猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧

プレフィールの必要性、あるいは正当化(前篇)。

おはようございます。
少々薬が胃に来ましたが、それでも熱が下がってほっとしています。

さて、朝晩がずいぶん過ごしやすくなり、いよいよ秋。
楽しみにしていたZEBRAのプレフィールの限定軸がもう発売されたとか、もうすぐ発売されるとか。
これは熱い。
心躍ります。

本来限定アイテムにはあまりそそられない小生ですが、今回は違います。
何と言ってもナイトブルーの軸。

これはいるでしょ。

それになんだかんだ言いながらまだプレフィールは未入手ですからね。
これは良いきっかけ。

いや、最初に白の軸を買っていてもこの限定軸は買ったかも…
文紙MESSEで実物を見ましたが、それくらいに素敵なナイトブルーでした。
あ、今、スタイルフィットの限定軸にキャッキャする女子の気持ちがちょっと分かった気が…
おじさんも仲間に入れておくれ!

というわけで、気分はもうニューヨーク!なわけですが、これ、絵柄ではサグラダ・ファミリアがよかったな。
でも、サグラダ・ファミリアだとナイトブルーはおかしいですもんね。
他の色や絵柄の組み合わせにしてもそうですが、このシリーズ、限定軸にしてはなかなかハイセンスです。

今日はこれに何のリフィルを入れるかについて考えながら働きたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2012-09-15 08:29 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(4)

発熱のひとこと。

田舎に引っ越して来て3ヶ月。
健康的な日々に、もしかしてこの先死ぬまで風邪ひとつ引かないのではないか、と思った矢先に病魔に冒される(大げさ)お約束の猫町。

耳と頭が痛いと思ったら中耳炎。
久しぶりの発熱…きつい…

ということで、今夜もあんな筆記具、こんな筆記具についてあれこれ語りたかったのですが、今しばらくお待ちください。
あっという間に元気になってみせます。
[PR]
by mukei_font | 2012-09-14 19:23 | わたくしごと | Comments(0)

ツッコミ系ボールペン。

さて、問題です。
これら3本のボールペンに共通しているのは何でしょうか。
f0220714_22564186.jpg

描町くん「全部油性ボールペンです」
先生「それはそうだね。でももう少し考えてみようか」
錨町くん「全部クリップがバインダークリップです」
先生「なかなかするどい意見だ。でも他にはないかな」
猫町くん「先生、ちょっと問題がまずいんじゃ…」

答えはこちら。
[PR]
by mukei_font | 2012-09-13 23:50 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(7)

続・時にはミーハー気分で。

ちゃーららら、ららーらーらー、ららーらーらー、ららーらーらー♪

ということで、まさかの第2弾(第1弾はこちら)。
今日届いたうさむしからの荷物に同封されていました。

相棒ノート!
f0220714_21301231.jpg

裏表紙はこんな感じ。
f0220714_21303152.jpg

「決定稿ノート」とはいったい…
f0220714_21302624.jpg

今思い出しましたが、昔「エヴァンゲリオン」の「人類補完計画ノート」という黒いノートを持っていた気がします。
持っていただけじゃなく、使っていた気がします。
読書記録をつけていた気が…
あれ、どこに行ったんだろう…

閑話休題。

このノートの素晴らしさはずばりこれ。
f0220714_21304555.jpg

無罫来たーーーーー
さすがうさむし、気が利いてます。
f0220714_21303953.jpg

「ほしい文具の切り抜きや入荷した(うれてゆく)雑貨たちを撮ってはっとくとかどうかな~(手紙より)」

なるほどなるほど。

「もしくは相棒の脚本をかく」

無理じゃ。
[PR]
by mukei_font | 2012-09-12 22:06 | おもしろ文具 | Comments(0)

青の研究→調査。

昨日の記事の中でちらとふれた「替芯と青の研究」。

詳しくは、過去の記事をお読みいただくとして、この研究の過程で作った「BLUE-4」で先日わかば84さんと遊んだことを短く報告しておきます。

こちらが「BLUE-4」。
トンボのリポータースマートに、PILOTのアクロボール0.5、ぺんてるのビクーニャ0.5、トンボのリポータースマート0.7、ZEBRAのスラリ0.7、それぞれの青を入れたもの。
f0220714_19183015.jpg

これをわかば84さんに試し書きしてもらって、どの芯が好きかを聞いてみたのです。
ちなみにどの芯がどこに入っているのかは小生しか知りませんので、これはいわゆる覆面実験。

わかば84さんの答え。

好き:ぺんてるのビクーニャ0.5の青
嫌い:トンボのリポータースマート0.7の青

純正芯が…(´_ゝ`)

これに味をしめ、お客さんが来た時にまた遊んでみようと思います。
[PR]
by mukei_font | 2012-09-11 19:37 | 青色筆記具研究所 | Comments(4)

三つ子の魂…

大昔に書いたものを整理していてちょっとおもしろいことに気づいたんです。

これは比較的最近のもの。
f0220714_16495744.jpg

これは小学2年生のときのもの。
f0220714_16501339.jpg

共通点がお分かりでしょうか。

答えはタイトルを青色で書くというこだわり。

もうこの頃から黒には青という美学があったんですねえ。
自分でもちょっと驚きました。

それにしても昔からのべつまくなしに書いてきたものです。
書いて、書いて、書いて、今の自分があるのだと青鉛筆の強い筆跡を見ながら思いました。
[PR]
by mukei_font | 2012-09-11 18:37 | 文房具与太話 | Comments(0)

ZEBRA・クリップオンマルチ。

今夜は先日の「第2回OKB(お気に入りボールペン)48総選挙(感想)。」という記事の中で少しふれた、「自分ではそんなに使っていないのに、『文具店員として売るのが好きだった』という勝手な思い入れがあるアイテム」について書きたいと思います。

もっとも、与えられた仕事にすぐに夢中になる小生にはこういう「応援したくなる商品」というのがむちゃくちゃたくさんありました。
基本的にほとんどそれというか、「また女子向け!」とか「これは病気!」とつっこむアイテムはいろいろあっても、文房具はどれもかわいかったので。

が、そんな「思い入れアイテム」の中でも頭一つ抜けていたのがZEBRAのクリップオンマルチ。

自分でもよく分からないのですが、なぜだか好きで好きでたまりませんでした。
レジで売れると「うん、うん」とうれしくなったし、品出しの時はハアハアしたし、ごちゃごちゃになったストックを整理していると時間を忘れたし、替芯を買いに来られたお客さんには光速対応だったし、とにかく油性の多機能ボールペンの中では圧倒的にひいきにしていました。

ちなみに使用頻度はカウンタの中にあるのをちょっと使った程度。
それなのになぜ。

なんというか、王道感が好きでした。

例えば同スペックの油性ボールペンの多機能というと、PILOTのDr.グリップの4+1、三菱のジェットストリームの4&1がありますが、PILOTの場合は「Dr.グリップ」というグリップを、三菱の場合は「ジェットストリーム」というインクをそれぞれ売りにしている点が邪道に思えたのです。

普通の油性インクで特別な売りもないのに(せいぜいバインダークリップくらい)けなげに頑張っていて、着実にユーザーをつかみ、徐々に高級軸を展開していったクリップオンマルチ。
クリップオンマルチ3000はさすがに(´_ゝ`)でしたが、クリップオンマルチ2000に惹かれる人の気持ちはよく分かったし(当然軸色は青)、でもまあ小生は断然クリップオンマルチ1000派でした。

なんというかちょうどいいんですよ。
重み的に存在感的にそして出費的に。

そして買うなら赤だと思っていました。
青派なのに赤。
ぎらぎらしていない元気な赤色が素敵で。

¥1000の価格帯で他社の製品と比較してみても、この赤色はちょっと見当たりません。
男性にも手に取ってほしい気持ちからか、Dr.グリップの多機能もジェットストリームの多機能もアダルティな赤色。
が、もうそういう赤色は食傷気味というか、だからこそかえってぱきっとした赤色のクリップオンマルチが新しく見えたようにも思います。
こういう赤色を胸元にさしてる男性のほうが絶対おしゃれ。

赤色で話がそれましたが、こんなわけで「王道感」のあるクリップオンマルチを愛していたという話。

でも、小生ごときがやきもきしなくてもすでに圧倒的なユーザーに支えられていたのも事実。
といっても確かなデータを持っているわけではなく、レジで売れる本数であるとか、替芯の売れ数であるとか、使っているのを見かける頻度といったものからの判断なので正確ではないし、姉妹品のクリップオンGやクリップオンスリムも同じ替芯SK-0.7なので、本当のクリップオンマルチユーザーがどれくらいいるのかは分かりませんが、それでも多くのファンがいるのは間違いないはず。

¥500のクリップオンマルチが主流で、クリップオンマルチ1000がちらほら、たまにクリップオンマルチ2000。
減るのが速い新油性インクでもないのに、毎日のように発注した替芯のSK-0.7。
油性の多機能の王道を行くクリップオンマルチが好きでした。

最近のスラリやプレフィールを見ていると、ZEBRAの腰の重さは案外あなどれないとうか、最後の最後に出すからこそ、他社のいいとこどりをするような賢い立ち回りができるように思えます。
が、小生がおもしろいなと思うのは、そういう「重い腰」がクリップオンマルチに栄華をもたらしたのではないかということ。

もし、ZEBRAがつんのめってエマルジョンインクのスラリを出していたら、三菱が「油性の多機能といえばジェットストリーム」みたいな流れになったのと同様のことが起きたのではないでしょうか。
そうなると、ジェットストリーム4&1に押されて、同社のマルチファイブがひっそりしてしまったのと同じことが起きていたはず。
スラリの多色や多機能がやんややんやと盛りあがれば普通の油性のクリップオンGやクリップオンマルチの立場が弱くなる恐れがあるからです。

ZEBRAが慎重にスラリを開発したおかげでZEBRAは新油性市場に切り込むことには遅れをとりましたが、その分「油性の王道」を行くことができ、クリップオンG、クリップオンマルチ、クリップオンスリムのクリップオン帝国を築き上げることができたのだと思います。

いくら世の中がなめらか系の油性インク万歳な流れになっても、いわゆる昔からある油性インクボールペンを使いたい層というのは確実にあって、店頭で戸惑うその人たちにクリップオンマルチはやさしく、分かりやすい存在でした。

今現在、ZEBRAの中でクリップオンシリーズがどんな地位にあるのか分かりません。
実は小生が思っているほど昔から栄華などきわめていなかったりして。
いや、それはないか。
多機能のクリップオンマルチはともかく、小生が見る限り、多色の王者はクリップオンGだと思うし。

今のところスラリにはまだ4+1の多機能はないようですが、もし出るのなら安いプラスチックの軸に甘んじるのではなく、将来的にはクリップオンマルチ1000と同じ軸で出してほしいものだと思います。
あの重みと存在感でスラリの多機能とか贅沢。
もちろん芯だけを入れ替えればすぐにでもできることですが、最初から芯を入れ替えてね的なスタンスはよくないでしょ。

同じメーカーの中で一押し商品が競合するというのはちょっと複雑な状況ですが、つぶしあったり、どちらかがせつなくなってしまうのではなく、ロングセラーブランドに新進気鋭のブランドが乗っかっていく感じで両者ともうまく共存できればなと思います。

とまあ、ろくに使ったこともないのに思わず熱く応援したくなるのがこのクリップオンマルチなんですよ。
なんですかねえ、昔ジムノックに恋していた時の流れなんでしょうか。
まったくもって自分でもよく分かりません。

最後に小生が唯一所有しているクリップオンマルチを。
f0220714_13275075.jpg

「和心」という限定シリーズの紺青。
理想の青に思わずふらふらとなり、多機能なんて使わないのにハアハア入手。
なのに、替芯と青の研究で破壊してしまったという…
が、そのあと、小生をあわれんだZEBRAの営業さんに同じものをいただいたという…
f0220714_13281036.jpg

いろんな思いと思い出のつまったクリップオンマルチです。

唯一クリップオンマルチに残念な点があるとしたら、替芯の互換性の悪さだな。
帝国は帝国らしく、おいそれといろんな芯が参入できないようになっているのか。

[PR]
by mukei_font | 2012-09-10 21:23 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(19)

時にはミーハー気分で(追記)。

昨日記事に取り上げたボールペンについて少々補足。

ペン先の太さは0.7じゃなかった。
1.0くらいはあるのではないかと(今手元に比較できるペンがないが)。
あと、インクは低粘度の油性インクで間違いないと思う。

そして、もう不調というか、書けない時のほうが多いという…
(´_ゝ`)

おとなしく飾っておきます。
[PR]
by mukei_font | 2012-09-09 20:16 | おもしろ文具 | Comments(0)

時にはミーハー気分で。

さて、問題です。
このボールペンは何のボールペンでしょう。

ヒント1。
これだけで分かったら結構すごい。
f0220714_18414325.jpg

ヒント2。
もうお分かりの方も多いのでは。
f0220714_1850525.jpg



正解はこちら。
[PR]
by mukei_font | 2012-09-08 20:19 | おもしろ文具 | Comments(0)

筆箱拝見!〜わかば84さん篇〜

今日はまたまた素敵な出会いがありました。

なんと、このブログの古い読者であるわかば84さんが、猫町文具店(仮)に遊びに来てくださいました(猫町文具店(仮)、コーナー新設。参照)。
遠いところ、ありがとうございました。

ということで、またまた猫町のハアハアタイムの始まりです。

わかば84さんには愛用の万年筆とノートを見せていただいたのですが、まずは万年筆から。
LAMYのサファリとプラチナのプレピー。
どっちも毎日使ってもらってる感じが◎。
f0220714_1944173.jpg

LAMYのサファリ。
インクはセーラーの石丸さんに作ってもらったオリジナルインクだそう。
f0220714_19454149.jpg

いいなあ限定。
f0220714_19452542.jpg

日独交流150周年記念特別モデル。 
f0220714_20121675.jpg

こちらはプレピー。
こちらは純正のカートリッジで使用。
f0220714_1945471.jpg

お次はノート。
上から、コクヨのリエデンA5(横罫)、Disney x ツバメノートA6(無罫)、ミドリのMDノートA6(方眼)。
f0220714_19524298.jpg

この自由さ。
字を書いたり、絵を描いたり、ものを貼ったり。
うらやましいくらいイキイキした内容と使い方に、小生脱帽。
ノート人生をまっとうした感のあるノートたちの満足げな顔。
ここまで使ってこそだよなあ…

罫種が3通りあるのもおもしろいですが、わかば84さんは小生とは違って罫線にこだわらずにノートに字が書ける上級者。
いいなあ。
罫線が苦手とか言ってる自分がつくづく青くて嫌になる。

ちなみにこちらのノートに書かれているインクが、先ほど言及したセーラーの石丸さんに作ってもらったオリジナルインク「いをり」。
落ち着いたダークレッドでとても素敵でした。

こちらはダイアリー。
BE-PALとコクヨの測量野帳とのコラボダイアリーを毎年愛用とか。
いいなーそういう愛用とかあるのって。
f0220714_19532722.jpg

なんか…使いこなされた文房具ってすごいですよね。
まさに「屈服せざるをえない」という感じでした。

数日前にスクラップブッキングへの決意を書きましたが(今秋の目標:スクラップブッキング。参照)、やろうと思っていたことを先にやられてしまっていたという…
なんというか、疲れた大人や不器用な大人でもできる、肩に力を入れすぎないスクラップブッキングを目指そうと思っていたのでした…
とほー…

まあ、落ち込んでばかりはいられません。
不器用で疲れた大人の代表として、小生も頑張りますよ。
ええ、頑張らせていただきます。
くじけそうになったら、今日見せていただいたわかば84さんの自由なノートを思い出して。

その他、わかば84さんとは、仕事中に使うボールペンは何がいいかというような話や、さっそく文房具に興味津々の娘さん(4歳)の話などを楽しくさせていただきました。
やはり女子ねらいの限定ものは女児のハートもがっちりつかむようですねえ。
ピンクやラメは永遠なのか…

そんなこんなで感動したり、落ち込んだり、興奮したりと、濃い時間を過ごさせていただきました。
わかば84さん、どうもありがとうございました。

というわけで、これからも田舎の町で皆さんのお越しをお待ちいたしております。
営業日時以外でもできる限り対応させていただきますのでご連絡ください。

猫町フミヲ、こちらにおります。
月、火、水、木琴堂。
[PR]
by mukei_font | 2012-09-07 20:39 | 筆箱拝見! | Comments(6)