猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(48)
(33)
(15)
(9)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>てっつぁん そうです..
by mukei_font at 00:12
>YASさん 深緑なん..
by mukei_font at 00:11
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 00:11
>ともこさん このドラ..
by mukei_font at 00:09
>MAGNETさん 昔..
by mukei_font at 00:07
>通りすがりの文具好き♪..
by mukei_font at 00:06
>ともこさん 本当にほ..
by mukei_font at 00:05
>ともこさん 今でも社..
by mukei_font at 00:04
>YASさん 贈り物、..
by mukei_font at 00:03
>YASさん お祝いの..
by mukei_font at 00:02
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 00:02
>あむさん あむさんは..
by mukei_font at 00:01
>みさん こんにちは。..
by mukei_font at 00:00
>cheery_boxさ..
by mukei_font at 23:59
>慎之介さん ありがと..
by mukei_font at 23:58
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:58
>テトラさん お久しぶ..
by mukei_font at 23:56
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:55
>BOACKさん ダー..
by mukei_font at 23:54
>YASさん なるほど..
by mukei_font at 09:37
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

秋の夜長の猫町源氏。

満寿屋のMONOKAKIノートにあれこれ黒いこと(残念ながら現時点では全然黒くない)を書き綴るようになってから、万年筆とよろしくやっている。

使い続けてさえいれば機嫌良くしている万年筆というやつはつくづく人間ぽい。
人間ぽすぎて泣けてくる。

おまえもか。
おまえもなのか。
結局はかまってほしいのか。
そんなやつ人間ならとっくに願い下げだ。

万年筆でも小生のフォント字は変わらない。
でも経験値の差でまだ100%の猫町フォントじゃない。
それが嫌で悔しいので100%になるべくかまってちゃんのキャップを回す。
f0220714_223853.jpg

いつでも美しいかまってちゃん。
セーラーのペンドクター川口氏によって猫町フォント仕様になっているペン先。
ペン先を真横に向けて持つ書き方はあまりほめられたものではないが、何も言わずに一番書きやすいようにペン先を調整してくれた。
だからセーラー派。

以前、店頭で万年筆の注文を受けた時、受注伝票を書く小生の字をじっと見ていたお客さんに「典型的なボールペン字。万年筆なんて使わないでしょう」みたいなことを言われたことがあった。

あなどるな。

書道の心得がないと万年筆を使っちゃいけないきまりなんてない。
フォント字しか書けない人間でも万年筆は楽しめる。
筆記具はそれぞれに特徴があるけど、その特徴に合わせてこちらが使い方を工夫すればいいだけの話。

つまらない先入観にひるむなかれ。
青がきれいとか、ペン先の形がかっこいいとか、そんなミーハーな気持ちでどんどん足を踏み入れるべき世界なのだから。

ただ、ボールペンに慣れてしまった後で初めて万年筆を使うとなると、書きたい線よりも太くなるのが気になったり、筆圧をかけるのが怖かったりすることはあると思う。
そこは納得のいくまで試筆を。
普段書く字の大きさで、紙もできたら使う予定のノートに書いてみるのが◎。
文具店員は万年筆のペン先を洗うために存在していると考えて、遠慮は無用。

生きた筆記具との油断ならないスリルな源氏ライフをあなたもぜひ。
大勢の女人をはべらせ、泣かせて、初めて源氏の気持ちが分かるというもの。

まあ最初は一人の女人からでいいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2011-10-31 22:29 | 筆記具・万年筆 | Comments(3)

スタイルフィットマイスター・回転式3色ホルダータイプ入荷。

皆さんお待ちかね、三菱の「スタイルフィットマイスター・回転式3色ホルダータイプ」がいつの間にか入荷しておりました。
昨日レジに持って来られて「!」。

前回記事にしたときは写真がうまく見られなかったプレスリリース(上記リンク)もばっちり写真が見られるようになっています。
f0220714_791477.jpg

まあ写真は実際よりもうるわしいのが常なので実物を手に取っていただきたいですが、お客さんやスタッフの反応はなかなか上々。
皆さんの感想もぜひお聞きしたいところです。

小生は今のところ財布を取りに走る予定はありませんが、これにネイビーがあったら、あるいはこんなにギラッてなければどうなっていたかは分かりません。
現在は前回買ったむっちりマットブラックなスタイルフィットマイスターを愛用中。
確かにむっちりかつ持ちにくい困ったちゃんですが、スタイルフィット自体は非常に便利です。
[PR]
by mukei_font | 2011-10-31 07:17 | 筆記具・ゲルインク | Comments(2)

ダイアリーの季節。

手帳が売れている。

なんだかんだでビジネスマンのお客さんが多いわが文具店は、ダイゴーや能率手帳が中心。
女性にはレイメイやクツワ、ミドリ、ダイゴーのLacicuあたりが人気。
クツワ、今年も頑張ってます。
クツワのダイアリーはユーザーの声を大事にして細かい改良を加えているところが好印象。

小生はメーカーの人間じゃないので、毎年少しずつ商品に改良を加え続ける面倒臭さや手間は想像することしかできないけれど、企業のそういう努力を本当に尊敬するし、そういうきめ細かさがちゃんとユーザーに伝わればいいなと思う。

だからこそ使い勝手がいまいちのまま再登板してくるダイアリーを見ると残念な気持ちになる。
なんで?
売れんかったやん?
あかんかったから売れんかったんやで?
そんな風に問いつめたくなるダイアリーもある。

マルマンのニーモシネダイアリーはその代表格。
ニーモシネがダイアリーになった時に誰よりも喜んだのは他ならぬ小生だったが(ニーモシネ、ついにダイアリー化。参照)、実際に手に取ってみるとダイアリーとしては少々粗削りなところが目立った。
例えば最初の報道では紙の坪量やレイアウトの解説に終始していて気づかなかったが、実際に手に取ってみると開きの悪さや表紙と中紙の違和感ばかりが目についた。
かんじんのニーモシネのこだわりや魅力にたどりつくまでに棚に戻してしまうのだ。

せっかくのニーモシネがこれではちょっと悲しい。
せめて開きをもっとよくするか、思い切ってリングノートにするかしないと…
とりあえずは来年に期待だなと思っていたら何も改良されないまま今年もやってきてしまった。
小生が知らないところで大評判でむちゃくちゃもりあがっていたらすみませんという感じだが、でもあれはちょっとない。
ニーモシネの魅力を知っている人でもきついのに、何も知らない人はまず選ばないはず。

事実昨年はほとんど売れなかった。
それはわが店の客層がどうとかいう問題じゃなかったと思う。
お客さんは自分自身の新しい一年のため、どんな文房具よりも真剣にダイアリーを選んでいる。
その感覚は何よりも鋭い。

何もかも小生の好みや思いどおりのダイアリーになってほしいわけじゃない。
小生の好みや感覚に合わない文房具なんてたくさんあるし、それはそれでいい。
ただ、ユーザーの声というのがあったならば、それらを無視しないでほしいと思う。

ダイアリーは文房具マニアじゃない人も使う身近な文房具。
一年間、それ以外のノートを使わない人だってたくさんいるはず。
だからこそいろんな意味で出会いのチャンスになる。

どうか手に取って納得のいく一冊を選んでください。
実際に開いてみて、それに字を書くところを想像してみてください。
鞄に入れて持ち歩くところを想像してみてください。

案外新しいダイアリーがあなたを待っているかも。
そのダイアリーに似合うペンや付箋たちもきっと。
[PR]
by mukei_font | 2011-10-30 22:11 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(2)

満寿屋・MONOKAKI・B6無罫。

思うところあって新月の夜からまたぞろ新しいノートを使い始めた。
いつぞや神戸のナガサワ文具センターに行った時に使った魔法(二都物語。参照)で手に入れた満寿屋のMONOKAKIノート。
f0220714_2364165.jpg

満寿屋といえば原稿用紙だが、薄口なのに万年筆で気持ちよく書けるクリーム色の原稿用紙の心地よさがそのままノートになったのがこのMONOKAKIノート。

素晴らしいことに無罫がある。
分かっておられる。
そりゃ魔法も使うで。
B6サイズ・160ページで¥900(税抜)は庶民にはちょっとお高いけど。

分かっておられるのは無罫があるところだけではない。
表紙のこのデザイン。
切り絵で描かれた文房具たちのひんやりとしたたたずまい。
素晴らしすぎる。
f0220714_2317817.jpg

万年筆を意識しているだけあって紙質は万年筆との相性抜群。
にじまず、裏抜けせず。
ただし薄口の紙なのでさすがに裏写りはする。
が、片面使いなので問題なし。

不満があるとすれば、インクの吸水性がよくないこと。
要するになかなかインクが乾かない。
たまりかねて吸取紙を購入。

開きはもう少しよくてもよかったが、まあ病気というほどでもないので我慢。
MDノートに比べるとどうしても劣るが。

で、このノートに何を書いているかというと、黒いこと。
いろんな意味でブログには書けないようなことをちまちまと。

が、ノートのサンプルを作りすぎたのがたたって、誰も見ないと分かっていても誰がいつ見ても大丈夫なようにしか書けない小生。
「ノート」=「作品」の感覚が抜けないのだ。
黒いことを書くと決めたノートからも優等生臭がプンプン。

こんなんあかん。
もっと黒くなれ。
どす黒くなっちまえ。

小生がノートに黒いことを汚い文字で書き殴れるようになったとき。
そのときが本物のノートマスターになるときじゃないかと思う。
[PR]
by mukei_font | 2011-10-29 23:41 | ノート | Comments(0)

SmaSTATION!!その後。

なんだかんだで「SmaSTATION!!」に振り回された一週間。

問い合わせが多かった文房具ランキングは以下のとおり(猫町調べ。同僚からの聞き取りおよび客注になった件数などから判断)。

1位:トライアングルクリップ(YAMASAKI DESIGN WORKS)
2位:デコラッシュ(PLUS)
3位:マルチボール(PILOT)

とにかくトライアングルクリップ。
これがダントツ。
が、悲しいかなわが文具店では取り扱いがないのであった…
ハンズとかロフトにはあるのかしらん…

デコラッシュはあれですよね。
いつぞやkekoponさんが「硬派な猫町さんはスルーでしょうけど」ってデコラッシュをコメント欄で紹介してくださり、(そうかこのブログは硬派だったんだ…)と勘違いした小生が後日そう書くとテトラさんに「このブログって硬派だったんですか?」と言われたあれですよね…

先ほどのトライアングルクリップが男性からの問い合わせがほとんどだったのに対して、こちらのデコラッシュは女性からの問い合わせがほとんど。
それも案外高齢の。
やっぱり若者はテレビを見ていないのかな。
それとも若い子たちはもう知っているのかしらん。

あまりにも問い合わせが多かったので、置いていなかったのに置くことになったデコラッシュ。
昨日入荷してました。
同僚たちは大はしゃぎ。
せめて猫モチーフか蛇モチーフがあれば小生も…

マルチボールはこういうテレビ番組で取り上げられては注目され、やがて忘れられ、売り場の片隅で行き場を失った頃にまた何かで取り上げられ、再び新商品のように注目を集めるということをえんえん繰り返しているボールペン。

「SmaSTATION!!」後に颯爽とマルチボール片手に登場したPILOT氏は「もー反響があって大変」とうれしい悲鳴。
「ねこまっちゃんまたPOP書いてよ」
すみません今思い出しました…

そのほか問い合わせはなかったがさりげなくいつもよりも売れたものとしてはコクヨのネオクリッツ
こんなにネオクリッツを売った週もない。

ネオクリッツはスターバックスやマックで勉強している学生さんが使っているのをよく見かける。
もちろん文房具刑事である小生はその中の筆記具を光速でチェック。
ちなみに高確率で入っているのはPILOTのS3シリーズのシャープペンシルと三菱のクルトガ。
本当にユーザー多いなあと思う瞬間。

最後に一つだけ。

加圧式ボールペンの問い合わせ一切なし。

(´_ゝ`)
[PR]
by mukei_font | 2011-10-29 01:52 | 文具屋日記 | Comments(6)

トラベラーズポストカードキャンペーン2011入賞。

口に食パンをくわえて走らなかったので今日も運命の人に出会えなかった猫町です。
文房具屋のカウンタで替芯を売っているうちはだめなのかしらん。

さて、毎年応募しているミドリのトラベラーズポストカードキャンペーン。
締め切り当日に郵便局に持って行った今年(死が二人を分かつまで。参照)も無事入賞。
これで4年連続めでたく入賞です☆

2011ポストカードキャンペーン「みんなのおすすめ旅スポット」入賞作品。
「近畿」をクリックして、一番上の段の一番左が小生の葉書。
今回はビジュアル的にかなり力が入っております。

出会ってから7年と3ヶ月。
初めて一緒に旅をするということで「旅のしおり」を作るほど力が入っていたわが友うさむし。
カニはそちらから拝借しました。

うさむしにメールで指示をあおぎながら色鉛筆で色を塗り、完成させたカニを葉書に貼ってからいきなり下書きもなしに「伝家の宝刀」ハイブリッドテクニカ0.4で文章を一発書き。
この話をうさむしにすると「凄いけどアホか!」というありがたいコメント。

これでもかなりひやひやしました。
でも基本的にマイフォントを信じているので。
きっと何とかなるはずと。

城崎は本当にいいところで、ちょっと遠いけれどまた絶対行きたいと思っています。
カニと文豪と温泉が好きな方はぜひ。

あと、伝統工芸の麦わら細工は本当にむちゃくちゃ素敵で、針の先を見つめることだけが得意な小生の性分に怖いくらいにはまるというか、しばらくは何を見ても麦わら細工のことを考えてしまうほど素晴らしいものでした。

ちなみに「インディー・ジョーンズ」は宿のテレビでたまたまやっていたもの。
「インディー・ジョーンズ」の話をまったく知らなかった小生は話が見えず、ある人物の首が転がったシーンで(ショーン・コネリー死んだ!)と勘違いし、あとでうさむしに「ショーンなわけないやん!アホか!」と爆笑されたという楽しい思い出が。

本当は転がった首の絵もポストカードに描きたかったのですが、さすがにわけがわからないので却下されました。

旅をしたのが冬で、ポストカードを書いたのが夏。
どんどん季節が過ぎていきますが、何か書き残していくことでそれは単に「過ぎた」ことにはならなくなります。
そのためにある文房具です。
f0220714_23313360.jpg

[PR]
by mukei_font | 2011-10-28 23:36 | ノート | Comments(5)

朝のひとこと。

日付が変わるまでにブログを書くぞ、としばし横たわったらなんと朝…
チュンチュンチュンチュン…

「SmaSTATION!!」のその後について書く予定が。
今夜書きます。

遅刻だ遅刻だー(口に食パン→出会い頭に誰かと衝突→数時間後に再会「おまえはさっきのー!」)
[PR]
by mukei_font | 2011-10-28 10:05 | わたくしごと | Comments(2)

恋相棒帰る。

あまり喜ばれないと思うが、恋人との再会について書かせていただきたい。
いくらクローン技術によって常時再生が可能とはいえ、小生にとっては唯一無二の存在。
まさか再会できるとは思わなかった。

休憩中に通りかかった事務所のパソコンの前に二代目を発見した時、大げさではなくそれは光って見えた。
ジェットストリームを使っているスタッフなんてたくさんいる。
現に白いボディに黒いラインの入ったジェットストリーム0.5はカウンタにもあるし、事務所にもある。

が、それは青いラインが入っていた。

軸の中央の透明の部分を見る。
インクが減って見えなくなっている。
二代目と確信した。
そのへんに転がっているペンのインクがこんなに減るはずがないからだ。

言葉もなく立ちつくしていると社員のP氏がやって来た。
聞かれてもいないのにペンが見つかったことを報告。

P「あーパッと人の取ってそのまま持って行ってまうとかあるからなー(笑顔)」
P「あ、でもそれほんまに自分の?(笑)」
猫「中に目印書いてたんで(まだ確認してないけど)」
P「よかったやん!」

そのあとでこっそり分解したら無事日付入りのSXR-5が登場。
うれしかった。
もう会えないと思っていたから。
本当に本当にもう会えないと思っていたから。

なくしてむきになってコイルコードジェットストリームを装着した小生をあたたかく見守ってくれた同僚にも報告。

「むっちゃうれしいやろ!分かるわ!テンション上がるなあ!」

普段はめったなことでは笑ったりはしゃいだりしない小生も今日ばかりはすべての語尾に☆とか♪が付いている状態。
要するに浮かれていた。

それにしてもいったい二代目はどんな旅を…

パソコンの前にあったということは犯人は社員の誰か。
店長か?課長なのか?それともP氏かQ氏か…
なくしたのは14日で夕方まではあったからその日の閉店までいた人間が怪しい。
カレンダーを盗み見る。
当番は誰だ。

ぬ…?

まあまあまあまあ。
なにしろ再会できたのだからもう何も言うまい。

小生の恋人。
ジェットストリームが好きなんじゃない。
このジェットストリームを愛しているのだ。
f0220714_2132139.jpg

それにしてもよくなくすよなあ…
これ系の記事多いぞ。
[PR]
by mukei_font | 2011-10-26 22:00 | 文具屋日記 | Comments(4)

っしゃーーーーー!

f0220714_12293086.jpg

二代目マイジェットストリーム発見!

中の芯に小生の文字もあるし間違いない。

ローマ数字の「2」が二代目マイジェットストリームの「2」です。

お帰りなさい。
[PR]
by mukei_font | 2011-10-26 12:29 | 手のひらより愛をこめて | Comments(6)

ボールペンと空気の話まとめ。

連日加圧式ボールペンについて考えすぎてほとほと疲れてしまった。
昨日までの記事(ボールペンと空気の話。およびSmaSTATION!!と加圧式ボールペン。)にちょっとだけ補足して終わりにしたい。

ボールペンの芯の中に空気が入るのは書いている最中(上向き筆記)。
したがって、ペン先を上向きに置いただけで芯の中に空気が入ってインクが逆流することはない(キャップ式ゲルは要注意)。

ただし、筆記中に空気の入ってしまったペンに関しては、ペン先を上向きに置いているとそのままインクは逆流する。
なので上向き筆記しちゃったかも…なペンはペン先を下に向けて置いておく方が無難かも(重力が解決してくれるのを期待)。

今宵はこれにて。
[PR]
by mukei_font | 2011-10-25 23:07 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(3)