「ほっ」と。キャンペーン

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(45)
(33)
(12)
(9)
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
物凄く久しぶりに書き込み..
by テトラ at 18:46
私はこれをダーマトグラフ..
by BOACK at 18:24
猫町さんこんにちは。いつ..
by 焼き魚 at 10:25
男の自分から見ると「ファ..
by YAS at 22:18
受験、大変ですよね。体力..
by ホウレンソウ at 08:17
解答は機械で読み取るので..
by あり at 01:27
素材って大事ですよね! ..
by あり at 00:37
自分も週末に軸と替芯の相..
by YAS at 14:17
こんばんは。うちの夫はミ..
by あむ at 23:16
こんばんは。 待ってい..
by YAS at 19:31
こんにちは! ひさしぶ..
by ともこ at 12:32
はじめまして。猫町さんの..
by ペンスキー at 00:43
昔の未使用年賀状、私生ま..
by さい at 14:02
こんにちは。ご無沙汰して..
by さい at 13:59
初めまして。 ブログを..
by ジョッター愛用者 at 08:05
シグノ太字の白があるんで..
by ミコト at 00:44
自分も先日注文した品が届..
by YAS at 17:51
猫町さま。 インターネ..
by 常陸の風土記 at 14:37
現在大学の通信教育課程に..
by あるけみ at 12:37
フミヲ様、こんばんは。丁..
by YAS at 22:22
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

真夏の挑戦・猫町の解答篇。

それでは昨日の続きをば。
画像ではほとんど分からないと思いますが、ないのもさみしいのでもう一度松さんからのお手紙を載せておきますね。
f0220714_17171643.jpg

上から順に1、2、3…と番号を付けさせていただき、順番に解答していきました。
猫町の解答はこちら。
なお、ボールペンの種類だけを解答し、ペン先の太さや色については言及せず。
f0220714_17175099.jpg

まずそれぞれを油性かゲルか水性かに大別することから始め、次にインクの種類ごとに濃さや中抜けの具合、色味などを比較してみました。

なお、いくら挑戦状とはいえお手紙なので、それ自体を水にぬらしたりはしていません。
心を鬼にして手持ちのいろんなボールペンで書きまくればよかったと思うのですが、青インクの色味を比較するために手持ちのボールペンで横に少し字を書いてみた程度。

中途半端な悪あがきはやめにして、離れ小島にある別荘(当然文房具も充実していない)で起きた密室殺人事件を解決することになった探偵の気分で挑みました。

1はゲルインクだと思いました。
が、同様にゲルだと判断した3に比べると薄く、4に比べて濃いようです。
濃く見えるのは染料系インクだからかも?と判断し、ぺんてるのエナージェル。
濃いのに汚れたあともなかったし。

2は油性ボールペンだと思いました。
しかもしっかり濃いので新油性(ジェットストリームかアクロボールかビクーニャかスラリかトンボ)のどれか。
青の色味は0.5では比較したことはありますが、0.7以上ではまったくの未経験。
ZEBRAのスラリかトンボの低粘度インクかもしれないと思ったのですが、三菱のジェットストリーム。

3はゲルインク。
思い切り濃いのでぺんてるのハイパーG。
汚れたあともあるし、これはハイパーGだと信じよう。

4もゲルインクかなあ。
1との比較でなんとなくZEBRAのサラサかなと思ってしまったのですが、1と逆かも。
そもそも水性ボールペンだったりして。
全然分からん。

5は油性ボールペンだと思いました。
0.5で青味を比較した時を参考に、ぺんてるのビクーニャかと。

6も油性ボールペンだと思いました。
それもごくごく普通の昔からある油性ボールペン。
ZEBRAならもう少し薄いだろうし、不安定なはず。
三菱かPILOTか…
PILOTのBSRFとかが入っているボールペンだと予想。
もし新油性だったらすみません。

7は水性ボールペンだと思いました。
ゲルよりも筆圧をかけずに書いているような印象を受けたので。
PILOTのVコーンかなと思ったのですが、心なしか字が大きめでゆったりしているような気がして、もしかして軸が太いのかもと想像。
OHTOの水性ローラーボールだったりして(もう何のクイズか分からなくなっている)。

8は油性ボールペンだと思いました。
が、6よりも若干濃いので新油性?
いや、新油性にしては黒さが物足りないような…
限りなく普通の油性に近いPILOTのアクロボールかとも思ったのですが、これもまた字が大きめなのでグリップの太い三菱のパワータンクかなと。
もう本当に全然分かりません。

9はゲルインクだと思いました。
ブルーブラックだし、「入り乱れて」のあたりの最初の画にインクがたまっていたので、三菱のシグノかなと予想しました。

10もゲルインクだと思いました。
かなり細いペン先で筆記線の中抜けも散見されます。
ぺんてるのスリッチでこんな感じになったことがあったのでスリッチということにしました。

以上、言い訳も含めた猫町の解答でした。
まったく自信ないなあ。
3と10が外れたら全滅だと思っています。

松さんの裁きを待ちましょう。
[PR]
by mukei_font | 2013-08-31 17:35 | 文房具与太話 | Comments(10)

真夏の挑戦・挑戦状篇。

いよいよ夏休みも終わりということで、最後に景気よく楽しい話題をひとつ。
その名も「ボールペン当てクイズ」。

事の発端は当ブログでもおなじみの松さんから送られて来た楽しいお手紙。
f0220714_23142171.jpg

さて、この手紙を書くのに使ったボールペンを当ててみてくださいと来たもんだ(スキャンした画像ではよく分かりませんよね。すみません)。

で、本日葉書にて松さんあてにお返事させていただきました。
明日あたりに届くでしょうか。

今後は、

猫町のブログで苦しい言い訳(明日アップします)→松さんのブログでけちょんけちょんに採点

の流れでお楽しみいただければと思っております。

謙遜ではなく結果はさんざんなものになるでしょうが、何よりも笑いを提供できればと思っておりますので、何があっても驚かない&落ち込まないようにしたいと思います。

さて、実はこの「ボールペン当てクイズ」。
松さんよりも先に送りつけられておりました。
埼玉のタマミさんです。
この本格的な感じ…
f0220714_23272684.jpg

f0220714_23274221.jpg

美味しいものは最後に取っておくタイプ(でもないが)の小生は、この血湧き肉躍るクイズにまだ手をつけていませんでした。
もっと涼しくなってから精神を極限まで統一して…などと思っていたのです。

が、松さんのクイズにどうしても答えてみたくなり、タマミさんのクイズよりも先に松さんのクイズに答えてしまったんですね。
で、松さんに葉書を投函した後、そろりとタマミさんのクイズを見ると…

これは予習をしていればもう少し松さんのクイズが分かったかもしれない…orz
ま、後の祭りですよね。
[PR]
by mukei_font | 2013-08-30 23:35 | 文房具与太話 | Comments(3)

夏休みの宿題無事終える。

トラベラーズポストカードキャンペーン、本日無事投函しました。

今回は非常にシンプルに地味に仕上がってしまい…あらためて自分のセンスのなさを痛感。
見た目に華やかかつうるさくなく仕上げるって難しいですよね。

でもまあ心はおじさんなのでこれでよしとします。
年に一度でもこうして何かをきっちり仕上げる機会があるというのは非常にありがたく、いつも決まったノートの使い方をしてしまう小生の唯一の成長の機会でもあると思っています(機会少な!)。
[PR]
by mukei_font | 2013-08-29 22:02 | わたくしごと | Comments(2)

朝のひとこと。

朝晩が非常に過ごしやすくなりました。
特に夜が気持ちよく、ついつい遅い時間まで読んだり書いたりしてしまいます。
夏の間、一時停止ボタンを押していたあれやこれやを頑張って復活させないといけないのに…
今日はなんとしても例の「トラベラーズ」を仕上げて、ポストに投函したいところ。
8月もあと3日。
[PR]
by mukei_font | 2013-08-29 07:59 | わたくしごと | Comments(0)

涼しい夜のひとこと。

ここ数日本当に涼しくて、今夜も寝るのがもったいないくらい快適な夜です。
もう暑さは十分満喫したので、このまま秋になっていただいてもまったく問題なし。

涼しくなったので一昨日あたりから早速手書きのあれこれを復活させました。
指の骨をばきばきならして書いて書いて書きまくります。

そうこうしているうちに、毎年恒例の「トラベラーズポストカードキャンペーン」の締め切りが迫ってきました。
十分に時間はあったはずなのにどうしてこういつもいつもぎりぎりになるのでしょうか。

でも大丈夫。
まだ4日もあります。
[PR]
by mukei_font | 2013-08-27 23:59 | わたくしごと | Comments(1)

まちかど文具・その161〜その170。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します(田舎に住んでいる関係で10個たまるのにかなり時間がかかってしまう…いつの話やねんというのもありますがあしからず)。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その161。
図書館に行く。
探している本があったのでパソコンで検索するが、そこに備え付けてあるボールペンが虫の息。
見るとインクがほとんどない。
書けるのが不思議なくらい。
多くの市民に使われ、見事天寿をまっとうしたレックスグリップの充実ぶりがただただまぶしかった。

まちかど文具その162。
先週の「あまちゃん」で春子がアキに手紙を書こうと手に取ったペン、ZEBRAのサイジケアに見えた。
あのペン、すごく好きだ。
やさしい気持ちになる。
いつもとは違う字が書きたくなる。
形が定まらないことについて考え事をする時にとてもいいペンだ。

まちかど文具その163。
家族が車を買い替えて本日納車。
納車なんて生まれて初めて見たかもしれない。
お世話になった営業さんはいつも首からパワータンクとPILOTのスポットライターVWをさげていてそれだけで大好きになってしまった。
インクがめっちゃ減っているのがまたかっこいいのだ。

まちかど文具その164。
(前項続き)とはいえ営業マンとしてあらたまったボールペンも胸に差していて、そちらはパーカーのIM。
とにかく車に熱い人で、子どものような質問をしても嬉々として教えてくれ、やっぱり売っているものに愛があるかないかはしっかり伝わってくるものだなと思った。

まちかど文具その165。
(前項続き)ちなみに契約の時に持ち歩いていた朱肉はシヤチハタの速乾朱肉で、フタがしまらないので箱に入れて持ち歩いてるんですと笑っていた。
ああ、それよく文具店員時代に聞かれた。
重要なところですよね。
ねじ込み式が標準になっていたらいいのにな。

まちかど文具その166。
近所の書店にて。
版元か取次の人間らしきが在庫チェックをしている。
脇にかかえているドキュメントバッグに見覚えがあるが思い出せない。
文具店員を辞めてもう1年以上が経過している。
リヒトのDMC?
キングジム?
違う、セキセイやこれ!
鼻歌を歌いたい気持ちに。

まちかど文具その167。
先日大阪に行ったついでに某カードを解約。
サービスカウンターにあった筆記具はZEBRAのサラサ0.5と三菱のクリフター多色。
ライオンのカッティングマットがソフト下敷がわりに敷いてあってとても字が書きやすかった。

まちかど文具その168。
先日の文紙MESSEで文具王と勝間和代さんの対談を聞く。
周りの人がメモをとるのに使っている筆記具やノートが気になるが、こういうところにいる人はきっとプロ(?)だからあまり見てはいけない気になってしまう。
かろうじて視界に入ってきたのはDr.グリップ4+1ライト。

まちかど文具その169。
1週間以上ためこんだ「あまちゃん」の録画を昨夜一気に見た。
お芝居関係のお勉強シーンでアキちゃんが持っていたオレンジのシャープペン、ぺんてるのゴムデールクリックかなあ…あるいは海外のおしゃれなやつかもしれないけど、ぺんてるなら熱いな。
サイドノックだし。

まちかど文具その170。
先日行った大阪のなんばウォークで、窮屈な姿勢でメモを取りながら電話をしているビジネスマンの手にダウンフォースがあるのを自分は見た!
生ダウンフォースは初めて。
PILOTの人が見たら喜びそうな光景に胸が躍った。
加圧式の実力を見せてやれ。
[PR]
by mukei_font | 2013-08-26 21:28 | まちかど文具 | Comments(0)

(月を見ながら)夜のひとこと。

展示会ってホント消耗しますよね…
昨日は知恵熱を出して使いものにならず、今日もぼんやりして過ごしました。
せっかく涼しかったのに愚かな猫町。
やることいっぱいあるのに…

なんというか、全体的に無力感を感じています。
シャープ芯の比較研究も、日々筆記具について感じるあれこれも、なんだかあやふやな気がして。

数学的なバックボーンがあるっていいな。
そういう世界で生きたかったな…とか今さら考えてもしかたのないようなことまで考えてしまうというか。

まあないものねだりをしても始まりませんよね。
駄目なりに考えを整理しながら細々と続けましょう。
[PR]
by mukei_font | 2013-08-25 22:19 | わたくしごと | Comments(2)

猫町の頭はぐるぐる。

三菱の新製品発表会に行って来ました。

新製品はいずれ世に出るから別にいいとして、既発売の商品のあれこれについていろいろ聞けたのが本当によかったです。
シャープ芯について、あるいはボールペンについて、まだまだ知らないことがたくさんあるんだということをあらためて思い知らされた気がします。

特にシャープ芯についてのあれこれ…
嗚呼、シャープ芯は本当に深かった…

電車に揺られながら今日聞いたいろんな話をぐるぐる思い出しています。
[PR]
by mukei_font | 2013-08-23 20:37 | 手のひらより愛をこめて | Comments(4)

文紙MESSE2013・修正用品部門。

文紙MESSEの記事もひとまず今回で一段落。
全体的な感想なども書きたいですが、各論は今回で終わりとします。

これまでの記事はこちら。

文紙MESSE2013・筆記具部門。
文紙MESSE2013・ノート部門(その1)。
文紙MESSE2013・ノート部門(その2)。
文紙MESSE2013・接着用品部門。

こうして見てみると、あんなに大量に文房具を見たのに、印象に残ったものって案外少ないんですね。
というか、小生のフィルターを通して見ている時点でかなりかたよっているわけですが…

何はともあれ最終回は修正用品。
シードから発売予定の消しゴムです。
こちらもHP等にはまだ載っておらず、正式な商品名もよく覚えていないのですが、なんでも「6Bの鉛筆を消す消しゴム」といったものだったと思います。

なぜこんなに曖昧なのかと言えば、他社比較に夢中になっていたから。
出ましたよ他社比較。
学習ノートと6Bの鉛筆が置いてあり、新商品であるシードの消しゴムの他に他社の消しゴム(もちろん覆面)が3つほど。
筆記具に比べると経験値も赤子並みの小生、比較なんかしても違いに気づくのか?と思ったのですが、結構個性的なメンバーで楽しめました。

担当者によれば、覆面消しゴムは各社の「濃い鉛筆用」に作られた消しゴムだとか。
うーんどこのだろう。
鉛筆を作っているメーカーが作ってそうだから、三菱やトンボ?
ぺんてるにもあったっけ?
いやあれは違うか…
コクヨにもあったか?

何しろ消しゴム素人なので消しゴムを見ただけで分からないのが悲しいところ。
スリーブこそ覆面ですが、大きさは切りそろえられてはいなかったので、消しゴム玄人が見ればおそらく見当はついたはず。
ぐやじい。

まあこの「消しゴム当て」については後述するとして、シードの新商品ですが、これがなかなか優秀な消しゴムでした。

こういう展示会での他社比較ではつい意地悪慎重な評価をしてしまう小生ですが、なるほど比較してみると確かにシードの新商品がいい感じです。
消しゴム自体がかっちりしていて、大きさも握りやすい。
シードはレーダーのぐにぐにした感じがどうにも苦手でまず積極的に買うことはないのですが、この商品はレーダーとは違いかっちり系。
濃い字を消すということで、いつものHBを消すのとはまた違った消し方が求められたわけですが、消している最中も消した後も納得の一品でした。

ちなみに他社消しゴムはA、C、Dの3種類。
シードも入れた好みは
シード≧A>D>C
Aもシードと同じくかっちり系で、小ぶりで握りやすい感じ。
Cはちょっとむにゅむにゅ系で汚れがいったん大きくのびてから回収させられるようなところがあり、DはCよりましだったもののAには劣るように思いました(CとDの記憶が逆かも…もう思い出せない)。

それにしても他社比較は熱い…
覆面のA社B社C社というのを見ると、もう目の中に炎が燃え始めるというか、ギラギラしてしまいます。
今は消しゴム素人でもいつかは消しゴムプロジェクトもやってみたい小生としては、A、C、Dの正体が知りたいところでしたが、シードの担当者は「ネットで調べたらすぐに分かりますよ。私の口からはとても(笑)」の1点ばり。

どうにもとまらない猫町は文紙MESSEの後、文房具屋に行き、消しゴム売り場を徘徊するのですが、どうもさっき手にした消しゴムとは違うようなものばかり。
そうこうしているうちに大きさの記憶も薄れてしまい…

しかたなく帰宅した後、文具メーカーのカタログを引っぱり出し、それらしき消しゴムをノートに書き出し…

Aは三菱のかきかた消しゴムかトンボのippo!濃いえんぴつ用
Cはコクヨのキャンパス消しゴム〈小学生用〉濃い鉛筆用
DはPLUSのオムニ消しゴム2B~6Bタイプ

かなあと思ったりもしたのですが、消しゴムって1種類につき2つ大きさがあったりするじゃないですか。
大きいほうが採用されたのか、小さいほうが採用されたのかは本当に分かりません。
というか、今となってはAが小さかったことしか覚えていないという…

往生際の悪い猫町…
f0220714_23153283.jpg

でも、サクラのラビット小学生学習字消しはなかった…と思うんですよね。
毎日使っているサクラが分からないとか恥ずかしすぎるし。
いくらフォームイレーザーWとラビット小学生学習字消し云々が違うとはいえ、サクラなら分かる気がするんですよ。
いや、これも含めて自信ないです…
あえて大きなサイズのラビットだったら手に合わずに…?

とにかくいきなり消しゴムの他社比較を体験しての感想は、

自分のベストの大きさで比較してみたい

というもの。

それがそれぞれの商品の特徴だからしかたがないですが、消しゴムの大きさや厚みというのは馬鹿にならない要素です。
よかれと考えられた長さや厚みがことごとく自分の手に合わない場合、自分がその消しゴムの良さを最大限に引き出している自信がないんですよ。

それなら自分好みの大きさに切りそろえて比較してみたい。
ついそんなことを思いました。

また、素人ながら自分が消しゴムをとらえるためのポイントが2つあって、1つは「かっちり系か、むにむに系か」ということ、もう1つは「汚れをいったん伸ばしてからカスになるか、いきなりカスになるか」ということ。
前者は消しゴム自体の強度とも無縁ではなく、むにむにしているうちに消しゴムにヒビが入ってもげるということになってしまう。
また、後者に関しては、汚れが伸びるものは消す面積が広く必要となり、小回りがきかない。

どちらにしても、消しゴムに関しては小生は素人であり、これらのポイントについても妥当なものなのかどうかはまったく分かりません。
いつか消しゴムプロジェクト(消しプロ)をする時にじっくり考えてみたいと思います。

あれこれ書きましたが、シードの6B用の消しゴムは確かにとてもよく、それだけに子ども用の商品にとどめておくのはもったいないように思いました。
現段階では子ども(というか保護者)のみをターゲットにしており、クマやウサギのイラストが描いてあったり、名前を書く欄があったりするスリーブの消しゴムをなかなか大人が使わないだろうなと思います。

ここはぜひレーダーの中に「濃い鉛筆バージョン」なるものを作り、レーダーの中で用途別に選ぶ楽しみを作ってほしいなと思ったり。
その際は「大人バージョン」ということで、エレガントな濃紺スリーブでお願いします(単なる好み)。
[PR]
by mukei_font | 2013-08-22 23:27 | イベント感想 | Comments(6)

コメントへのお返事。

遅くなってしまいましたが、いただいていたコメントへのレスを先ほどアップいたしました。
だいたいレスはいつもこんな感じのペースになります。

「最新のコメント欄」には20件しか表示されませんので、念のためレスをこちらに転載いたします。
無関係の方も多数おられると思いますので、折りたたんでおきますね。

続きはこちら。
[PR]
by mukei_font | 2013-08-22 23:10 | わたくしごと | Comments(2)