猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

連休恒例、コメント66連発。

連休最終日。
すでに薄暗くなった部屋でこれを書いております。
まとまった時間を活かし、なかなか普段はできないコメントへのレスをすることにいたしました。
すでに全部書き終えましたので、数時間ごとにアップしていきたいと思います。
バイバインで増えた栗まんじゅうを完食する瞬間が来たようです。
[PR]
by mukei_font | 2011-09-19 17:54 | わたくしごと | Comments(0)

続・猫町的ノートの序列。

実はまだしつこくノートの序列について考えていたりするのだった。

とりあえずこんな感じ。
建物の高さが好き度の目安。

無罫リングノート:東京スカイツリー634m
無罫綴じノート:東京タワー333m
方眼リングノート:通天閣103m

こんな風に書くと方眼リングもなかなかどうしてという感じだが、通天閣には申し訳ないけど全然です。
やっぱり無罫じゃないと話になんねえ。

が、横罫やさらにはドット方眼などもからめていくと方眼はまだかなりましなほう。
通天閣未満を含めたすべての結果は以下の通り。

無罫リングノート:東京スカイツリー634m
無罫綴じノート:東京タワー333m
方眼リングノート:通天閣103m
むちゃくちゃ素敵な方眼綴じノート:100m
むちゃくちゃ素敵な横罫リングノート:90m
むちゃくちゃ素敵な横罫綴じノート:80m
むちゃくちゃ素敵なドット方眼リングノート:50m
むちゃくちゃ素敵なドット方眼綴じノート:40m
標準的な方眼綴じノート:30m
標準的な横罫リングノート:10m
標準的な横罫綴じノート:10m
標準的なドット方眼リングノート:10m
標準的なドット方眼綴じノート:10m
病気の方眼ノート:1m
病気の横罫ノート:1m
病気のドット方眼ノート:1m

ちなみに「むちゃくちゃ素敵な」の定義は、表紙が好みの青色であるとか、猫や月のワンポイントが入っているなど。
そんなノート見たことないが。

要するに無罫リング最強ということで(考え疲れた)。
[PR]
by mukei_font | 2011-09-19 00:30 | ノート | Comments(5)

猫町的ノートの序列。

ぼんやりとノートについて考えながら働いた。
明らかに昨日のLIFEの展示会の影響。

むー…現実的に考えてどのノートが使いこなせそうかな…
どのノートもよかったけど、しかしそれは小生が心の底から本気で欲しているノートであろうか…

ということでノートの序列を考えてみた。
あくまでも個人的な序列。

無罫リング>>>>>>>無罫綴じ>>>方眼リング>方眼綴じ>横罫リング=横罫綴じ

無罫好きは今さら言うまでもないが、リング>>>>>>>>>>綴じなんだよなあ。
リングノートが好きすぎる。
携帯性と省スペース性が◎。

無罫リングの中でも最上位はページ数のたっぷりあるダブルリングノート。
大きさはB6かA6。
昔はA6派だったが、B6にも開眼。
A5は面積的にはいいが、ページ数が多くなると重くなってきてしまうのが難。
なお、表紙と裏表紙はできるだけ丈夫なもの希望。

リングノートに比べると綴じのノートは緊張度が高い。
リングノートでも間違えたページは破らない主義の小生だが、綴じのノートはそのあたりに抜き差しならない圧がある。
せっかくの無罫なのにその圧に負けて、ただ眺めているだけのノートのなんと多いことか。

で、無罫以外の罫となると、方眼>横罫となるので、下位の順位はその順番に。
なお、方眼も横罫も最下位は「罫線の濃い」もの。
罫線の濃い方眼、罫線の濃い横罫は個人的に病気認定。

ちなみにLIFEの人は二年前の展示会で小生が「無罫無罫」と騒いでいたことを覚えてくれていて、今度のニューアイテムの中の無罫のものを広げながら「無地がお好きとおっしゃっていたから…」と。
猫町感激。

でも。
ここまで素晴らしいLIFEでもまだ小生の理想にどんぴしゃなリングノートはないんです。
A6かB6のページ数のたっぷりある無罫のダブルリングノート。
いつか作ってくれる日を夢見ています。
[PR]
by mukei_font | 2011-09-17 02:28 | ノート | Comments(0)

LIFE展示会2011。

本日LIFEの展示会。
昨年は東京でしか展示会がなかったので二年ぶり。

展示会で見た商品については自由に書いていいと言われましたが、まだ北海道での展示会も残っているし、エイムックの「NOTE&DIARY Style Book 」にもいずれ取り上げられるのではないかと思うのでざっくりとだけ。

新商品、素敵でした。
横罫派も方眼派も無罫派も納得のノートたち。
綴じ派もリング派も大満足で大興奮のノートたち。
ノーブルノート以降、中紙のクオリティをハイレベルに保ったままの商品展開には頭が下がります。

今回あらためて思ったのは「LIFEって本当にノートの会社なんだな」ということ。
今さら当たり前のことなんですが、LIFEの意図するノートは「本当のノート」。
ページをちぎるためのミシン目なんて入っていない「本当のノート」。
言わば「帳面」。

近年のLIFEはそのハイセンスさやハイクオリティにばかりに注目されがちですが、LIFEの本質はノートへのこだわりと誇り。
イメージも品質も大切ですが、もっとも重要なのは根底にある哲学。

その素晴らしいノートと戯れているところを想像すると、もう諭吉とか一葉とか英世とかどうでもよくなる(冷静になれ)。
[PR]
by mukei_font | 2011-09-16 00:03 | 文具屋日記 | Comments(0)

トンボ・リポータースマート。

連日たくさんのアクセスとコメントありがとうございます。
「妄想ツアー」への期待(?)が高まっていますが、さて、休日に自宅から一歩も出ない小生にそのような行動力があるかは不明。
でもやったら楽しいと思うんですよね。

というか、こうしてブログのコメント欄やメールでいろいろ込み入ったやりとりをしていると、あーもー店に来てくれたら一発で解決やのに、とか、せめて電話で説明したいぜ、とか思うわけでして。
いや、そういう場合は皆さんの町にある文具店員を利用すればいいのか。
そうですよ。
小生ができることは大抵の文具店員ができますし。
皆さん、業界の活性化のためにも何でもがんがん店員に聞いてやってください。

小生いらんやん。

でもまあなんかいつかやってみたいです。
「紙切れを文房具に変える魔法ツアー」もしくは「諭吉を平等院鳳凰堂に変える魔法ツアー」を…

というわけで、今夜はトンボの新商品をご紹介。
先月行った文紙MESSE2011で見た新商品が休憩室にあったので激写。
低粘度の油性多色ボールペン、リポータースマート。
要するにリポーターの新油性バージョン。
f0220714_23501566.jpg

なかなかかっこよくないですか?
小生だけ?
文紙MESSE2011で見た時の感想にも書いた気がするけれど、グリップ部分のドットがなんかそそるんです。
ドット嫌いなのに。
なんかこのドットは媚びてなくていい。

ちなみに透明軸が2色、赤色軸が3色、青色軸が4色の見本。
それぞれ本体価格が250円、300円、350円(税抜)。

軸は軽いし、透明軸などは安っぽさから脱却できていない気がするのですが、クリップが頑張ってるでしょ。
形もつや消しの感じ(こだわりのメッキ処理)もなかなか素敵。
これは胸元にさしてもかっこいいですよ、デキるビジネスマンの皆さん。

さらにこのリポータースマートにはトンボの新ロゴが。
f0220714_0091.jpg

軸の中ほどのトンボが見えるでしょうか。
結構リアルな虫感のあるトンボのニューロゴです。

で、肝心のインクですが、まあちょっと試筆しただけでは分からないし、当方0.5ユーザーなのであまり濃いコメントはできないのですが、引き続きしつこく試筆した感じではそう悪くない印象。
カラーインクの発色もいい。

最初はトンボの芯を使い、ゆくゆくは中身をジェットストリーム化するのもあり。
シャープペンがついていない多色軸なので、嬉しい人は嬉しいかも。

まあいきなりカスタマイズも悲しいので、とりあえずはトンボの「低粘度スマートインク」を試してみましょう。
[PR]
by mukei_font | 2011-09-15 00:09 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(4)

エラボーを選ぼう。

まだまだ寝苦しい夜が続いております。
昨夜は珍しくあまり眠れず、浅い眠りの中で早速「妄想ツアー」に向かっておりました(どうやら行き先は東京)。
本当にいつかそんな馬鹿馬鹿しいことをやってみたいものです。

とはいえ、文房具屋の店頭でのお客さんとのやりとりは常時「妄想ツアー」状態。
時には各々の好みを語り合い、時には各々の文房具をあれこれ取り出して見せ合いながら、運命の文房具に出会っていただくお手伝いをしております。

運命の文房具は何も高価な物とは限りません。
安価な物でも運命の文房具になりえます。
万年筆から替芯の1本まで熱弁は続きます。

さて、今日は珍しくPILOTのエラボーが売れました。
エラボーは普通の万年筆のペン先よりもやわらかいのが特徴の万年筆。
したがって普通の万年筆よりも弱い筆圧で書くことができます。

それだけにお客さんにおすすめする場合は、お客さんがある程度万年筆に慣れておられる方かどうか、あるいはやわらかな筆致で文字を書かれる方かどうか注意が必要。
今日のお客さんは前者のようで、とてもスムーズ。

お客さんが帰られた後、試筆された万年筆を洗う前に小生も久しぶりにエラボーで試筆。
万年筆は慣れれば慣れるほど筆圧が弱くなっていくもので、初心者の頃はペン先をつぶしてしまうのではないかと不安だった小生も、今やエラボーのやわらかさを心地よく感じる域に。
書く文字は相変わらずのフォント字ですが、確実に万年筆との距離は縮まっております。

しかし嗚呼、気づけばまた姫君(=万年筆)たちを放置しつつある猫町源氏。
万年筆には「まめさ」が必要です。
[PR]
by mukei_font | 2011-09-13 23:41 | 筆記具・万年筆 | Comments(5)

クイズヒントでブング。

店頭でのお問い合わせにはいろいろあるが、中にはほとんどクイズのようなものもあり、われわれは常に試されている。

さて、本日閉店間際に来た男性客の第一声はこれだ。

「ペンあるかな。書きやすくて気に入ってんねんけど」

これはかなり時間がかかりそうな予感。
だが、くじけずに質問開始。
それがいったいどんなペンだったかを思い出してもらわなくては。

「ボールペンですか?サインペンですか?」

なんとなくこういう漠然とした問い合わせの場合、意外とサインペンだったりすることが多い。
猫町コンピュータはぺんてるのサインペンやZEBRAのサイジケアあたりを候補に浮かべる。

「ボールペンやったと思う。とにかく書きやすいねん」

ぬう。
これだけ書きやすいを連発されるとやはりジェットストリーム、ビクーニャあたりの新油性か。

「確か100円やったわ」

なにィ…ということはスラリか。
いまいちイメージが…

「あと、ペンの頭が真っ平ら!」

じゃあスラリじゃないやん。

「それはノック式ですかキャップ…」

と言いかけて、ひらめいた。

「これちゃいますん?」

正解はこちら。
[PR]
by mukei_font | 2011-09-12 23:48 | 文具屋日記 | Comments(3)

妄想ツアー。

こんにちは。
休日の夕暮れ、せつない時間帯の猫町です。

昨夜は途中まで記事を書いていたにもかかわらず床で眠り込んでしまい、変な時間に送信するのも…とためらったあげく、結局消してしまいました。
今夜再度挑戦します。

さて、先月のゴッドハンド出張サービスの際に敗北した、のりこさんのDr.グリップ4+1のシャープ部が入荷したので、のりこさんに送りました。
「シャー芯、でてきました~」とのメールにほっと一息。
よかったよかった。

ゴッドハンドに土がついたのは残念でしたが、おかげで賢者の針も手に入り、いい経験をさせていただきました。
あれからも修行修行の毎日です。

それにしてもブログの読者の方とアナログな方法でお話しするのはとても心躍ることですね。
手書きの文字が行ったり来たりする喜び。
こんなことを「特別」とかみしめる時代が来ようとは。

いつか無罫フォントの全国ツアーをやってみたいです。

何人かのブログ読者の参加を募り、訪問地を決定。
地元の人のおすすめ文具店を参加者全員でハアハア徘徊。
買い物中は店に迷惑をかけないよう、おしゃべりは試筆紙での筆談のみ。
買い物後は近くのファミレス等に集まり、戦利品を見せ合ったり、感想を述べ合ったり。
この日だけは仕事の愚痴や家族の愚痴、どこが痛いとかどこが痒いとかの話は一切なし。
ちなみにツアータイトルは「紙切れを文房具に変える魔法ツアー」。

いつかこんなツアーを。
[PR]
by mukei_font | 2011-09-11 17:33 | 文房具与太話 | Comments(9)

布教!布教!また布教!!

ちょっといい話。

昨日カウンタで、PILOTの展示会で見たものや聞いた話について忘れてしまわないよう、自身のノートにちょこちょこメモを取りながら仕事をしていると、「そのノートはどこにあるんですか」とお客さんに聞かれた。

そのノートとは以前ご紹介したリヒトのツイストリングノート
ただし猫町流にあれこれカスタマイズしてはいるが(リヒト・ツイストリングノート(後篇)。参照)。

それが当初の商品からかなり姿を変えたものであることを詫びながら、リヒトのツイストリングノートのコーナーへご案内。
最初はてっきりツイストリングノートをお探しなのかと思っていたが、話を聞いているとツイストリングノートについては知らず、ただ単に小生の無罫のリングノートに惹かれて声をかけたとのこと。

おお…
無罫派…

もううれしくてうれしくて、ツイストリングノートの説明からノートのカスタマイズ方法までを熱く語った。

リーフの差し替え方法。
リーフのレイアウトは3種類あること。
リング径の大きいのもあること。
すでにあるリングノートを分解して利用する方法もあること。

感動してちゃんとノートと無罫のリーフを買ってくださいました。

こういうのが一番うれしい。
結局こういうことがしたくて文房具屋で働いているのだと思う。
[PR]
by mukei_font | 2011-09-08 23:59 | 文具屋日記 | Comments(2)

PILOT展示会2011。

帰宅してから目が回っていることに気づいた。
マンガみたいに目が蚊取り線香のうずまき状態。
ザ・オーバーヒート。

本日PILOTの展示会。
例によって例のごとく燃え尽きてまいりました。

が、三菱の展示会と同様、新商品の情報については慎重になったほうがよいと判断し、まああたりさわりのないことだけをつらつらと。
本当は今すぐにでも叫び出したいことばかりだが、炎上や祭りはNO。

さて、展示会もここまで回数を重ねるともうそろそろ質問することもなくなってくるだろうと思うのに、なぜ質問というのはとめどなくあふれてくるのだろう。
初めてものが目に飛び込んで来た瞬間からそれはこんこんとわき出し、手に取るや否やあふれ出してしまう。

今回は色彩雫の新色も蒔絵万年筆もすでに入荷してしまっていたので、もしかしてそんなに新商品がないのかと思いきや、万年筆あり、多機能あり、シャープペンあり、ボールペンあり…まさに会社上げてのバイバイン状態。
恐れ入りました。

会場へは社長や他店の店長と一緒に行ったはずがすぐに群れから離れて放牧開始。
まず高級筆記具から丹念に見ていく。
たぶんうちの店には置かないであろう(置いても売れないであろう)高級な筆記具についてもすべて見ていく。
納得するまで質問し、できるだけ理解し、自分の言葉で説明できるか頭の中で転がしながら見ていく。

近年PILOTの多機能はなかなか良い進化を遂げている印象。
「2+1RiDGE(リッジ)」あたりから回転式の多機能が出て、なんだかぐっとカジュアルになった感じ。
PILOTはずっとツイストノック式の多機能にこだわっていたらしいが、見た目も使い勝手も「2+1RiDGE(リッジ)」のほうがいいし、実際売れてもいる。

ちなみに高級筆記具の多機能のところにいる人は毎回同じ人だと思うのだが、毎回丁寧にあれこれ教えてくれて、本当に勉強になる。
この人のおかげで薄汚い格好をしていても小生は高級筆記具を売ることができると信じている。
今回も蘊蓄すべて記憶しました。
ありがとうございました。

色彩雫コーナーでは目論見どおり色見本を作成。
スキャナ氏で頑張ったんですがなんかいまいち…
紫式部は「紫SHIKIBU」と書くか迷ったが(迷うなよ)、店で使うつもりの色見本なのでぐっとがまん。
f0220714_23144580.jpg

あ、ここで先日の記事を訂正。
色彩雫で人気のインクを先日は「月夜」「山葡萄」「山栗」と書きましたが、今は「月夜」「紺碧」「山葡萄」らしいです。
前は前者のように言っておられたように記憶しているが、まあ「月夜」が不動の一位ということで。
しかし「紺碧」みたいなちょっと使いにくい青が人気かあ…
そこは「朝顔」やろと思ってみたりして。

閑話休題。
こんなペースで回っていたら何時間あっても足りません。

「猫さん、食事行こか」
「まだここまでしか見てません」
「三分の一も見てへんやん!」
「すみません」
「とにかく食事はしといたほうがええ思うねん…(´_ゝ`)」
(中略)
「猫さん店帰らんのやったらビール飲んだら?」
「ちゃんと帰ります」
(中略)
「さあ戻って続きみよか」
(放牧)
「もう社長帰ったで。オレ(←他店店長)もそろそろ帰るわ」
(放牧)

こんな感じで新商品、比較的新しい商品、ど定番商品、すべてなめまわすように見て回り、悔いの残らないよう勉強してまいりました。

シャープ芯のコーナーではまだシャープロが途中なので100%の理解はお預けとしても、前回よりシャープ芯にふれていることもあり、書いてある宣伝文句や実験結果がすんなりと頭に。
しかし、ナノダイヤ、シュタイン、グラファイトの3つが高品質で争っているという事実には変わりがなく、やはりこの3者の見分けが最後までつかないのではないかという不安再び。
早く最後まで実験を終えなくては。

その他ボールペンのコーナーではDr.グリップGスペックのバランスについての実験あり、アクロボールのインクとチップの実験あり、ダウンフォースの加圧実験あり、文化祭みたいなノリで楽しい。
常時こんな展示物やセットがあったら、芯のトラブルの説明もらくちんなのになあと思いつつ見て回る。
もう毎回あれこれやいやい質問しすぎて、あちこちで「あ、いつもの(変な人来た)」みたいな感じ。
すみませんねえ。

まあこんな感じで、肝心の部分にはまったくふれられずにアホみたいですが、約束なんでおゆるしを。
ちょこちょこPILOTのホームページをチェックして、情報が載っていたら補足してあれこれ書きたいと思います。

それにしてもあらためてPILOTはすごい会社でした。
まさに王者の風格。
高いものから安いものまで。
その背後にある圧倒的な技術力。
恐れ入りました。

が、それでも特定のメーカーに肩入れしないのがこの「無罫フォント」唯一の矜持。
どんなに素敵な人が開発していてもそれはそれ。
これからもジェットストリームやハイブリッドテクニカやプロフェッショナルギアスリムへの愛は叫ぶはず。
じっくりと文房具を見て、使って、感じて、それを店頭であるいはこのブログで伝えていくことを続けていきます。

以下余談。

会場で親友で同業者のうさむしにばったり。
「フミチャン…モイキ…」

そのあとにうさむしから来たメール。
「体の角度が他の人と違ってすぐ分かったよ」

のりだしすぎてたらしいです。
[PR]
by mukei_font | 2011-09-07 23:59 | 文具屋日記 | Comments(4)