな先の丸いフォークなどいらない。

文房具に関してだけはいつもピンピンのピカピカでいたい。

人の心の声を聞くことは苦手だが、文房具の声を聞くことはできるのだ。
[PR]
by mukei_font | 2010-05-27 13:26 | 手のひらより愛をこめて | Comments(0)

コクヨ・キャンパスルーズリーフ「しっかり」タイプ。

基本的に文房具は買って使ってあれこれ論じたい派だが、すべての文房具を買うわけにはいかない。
どうしてもお金に限りがあるので、ちょっと試したいだけのものはあきらめてしまう。
もしくは店頭でちょこっと試してそれだけで満足してしまう。
筆記具などはそれの最たるものだ。

が、店頭でちょこっと試すわけにもいかないものがある。
紙製品だ。
以前働いていた店ではたいていの紙製品をサンプルとして試せるように開放していたし、新しく出たノートに何かを書いてサンプルを作るのが私の仕事だったので、ありとあらゆる紙製品を体感することができたが、今度の店は(というかたいていの店は)そんなことはできない。
メーカーからサンプルをもらうなどしない限りは、買って使ってみないと分からない。
書きごこちなんて一番重要なところなのに、それを買う前に試せないなんて考えてみるとかなりむちゃくちゃだ。

そんな紙製品だが、偶然使う機会に恵まれた。
いわゆる社内使用の電話連絡帳にその紙は使われていた。
コクヨのキャンパスルーズリーフ「しっかり」タイプがそれだ。

キャンパスルーズリーフが新しくなったのは知っていたし、「さらさら」タイプと「しっかり」タイプがあることも知っていた(ちなみに「さらさら」は従来のキャンパスルーズリーフと同じものでネーミングやパッケージが変わっただけ、「しっかり」は新たに開発されたルーズリーフ)。
コクヨの新製品説明会に行って2種類の紙を試させてもらったりもした。
が、あんな場でちょこっと字を書いたり、ぐるぐる線を書いたりしただけで書きごこちの差など分かるはずもないのだ。
確かに違いがあるとは思ったが、無理矢理自分に言い聞かせているようなところがあったのは否定できない。

今回この「キャンパスルーズリーフ「しっかり」タイプ」を取り上げようと思ったのは、それが他と比べて圧倒的に書きごこちがよいものであることを文字通り「発見」したからである。
先ほど「社内使用の電話連絡帳」と書いたが、実はこの連絡帳は3人の上司用に各1冊ずつあり、A氏用、B氏用、C氏用の中でB氏用のものだけが素晴らしく書きごこちがよいことにあるとき気づいたのだ。
最初は気のせいかと思ったが、ふと思い出した。
B氏用の連絡帳にだけ、「キャンパスルーズリーフ「しっかり」タイプ」が使われていることを。

先入観なしに使う中で、書きごこちのよさにわれに返るなんてなんて幸せな体験だろうと思う。
でも明らかにそれは違った。
適度にくっと引っかかるペン先。
エンジン全開のジェットストリーム0.5さえすべってしまわない、確かな安定した書きごこち。
書き上げた文字も美しく、(はっはあん…)と思わずうなってしまうようなここちよさ。
あっぱれ。

なお、このルーズリーフに関しては、全国ルーズリーフ選挙マニフェスト体感キャンペーンなるものも行っているようで、コクヨもずいぶん楽しいことを考えるものだ。

他メーカーが「さらさら」を追究する中で、あえて「しっかり」の書きごこちにこだわるなんておもしろい。
が、それより何より、目に見えない、言葉にもなりにくい、非常に感覚的なものである「ここち」に注目しているあたりが、文具マニアとしては嬉しいのだった。

さすが「ひらめき・はかどり・ここちよさ」のコクヨであることだよ。
[PR]
by mukei_font | 2010-05-27 00:04 | その他紙製品 | Comments(0)

猫に効く文房具。

このブログには文房具のことだけを書くことにしている。
猫やビールや妄想や筋肉少女帯のことは本家にまかせる。
が、文房具に関することであれば猫の話もしようじゃないか。

今朝、愛猫ロドリゲス(仮名)とちょっとしたバトルがあった。
あろうこうとか、ダイニングキッチンと居室の間にある木の引き戸で爪を研ごうとしているのだ。
その、今まさに爪を研がんとす、といった感じのうにゅーんと伸びた背中はたいそうかわゆらしかったが、駄目なものは駄目。
「ゴラッ」と短く怒鳴りつけると、パッとロドリゲスは逃げ去ったが、しげしげと木の引き戸を調べてみると、ちょいちょい研いだらしきあとが。

やりおったな。
油断していた。
爪も引っかからないくらい人工的な木の引き戸なので、そそられないだろうと完全に油断していた。

このままではいかん。
つましい賃貸暮らし…
退居する時に大家さんに払うお金など一銭もないのだった。
どうやら国王を本気にさせたようだなロドリゲス。
怒りにまかせてロドを組み敷き、爪をぱちぱち爪切りで無慈悲にカット。

とりあえず木の引き戸の中で一番木がやわらかく、一番爪を研ぎたくなる箇所をふにふにした緩衝梱包材でカバー。
これ以上爪を立てられてたまるかよニャロメ。
しかしガムテープでは木の引き戸自体が傷んでしまう…

そこで、じゃーん!
f0220714_23523975.jpg

養生テープというものが文房具屋には売っております。
引っ越し屋さんが家具の出し入れの際に部屋を傷つけないよう、プラスチックの板みたいなんを壁や柱に巻き付けたりするときのあれ。

案外高いが(自分が働いている店ではセキスイのマスクライトテープが50mmX25mで¥398)、しかたない。
ロドリゲスはあれでけっこうしつこい猫だ。
テッテ的にやらねば。
¥398がなんだ!
木の引き戸全部を取り替えることになったら、養生テープ何個買えるねん。

折しも今日は給料日。
かつて給料日といえば、普段欲しくて我慢しながらこっそり取り置いていた文房具をまとめ買いしたりする心躍る日だったはずだ。
「何するんこんなん!?」と上司に目をむかれながらレジ打ちしてもらいつつ、そんなことを思い出す。

華やかな給料日は…遠い。
[PR]
by mukei_font | 2010-05-26 00:13 | 切・貼・修正系 | Comments(0)