猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(55)
(33)
(17)
(11)
(9)
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
最近のマイブームはJK-..
by K at 20:20
僕はセーラーのフェアライ..
by horenso39 at 23:08
先日は楽しい時間をありが..
by 松 at 11:47
ゼブラsk0.4とjsb..
by 細雪 at 21:24
1番使ってるペンはキャッ..
by なぎねこ at 15:48
三菱のSNP-10ですね..
by narkejp at 20:31
好みの替芯(リフィル..
by 輪音 at 14:59
自分はパイロットG-3(..
by あるけみ at 19:05
初めてのコメント失礼しま..
by エイジ at 20:00
今更なコメントだと思うの..
by haru5214 at 02:20
試験を受けなければいけな..
by K at 13:32
>慎之介さん 最初は「..
by mukei_font at 11:41
猫町さん、こんにちは!(..
by 慎之介 at 10:51
>なおさん ニューバー..
by mukei_font at 09:21
>あるけみさん コピー..
by mukei_font at 09:11
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 09:07
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 09:00
>なぎねこさん Ins..
by mukei_font at 08:59
>りおさん ゴムは汚れ..
by mukei_font at 08:55
>優煌海さん そうなん..
by mukei_font at 08:55
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

シャープロの現場から~コクヨ・スマートリング~

今回のシャープロでむちゃくちゃお世話になっているのがコクヨのキャンパスバインダー<スマートリング>
f0220714_22105521.jpg

以前あれこれ書いたことがありますが、これが意外と素晴らしかった…
今HPを見ると、待望のA5サイズも発売されたみたいですね。

B5サイズが軌道に乗ったんだなあ…
そりゃあ乗るよなあ…

ちなみにこれまでの記事はこちら。
コクヨからの刺客。
コクヨ・キャンパスバインダー<スマートリング>。
コクヨ・キャンパスバインダー<スマートリング>・¥470(税抜)。

で、キャンパスバインダー<スマートリング>の何が素晴らしいかというと、やはり手軽さ。
リーフ入手の手軽さ。
バインダー開閉の手軽さ。

特に今回は惜しげなくどんどんどんどんリーフを使うので、例えばこれをリヒトのツイストリングノートでやっていたらコスト的にはかなり厳しいことになっていたはず。
f0220714_2211940.jpg

以前、スマートリングとツイストリングノートを比較した際は、「リングノートとしてどうか」という点で見たため、360度折り返した時のスマートリングの背骨のごつさが気になったりしたものですが、今回はあくまでも「リーフを収納して閲覧する」という点を重視して使用。
使い方が変わればそのアイテムへの評価も変わります。

そうなってくると、比較すべきはツイストリングノートではなく、むしろ従来のルーズリーフバインダーということになりそうですが、これに比べてもスマートリングはなかなかのすぐれもの。

着目すべき点は開閉時の音。

多くのリーフを収容することができるルーズリーフバインダーはあの金具の開閉時にかなり音がします。
バン!とかなりの音が。
これをちょっとしたリーフの抜き差しにいちいちやるのはちょっとうるさい。

もちろんスリムなバインダーにはプラスチックの爪をはずしてぱくっと開くタイプのものもあります。
しかし、その場合は開閉とリーフの抜き差しの容易さがスマートリングよりも劣るはず。

この「無音でさくっと簡単にリーフの抜き差しができる」というのは、学生さんなんかだと図書館で勉強する際にいいですね。
静かな部屋の中、金具の音をバンバンさせて何度もバインダーを開閉…というのは、はた目からはもちろん、自分でも(なんでいちいちこんな音…俺って要領悪いのかな)となってしまうもの、だと思います。

ただしスマートリングにも欠点はあって、それは収容枚数が少ないこと。
最大25枚はさみしいよコクヨさん…

あれ?25枚?
そんなのとっくに超えているんじゃ?とマイスマートリングを見てみるとすでに40枚超のリーフが…
(´_ゝ`)

リングが広がっているのがお分かりでしょうか?
それでもバラバラにならないので、このまま頑張ってみるつもりですが…
f0220714_22114876.jpg

ところでシャープロですが、現時点で得られた結果をレーダーチャートにしてみました。
そもそもこれがやりたくて始めたシャープロでした。

三角形の上が「濃さ」、右下が「強さ」、左下が「なめらかさ」。
すでに個性の強い人たちの姿が…
今のところ理想的な三角形をしている人たちが、「定着性(どれくらい汚れにくいか)」と「消去性(どれくらいきれいに消えるか)」の要素でどれくらい正五角形に近づけるか。
なかなか興味深いところであります。
f0220714_22122813.jpg

[PR]
by mukei_font | 2013-02-28 23:20 | ノート | Comments(2)

ぷんすかな夜のひとこと。

猫をお腹の上に乗せてこたつで眠っていたらパソコンがフリーズ。
再起動するもネットにつながらず…

ヒトがヒトならメカもメカ。
好調なのは猫ばかり(何よりではあるが)。

今日もぼんやりしていた。
ぼんやりしているからダメになる気がしてきたので、明日からはもっと頑張ってみることにする。

今日はシャープロもうまくいかなかった。
字はたくさん何時間も書いたが、うまく結果が得られなかった。
また明日、また明日。

一つ言えることは、マルマンのルーズリーフとシャープペンの組み合わせが素晴らしいということ。
書き比べながら点数を付けていると芯に優劣があるように思えてくるが(実際に出来のよくない芯もあるが)、おおむねそれらは気持ちよく書ける。

素晴らしいことだ。

ボールペンや万年筆も楽しいがシャープペンも楽しいと心から感じる。
シャープペンで文通してくれる人がいたらいいのに(その際、便箋はお互いにルーズリーフを使うことにしてはどうか。ファイリングもできるし、成果を目で見ることができるのは大きい。これは相当楽しいのではないか?)。

なんか寝る頃になってギンギンしてきた。
[PR]
by mukei_font | 2013-02-28 01:03 | 手のひらより愛をこめて | Comments(0)

帰ってきたシャー芯プロジェクト。

フリクション実験もそこそこにシャープロの話を始めることをおゆるしください。
実はひそかに同時進行させていたのですが、フリクション実験もなかなか大がかりになりそうな予感。
先にシャープロを完遂したいと思います。

ここで「シャープロって何?」と思われた方のために簡単に説明すると、シャープロとは「シャー芯プロジェクト」の略。
シャープ芯を究めるために立ち上げたプロジェクトのことです。

細かい手続きは省きますが、要は10種類のシャープ芯をまったく同じ10本のシャープペンに入れ、中身が何か分からないまま書き比べ、それぞれのシャープ芯の特徴を把握しようという計画。
なお、比較の際には5つの要素(濃さ・強さ・なめらかさ・定着性・消去性)について見ていくことにします。

この実験を思いついたのがはや2年以上前のこと。
以来、何度も挑戦しては挫折を繰り返し、やがて放置、そして忘却の彼方へ…

途中、必要に迫られプチ☆シャープロとして、エントリーしている10種類の芯のうちの、PILOT・ネオックスグラファイト、ぺんてる・シュタイン、三菱・ナノダイヤの3種類に関してだけは実験を終えました(が、こちらもまだ正式には結果を発表できておりません)。

いずれにしても、本家シャープロは今のところ未完の大作。
それにひそかに取り組んでいたというのが今日の本題です。

さて、シャープロを再び始めるにあたり、今までの挫折を分析した小生。
以前やっていた時は、1本1本の対戦の際に、前述の5要素(濃さ・強さ・なめらかさ・定着性・消去性)をすべて同時に詰め込んでこなしていたのですが、これが失敗の原因。
濃さなら濃さ、強さなら強さだけを見るようにしないと自分自身の感覚に統一性が持てません。
結局は総当たり戦を5回通り行わないといけないと悟ったのです。

で、今日までの段階で、45試合(総当たり戦)x3要素(濃さ・強さ・なめらかさ)=135試合を終えました。

「濃さ」「強さ」「なめらかさ」それぞれの順位はすでに出ています。
ここまでくればもう絶対に挫折はありえません。

あと2要素(定着性・消去性)について総当たり戦を行えば、10本のシャープ芯についてのレーダーチャートが作成可能。
そしてその結果と自分自身の感覚をもとに、10本のシャープ芯をどこまで言い当てられるかという最後のお楽しみが…

実験風景(と邪魔者)。
f0220714_22531150.jpg

「強さ」の実験では芯がばきばき。
申し訳ない気分でいっぱいになりながらも、興味深い結果に好奇心はつきません。
f0220714_22532597.jpg

[PR]
by mukei_font | 2013-02-26 23:05 | シャー芯プロジェクト | Comments(3)

朝から個人的なひとこと。

朝から病院に行ってきた猫町です。

頭痛の原因はいまいちよく分からず。
ただ、原因はよく分からなくても頭が痛くなったり、なりやすい状態で重かったりするのは事実です。

あまり頑張っていないのにこんな状態でとても恥ずかしいのですが、これまで以上にマイペースな内容(およびコメントへのレス)になると思います。
メールやお手紙もいただいておりますが、なかなかお返事ができない状態であることをどうかご理解ください。
[PR]
by mukei_font | 2013-02-25 10:49 | わたくしごと | Comments(4)

フリクション実験~冬の陣~其の壱・中。

さて、ついつい流れてしまいそうになるが、自分を鼓舞してなんとか続けたい。
フリクション実験~冬の陣~である。

これまでの流れは以下の通り。
フリクション実験~冬の陣~其の零。
フリクション実験~冬の陣~其の壱・上。

今回「其の壱・中」として書くのは実験結果ではない。
実験材料作成中に気づいたことのまとめとでもいおうか。
厳密な実験ならここで立ち止まらなくてはならないほど、実験材料作成段階ですでに問題が発生していた。

フリクション実験~冬の陣~覚え書き。でも少しふれたが、全体的にあまりきれいに消えないのだ。
ハガキに書いて消した文字が寒冷地でどうなるかを見る実験なのに、そもそもハガキの文字がきれいに消えないという…

フリクション実験~夏の陣~では予備実験にハガキを、本実験では情報カードを用いたが、気温によるインクの変化を見ることが目的だったことと、使用筆記具の種類が今回よりも少なかったことなどからこの点に気づかなかった。

これらの原因がハガキの紙質や紙厚にあるのか、フリクションペンの種類にあるのかは非常に重要なところだ。
むしろこの点の追究をしてから「冬の陣」へと進むべきだという気さえしてきた。

というわけで、以下に実験材料作成段階に気づいたことを列挙していく。

・全体的にあまりきれいに消えない
・フリクションボールノック0.7が特に消えにくい
・フリクションカラーズが一番きれいに消える
・0.4から0.7に至るまで消えやすかった色(見えにくい色)はアップルグリーン、ライトブルー、グリーン、ライトグリーン
・0.4から0.7に至るまで消えにくかった色(見えやすい色)はブラック、ブルー、ブルーブラック、バイオレット
・フリクションカラーズもブラックとバイオレットはよく見える
・夏の陣の際は光に照らす角度で文字が見えるという感じであったが、今回は全体的にそれどころじゃないくらいに見える
f0220714_2047034.jpg

こんなにも消えにくいものを大勢の人がやんややんやと使っているとは思えないことから、やはりハガキの紙質や紙厚がおもしろくないのだろう。
が、そこであっさり実験材料をハガキから普通のコピー用紙やルーズリーフに変えるのはくやしい。
いろいろな紙でやってみたいし、普通のノートでも消えにくい色があるかどうかも調べてみたい。

46種類のペンで同じハガキを2枚書き上げた労力を無駄にしたくなくて勢いで投函してしまったが、男猫町、ここは立ち止まって冬の陣の前にフリクションの基礎実験をしたほうがいいかもしれない。

(続く)
[PR]
by mukei_font | 2013-02-24 20:49 | 筆記具・ゲルインク | Comments(4)

トンボの新ロゴマークとMONOコレクション。

トンボ鉛筆のロゴマークが新しくなったという記事を新聞で読む。
確かリポータースマートの時には新しいロゴマークになっていたはずだが、トンボのHPによると、2011年から順次移行導入を始め、2013年現在7割の商品に移行が進んだとのことで新ロゴマークの発表と相成ったらしい。

というわけで記念撮影。
せいろ棚にMONOコレクションを集めてパチリ。
f0220714_22501385.jpg

非売品の巨大消しゴムあり、ミニミニ消しゴムあり。
大騒ぎして買ったMONO電卓の姿も。

ちなみに最上段の超巨大MONOは紙箱。
文具店員時代の同僚であり友人であるかわいい人が送ってきてくれた。
ありがとう!

で、この超巨大MONOにあるロゴマークが今回発表された新しいロゴマーク。
これからはこのロゴマークがどんどん見慣れたものになっていくのだろう。
そう考えると、旧ロゴマークの入ったジャンボMONOやミニミニMONOは50年後ぐらいにはとんだお宝になっているのかも…

この先も何度か変わることがあるかもしれないロゴマーク。
ただ、MONOだけはずっと青白黒のMONOであり続けてほしい。
[PR]
by mukei_font | 2013-02-23 23:27 | 文房具与太話 | Comments(8)

残念な夜のひとこと。

(続く)と書いたものの、すぐに続かないのが猫町クオリティ。

ここまでは予定調和でしたが、朝の時点ではあれやこれや書きたいことがあふれんばかりであったのに、またぞろ強烈な頭痛の来襲で今夜は早々に撤退せざるを得ないようです。
観念して来週は病院に行くことにします(何科を受診すべきなのか?)…

フリクション実験、シャープロ、そしてちらほら耳にする心躍る新商品について。
書きたいことは山ほどあります。

今宵はこれにて。
[PR]
by mukei_font | 2013-02-22 22:15 | わたくしごと | Comments(4)

フリクション実験~冬の陣~其の壱・上。

以前、ちらと書いたフリクション実験~冬の陣~についてそろりと始めてみたい。

実験1

【目的】
PILOTのフリクションインキの冬の日常場面に密着し、そのリアルな実用性を探ることを目的とする。
具体的には、「-10℃前後になると消去した筆跡が戻る場合がある」とされることから、寒冷地におけるフリクションインキの「復活」(消したインクが戻る現象)を見ることにする。

【方法】
各種フリクションペン(後述)で書き、正規の方法(ラバーによる摩擦)で消去したハガキを兵庫県から北海道西部在住の実験協力者と十勝地方在住の実験協力者に送付。
郵送中および配達後に外気温によって消したインクが復活するかを観察。

実験に用いたフリクションペンは以下のとおり。
f0220714_2275950.jpg

フリクションポイント(ブラック、レッド、ブルー、ピンク、オレンジ、アップルグリーン、ライトブルー、バイオレット)
フリクションボールノック0.5(ブラック、レッド、ブルー、ブルーブラック、グリーン、ライトグリーン、オレンジ、ピンク、ライトブルー、バイオレット)
フリクションボールノック0.7(ブラック、レッド、ブルー、ブルーブラック、グリーン、ライトグリーン、オレンジ、ピンク、ライトブルー、バイオレット)
フリクションカラーズ(ブラック、レッド、ブルー、グリーン、ソフトグリーン、ライトブルー、ピンク、ベビーピンク、オレンジ、イエロー、バイオレット、ブラウン、コーラルピンク、モーヴ、ラベンダー、スカイブルー、エメラルドグリーン、ハニーイエロー)

送付したハガキ。
消す前。
f0220714_22205418.jpg

4等分したハガキに上からフリクションポイント、フリクションボールノック0.5、フリクションボールノック0.7、フリクションカラーズの順番で文章を書いていった。
1色1行とし、全色使うように試みたが、字のサイズを考慮しなかったため、途中から1色で1行を書ききれなくなってしまった。

まったく同じものを2枚作成。
f0220714_22211021.jpg

右は付属のラバーで消したもの。
f0220714_22212366.jpg

これが思いのほかうまく消えず…
が、物は試しとこれらのハガキを投函したのが2月7日。
f0220714_22213580.jpg

(続く)
[PR]
by mukei_font | 2013-02-21 22:36 | 筆記具・ゲルインク | Comments(2)

猫町文具店(仮)と筆箱拝見について。

時々お問い合わせがあるので猫町文具店(仮)について簡単に書いておきます。

猫町文具店(仮)というのは兵庫県の赤穂市にある木琴堂という古雑貨カフェの中(正確には2階踊り場)の小さな文具コーナーのこと。
今のところ、レトロな文房具や猫町コレクション、手作り文房具などを販売しています。

猫町文具店(仮)に来られるお客さんの中には文房具の話をされる方が多いので、自然と「筆箱拝見」の流れになるのですが、もちろん「筆箱拝見」をしない場合もあります。
筆記具を持って来られない方もおられますし、いろいろご持参くださり、楽しくおしゃべりがはずんでも記事にするのはやめてくださいとおっしゃる方もおられます。

ですので、筆記具を持って行かないといけないのではないか、それもいつぞやの優煌海さんや先日の輪音さんのように大量に、あるいは珍しいものを持って行かないといけないのではないか、などとどうか思わないでいただきたいのです。
何も持たずにぶらりと来ていただいてもいっこうにかまいません。
あるいは普通のペン1本でも猫町は喜びます。

要はお持ちいただいた文房具をネタに楽しくおしゃべりしたいだけなのです。
数の多い少ないや物の珍しさはまったく重要ではありません。
むしろ数が多すぎると話の中身はどうしても薄いものになってしまいます。
別に小生はお客さんの文房具の紹介記事を書きたいわけではありません。

その一方で、そういうおしゃべり自体が苦手という方もおられると思います。
当然ですが、おしゃべりは強制ではありません。
「店員としゃべらないといけない店」なんてかなりうっとうしいと小生でも思います。
そういう方ももちろん大歓迎ですので、お気軽にお越しいただけるとありがたいです。
ただ、前述のように文具コーナーは2階の踊り場にありますので、店員に「文房具を見に来た」とお申し付けいただけると幸いです。

なお、いずれの場合にしても木琴堂はカフェですので、ドリンクをご注文いただくことにはなっております(ケーキ付きで¥300(税込))。
その点だけご了承いただけたらと思います。

まあこういう説明をしなければならないのも、まだまだ(仮)の取れない文具店だから。
もっと文具店らしい商品を増やしていって、うさんくさくない文具店へと成長していきたいものです。

というわけで、今日は猫町文具店オリジナルペンケースのご紹介。
こんなん作ってみました。
f0220714_19251482.jpg

詳細はこちら
素朴ですがちゃんと文房具のことを考えたペンケースです。
ペンケースの在庫状況についてはこちらをご参照ください。
[PR]
by mukei_font | 2013-02-21 20:29 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(2)

筆箱拝見!〜輪音さん篇・下〜

それでは今夜も輪音さんの筆箱拝見とまいりましょう。

これまでの分はこちらを参照。
筆箱拝見!〜輪音さん篇・上〜
筆箱拝見!〜輪音さん篇・中〜

まず最初に登場するのはこちら。
ピュアモルト(オークウッド・プレミアム・エディション)の加圧式ボールペン。
いいですね!
むちゃくちゃかっこいいパワータンク!
f0220714_22203149.jpg

ピュアモルトは素敵なシリーズですが、特にこのオークウッド・プレミアム・エディションが好みです。
f0220714_2220442.jpg

次にスーツケースから出てきたのはダイアリーの山。
まさに山です。
f0220714_22213588.jpg

ここは手帳売場かと錯覚してしまうほど。
手帳を使いこなすのは苦手でも、眺めている分には楽しいです。
ましてや素晴らしい革のシステム手帳ならば。
しかし色とりどりですなあ…
f0220714_22215222.jpg

システム手帳と言えば、使いこなせるわけもないのに、以前ASHFORDのHB×WA5サイズにクラッときたことがありました(手帳大祭@ロフト。参照)。
でも、100%使いこなせません。

以前、マルマンのジウリスを仕事用のバインダーにしたことがありましたが、肝心なところはきれいな字で書きたいというこだわりがあり、汚い字で書き殴ったメモをはさんだり、付箋をはりつけたりしながら清書するタイミングをうかがうものの結局時間がなく、最終的には文字通りはじけてしまったという…

やっぱりむいてないです。

こちらが今現在使っておられるダイアリー。
きれいなパープル。
ペンループに挿してあるのは一昨日の記事に登場した作家さんによる手作りボールペン。
輪音さんは4月始まり派ということで、ちょうどダイアリーに悩む季節のようです。
f0220714_23184239.jpg

で、ようやく本来の「筆箱拝見」の規模のペンケースが登場。
なかなか素敵な色と手触りのペンケースです。
かなりの本数の筆記具を常に持ち歩きたい小生にはこういう形状のものが安心。
f0220714_22224425.jpg

…なんだかまとまりのない記事になってしまいました。
せっかく素敵な文房具を多数お持ちいただいたのに申し訳ありません。

これにこりずにまた遊びにいらしてくださいね。
このたびは遠いところ、誠にありがとうございました。

なお、記事に取り上げた文房具に関して詳細がお知りになりたい方は輪音さんのブログで直接ご質問ください。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by mukei_font | 2013-02-19 23:25 | 筆箱拝見! | Comments(4)