猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

来年の仕事用ノートを選ぶ。

仕事用のノートがちょうど年内で使い終わりそうだということについては以前記事にした。
今日は来年の仕事用ノート選びについて。

B5の高級リングノートを気持ちよく使えるようになったので、今度はB5でもリングでもないノートにしようとA5の非リングノートを中心にマイコレクションをあれこれ眺めてみたのだが、どうも分厚いノートは抵抗がある。
おそらく1冊を使い切るのにかなりの時間がかかるだろうし、なんだか飽きてしまいそう。
もちろん快適で使い終わるのがさみしいという場合もあると思うが、まだまだいろいろな高級ノートで鍛えられる必要のある小生。

ここは薄めのノートを順番に使ってみることに。
候補に挙がったのは以下の5冊。
f0220714_20183480.jpg

すべてA5の無罫(MUCUのみ1センチ横幅が大きい)。
これを順番に使うことにしよう。

ちなみにスペックは左上から順に以下のとおり(メーカー/商品名/紙質・紙色/ページ数)。

MUCU/ブランクノート/コミック用紙(更紙)/50枚
ツバメ/プレインノート/クリーム/32枚
ツバメ/白無地ノート/ホワイト/30枚
LIFE/レノバーノート/ホワイト/40枚
LIFE/シェプフェルノート/クリーム/40枚

MUCUは文房具のムック等で見てずっと気になっていた。
シンプルなデザインと中紙のコミック紙に惹かれる。
これは鉛筆で書くのが気持ちよさそう。
f0220714_2031599.jpg

f0220714_20312218.jpg

ツバメのプレインノート。
発売直後に買ったのに使わずじまい。
使ってあげなきゃ。
f0220714_20314076.jpg

f0220714_2032086.jpg

ツバメの白無地ノート。
店に遊びに来てくださった方からのプレゼント。
f0220714_20321798.jpg

商品名は「白無地」なのに「無罫」の金文字。
かっこよすぎ!!!!!
f0220714_20323183.jpg

LIFEのレノバーノート。
ブログの読者の方からのプレゼント。
あまりの素敵さに手にとってはため息の繰り返し。
こんなノートだからこそ気さくな仕事用ノートとして使ってみたい。
f0220714_20324744.jpg

f0220714_2033163.jpg

最後はLIFEのシェプフェルノート。
ノーブルノートの分厚さに尻込みする人(=自分)にはもってこい。
無罫なのに青系の表紙も貴重。
f0220714_20331815.jpg

f0220714_20335981.jpg

また万年筆で書かなきゃ罰があたるかしらん、片側のページだけ使うなんてとんでもない、と同じことを繰り返しそうだが、とりあえず来年はこのメンバーで。
使う順番は年末にあみだくじで決めることにしよう。
[PR]
by mukei_font | 2013-12-18 21:18 | ノート | Comments(2)

夜のひとこと(年賀状について)。

2014年の年賀状、締め切らせていただきますね。
今年もなんだかんだと結構な枚数になってしまいました。
書けども書けどもへたくそな文字で途方に暮れておりますが、それでも精一杯書かせていただきます。

年賀状を書いている最中に心に浮かんだあれこれについてはまた後日。
万年筆について、手書き文字について、書きたいことは泉のように湧き出てきます。
ダイアリーやノートについても書きたいことはまだまだあり、うーんキリがない。

とりあえず今夜はこれにて。
[PR]
by mukei_font | 2013-12-16 23:59 | わたくしごと | Comments(1)

高級ノートを超えていく(補足)。

高級ノートを自分なりに使えるようになったかもしれない、という庶民感覚満載の記事を先日書きましたが(高級ノートを超えていく。参照)、少々補足します。

ページにちまちま文字を書き、ページを文字で埋め尽くしたことで片面使いするのに抵抗がなくなったというくだりですが、これ、ずっとじゃありませんので。
新しいノートに慣れていく過程でぐっとアクセルを踏み込むような感じでそういう使い方をしましたが、いったんスピードが出た後はゆるい使い方でも自分を許せるようになります。

例えば仕事用ノートを過去にさかのぼってめくってみると、空白の多いページや、後でまとめようとメモを貼り付けただけのページ、何も書かれていないページも出てきます。
これが正常だと思うんですよね。
そんな当たり前のことができない、高級ノートにびくびくしてしまう庶民代表として書いたのが前回の記事でした。

高級ノートだからこその素敵な使い方、みたいなものがもしかしたらあるのかもしれませんが、むしろそちらには興味がなく(あまりにも人それぞれなので)、スタートラインにさえ立てずにぷるぷるしている自分が少しずつ変わっていくのを楽しみたいなと考えています。
[PR]
by mukei_font | 2013-12-15 21:06 | ノート | Comments(0)

祭りの朝のひとこと。

今日は赤穂義士祭の日であります。
赤穂浪士が討ち入りを果たした日ということで、毎年この日がお祭りなんです。

赤穂市は兵庫県の西の端にありまして、最果ての町のように思っておられる方も多いのですが、線路はつながっておりまして、京都からでも大阪からでも電車に揺られているうちにちゃんと着きます。
「播州赤穂行き」に乗れば乗り換えさえなしで着きます。

というわけで、天気もいいしちょいと出かけてみようかいという方は、ぜひ電車で遊びに来てください。
その際は播州赤穂駅のひと駅東の坂越駅がわが木琴堂の最寄駅になっておりますので、おーこんな田舎でやっとるのかーと窓の外を眺めていただけたらと思います。

時間に余裕のある方は木琴堂にもぜひ。
坂越駅からの行き方はこちらをどうぞ。
16:00まで開いています。
[PR]
by mukei_font | 2013-12-14 09:09 | わたくしごと | Comments(0)

猫町ダイアリー、こんな感じ。

コメント欄でコタロさんから「ダイアリーを実際どんな感じで書いているのか見てみたい」とのリクエストをいただきましたので、実例に基づいてサンプルを作成してみました。

一番いいのはそのままを見ていただくことですが、どうしても個人情報が満載でして…
自分自身のことならまだしも、お客さんの情報もたくさん書いているので。

ということで、お客さんの名前を仮名にして作り直したのがこちら。
ダイアリーの適当なページをコピーして作成したので、日付などは一切関係ありません(4月にヒートテックを買ったり水炊きを食べたりしませんよね)。

見開きでこんな感じ。
小さくて分かりづらいでしょうか。
f0220714_8132582.jpg

半ページ。
f0220714_17263359.jpg

1日のブロックのアップ(ロクな内容じゃないですが)。
f0220714_816638.jpg

こんなのとか。
f0220714_816365.jpg

なんか載せてて情けなくなってきたのですが、こんな感じでよろしいでしょうか…
項目によって字の色を変えている点と、項目を書く位置を決めている点くらいしか見るべき点はないと思います(涙目)。
[PR]
by mukei_font | 2013-12-14 08:26 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(10)

高級ノートを超えていく。

日記帳も終わりそうだが、仕事用ノートもちょうど年内で終わりそうでわくわくしている。
次はどのノートを使おうかな。

現在仕事用ノートに使っているのはツバメリングノート(無罫)
B5サイズのナイスな無罫のリングノート。

使い始めこそMOTTAINAI精神が邪魔をしてさまざまな苦悩があったが(貧乏さんと高級ノート。参照)、使っているうちにそれらはまったく気にならなくなった。

あまりの高級感にノートを両面使いすることにした問題も(通常は片面使い)、片面を小さな文字で埋め尽くしたら気が済んでしまい、徐々に片面使いに移行した。
今は基本的に片面使い、仕事とは関係のないアイデアが頭に浮かんだ時だけ裏面を利用、という感じで使っている。

1日1ページ使うのがもったいないという点は克服できなかったが、ページを3分割して使ったおかげでページを小さな文字で埋め尽くすことになり、前述のような片面使いにつながった。
内容が濃縮されている分、検索性が高まったのも思わぬ副産物であった。

また、「高級ノートだから万年筆で書かねばならぬ」という愚かな思い込みから脱却できたのも大きい。
これは夏の手汗問題で痛い目を見て目が覚めた(汗ばむ季節と文房具。参照)。
高級ノートであろうが仕事にはやはりボールペンが便利だ。
万年筆はまた別の場面でじっくりその能力を発揮すればよい。
結局ノートの大半はシグノRT1を使用した。
これはたぶん今後も変わらない。

上記でリンクした過去の記事の中で、

この機会にMOTTAINAIなりのノート法を編み出していくのもまた一興。
もし何か見つかれば、今後それは「B5サイズの高級ノート」にある程度適用されるはずだから。


と書いたが、まさに現在のツバメリングノート(無罫)の姿こそがそれといえる。

B5の無罫リングノートは見切った。
たとえそれがどんなに高級なノートであってもどんと来いだ。

やはり使ってみてこそだなと思う。
使わずに眺めているうちは高嶺の花だが、ああでもないこうでもないと使ってみれば相棒となり、今となっては古女房という表現がしっくりくる。

ということで、次の仕事用ノートはB5でもリングでもない無罫ノートにする予定。
がらりと条件を変え、それでもうまく折り合いをつけていくことができるかどうか。
もしかしたら致命的にダメという要因が見つかるかもしれない。
その場合は仕事用ノートからはずして、他の用途にまわせばよい。
いざとなればまたB5の無罫リングノートに戻ってくればよいのだから。

候補は爆発的にある。
リングじゃないA5の無罫ノートなんて一番コレクションが充実しているところだ。
一時期ノートはA5と思い込み、見つけては買うということを繰り返してしまった。

明日さらに考えよう。
ノートを並べてにやにやしよう。
こんな時間にぎらぎらしてきてしまった。

*少々補足しました。
[PR]
by mukei_font | 2013-12-12 23:59 | ノート | Comments(4)

朝のひとこと。

年賀状のことが気になっているのか、修士論文の締め切りに追われる夢を見ていました。

・夏休みの宿題が終わらないのに休み明けの実力テストもひかえている夢
・修士論文の締め切りが近いのにまだ被験者集めをしていてしかもなかなか集まらない夢
・修士論文の締め切りが迫って来ているのにまだ論文の中身を書いている夢

このあたりが定期的に見る三大悪夢。

さて、年賀状ですが、のんびり楽しんで書かせていただこうと思っております。
今回はいろんな筆記具を使ってみる予定。

常日頃文房具を使う理由を探している皆さん。
今こそそれを実践する時ではないでしょうか。
[PR]
by mukei_font | 2013-12-12 09:02 | わたくしごと | Comments(1)

とあるボールペンの最期。

ダイアリー用の筆記具を作るため、プレフィールに入れていた油性ボールペンのリフィルK-0.7に暇を出した話は以前書いた。

が、暇を出す前に本当はすぐにでも入れたい軸があった。
PILOTのダウンフォース
結論を先に述べるとK-0.7は入らないのだが。

コメント欄や本文記事で何度か書いたと思うが、ZEBRAの芯径はPILOTのそれよりも細い。
本来はグッと入るはずのダウンフォースの中がすかすかしてしまい、全然刺さらない。

ZEBRAのK-0.7は芯の長さやバネ止めの位置がPILOTのBSRFや三菱のS-7Lと同じであり、一見互換性が高くときめくが、機嫌良く使い回せるのはPILOTのノック式スーパーグリップのように前にバネがあるボールペンのみで、ダウンフォースや多色ボールペンのような突き刺し系には弱い。
残念なことだ。

なぜダウンフォースにこだわるかといえば、いつのまにかひっそりと中の芯がお亡くなりになっていたからだ。
さして古くない芯(2011年4月)があろうことか加圧式ボールペンの中で死亡。
以前、中に空気が入ったと思しき不調な芯をダウンフォースの中に入れて使ったことがあり、自分の中では加圧式ボールペンというのはちょっとしたホスピタル的存在だった(ダウンフォースは救世主になれるか。参照)。
にもかかわらず、これはかなりショックな話。

まあ書けなくなった芯を入れていてもしょうがないので、ちょうど入る芯を探していたのだ。
ここにK-0.7が入ればよかったのだが…
次なる候補は三菱のS-7LかぺんてるのBKS7Hか。
どちらも使いさしがあり、どっちでもいいやと入れてノックしてみると…おや、ノックで芯が戻らない。

おかしいなとペン先を見つめてみると…なんと口金部分が破損。
なるほど。
PILOTの芯だとこの傷こみでノックできるが、三菱やぺんてるの芯だとこの傷のせいで芯が戻らない。
微妙な芯の太さの違いがここにもあるのだろう。
f0220714_224478.jpg

ちなみに傷ついていない部分はこんな感じ。
f0220714_225596.jpg

しかしいつこんなに強く落としたんだろう。
ユーザーはほぼ自分なのだから、間違いなくどこかでカツン!とやったのだ。
芯の死亡はインクがどうこうなったわけじゃなく、物理的に傷がついたためだった。

「ノックしても芯が出ない」とお客さんがボールペンを持って来られる時、ついノックの機構に問題があるのではないかと思ってしまうが、よく見ると口金が傷ついて芯の出てくる丸い部分がいびつな形になっている場合が多い。

「落とされたのではないですか?」と聞いてみても「落としてない!」と言い張る人もいるが、まあ気づかぬうちに落としたか、落としてはいなくてもそれらしき衝撃が加わったかしたのは確かだ。
あるいはご本人ではなく、こっそり拝借した誰かが落とした可能性もある。

加圧式というすぐれた性能を持ちながら、その性能を十分に発揮する間もなく「落下による衝撃」という初歩的なミスで天に召されたわがダウンフォース。
もうどうしようもないが、捨てるにはしのびなく、ひっそりとペン立てに立ち続ける(あ、新しいBKRFを入れればノックできるのか)。
[PR]
by mukei_font | 2013-12-10 22:16 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(0)

開運フミヲくじ2014について。

ブログを書く時間を惜しんで年賀状を書いているのかと思いきや、実はそちらもまったくの猫町。
年賀状の締め切りが12月25日として、あと2週間…
。゜(>д<)゜。

今年は開運フミヲくじは見合わせようかと思っています。
理由は気の利いた福袋を作れそうにないこと。
毎年福袋を楽しみに応募される方が多く、たとえ当選されても福袋の内容が薄いことを心苦しく思っていました。

ただ、年賀状がご縁で仲良くさせていただいている方も少なくはなく、日頃の感謝をこめて年始のご挨拶をさせていただきたいという気持ちも強くあります。
ですので、フミヲくじに関係なく年賀状をお出ししてよいのであれば、例年通り年賀状をお送りしたいなと思っております。

興味のある方は非公開コメント、もしくはメールにて住所、氏名をお知らせください。
以前に応募された方も、必ず住所、氏名の両方のご記入をお願いいたします。

なお、年賀状はうさむしの消しゴムはんこです。
先日まで販売していたうさむしの年賀状とはまた違った絵柄になっています。
お年玉くじ付きの年賀状でお出ししますので、そちらのくじを普通にお楽しみいただければと思います。

以上、よろしくお願いいたします。
[PR]
by mukei_font | 2013-12-09 23:59 | 文房具与太話 | Comments(18)

朝のひとこと(出発前)。

昨夜も結局何も書けず…
こたつで眠る技術だけが高まっている猫町です。

さて、本日は赤穂御崎でのイベント「御崎マルシェ」に出店してきます。
今年の「トラベラーズポストカードキャンペーン」で書いたまさにあの赤穂御崎。
今年初めて知った場所なのに、不思議な縁を感じています。

というわけで、こんもり厚着して行って来ます。
お近くまでお越しの方はぜひ。
[PR]
by mukei_font | 2013-12-08 07:07 | わたくしごと | Comments(0)