猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

まめなおっさん。

先日スクラップした勢いで今日は「文具旅」についてノートにまとめていました。
こういうまめなことをしようという気になるのも涼しくなったから。
今はとにかく手書きできることがうれしい。
f0220714_22504678.jpg

旅の記録もそうですが、なかなかいきなりはビジュアル的に満足のいくものを仕上げることができないもの。
そういう時、思い出すキーワードがあります。

「まめなおっさん」

よくうさむしとなぐさめあっていたんです。
女子っぽいものは無理でも、まめなおっさんが作ったみたいなものを目指そう、と。

考えてみればこれは文房具屋でサンプルを作る時も意識していたことでした。
男性を置いてけぼりにするようなサンプルにするのはやめようと。
まあ自分が作れないから言い訳なんですけどね。

そんなこんなで今日もちまちまとノートを字でうめ、幸せを感じていた猫町です。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-06 23:04 | スクラップブッキング…× | Comments(0)

コメントへのお返事。

遅くなってしまいましたが、いただいていたコメントへのレスを先ほどアップいたしました。
だいたいレスはいつもこんな感じのペースになります。
あしからずご了承ください。

「最新のコメント欄」には20件しか表示されませんので、念のためレスをこちらに転載いたします。
無関係の方も多数おられると思いますので、折りたたんでおきますね。

続きはこちら。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-05 20:04 | わたくしごと | Comments(0)

大雨文具旅~秋の大北海道展。

まさかこんなにすごい雨になるとは思わず、大雨の中、大阪に行ってきました。
後述のようにJR大阪三越伊勢丹の北海道展の取材(?)のためです。

が、とりあえず目指すは文具店。
前夜イメージした物たちを求めてさまよいます。

今回、何をおいても入手したかったのはぺんてるのハイブリッドテクニカ0.4の替芯。
わが家に複数本あるテクニカたちのインク残量がどれも心細く、これはなんとかしなくてはと。

が、行けども行けども売っている店にたどり着けず、結局断念。
「ハイブリッドテクニカ」と言っても通じなかったり、本体はあっても替芯を置いていなかったり。
待たされるだけ待たされてちょっぴり「おこ」な猫町。

確かにボールペンの替芯の種類の多さは尋常じゃありませんが、本体を置いたら替芯も置かないといけないと思いますねえ。
今は多くの店が替芯を店頭に並べていますが、実際に買う立場になってみると相当分かりにくいということが分かりました。
品番が分かっていても見つけにくかったり、替芯コーナー以外にもあちこちに分散していて、しかもなかったり。

いずれにしてもテクニカ0.4の替芯については至急何とかしないといけません。
ということで、本日のお買い上げ。
f0220714_22473016.jpg

マルマンのクロッキー帳は、汚い字で書き散らす気負わないメモ帳として。
ブラックボードマーカーは使ってみたかった三菱のブラックボードポスカをチョイス。
雨に濡れても大丈夫というのが選んだ理由。
三菱の実力に興味津々。

そのほかハンズメッセをのぞき、ダイアリーもチェックしたのですがこちらは後日。
話をJR大阪三越伊勢丹の北海道展に戻します。

今回のお話はエキサイトブログさんからお誘いいただいたのですが、文房具の展示会以外のイベントに行って記事にするというのは初体験。

実はこういうイベントを後日ノートに楽しくスクラップしたりしたら楽しいんじゃないかなーなどとらしくなく乙女チックなことを夢想したりもしたわけですが、そういうことがちゃっちゃとできる小生ではありません。
まあ、スクラップはおいおい作るということで、しばらくお付き合いください。

さて、しょっちゅうあちこちのデパートで開催されている感のある北海道展。
が、あらためて本格的に参加することになると、自分がいかに限られた部分しか見ていなかったかということを思い知るのでありました。

まずチラシをしかと見るとちゃんとテーマがあるんですね。
f0220714_22545868.jpg

「旬を炙る」。
つまり今回の北海道展の売りは「炙り」ということのようです。

ということで、「炙られたものたち」をいくつかいただいたのですが、イートインの「蝦夷味比べ」というメニュー(鮨処 竜敏)が美味でした。
なるほどウニやイカが炙られています(写真は明らかにリンク先のほうがきれいですが記念に)。
なおこちらはJR大阪三越伊勢丹限定。
各日100点限りなのでつんのめって行く必要あり。
f0220714_2342779.jpg

他にも、ウエムラ牧場の「白老牛ステーキ&炙りしいたけ弁当」、グリーンズ北見の「炙りとうきびクリームコロッケ」などなど、旬の食材を炙ればかくも美味しくなるということを学びました。
こちらもJR大阪三越伊勢丹限定、数量に限りがあるようなのでつんのめり系です。

でも、そんなにつんのめって北海道展に行ける方ばかりではないですよね。
小生とてそうでした。
ということで、仕事帰りに立ち寄ってみたいという方に、今回が初出店となるi-maruのアイス。
f0220714_23215181.jpg

スイーツの類に暗い小生は初めて目にする形の不思議なアイスでしたが、食べ方も不思議で非常に美味しい一品(ぜひ体験していただきたいなんじゃこりゃーな感じ)。
これならお土産に選んでも相当楽しいはず。

と、いろいろ学んだり、いただいたりして、最後はやっぱりいつもの「開拓おかき」(北菓楼)を買ってしまった小生。
米菓好きにはたまらないナイスな人たち。
本当は常時入手したいくらい。
f0220714_23265512.jpg

白い恋人や六花亭のバターサンドやロイズのポテトチップチョコレートのようななじみの人たちに会えるのも北海道展の楽しいところですよね。

後半、文房具とは関係のない内容で失礼いたしましたが、何度行っても北海道展というのはときめくもの。
JR大阪三越伊勢丹の文具コーナーをのぞいた帰りにでも、エスカレーターを数階のぼって行ってみてください。

秋の大北海道展
お得なクーポン情報

あ、最後に。
北海道展がらみの北海道イベントというのがいろんなフロアで展開されているのですが、7Fの「ファインクラフト木工芸品フェア」が個人的に超おすすめです。
もちろんいいお値段なんですが、木ってやっぱりいいなあとうっとりしてしまったのココロ。

…おまけ。

「おいおい作る」と書いたスクラップですが、せっかくなので勢いで作ってみました。
といっても、配布されているチラシやリーフレット、お弁当の帯などをチョキチョキ切り抜いてノート(B5サイズのいつもの仕事ノート)に貼り付け…
f0220714_14254678.jpg

あとはすきまにごちゃごちゃコメントを書き入れただけ。
ここにマスキングテープやスタンプやシールやデコラッシュがあれば乙女なんでしょうけど…(汗)
f0220714_14273232.jpg

一番美味しかったグリーンズ北見の「炙りとうきびクリームコロッケ」。
f0220714_14283336.jpg

こってり濃厚な三代目月見軒本店の「炙りとうきび味噌バターラーメン」。
f0220714_14284947.jpg

不思議で美味しいi-maruのアイスクリーム。
f0220714_1429385.jpg

爆発的な美味さのウエムラ牧場の「白老牛ステーキ&炙りしいたけ弁当」。
f0220714_14291514.jpg

やり慣れないことをやると失敗するもので、ノートに肝心の商品名を書くスペースが…
まあこのブログとセットで記録といたしましょう。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-05 14:35 | スクラップブッキング…× | Comments(4)

(金縛り前の)深夜のひとこと。

昨日は興奮しすぎて、今日は一日脱力していました。
「何があっても驚かない&落ち込まないようにしたい」とは誓ったものの、やっぱりまだまだだなあと思いますね。
いや、そもそも自分は何を目指したいんだという話ですが。

さて、明日は所用で大阪に行ってきます。
これでしばらくは大阪に行く用事もないので、あそこに行ってあれも買おうこれも買おうと思案中。

とりあえずハイブリッドテクニカ0.4の替芯を数本ゲットだ。
それからダイアリーをちらっと見て、ハンズメッセも行けたらいこう。
グランフロント大阪もじっくり見たいし、伊勢丹の文具コーナーもまだ見てないし。

あーこんな時間にギラギラしているから金縛りにあうんだな。
もう連日なんですよ。
自業自得なんですが、今から縛られてきます(泣)。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-03 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

真夏の挑戦・答え合わせ篇。

さて、夏休み最後の企画、「ボールペン当てクイズ」の結果が出ましたよー

これまでの詳細はこちら。

真夏の挑戦・挑戦状篇。
真夏の挑戦・猫町の解答篇。

そして結果は松さんのブログに。

全滅でもいいや、と結果を見てみたわけですが、よかった…ボウズじゃなかった!
中途半端だけど、やらせじゃないことがお分かりいただけたと思います。

それでは以下に結果を見ていきましょう。
実物をご覧いただけないので何のことかさっぱり分からないとは思いますが、実際にそのペンを使ってみたことのある方は濃さやクセを思い浮かべながらお読みいただければと思います。
f0220714_1553167.jpg

1
×エナージェル。
○ハイパーG0.7。

あーいきなりやられたー
3のハイパーGに自信があっただけにがっくりです。
でも言い訳になりますが、あの書き出しのかすれ、実はあれにはちょっと見覚えがあったんですよね。
わが家のハイパーGがちょうどあんな感じになるので。
でも、3が濃すぎるから1がハイパーGはないよなあと思ってしまいました。

2
○ジェットストリーム。

よっしゃああああ!
太字ということと黒じゃないということで不安でしたが(なんて意地悪な松さんなんだ)、ジェットストリームを当てられたのはうれしい。

3
×ハイパーG
○サラサ0.5

むう…
これがサラサかあ…
確かにサラサはシグノなんかよりは濃いんですよね。
でも小生の中ではせいぜいエナージェルと同じくらいの濃さという認識。
以前書いた記事はこちら
これはお手上げです。

4
×サラサ。
○エナージェル0.5

3を基準にしたせいでこちらも間違えてしまいました。
でもよく考えたら、一応ゲルの種類はいい線行ってたんですよね。
ハイパーG、サラサ、エナージェル。
ここまで当てていたのに…

5
○ビクーニャ。

よっしゃああああ!
0.5ということで首の皮一枚でつながりました。
青の研究をしたかいがありました。
聖闘士には同じ技は2度通用しないのだ!

6
×BSRFの入ったPILOTの普通のボールペン。
○アクロボール0.5。

がーん…
0.5なのに間違えた…
かなり使ったアクロボール0.5なのに間違えた…
聖闘士ちゃうやん!
松さんのことだから絶対に普通の油性を入れてくると思った小生が馬鹿でした。
そういう裏をかこうとする黒い気持ちが小生の目をくもらせてしまったようです。
これを新油性と見抜けないようでは駄目ですね。

7
△VコーンまたはOHTOの水性ローラーボール。
○Vコーン。

2つ書けばどちらか当たりますよね…
男らしくなかったのでこれは不正解扱いでもいいですよ。
でも水性ボールペンというところまで当たったのはうれしいです。
水性特有ののびやかさがあると思いました。

8
×パワータンク。
○Drグリップ(Aインク)。

そうかあ…Aインクでしたか…
言われてみればパワータンクのインクはもう少しがさっとした筆記線になるかなあ…
BRFN-10には今はアクロインキが入っていますが、確かこれはAインキ時代のリフィルなんですよね。
でもまあ「新油性じゃない」という点が当たったのと、「太軸」という点が当たったのはうれしいです。
特に後者は自信になります。

9
○シグノ。

よっしゃああああ!
おそらくこの問題がなかったら、4あたりでシグノが頭にちらついたかもしれません。

10
×スリッチ。
○ハイブリッドテクニカ0.35。

これは…
小生の中ではなかったことになっているハイブリッドテクニカのノック式がまさかここで来るとは…
松さん出題の才能ありすぎ!

でもぺんてるの細字のニードル(スリッチの0.3だと思いました)というところは当たりましたね。
それだけでうれしいです。
ハイブリッドテクニカはキャップ式でも0.3になるととたんに今回のような筆記線の中抜けがひどくなる傾向にあるのですが、インクの出方があまりにもしぶいのでキャップ式のテクニカではないと思ったんですよ。
スリッチじゃなくてノック式のテクニカとは…
いやー松さん最高です。

あ、ちなみに小生の愛用はKFGN4ですので。
そこんとこ夜・露・死・苦。

最後にもう一度。
これが小生が松さんに送った葉書なのですが、上下に押した猫のスタンプがちょうど10個あったので、その中に採点をお願いしました。
f0220714_15591766.jpg

その結果も松さんのブログにあるのでご確認ください。
めちゃくちゃかわいいんです(特に10がお気に入り)。

それにしても今回は突然のクイズ、とても楽しかったです。
出題範囲もまったく分からない中で、結構当てることができたのは幸運でした。
ペン先の太さが一定ではないというのは想像以上に難問です。

実はこのクイズのような問い合わせ(「この字を書いたペンと同じものが欲しい」等)は文具店員時代に何度か受けたことがありました。
もっともその場ではインクの種類くらいしか答えられないのですが。
そういう意味では「油性・ゲル・水性」の違いを当てることができたのは元文具店員としては合格ということにしておきましょう。

松さん、このたびは楽しい企画をありがとうございました。
そしてわけが分からないまま最後までお読みくださった方々にも感謝いたします。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-02 16:39 | 文房具与太話 | Comments(5)

文房四宝体験。

いよいよ夏休みも終わり。
最後に、先月妹のところへ遊びに行った際、書道体験をしてきたことなどを少々(書道なんて言っていいのかどうか分かりませんが)。

妹は長年書道をたしなんでおり、その腕前たるや…
百聞は一見に如かず。
f0220714_1301492.jpg

いわゆる永字八法というやつです。
漢字の「永」の字には、書に必要な技法8種が全て含まれているという例の。

もっとも小生のように最後に筆を持ったのがン十年前みたいな人は「永」の字なんて書かせてもらえません。
まずは横画から。

(中略)

なんとか合格点をもらえたのがこちら。
f0220714_1361163.jpg

最初に筆を置いた角度のまま筆を横にすべらせるのではなく、最初に筆をおいたバネを活かしておしりをあげるようにして筆を横にすべらせるのがポイントとか。

続いて縦画にも挑戦したのですが、横が縦になっただけかと思いきや、今度は筆を持つ角度にダメ出し。
どうしても手首だけで書いてしまうんですね。
腕ごとすっと手もとに引き寄せるように書かないと筆が倒れてしまい、結果的にバネが損なわれてしまうという…

ということで、現在横画のみしかマスターできていない猫町です。

でも、楽しかったです。
普段使っているペンとはあまりにも違うのでまったく別の人格というか、書道ではまぬけなフォント文字ではなく、ちゃんとした楷書を書こうという気にさせられます。

こう見えても小学生の低学年までは普通に字がうまかったんですよ。
が、家庭の事情でこんな字になってしまったんです。
あの時、素直に親が書道教室に通わせてくれていたら…と思わずにはいられませんが(妹ほどではないにせよ、それなりに上手くなっていたに違いない)、仕方がありません。

もっとも、5年生の頃だったか、自らがこうしたフォント字のほうに惹かれて行ったという経緯もあります。
いわゆる習字のお手本のような文字ではないのに、読みやすく、きれいに感じる文字があるということを、同級生が黒板に書いた文字を見て、突如感じた瞬間がありまして…

以来、丸くなったり、角張ったり、縦に長くなったりしながら今の字に至ります。
大人としてはあきらかに残念な字ではありますが、まだほんの子どもの頃に、自らが手を伸ばし、そちらに進みたいと思った字であることはなかなか興味深いと思っています。

ともあれ、縦画以降を順次マスターし、いつかは「永」の字を書いてみたいもの。
そう考えると「永」の字が名前に付いている人は一文字得をしていますよね。
矢沢永吉とかいいなー。

はたして「文房具」ときれいな楷書で書ける日はやって来るのでしょうか。
[PR]
by mukei_font | 2013-09-01 23:59 | その他筆記具 | Comments(4)