猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

三菱・ジェットストリームプライムシングル。

ぼんやりしている間に三菱の新製品がどんどんプレスリリースで紹介されており、せっかく新製品発表会で見てきたのに、せめて感想を書いておくんだったと焦っているところです。
焦らなくてもいいいけど。

が、ああいう場で得た情報をプレスリリースよりも先に書いていいのかどうか、よく分からないんですよね。
文具店員時代はメーカーの人に確認を取って書いていたのですが、今は確認を取ること自体できかねるというか、本来ならなかなか見られないものを見せていただいているだけでもありがたいというか。

それに、情報というのはどうしても一人歩きするので、怖いというのもあります。
発信源が名の通ったライターやブロガーならいいんですよ。
読み手にも安心感がありますよね。
疑ってかからなくてもいいというか。
自分はとてもそういう存在ではないので、基本的にプレスリリースを待ってから記事にするように努めています。

さて、発表から1ヶ月以上が経過し、発売も開始されたジェットストリームプライムシングルについて書いておきます。
といってもたぶん数行で終わると思うんです(それで今まで書かなかったというのもある)。

というのも、自分の興味は1点だけだったから。
すなわち、安いジェットストリームの単色軸(150円の軸)にシグノRT1の替芯が入るように、ジェットストリームプライムシングルの中にもシグノRT1の替芯が入るかどうかということ、ただ1点だけ。

ジェットストリームプライムシングルのブースは会場を入ってすぐのところで展開されていました。
担当者の説明が一段落したところで、「これの中にこれが入るかやってみていいですか?」と、買ったばかりのシグノRT1・0.38青を見せてみました。
「?どうぞ?」
というわけで、早速チャレンジ。

入りませんでした。

Oh…
軸の内径が細く作られているんでしょう。
RT1の替芯のぶっとさがあだとなりました。
これが入らないとなると、互換性は厳しいなあ。
まあアクロボールとかスラリなどはいけるかもしれませんが。

もっとも、RT1の替芯が入ったところで飛び付きたいほど魅力的な軸だったかと言われると、けっしてそうでもないのです(なんじゃそれ)。
でも一つの可能性というか、いざとなったらあれに入るぞ、という情報って楽しいなと思うんですよ。
自分の興味はそこだけにあったわけです。

そこから先の説明はあまり耳に入ってきませんでした。
確か、かっこいいボディなのに替芯は安くてイカす!みたいな話だったと思います。
それはそのとおりですよね。
替芯好きとしては喜ばしい。

あとは、
ブラック、ネイビー、シルバー:ボール径0.7mm
ピンク、ライトピンク:ボール径0.5mm
という色分けにモヤモヤした程度かな。
やっぱり細字は女性、みたいなものがあるんだなと。
いつもそうなので、今更目くじらを立てるようなことでもありませんが。

後日、三菱の新製品発表会に行ったと思しき人のコメントをTwitterなどで見ていると、ノック感の贅沢さとか、ボディの素晴らしさが賞賛されていて、ああ、そういうところを見るのかと目からうろこでした。

いつも自分自分ですまん。
やっぱり自分はいろいろ失格だなと思ったしだい。
また別の感想を思い出したら追記したいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2014-10-21 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(8)

ダイアリーもたもた。

皆さん、来年のダイアリーはもう買われましたか?

以前、すぐにでも入手するような口ぶりで記事を書いたにもかかわらず、もたもたしていまだに入手にいたっていない猫町です。
そうこうしているうちに買うかどうか迷っていた柄が次々に完売になり、さすがに焦ってきました。

それもこれも、実物を見て買いたいからなんですよね。
自分の場合は買うダイアリーはもう決まっていて、あとは柄だけなんですが、それでも写真だけでは分からないこともあり…
例えば表紙の質感とか。
つるつる?さらさら?てかてか?

それに欲を言えば表紙の色味だって実物を見てみたい。
1年間使うものだから、こうしたことも使い勝手を左右すると思うんですよね。
が、いかんせん都会に出ていく用事がない。
さすがにそろそろ決めないとなあ。

そう考えると、「入手のしやすさ」というのもダイアリー選びの重要なポイントですね。
ひとたび気に入ったものに出会ってしまうと、次もそれが欲しくなる可能性が高いのだから、こういう田舎に住んでいる場合は、最初からそのへんに売っているものからお気に入りを見つけておいたほうが何かと便利ということになります。

でも、どうしても高橋やノルティはピンとこないんだよなあ。
しかも、案外開きがよくなかったりするでしょ。
あと、中のページのフォントや罫線の濃さにも違和感があったり。
こんなに入手しやすく、しかもロングセラーなのに、それでも首を縦にふれないこともあるんですよね。

まあ今はネットで買えるので、細かいことに目をつぶりながらやっていくしかないか。
本当にそろそろ決めないと…
[PR]
by mukei_font | 2014-10-20 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(4)

コメントへのお返事。

毎度のことで恐縮ですが、いただいていたコメントへのレスをアップいたしました。
すでに20件を超えておりましたので、こちらに転載いたします。
無関係の方も多数おられると思いますので、折りたたんでおきますね。
いつもたくさんのコメント誠にありがとうございます。

続きはこちら。
[PR]
by mukei_font | 2014-10-19 23:59 | わたくしごと | Comments(2)

コラムLatte掲載のお知らせ(和風ステーショナリー)。

コラムを掲載していただいている「コラムLatte」に新しい記事がアップされました。

風情感じる和風ステーショナリーグッズたち。使いやすく可愛い文房具の世界

年中楽しい文房具ですが、秋はとりわけ手書きが楽しい季節だなと思います。
夏のように手汗や手脂に悩むこともなく、冬のように手がかじかむわけでもなく、ちょっとした日記も筆が進みますよね。

さて、こんな素敵な季節をより楽しむには、と考えた時、秋という季節がそもそも五感を刺激する季節であることに気づきました。
虫の声、金木犀の香り、そしてこれから本格的に始まる紅葉。
五感か…
そう考えた時にふと和紙の感触が恋しくなりました。

コラムでは秋という季節にからめて和風ステーショナリーを紹介していますが、文房具に季節はあまり関係ありません。
主観的なイメージです。
でも、なんだか秋によく似合うなと思ったりもするのです。

コラムではもっと本格的な和文具を取り上げるべきかとも思ったのですが、そもそも自分自身が軽い感じのものしか使ったことがなく、身近なものを取り上げました。
写真にあるものは私物か、猫町文具店(仮)で取り扱っている商品で、あらためて自分は猫と文房具モチーフが好きなんだなあと思ったりしました。

おかしなもので、われわれは日本人なのに洋風のものに囲まれて暮らしており、和風のアイテムというのはかえって小さな非日常みたいなところがあります。
和風ステーショナリーもそういうアイテムではないでしょうか。
自分のために、誰かのために小さな「和」を楽しんでみてください。
[PR]
by mukei_font | 2014-10-18 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(0)

常に高品質がありがたいわけではない話。

先日の記事の中で言及した、「手元になぜか大量にある謎のルーズリーフ」。
しげしげと見てみるといろいろな発見がありました。

こちらなんですが…
f0220714_19274748.jpg

f0220714_19275989.jpg

「百選廉価」…
「百戦錬磨」の語感を意識したっぽいネーミング。
しかも笑ってる…?と思ったら、株式会社スマイル…

ですが、100均という雰囲気でもないんですよ。
これはいわゆる「トップバリュ」や「セブンプレミアム」、あるいは「くらしモア」のようなプライベートブランド商品なのでは?

と思って検索すると、「西友、「百選廉価」の食品群を充実」なるニュースが。
西友かあ…

西友といえば学生の頃アルバイトをしていたのですが、「百選廉価」なんてブランドあったかなあ?
POPを作る仕事だったからあったら覚えているはずだけど…
上記のニュースが1994年、百選廉価のパッケージにある株式会社スマイルの郵便番号がまだ3桁だから、1994~1998年あたりでそっと消えて行ったのかな?

閑話休題。
で、このルーズリーフですが、そんなに嫌いじゃありません。
確かに紙質が悪く、ゲルインクが裏写りする頼りなさなのですが、そのしなしな感が悪くないのです。
例えば、間違えた時に片手でぐしゃっと丸められそうな感じがするというか、紙厚のあるしゃきっとしたルーズリーフの攻撃的な感じがまったくないというか。

実際はぐしゃっと丸めませんが、コクヨやマルマンのしっかりしたリーフをぐしゃっとするの、ちょっと痛そうでしょ。
コクヨやマルマンのリーフだと、丸めるよりは折りたたんでから引き裂くほうが自分は楽だなあと思って。
そう考えると、紙を丸めてポイっとするには紙厚は邪魔ですね。
だから原稿用紙とかはいい感じに紙が薄いのかな。
もちろん厚口の高級原稿用紙もあるけれど…

とにかく、粗悪でしなっとした紙も悪くないという話です。
ぐしゃっとできそうなぶん、身近で気負わずに使えるというか。
単に値段が安いから惜しげなく使えるということではなく、安くてしかもぺらぺらなのでいよいよ自由な気分で使えるというところに魅力を感じます。

そういえば文具店員だった頃、最近の紙はどれも質が良すぎてどうもしっくりこない、もう少し鉛筆で書いていて楽しくなるような紙はないか、という漠然とした問い合わせを受けたことがありました。
その時はコクヨの罫紙にたどり着き、非常に気に入っていただけたのですが、その時のお客さんもこの「ぐしゃっとできそうな感じ」を大事にされていました。

あまりにも紙がシャキーンとしていると、書きたいものと紙とがうまく調和しないようなところがあると思います。
ただ綺麗に書ければいい、長く保存できればいいというだけではなく、時には主張しすぎないことが武器となるような文房具もあるのではないでしょうか。
もうしばらくこのルーズリーフと戯れてみたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2014-10-17 23:59 | ノート | Comments(4)

ダイソー・スケッチブック(追記)。

前回の記事、追記しています。
記事の最後の部分に、LIFEのVINCENTのA6、マルマンのポケットクロッキーブック、ダイソーのスケッチブックの比較写真を載せました。
[PR]
by mukei_font | 2014-10-16 23:59 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(0)

ダイソー・スケッチブック。

100均文具の話になったところで、以前からずっと記事にしたかった文房具について書きます。
こちらはダイソーのスケッチブック。
f0220714_638480.jpg

スケッチブックという名前ですが、小生の認識ではクロッキーブックです。
ぺらぺらの紙のやつ。
しかしダイソーでは「クロッキー」という名前の別の商品も確かあるんですよね。

とにかくダイソーではこれが「スケッチブック」。
ご覧のようにものすごいページ数。
なんと180枚。
大きさはマルマンのポケットクロッキーブックよりも少しだけ大きい感じです。
f0220714_6382333.jpg

なぜこれを買ったのかというと…
日記によれば、今年の7月の中頃に「原点にかえって一番最初に使った万年筆を手にしてみ」ようと思ったらしいです。
そして「何かいいノートはないかと考えた時、ダイソーのクロッキー帳(要するにこのスケッチブック)が頭に浮かんだ」んだそうです。

”万年筆だからいいノート”というのはもうあきたのだ。
たっぷり紙数があって、惜し気なく使えるノート。
このノートがそういうノートであればいい。

と書いてあります(´_ゝ`)

さて、実際にこのスケッチブックではほぼ万年筆を使ってみたわけですが、感想としては「あまりにじまないが、ぼちぼち裏抜けする」感じの紙質。
にじみは万年筆によります。
インクの出がよい万年筆になると、多少文字にヒゲがはえた感じになることも。
それでも書き終えたものをじっと眺めると分かる程度なので、価格の割には十分優秀だと思います。

自分は裏抜けはあまり気にしないのですが(片面しか使わないので)、にじみは気になるたちで、そういう意味ではこれは使えるなと判断しました。
分かりにくいですが、裏から見たらこんな感じです。
f0220714_6384310.jpg

しかし、問題はそういうことではありませんでした。
紙質ではなく、使い勝手に問題がありました。
例えば嵩高さ。
180枚という多すぎる紙数です。

当初からこれは持ち運びにはつらいなと判断し、机上文具として使うことにしたのですが、1日1ページずつしか使わない日記という用途にあてたのが運の尽き、当然のごとくなかなか減りません。
加えて、薄い紙が大量にリングで綴じられているので、ページをめくるたびに気をつかいます。
リングから破れないようにしなきゃとか、紙を真っ直ぐにしておかないと角が傷むとか。

で、あらためてマルマンのポケットクロッキーブックと見比べてみると、まずそのリングが全然違うんですね。
ちょっと写真が遠いのですが、こちらをご覧いただけると分かると思います。
マルマンのポケットクロッキーブックは、紙数が100枚とダイソーのものより80枚少なくなっています。
したがってリング径も小さいわけですが、リングの数がダイソーの8個に対してマルマンは11個。
紙数が少ないのにたくさんのリングでしっかり綴じられており、安定感があるんですね。

表紙の構造も違います。
マルマンのポケットクロッキーブックは裏表紙と表紙がつながっていて、ぐるっと中身をホールドしてくれていますが、ダイソーのスケッチブックは表紙と裏表紙が独立しており、その分ぐらぐらしてしまっています。
ちなみにこの構造はLIFEのVINCENTのA6もそうですが、大きさがダイソーのスケッチブックより1まわり小さい状態でリングの数は10個。
加えて、VINCENTには表紙、裏表紙に厚みがあるのでダイソーのスケッチブックよりも安定感があります。

要するに、ダイソーのスケッチブックは、紙数のわりに作りが甘く、安定感がまるでない、ということになります。
非常に使いにくいわけです。

安いのはありがたいし、紙数も多ければ得をしたような気持ちになりますが、リングの数や内径、表紙の厚さなどのつめが甘いと、結果的には使いにくいものになってしまうんですね。

これは以前、ダイソーのリングノートについても同じようなことを書いたことがあります。
こちらも100枚という紙数の多さが、そのサービス精神に反してかえって使いづらくなっていました。
もっとも、使い勝手はリングノート>スケッチブックですが…

ダイソー・B5 100枚無地ノート使用感。
ダイソーノートのその後、あるいはリングノートの楽しい使い方。

ということで、普段はリングノートであっても絶対にページはちぎらない派の小生ですが、とりあえずスケッチブックに書いた日記はちぎって、別の日記帳に貼りつけたという次第。
幸い紙が薄いのでまったく問題ありませんでした。

とまあ、あれこれダメ出ししましたが、安くて大量に紙が綴じられているメモ帳だと思えばこんなに楽しいものはありません。
万年筆で書けるのも楽しいし。
そもそも日記帳にしようと考えたから綺麗に使わなきゃと思ったわけだし、破れなきゃあちこち傷んでもいいやという気持ちなら、もっとのびのびと使えるだろうなと思います。

とりあえず、100均も楽しい!ということで。
綺麗な紙の束に幸あれ。
f0220714_6385356.jpg

追記。
リング部分の比較。
上からLIFEのVINCENTのA6、マルマンのポケットクロッキーブック、ダイソーのスケッチブック。
f0220714_2056482.jpg

追記2。
使用感について書いています。

追記3。
まとめ記事を書きました。
[PR]
by mukei_font | 2014-10-15 23:59 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(0)

猫町と中学生5。

いや、そんな話がしたかったんじゃなくて、中学生との勉強方法に試行錯誤しているという話を書きたかったのでした。
考えた末に試しているのが、猫町プリント。
手書きのオリジナルプリントを作り、解いてもらう。
つまずいた時用にレベル別に何パターンか用意しておき、何枚かこなすうちに最初につまずいたところも解けるように工夫する。

まあプリントの出来はともかく、悩んだのはどんな形態のプリントにするかでした。
レポート用紙みたいなので作って、穴を開けてファイリングしてもらおうか。
でも、フラットファイルを使っているみたいだし、あれは後で見直すのはむかないように思うんだよなあ。
綴じ具のところがぎゅむぎゅむして見にくいし、もちろんぎゅむぎゅむするようなところに文字を書かなければいいんだけど…

ええい、ルーズリーフでいいや。
大量に持ってるし。
こんなこともあろうかと、ルーズリーフ用のバインダーをあらかじめ100均でゲットしておいたのでした。
すごいですよね、26穴のバインダーが100円で手に入るなんて。
もちろん耐久性とかは分かりませんよ。
でも、たぶん100均のなんて趣味じゃないだろうし、いいやつを買うまでのつなぎに使ってもらうことにしました。

こんな時自分なら…と妄想を始める元ティーンネイジャー猫町。
自分なら、「かっこいいルーズリーフ用バインダーを買う」を目標にしてガンガン勉強するだろうなー
どんなバインダーに心惹かれるかなー
たぶんコクヨのカラー展開が多い布張りのやつ(カラーパレットシリーズ)だろうなー(実際3冊くらい持っている)
昔から綴じ具が金属のやつが好きだったし…

そんなことはどうでもいいですよね。
で、ルーズリーフに手書きでプリントを作っているのですが、手元になぜか大量にある謎のルーズリーフは、ゲルインクボールペンの裏写りが激しい…
エナージェルが裏抜けするというのはしばしば聞きますが、使っているのはサラサ。
よっぽど紙質が悪いようです。
最初は裏表に頑張って書いていたのですが、今は贅沢にもルーズリーフを片面使いしています。

で、晴れてルーズリーフ&バインダーで学習を進めているわけですが、綴じ具を開け閉めしているのを見ていると、やはり100均のバインダーはなんだか頼りないような…
もちろんコクヨやマルマンのバインダーにも綴じ具がプラスチックのものがあるわけですが、100均のものはなんとなく信用できないというか…

うーん、ここはやはり素敵なバインダーを目標に頑張ってほしいなあ。
何ならジウリスを目標にするとか。
赤穂には売ってないけど。

そう考えると、文房具を鼻先のニンジンにしながら勉強していた自分はとても安上がりだったんだなと思いますね。
鼻先のニンジンというか、中間テストや期末テストが終わった解放感とともにぶらついた文房具屋で買ったペンやノートを今でもリアルに覚えています。
その積み重ねが今の自分なんだなあとしみじみとしたことだよ(詠嘆)。
[PR]
by mukei_font | 2014-10-14 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(0)

猫町と中学生4。

相変わらず中学生との勉強を続けている猫町です。
恐れ多くも「勉強を教える」などという行為をしていると、いろいろなことを考えるものです。
一応心理学が専門だったので、学生時代に学んだことをあれこれ思い出しつつ、生徒本人の能力と個性に合わせた指導ができればいいなと考えているわけですが、能力と一口に言っても非常に奥が深く、難しいわけです。

とかなんとかもやもやしているうちに、数学の問題を解くことに快感を覚え始め、「数学って楽しい☆」みたいな気持ちになり、学生時代には手にしたこともない分厚い参考書を買い求めてしまいました…
もはや自己満足になってるし…

閑話休題。
中学生との勉強には今はマークシートシャープしか使っていません。
太芯なので大きな字が書きやすい。
太芯で小さい字をもそもそ書くのも楽しい。
汚い字もかわいく見えるので気にならない。

が、いかんせん1.3の芯はすぐにちびます。
それを自分でペン先を回転させながら書くのが楽しいんですよ。
セルフクルトガです。

フッフッフ…
昭和生まれの人間はみんなこんなことが出来るんだぞー
微妙な回転で芯を紙に当てる角度を探りながら、ぶっとくなったはずの筆記線を感じさせず、同じ調子で文字が書けるかどうかを真剣に試みる。
ウフフ、君にこれができるか?(たぶん見てない、というか見なくていい)
[PR]
by mukei_font | 2014-10-13 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(2)

お詫びのひとこと。

なかなか更新できずに申し訳ありません。
書きかけの記事がたくさんあり、テトリスの長い棒を待っている感じなのですが、相変わらず時間をうまく使えずにいます。

自分と同じくらいの能力の秘書(要領は悪いが几帳面にこなす)が5人くらいいたら、あれもこれも片付くのですが…
コメントへのお返事、お手紙へのお返事、どうか気長にお待ちください。
[PR]
by mukei_font | 2014-10-12 23:59 | わたくしごと | Comments(0)