猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

夜のひとこと。

今週末にシャープ芯好きの方が店に来られることになり、シャートレに励む。
10本のうちの苦手の5本で10セットくらいやったが、やっぱりむちゃくちゃ難しい。
そろそろ結果をまとめないとなあ。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-18 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

筆箱拝見!~タマミさん篇・中~(渋い愛用文具たちの巻)

涼しくなってきたのでがんがん書いていきたいと思います。
まずは中断していたタマミさんの「筆箱拝見」の続きから。

時がたつのは早いもので、タマミさんが小生を尋ねて来てくださったのはなんと6月の末。
記事にしたのが8月の初め。
暑い暑いとのたうちまわっているうちにすっかり記事が間延びしてしまいました。
申し訳ありません。

ちなみに前回の記事はこちら。
筆箱拝見!~タマミさん篇・上~(HI-TECマスター登場の巻)
小生には使いこなせなかったHI-TECを愛し、青系を数多く所持しておられるタマミさん。
コメント欄からも愛があふれています。

それでは今回もタマミさんの愛用文具を見ていきましょう。
まずはこちら。
f0220714_19364969.jpg

もうこれを見ただけでタマミさんがシュガーレスで硬派な方だということがお分かりいただけると思います。
泣く子も黙るぺんてるのグラフ1000。
0.3、0.4、0.5、0.7、0.9…

「なんでこんなにあるんですか?何に使うんです?」と思わず目をむいてしまった小生に、「なんとなく」とほほ笑むタマミさんの涼しげな笑顔を皆さんにもお見せしたかった。
なんとなくで全部の芯径を網羅とか…

お次はこちら。
ぺんてるのスマッシュ。
f0220714_1937845.jpg

出たーですよ。
グラフ1000を見た時からすでに予感があったというか、まあシャープペン好きはこう来ますよね。
繰り返しになりますが、シュガーレスで硬派なタマミさんです。
f0220714_1937257.jpg

が、タマミさんにも苦手が。
製図用シャープペンのローレット加工のグリップがお好きでないとか。
だからグラフ1000とスマッシュなんですね。

でも確かに小生もあのザリザリはあんまり…
三菱のローレットならなんとかいけるのですが、ステッドラーのは少々きついなと思ったり。

で、タマミさんはこんな感じでローレットを回避。
もこもこしたグリップを装着しておられます。
左がステッドラーのマルステクニコ、右がPILOTの廃番製図用シャープ(だったはず)。
元来のシャープでかっこいい外見がなんだか着ぐるみ的になっていますが、持ちやすさもまた重要。
持ちにくいとどんどん疎遠になってしまいますからね。
実用重視の姿勢に好感。
f0220714_19374110.jpg

こちらは外見がお気に入りの2本。
タマミさん曰く「試験管みたい」なシグノ1.0と、ZEBRAの蛍光ペン「ビームライナー」。
f0220714_1938015.jpg

恥ずかしながらビームライナーはお初の小生。
こんな蛍光ペンがあったんですね。
f0220714_19384686.jpg

タマミさんとは文房具のデザインの話もたくさんしたのですが、会話の端々から感じたタマミさんのデザインへのこだわりは「無駄がなくすっきりした実用的で知的な要素もあるもの」ということのようです。
それだけじゃないのですが、そのあたりが基本というか。
これには小生も大いに同意であります。

こちらも普段愛用されている文房具。
左からトンボの修正ペン・モノホワイト(ラベンダーの香り)、ZEBRAの油性ボールペン・ジムニースティック1.6、スタビロの油性ペン・Write-4-all 。
f0220714_19393920.jpg

渋いなあ…
何が渋いってタマミさんの愛用文具の多くが廃番だということ。
ビームライナーもモノホワイトもジムニースティックももう…

でもそれがかっこいいなと思うんです。
廃番コレクターなどではなく、愛用しすぎていつの間にか廃番になっている浦島太郎な感じが本当にリアルで。
文具好きってそんなところがありますよね。

ということで、いかにも通好み、そして渋好みのタマミさんの筆箱でした(続く)。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-17 20:43 | 筆箱拝見! | Comments(4)

第3回OKB(お気に入りボールペン)48総選挙スタート。

今年も「OKB(お気に入りボールペン)48総選挙」が始まったみたいですね。

詳細はこちら
皆さんのお気に入りのボールペンはエントリーしていますか?

上記のサイトには握手会(試し書き会)の情報などもアップされていますが、小生のように都会から離れたところに住んでいる人にもweb投票という手があります。

ちなみに昨年のOKBに関する記事はこちら(記事中のリンク先は見られなくなっています)。

第2回OKB(お気に入りボールペン)48総選挙。
第2回OKB(お気に入りボールペン)48総選挙(感想)。
第2回OKB(お気に入りボールペン)48総選挙・猫町版。

今年は昨年よりも迷いなく1本を決められそう。
が、その他の順位はかなり変動している様子。
昨年の自分の記事を読み返し、(そういう風に思ったこともあったなあ)などとしみじみ。

この機会に今一度ボールペン愛を再確認してみたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-16 11:33 | 文房具与太話 | Comments(10)

コメントのレスで終わっていった夜のひとこと。

いやはや、エキサイトブログがむちゃくちゃ重くて、いっこうに画面が切り替わらずこんな時間ですよ。
コメントにレスしただけで終わってしまいました。

松さんのコメントへのレスにも少し書いたのですが、シグノRT1の記事は1本の芯を使い切ってから書いてみようかなと思っています。
いつも「これはいい!」とノリノリで評価した後で、やっぱりうんたらかんたらorzとなるパタンが多いので、ここははやる気持ちを押さえて冷静にじっくりと使ってみてからと考えています。

でもたぶんそんなに遠くない日に使い終わるでしょう。
なんだかPILOTのジュース以上にインクの減りが速く…
このあたりにも秘密があるのかもしれません。

とにかく今夜は疲れました…
[PR]
by mukei_font | 2013-09-13 23:59 | わたくしごと | Comments(4)

予告など。

そうこうしているうちに今夜も時間がなくなってしまった。

実はむちゃくちゃシグノRT1について書きたくて、いったいどう書いたものかと指をぼきぼき鳴らしながら数日がたってしまっている状況。
あ、このぼきぼきはいいぼきぼきです。

PILOTのジュースでもうノック式のゲルはやっぱりいいやと思った小生でしたが(さよならジュース。参照)、シグノRT1によってまた新しい扉が開けたような、でもまだちょっとおっかなびっくりのような、そんな話を近々書きたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-12 23:59 | わたくしごと | Comments(6)

2日前の記事に関して。

「スクラップノート作りに必要なもの。」という2日前の記事にアクセスが多く、少々頭をかかえています。

個人的に「ふむふむこれはメモしておかねば」と思ったまでですが、タイトルでたどり着かれた方には羊頭狗肉と申しますか、内容のないこと書きやがってバカヤローな感じになってしまい申し訳ありません。
というか、このブログ全体がそんな感じなので本当にすみません。

考えてみると、どんどん新しい記事が積み重なっていくブログの性格上、過去に書いたもののフォローもできているとはいえず、ぱっと古い記事を読んでしまった方には非常に不親切なものになっているとは思います。

そんなことを考えてしまうと、わーどうしたらいいんだーとなってしまうわけですが、今現在更新しているあたりの記事を読んで(こんな人間なのか)と思っていただけたら…などと考えています。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-12 23:15 | わたくしごと | Comments(0)

深夜のひとこと。

書きたいことは山のようにあるがどうも時間がないようだ。
スクラップのこと、ダイアリーのこと、ノートのこと、ペンのこと、替芯のこと、文紙MESSEのこと(まだあるのか)、三菱の展示会のこと、各社新製品のこと。
やることや考えることがまだまだある。
まだまだ頭も手も動かし足りない。
とりあえず寝よう(金縛りの予感)。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-11 23:59 | わたくしごと | Comments(2)

スクラップノート作りに必要なもの。

先日スクラップノートを作ったのをきっかけに、いろんなものを積極的にノートに貼るようになった。
その際に気づいたことが2つあるので書いておく。

1.柄もののマスキングテープはスクラップに向かない
柄に柄を合わせることになるというか、見た目にごちゃごちゃしすぎる。
まさか自分がスクラップノートを作ることになるとは思わなかったので、封緘用の華やかなものしか持っていないのも痛かった。
シンプルなものがいるなと痛感(シンプルな柄ものだと問題ないかもしれない)。
いやむしろすべてを普通ののりにしてしまえばマスキングテープなんていらないんじゃ…

2.一番必要なのはコピー機
もうこれにつきる。
会社やコンビニにあるようなカラーコピー機。
あれさえあれば新聞記事も縮小カラーコピーしてノートに貼れる。
思えば人生で一番うまく作れたスクラップノートは文房具屋で作ったサンプル帳だったが、あれは職場にカラーコピー機があったからだと思う。
新聞の切り抜きは変な形だし大きすぎるしでまずノートに貼れない。
縮小コピーすると万事解決なんだよなあ…縮小しても案外読めるし…
でもスクラップノート作りのためにわざわざ新聞をコンビニにコピーしに行くかというと…

ぱらぱらめくれる形でのスクラップノートというのは本当に魅力的なものだが、悩ましい点も山ほどある。
完璧を求めるとまた遠ざかってしまうので、できる範囲で経験を積み重ねていきたいものだ。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-10 21:35 | スクラップブッキング…× | Comments(6)

ダイアリーとカレンダーと日曜始まり。

引き続きダイアリーについて考えています。

昨日あげた2つの条件、

・A6マンスリーよりもゆったりしているマンスリー
・絶対に日曜始まり


ですが、日曜始まりにこだわるのは、そのへんにあるカレンダーとダイアリーが同じじゃないと視覚的に違和感があるからなんです。
つまりミスしそうになる。
小生の場合、店の営業日が木金土なので、これが週末で完結しているイメージが大事になってきます。

もちろんこれは人それぞれで、土日が離れているほうが不便な方もたくさんおられることでしょう。
その場合は月曜始まりのカレンダーを探すことが必要になりますよね。
カレンダーは日曜始まりが多いですから、もらいもののカレンダーなどを使おうとするとうまくいきません。

もっとも一番いいのは、ダイアリーとカレンダーは別物だと考えて、両者を問題なく使いこなすことです。
それくらいのことできなきゃいけないのかもしれませんが、ダイアリーのように買う段階で選べてしまうとついついこだわってしまいます。
あと、どうしてもカレンダーはもらいものを使ってしまうので。

まあ日曜始まりのダイアリーがここまで少ないことを思えば、ダイアリーとカレンダーが違ってもそれはそれと考えられる人々が多いということなんだと思います。
どうもノートは無罫、ダイアリーは日曜始まり、と選択肢の少ないほうへ少ないほうへと行ってしまう自分。

しかし日曜始まりよ!と思って、ペイジェムのサイトなどを往生際悪く見てみるのですが、ペイジェムはなんでこう女性女性してるんでしょうか…
もっと中性的でクールな感じのデザインがあれば…
日曜始まり=女性=主婦=カレンダーを見ながらスケジュール管理というイメージがあって嫌だなあ。

もっとも逆からたどると、女性向けの手帳を出しているところには日曜始まりがあるということになります。
実際クツワとかにもあるし、ダイゴーとかも…

と思ったら、ダイゴーに案外普通の日曜始まりもあるぞ。
ふむふむ、リ・ダイアリー
なるほどー復刻版かー去年からあったんだなー
開きもいいみたいだし、きっと紙もいいでしょう。
でもちょっと中のフォントがざっくりしすぎてるなあ…
表紙の色もこの中から選べと言われると…

ダイアリー選びって難しいんですよね。
もちろん日曜始まりか月曜始まりか、マンスリーかウィークリーか、ウィークリーでもレフト式かバーチカルか、レフト式の横のページは罫線か方眼か…といったレイアウトの問題も重要だし、そもそもノートの開きはいいのか、紙質はどうなんだ、ペンを挿すところはあるのか、みたいなことも無視できないし、そこまでクリアしてもパッと開いた時のフィーリングがすべてみたいなところがあるというか。

それだけに選択肢が多ければ多いほうがいいんですが、日曜始まりと月曜始まりの両方をもりもり展開しろというのも難しい話なわけで。

年内にもう一度大都会へ行く機会を設けて、気がすむまで手に取ってみたいような気もするし、もうこの辺で手を打ってもいいような気もするし…
なんだかんだと悩みはつきない猫町でした。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-08 22:41 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(10)

来年のダイアリーについて考える。

先日軽く数軒の文房具屋をめぐり、ざっとダイアリー売り場を流して来ました。
といってもさすがにまだ9月上旬。
並んでいるのは9月始まりのダイアリーや、ファンシー系のダイアリーが中心。
大御所の能率や高橋、ダイゴーなどはさすがにまだのようです。

相撲に例えるなら9月はまだせいぜい幕下上位の取り組みといったところ。
10月に入って十両の取り組みが始まり、11月に入ってようやく幕内力士の登場。
12月に入ると役力士が次々登場、結びの一番を目指して大盛り上がりといった展開。

あ、ちなみにダイアリー=力士ではなく、ダイアリー売り場の盛り上がり=観客の入りという感じです。
分かりにくいたとえですみません。

まあこんな感じでまだ人もまばらな売り場を早速チェックして回ったのですが、今回は少々やる気な猫町。
いつもは「ダイアリーはちょっと…(どうせ挫折するし)」と腰が引けているのですが、なんと猫町初、今年は9月になってもちゃんとダイアリーをなくさずに使いこなしている!
これは俄然来年のダイアリー選びも熱くなるというものです。

とはいえ、冷静になってみました。
黄金級のザセティスト(挫折する人の意)としては、いきなり本格的なダイアリーに手を出しても使いこなせるわけがない。
自分のレベルよりもほんの少しだけ上のものに手をのばしたい。
命ある限り毎年成長のチャンスはあるのだから、焦らなくてもいいのです。
だって去年までダイアリーを途中でなくしていたような人間なんですよ。

ということで、条件を整理。

・A6マンスリーよりもゆったりしているマンスリー
・絶対に日曜始まり


もうこの2つです。
今使っているリュリュのA6マンスリーは日曜始まりでとってもナイスなのですが、何しろ書く部分が狭い(手帳素人猫町、早速ミス。参照)。
小さな字を書くのは得意とはいえ、手近にスラリの0.3やジェットストリームの0.38がないとイライラしてしまい、そんなことをしているうちに予定を書き漏らしてしまったり。

また、今年は家計簿を別のダイアリーに付けていて、これも無駄というか、家計簿のためにわざわざ2冊使いとか馬鹿げています。
できたら1冊にまとめたい。

というわけで、日曜始まりのマンスリーをベースとしたマンスリー&ウィークリーを探してみたのですが、ほとんどが月曜始まりなのと、やっぱりウィークリー部分の圧力が恐ろしい。
なので、B6かA5サイズの日曜始まりのマンスリーを探しているのですが…ありますかね。

まだ9月なので絶望するにはまだ早いのですが、基本的にダイアリーの大部分は月曜始まり。
日曜始まりがあるのは、リュリュかアーティミスか能率のペイジェムか。
選ぶ余地がないんですよね。
もっとも量販店などで売られている名もないメーカーのダイアリーが日曜始まりだったりすることもあるので、油断はできないのですが。

で、今回の偵察で暫定的に候補にあがったのがアーティミスのツインダイアリー
マンスリーが2つあるというか、見開きで左も右も同じ月のマンスリーなんです。
例えば左を仕事に、右をプライベートに使うことができたり、これはいいなと思ったんです。
これなら家計簿とも一緒に出来るし。

が、買わなかったのは、右側のマンスリーページが非常に目の細かい方眼。
しかも罫線濃いめ。
なんとなく網戸みたいで、ウッとなってしまったというか…
ちなみにこのツインダイアリーはマンスリー&ウィークリーの構成で、ウィークリーも見開きでツインになっているのですが、同様に右ページが網戸。

でも帰宅してあれこれ考えてみるにつけ、あれがまだしもよかった気がするんだよなあ。
買っておけばよかったか?
年内にまた大阪に行く機会があるか?(姫路でもいいのか)

と、今アーティミスのHPを見ていると、ネットでも買えるんですね。
それにあらためて見ると、ツインダイアリーにこだわらなくても、ウィークリーがブロックになっているタイプなら案外使えそうだったり…
あの網目のようなページを使いこなすイメージがわかないので、むしろこっちかなあ…

この「マンスリーがダブル」という発想では、ミドリにも魅力的なものがありました。
ダブルスケジュールというのがそれです。
これが日曜始まりだったら絶対にこれ、と思ったのですが、そこはゆずれません。

まあ現段階ではこんな感じ。
ダイアリーは急ぎすぎるのもあれですが、最後にあわてすぎるのも避けたいですよね。
ダイアリー売り場が戦場のようになる前になんとかしたいところです。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-07 22:56 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(4)