猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

いざ、大阪(文具旅)。

というわけで、明日、明後日と大阪に行ってきます。
討ち入りの日に赤穂にいられないのは切腹ものですが、今回だけはお見逃しを。

大阪へ行くからには文具屋めぐり。
ディスカウント系からシャレオ系まで、行く先々でハアハアする予定。
できるだけ興味をそそる商品がありませんように。

ところで、来年の12月14日は土曜日なんですよね。
これはオフ会にうってつけでは?
となると参加者は当然47人。

後半は全部ウソです。
[PR]
by mukei_font | 2012-12-12 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

女子いろdays。

明後日大阪に行く用事があり、そうだ青墨のボトルインクでも買うかとセーラーのオンラインショップで値段を調べようとした小生が発見してしまったもの。

女子いろdays

なんと、セーラーショップ限定販売のオリジナルボトルインク(全10色)。
全然知らんかった…
できることなら知らないままでいたかった…

「女子」なんて、「女子いろ」なんて、「女子いろdays」なんて個人的には相当BADなコンセプトだが、気になるじゃないか!
ぬおお、青系が3つもある!

シアワセ、レディ、オデカケ。
レディが紫系だということは分かるが、シアワセとオデカケの違いが分からない。

シアワセ:あこがれのウエデイングドレス。幸せ運ぶSomething Blueの色。
オデカケ:おしゃれ大好き!おでかけデニムの色。

(´_ゝ`)

おじさんにも分かるように教えてほしいんだな…
百歩ゆずっておでかけデニムの色は理解できても(できないが)、幸せ運ぶSomething Blueの色はまったく想像もつかないというか…

インクブレンダーの石丸さんのコメントに「発案者一人ひとりが持っているイメージを大切にして彼女たちの”心の中にあるもの”をインクとして具現化しました」とあるように、これって完全にイメージの話ですよね。
そしてきっとこれはそういう「雰囲気」を楽しむためのシリーズに違いない。

まあそんなことを言ってたらPILOTの色彩雫だって、何が「月夜」だよーどこが「冬将軍」だよーみたいな話になってしまいますもんね。
いや、違うな。
「月夜」や「冬将軍」にはある程度具体的なイメージがある。
「おでかけデニム」とは違うぞ。

まあいい。
シアワセとオデカケがどんな青なのか。
それだけが知りたい。
が、こればっかりは実物を見ないとなあ…
[PR]
by mukei_font | 2012-12-11 21:45 | インク | Comments(0)

手帳素人猫町、早速ミス。

こたつに入ってしまうと動けなくなってしまうので、今日は大掃除第一弾。
初冬の服を早々にしまい、真冬の服を引っ張り出すという「衣替え」。
もはや本気の冬の服以外はノーサンキューな低体温猫町。

そのごたごたの中でなくしていた今年の手帳を発見。
10月から真っ白…(´_ゝ`)
でも9月まで頑張った自分GJ。

先日から使い始めた来年の手帳はさすがにまだなくしていない。
使ったらすぐにカバンのポケットに戻すことを徹底している。
とにかく紛失だけは避けたいところ(このレベル)。

が、そんな初歩的なことに夢中になっている場合じゃないことに最近気づいたのであった。

ブロックタイプのマンスリーはほとんど書くところがない。

アホなのだろうか。
そんな見たら分かるようなこと…

が、うっかりしていたのである。
「手帳使いこなせない→もうマンスリーでいいや(が、それさえ使いこなせない=なくす)」で長年やってきたが、ここに来て生活形態や仕事が変わり、案外手帳に書くべきことがあるぞ、みたいな…

一番悩ましいのは家計簿について。
今まではきちんと家計簿をつけていたのだが、夏に使い終わったのを機に次をどうするかちょっと宙に浮いた状態だった。
せめてちょっとした支出を書き込めるくらいの手帳にしておけばよかったかもしれない。

が、時すでに遅し。
いくらプレフィールのサラサ0.3リフィルは小さい字が書けるといっても、1つのブロックにあれこれ書き込むのは少々無理がある。

なので再来年(!)に向けて「どういうのを買うべきか」をシミュレーション。

すなわち、

・日曜始まりのブロックタイプのマンスリーがついていること
・見開き2週間くらいのウィークリー
・見開き1週間でもいいかもしれない
・大きさはA6
・青とか猫とか

来年の今頃こんな手帳があったらうれしい(遠すぎ)。
[PR]
by mukei_font | 2012-12-10 20:36 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(6)

寒い夜のひとこと。

書きながら眠っておりました…

寒くてこたつと一体化しております。
明日は取りつかれたように年賀状を書く予定。
セーラーの青墨でマイフォントを量産します。
[PR]
by mukei_font | 2012-12-09 23:56 | わたくしごと | Comments(0)

PILOT・ジュース。

先日うさぎやで買ったものでまた記事にしていない文房具がありました。
PILOTから新しく出たゲルインクボールペン、ジュース
f0220714_21134115.jpg

購入したのは黒の0.38と白の0.5。
f0220714_21151039.jpg

PILOTのゲルインクボールペンなんて今さらという気もしますが、新しいのはそれが顔料系のゲルインクボールペンだということ。
実はG-2、Gノック、G-3、HI-TEC-C、すべて染料系のゲルインクボールペンなんですね(後述のようにチューズのみ顔料系)。

染料系や顔料系がどうしたと思われるかもしれませんが、染料系は顔料系に比べて耐光性や耐水性に弱いところがあり、顔料系のゲルインクボールペンのほうが何かと頼もしいのは事実。
実際三菱のシグノもZEBRAのサラサもぺんてるのハイブリッドシリーズも顔料系のゲルインクですから。

そうなんです。
PILOTのジュースはちょっと遅すぎたくらいなんです。
同じようにノック式ゲルインクボールペンとしてシグノやサラサと並んでいてもGノックだけ染料系だったという…
もちろん染料系には染料系のよさがありますから当然ファンもいることと思います。
発色のよさであったり、乾きの速さであったり。

それが、遅まきながらノック式のゲルインクボールペンに顔料系を登場させてみようとなったのが今回のジュース。
先ほど顔料系のゲルインクがチューズだけだったと書きましたが、今回のジュースはいわばノック式のチューズみたいなもの。
もちろん外見は全然違いますし、インクやチップも改良されているはずですが、理屈の上ではそんな感じかと。

ところでPILOTの展示会の際に、どうして今まで染料系のゲルインクボールペンばかりだったのかと聞いてみたんです。
なんでも、万年筆の会社だから染料系のインクにこだわりがあったとかなんとか。
素敵な話ですが、顔料系のゲルインクにももっと早く出会いたかったような…

それにしてもいきなりすごいラインナップで登場したジュース。
ペン先のバリエーションもカラーバリエーションもサラサ並みの展開。
いくらノック式ゲルの王者サラサに戦いを挑みたいとはいえ(そういうことらしいです…)、小生が文具店員ならかなり困惑していたはず。
どこ置くねんこれ!みたいな感じで。

そもそも置くのを見合わせた小売店もあったのでは?
というのも、PILOTがやっとノック式の顔料系ゲルインクボールペンを出した、ということ以外にあまり売りがないからです。
そんな細かいことにハアハアなる店主ばかりだと話は簡単ですが、ノック式顔料系ゲルインクボールペンはサラサで十分、と言われてしまうとしょんぼりではないでしょうか。

が、そこはジュースにもささやかな秘密兵器があるんです。
それはラインナップにパステルカラーがあること。
ノック式のゲルインクボールペンでパステルカラーがあるところはなかったはず。
サラサの1.0にはぎらぎらしたシャイニーカラーがありますがパステルカラーではないし、シグノエンジェリックカラーはパステルカラーですがキャップ式(0.7)。
パステルカラーがノック式でしかも0.5というのは確かに素敵。

でもどうして今まで他社にもなかったのでしょうか。
PILOTによるとそれは「難しかったから」だそうです。

シグノエンジェリックカラーやシグノの白(1.0)を使ったことのある方の中には、それが他の色のゲルインクボールペンよりも早く劣化したという体験をされた方もおられるかもしれません。
小生も例外ではありません。
そんなにしょっちゅう使うものではないからなのかもしれませんが、久しぶりに手に取るとインクがかすれたり、筆記線が中抜けしたり、ひどいときにはボールがぎゅりぎゅり音を立てたり…で、替芯もないので買いなおすはめになったり。

PILOTの人の話をあれこれ聞くうちにこれらのことにも納得。
不透明インクは難しいインクだったんですね。
PILOTの人曰く、不透明インクは「重い」そうです。

なのでパステルカラーのゲルインクにノック式がなかったのも、ノック式だとペン先を下にしないといけない構造ゆえにペン先に重いインクが集まってきてしまって難しいが、キャップ式だとペン先が上を向いているからまだしも云々という話でした(理解があっていれば)。

そのインクを軽く、しゃぱしゃぱでとろとろにする工夫をこらしたのが今回のジュースだそうです。

秘密の一つはモイスチャー成分。
ノック式なのでドライアップ(ペン先の乾き)対策をこらさなくてはなりませんが、このモイスチャー成分のおかげでスムーズな書き出しが保証されるとか。

このモイスチャー成分については展示会の際に実験を見せてもらいましたが、ペン先はうるおっているのに紙にはすばやく浸透するという興味深いところがありました。
確かにうるおっていてほしいけれど、いつまでもべたべたしていても困りますよね。
考えてみるとわがままなことばっかり求めてるなあ…

ドライアップ対策はモイスチャー成分だけではありません。
これはノック式のゲルインクボールペンであればおそらく他社の製品にもなされている工夫ですが、ジュースにもスプリングチップが。
要するにペン先のボールにバネを入れ、押した時だけ開くようになっているんですね。
そうしないとペン先が乾いてしまうからです。

ちなみに試し書きしてみたものがこちら。
うさぎやの一角でハアハアさせていただきました。
左は青のバリエーション。
右はパステルカラー全6色。
分かりにくいですが…
f0220714_22272558.jpg

実はこれ、PILOTの展示会でもこそこそやったのでジュースを試すのは今回で2回目だったのですが…
もしかしてちょっとインクが不安定?
色によるのか細さによるのかまでは分かりませんが、どうもインクの出が十分ではないような(前回もそうだった)。
筆記の速さにインクがついてこない時もあって、それによって線の太さが一定にならないような場面も。
まあ、試し書きという過酷な状況にはゲルは少々弱いからなあ…

ということで、むちゃくちゃ迷いましたが、黒の0.38と白の0.5を購入。
やっぱり実際に使う色や細さが一番だろうと思って。

で、早速ジュースの0.38で嬉々として手紙をしたためようとしたのですが…

スプリングチップが苦手だということを忘れていた。

ノック式のゲルあかんかったんやったーーーーー
ペン先がぺくぺく沈む感じがあかんのやったーーーーー

これは完全に小生のミス。
狙ったところにぴたりとペン先が下りてこないペンはどうにもこうにもいつもの字が書けず…
いや、書けるんですけど、落ち着かないんです。

したがって、軽いタッチでさらさら書く人にはとても快適なはず。
猫町フォントにこだわらなければ、確かにモイスチャーな書き心地。
せっかくだからノック式ゲルユーザーに使ってほしいですね。
サラサ信者とかノック式シグノ信者とかエナージェル信者とか。

それにしてもジュースのスプリングチップの主張があまりにも激しかったので、手持ちのノック式ゲルと比較してみることに。
サラサ、ノック式シグノ、エナージェル、ハイパーG、ノック式ボールサイン。
ボール径がばらばらなので厳密な比較ではないですが、どうもジュースが一番ぺくぺくしている気が…

これは顔料系ゲルインクのノック式が初めてだからなのか、それともラインナップにパステルカラーがあるせいなのか、あるいは気のせいなのか。

ハッツ。
また細かい話に。

まああれこれ書きましたが、ノック式の細字パステルカラーも楽しいし、カラーバリエーションも豊富だし、店頭で見つけたらぜひハアハア試し書きを。
[PR]
by mukei_font | 2012-12-08 23:07 | 筆記具・ゲルインク | Comments(13)

トラベラーズポストカードキャンペーン2012入賞(後篇)。

先日入賞の賞品が届いたミドリのトラベラーズポストカードキャンペーン

今日、トラベラーズノートと仲間たちのサイトを見てみると、入選作品が見られるようになっている。
美しい写真や気の利いたスケッチ、センスあるコラージュで表現された旅のシーン…
同じように旅をしても、きっと自分ではこんな風に表現できないなと思いながら楽しく眺めた。

ちなみに小生が旅したのは東尋坊。
旅の最中の日記はこちらを参照。
ほとんどトラベラーズノートと関係ないことになっているが、袋の中には文房具がつまっていたということで。

それにしても危ない奴だ。
f0220714_20114770.jpg

[PR]
by mukei_font | 2012-12-07 21:00 | ノート | Comments(2)

書くときの姿勢…orz

いよいよ年賀状を書き始めた。

書き始めてすぐに気づいたことの一つが、鉛筆の持ち方以上に書くときの姿勢がやばいということ。
自分なりにベストの姿勢があるにはあるが、とてもほめられたものではない。
恥ずかしくて人前で書くことができない。
したがって人前では100%の字が書けない。

ちなみに書くときの姿勢についてはZEBRAのHPに簡単にまとめられている(書くときの姿勢参照)。
ZEBRAのHPには「手書きのすすめ」というコンテンツがあり、あまり参考にならないが、ちょっとおもしろかったりする。
筆跡診断とか、選ぶ項目がなかったりするのにやってみたり…

先日の鉛筆の持ち方は悪いなりにも「鍛錬」すれば…という可能性があったが、書くときの姿勢には言い訳のできない「たちの悪さ」がにじみ出ているように思う。
とにもかくにも美しくない。
これは鉛筆の持ち方以上によくないことだ。

が、これもまたどうすることもできないのだろう。
誰も見ていないところでこっそり書き続けるしかない。
[PR]
by mukei_font | 2012-12-06 23:28 | 文房具与太話 | Comments(0)

文房具オブ・ザ・イヤー2012…

今日ぶらりと立ち寄った本屋で、「この文房具がすごい!文房具オブ・ザ・イヤー2012」(宝島社)というムックを発見。
またムック…(´_ゝ`)

ぱらぱらめくっただけでおなかがいっぱいになってそっと閉じたが、文房具オブ・ザ・イヤー2012か…と考える。
普通はこういうときあまり一つに絞れずに終わったりするのだが、今年はずばりこれ。

ZEBRAのプレフィールのスラリ0.3リフィル。

先日体感スラリ0.3の実物をQ太さんに見せたら、「字、でか!」と言われたので、今は1.5~2ミリ四方くらいの字を書いている。
いつかきっと老眼になるからこそ、小さい字が書ける今を超極細リフィルで堪能しまくりたい。
[PR]
by mukei_font | 2012-12-05 23:33 | 文房具与太話 | Comments(0)

年賀状…(ゴクリ)

いよいよ12月。
流行語大賞も決まり、焦ってまいりました。
年賀状を書かなければ。

今年は11月中に消しゴムはんこを彫り上げた小生。
店分の年賀状70枚はすでに完成(書くのは店主たち)。
70匹のヘビがにょろにょろしている風景は圧巻。

で、自分の分の年賀状もはんこ押しは8割方終了。
こちらはうさむしのはんこと猫町のはんこの合作です。
日本全国、はたまた海を越えてにょろにょろ行くぜ。

自分のヘビとうさむしのヘビをぺたぺた押しながら思ったことなんですが、今年は緑系のスタンプパッドが売れるでしょうねえ。
龍も緑だったけど、ヘビの緑はまたちょっと違う感じ。

ちなみに小生が愛用したスタンプパッドはアートニックの「Green Tea」。
一番ヘビっぽい色に思えました。
こういうスタンプパッドって、押してみないと色のイメージが分からないから選ぶのが大変。
思てたんとちがうーなスタンプパッドが部屋にはごろごろしています。

さて、あとはひたすら手書き祭。
万年筆で書くべきか、使い慣れたボールペンにすべきか悩みますが、今年も万年筆で頑張るかな。
[PR]
by mukei_font | 2012-12-04 21:37 | レター用品・スタンプ | Comments(4)

筆箱拝見!〜松さん篇〜

少し時間がたってしまいましたが、先週末は猫町文具店(仮)に、ブログの読者である松さんが遊びに来てくださいました。
遠いところ、そしてお仕事でお疲れのところありがとうございます。

松さんには以前、第2回OKB(お気に入りボールペン)48総選挙・猫町版。の記事にコメントをいただいたことがありました。
そしてその際に知った松さんのブログで興味深い記事を拝見し、やりとりをさせていただいたという経緯があります。

そんな松さんがはるばる猫町文具店(仮)にやって来てくださったという話。

見るからにお仕事帰りといったスタイルの松さん。
作業着の袖のペンポケットに差されたボールペンについて尋ねるところから筆箱拝見は始まりました。

袖に差されていた選ばれしペンはこちらの2本。
三菱のパワータンクスマートシリーズ
f0220714_1961894.jpg

先ほどのOKBの記事のコメントがまさにそれでしたが、松さんは加圧式ボールペンを深く愛されている方。
お仕事上どうしても必要とのことで、しばし加圧ボールペンについて話がはずみました。
その優秀さ、しかしどうしてもすばらしさが伝わりにくいもどかしさ。

そして文句はOKBへ…
OKBの握手会(試し書き)では加圧式が圧倒的に不利だとか、たとえ説明書きがあってもスペックにハアハアするのはわれわれみたいなタイプだけではないかとか、そもそもOKBに選ばれているペンはなんかおかしい(手帳用筆記具が同じフィールドで戦えるか)とかなんとか…

ちなみに上の写真のパワータンクスマートシリーズ、何かが違いますよね。
そうです、ピンク軸のノブが赤くなっているんです。
ノブのカスタマイズなんて難しいんじゃ…と一瞬思ったのですが、パワータンクはこの部分を回して芯を入れ替えます。
だからこそ簡単にできたカスタマイズなんですね。

松さんいわく「赤(ピンク)色の軸に赤ボールペンが入っていないのはゆるせない!」。
…なるほど。
そしてノブをカスタマイズしたのは、袖ポケットにペンを差した時ノブで色を識別する必要があるから。
さらに欲を言えばパワータンクのクリップが頼りないとのこと。
確かに!
もっとタフでもいいはず!

お次はこちら。
ZEBRAのマッキーノック細字
f0220714_19443922.jpg

こちらも作業服にぴったりマッチ。
ノック式の油性マーカーについては以前ぺんてるのハンディを取り上げたことがありますが、本当にこれほどノック式である必要性がある筆記具もないというのが小生の実感です。
もっとも松さんは、ノック式ハンディSが乾いてしまって以来マッキーノック細字派なんだとか。
ここでもしばしノック式油性マーカーについて話がはずみます。

さて、ここで松さんのとっておき。
先日のQ太さんのOHTOのグリッパーもそうでしたが、「猫町さんこれ知ってますか?フッフッ…」的なアイテムを持ってきてくださる方が多いのはうれしい限り(もちろんそんなもの持ってこなくてもOK)。

じゃーん。
PILOTの2020ROCKY(フレフレロッキー)
f0220714_19545083.jpg

懐かしい!
懐かしすぎる!
そして今見てもかっこいい…
f0220714_2011986.jpg

重さもよかったし、このグリップも握りやすかったんです。
口金までの段差がなくて、適度にぎざぎざで。
当時はまだ小学生だったんですけど。
f0220714_2013960.jpg

いやー久々の再会、楽しかったです。

さて、筆記具はしだいに松さんのコレクションへ。
こちらPILOTのSシリーズ3兄弟。
左からS20S10、S3(S20のみボールペン)。
f0220714_20145687.jpg

S20の中にはジェットストリームの芯が入っていました…(´_ゝ`)
皆さんいろいろ工夫を楽しまれているんですね。

木軸の素晴らしさはいつか本文記事にもとりあげたいのですが、こちらも木軸。
PILOTのジャストミートスマート
f0220714_2028503.jpg

時間があれば小生のジャストミートスリムと一緒に写真を撮りたかった…
これ、本当に好きなボールペンです。
一番安い芯を一番豊かな気持ちで使える軸じゃないかと思っています。

舶来ものの筆記具も。
カランダッシュ849コレクション。
f0220714_20313426.jpg

カランダッシュと言えばゴリアット芯ですが、複写伝票にいかにカランダッシュが素晴らしい力を発揮するかという話を熱く語られました。

あーここで「濃いペン」の流れでぺんてるのハイパーGの話になったのに写真を撮るのを忘れている…
すみません…
松さんに愛されている「濃いゲル」ハイパーGをよろしく!
が、小生と同じくあの口金のデザインはいただけないという話に…
回しながら書く人にはいらない工夫なのか…

松さんとは消しゴムの話も。
お気に入りはPLUSのWエアイン。
f0220714_20383048.jpg

が、ひび割れしてしまうのが玉にきずとか。
もちろんここで小生が自身のお気に入り、サクラのフォームイレーザーWを取り出したのは言うまでもありません。
コストパフォーマンスが悪いと分かっていても、あのひび割れの不快を回避することを優先してしまう小生。

そして万年筆。
プラチナ(プラチナ18?)と、
f0220714_20453218.jpg

PILOT・エリート。
どちらも古いもの。
f0220714_20462081.jpg

プラチナのほうはペン先からインクがもれるとのこと、PILOTのほうは謎のコンバータが付いているとのこと。
どちらも小生では力になれず…

ちなみにコンバータはこんな人で、のちに「ノブ・フィラー式吸入機構」という名称であることが分かりました。
f0220714_20491846.jpg

f0220714_2048372.jpg

松さんとはこの他にもたくさんのお話をさせていただきました。
なぜか「小学生に方程式を使わずに難しい算数の問題を教える難しさ」について、とか。
あとは小生のおすすめのボールペンを試筆してもらったり。

なお、松さんのブログでも今回のことを記事にしていただいたので最後にご紹介します。
木琴堂および猫町文具店(仮)様方訪問記

松さん、またぜひ遊びに来てくださいね。
カフェメニューの充実も頑張りますので。
[PR]
by mukei_font | 2012-12-03 21:02 | 筆箱拝見! | Comments(5)