猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ダイソー・B5無罫ノート使用感。

ダイソーの話になったところで、ダイソー・B5無罫ノートの話を少々。

このノート、素晴らしいです。
「買ってよかった文房具2014」にノミネートしたいくらい。
ちなみに「買ってよかった文房具2014」にノミネートされる文房具って何かなあ…

魅惑のマークシートシャープ。
ファーバーカステルの普通のシャープペン。

このあたり?
シャープペンばっかりだなあ…

そう考えたらあまり文房具を買っていませんね。
たぶん、お気に入りをリピートしてばかりなんだと思います。

CDとかもそうかもしれません。
昔はいろんな曲が気になったものですが、今は昔買ったCDを繰り返し聴いてそれで満足してしまっています。
これが老いの始まりなのか…

閑話休題。

ダイソーのB5無罫ノートの素晴らしさは何と言っても惜し気がないところ。
惜し気がないので大胆に使える。
日付が変わったら余白があろうがなかろうが、次のページにためらいなく行ける。
計算用紙感覚でいきなり書き殴ることができる。
でもばらばらにならないので、時系列で追える。

この自由さは100円だから、という値段の問題だけではないです。
何よりも無罫であることが大きい。
それと、無線綴じノートであることも案外大きい。

普段はリングノートが好きだし、表紙も裏表紙もしっかりと丈夫なほうがいいのですが、無線綴じで表紙ごとくったりしているこのノートは開きやすく、めくりやすい。
余計な主張をしないところが非常にいいと思っています。

さらに、ページ数がたっぷりとあるところ。
これも大胆さに拍車をかけるように思います。
特に今は中学生との勉強に使っているので、ノートは黒板の代わりなんですよね。
大きな字で書くわけです。
そういう点でも助かっています。

単に安いから使い倒すのではなく、他にこんな素敵な商品がないという理由できちんと好きでいたい。
そんな風に思っています。
[PR]
by mukei_font | 2014-12-21 23:59 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(0)

クリスマスラッピング@ダイソー。

先日ご紹介したクリスマスラッピングのコラム、ぎりぎりのご紹介だったにもかかわらず、たくさんの方に読んでいただけてほっとしております。

コラムを通して言いたかったことは、「ラッピングは楽しいのでラッピンググッズを買いに行こう!」ということでしたが、自らのコラムを実践する素直な猫町はダイソーにGO!してきました。

いやはや、今の時期のダイソーは本当ににぎやか。
ハンズやロフトなどではある程度の価格で売られているであろうコスプレグッズも、100円なんですよね?
ラッピング用品を見に行ったのに、クリスマスグッズの多さに圧倒されてしまいました。

さて、迷いましたが小生が購入したのは包装紙。
くるくると丸めてあるあれです。

ちょっと遠方にクリスマスプレゼントを送りたくて、でも段ボールのままだと色気がなさすぎる。
マスキングテープやシールでも全然追いつかないので、ぐるっと包装紙で包むことにしました。

しかし包装紙は、包装のテクニック以前にあのくるくるをほどすのが至難の業ですな。
くるくるをほどしているうちに紙がよぼよぼになっていくというか、下手をするとくるくるの反撃にあって破れるというか、あれを乗り越えるのが一番大変ですよね。

本屋の時も文房具屋の時も、包装紙というのはゆったりと広い面積の棚に置いてあり、それを使うからこそスムーズに包装できていたんですね。
もしかして自分が知らないだけで、このくるくるを短時間でなんとかする神業があるのでしょうか…

さて、包装紙は使い方にもよりますが、たいてい半端が出ます。
この半端な包装紙を小さな袋にしたりするのがまた楽しいんですよ。
文房具屋時代はペンを入れる細い袋を作ったりしていましたが、そう考えると捨てるところなんてないんです。

包装紙を買うなんてちょっと贅沢?と思われる方。
しっかり使えば絶対に元が取れると思います。
面積も割とあるので、自分の場合あと5年くらいは使えそうです。
[PR]
by mukei_font | 2014-12-20 23:59 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(0)

続・年賀状ing2014。

年賀状を書いています。
書きながら思いついたことを、かたわらに置いているノートにメモしているのですが、やはり苦手な文字への恨み節が多いです。

・苦手な字…動きのある字、はねる、はらう系(その字から先、バランスが狂う)
・苦手ではない字…横画が多い、全体的に四角い

具体的にいうと、「橿」という字などは好きです。
パーツが細かければ細かいほどいいというか。
はねたりはらったりしなくてもいいし。

最悪なのは平仮名です。
埼玉県は好きですが、さいたま市は…
いや、住所はまだなんとかなるのですが、名前の中の平仮名が厳しい。
きれいな字で書けばさぞかし美しいのでしょうが、現実は残酷。

メモにはこんな愚痴も。

・明らかに字の上手い人宛てに書くのは気が重い

このブログの読者の方にも字の上手い方は多いのですが、本当に気が重いです。
宛名は相手からの年賀状を見ながら書くので、まったく別物と成り果てたそれを眺めて深いため息。

毎年、お正月にペン習字のチラシが入ったりしますが、おそらくこのあたりの心理をついているのでしょう。
屈辱感を感じた今こそ…みたいな。
自分は好きに書きたいと思うほうなので、365日中の数日だけを耐えるほうを選ぶのですが。

さて、いつ書き終わるのか…
[PR]
by mukei_font | 2014-12-19 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

年賀状ing2014。

年賀状を書いています。
もっと早く着手すればよかったと思うのですが、自分にあれこれ言い訳して、結局切羽詰まっています。

手書きは好きなので楽しいのですが、絶対に失敗したくないという思いからギンギンに集中し、海老蔵のようにまばたきをしていないので目の疲労が激しいです。
@@@のブルーベリーを飲んでいるのですが…

普段は自分の好きなサイズの文字を書いているのであまり気づかないのですが、自分には大きすぎる文字を書かざるを得ない宛名書きというのは、自分の好きな字、苦手な字というのをはっきりと教えてくれるようなところがあって興味深いです。

ということで、猫町の書いてて楽しい都道府県ランキングはこちら。
綺麗に書けるということではなく、安心して書けるというか、書いていて楽しいのです。

1位:埼玉県
2位:石川県
3位:岐阜県

逆に、苦手でどうしようもない都道府県は、

1位:兵庫県
2位以下:多数

「兵庫県」は本当に苦手です。
今は自分が兵庫県なので大きな字で書かずにすんでほっとしていますが、縦に真っ直ぐに書くのが難しい苦手な県名です。

それなら横書きにすればいいじゃないかと思うのですが、そして実際それもありだと思うのですが、見栄を張って縦書きに挑戦してしまうんですよね。
とほほ。

目だけじゃなく、腰も限界なんですが、まだまだ頑張りたいと思います。
手書き派の皆さん、まだ大丈夫ですよ。
のろまな猫町を追い越して行ってください。
[PR]
by mukei_font | 2014-12-18 23:59 | 文房具与太話 | Comments(2)

コラムLatte掲載のお知らせ(クリスマスラッピング)。

連日コラムのご案内ですみません。
コラムを掲載していただいている「コラムLatte」に新しい記事がアップされています。
内容が内容なので、急いでご紹介することにしました。

不器用でも可愛くラッピング!クリスマスギフト用のアイテムグッズたち

クリスマスプレゼントのラッピングについての記事です。
プレゼントのラッピングは、プレゼントを買った店でしてもらえることが多いですが、中にはあちこちの店で買ったこまごまとしたものをまとめてプレゼントしたいという場合もあると思います。
あるいは、とても店員にラッピングをお願いできないようなささやかなプレゼントの場合であるとか。

プレゼントやラッピングは昔から大好きで、自分のおこづかいでは何も買えないくらい幼い頃から、「プレゼントをどう渡したら喜んでもらえるか」みたいな本を熟読するような子どもでした。
あの本、置いておけばよかったなあ…(西村玲子さんのイラストの本でした)

とはいえ、まともなプレゼント包装ができるようになったのは文房具屋で働き始めてからで、それもある程度四角いもの限定というか、球体のものなどはいまだにできません(汗)。
ラッピングの本も何冊か持っていますが、ただ包装すればいいというわけではないんですよね。
リボンのかけ方もいろいろあるし、包装紙の質感で遊んだりとか…

そんなことは上記のコラムには書いておりません。

もっともっと初歩的な、誰にでもできるラッピングについて書いています。
コラムにも書きましたが、今は100円ショップで心ときめくラッピンググッズがたくさん売られているんですよね。
ラッピンググッズ売り場は普段から好きで、用もないのについ徘徊してしまうのですが、クリスマスシーズンは特にハアハアしてしまいます。

子どもの頃にもこんな素敵なグッズがあったらなあ…
ささやかなプレゼントでもいいからこんなかわいい袋に入れてほしかった…
こんな素敵な包装紙、絶対サンタクロースを信じるなあ…むしろ今からでも信じてまう…

などとうっとり。

ラッピンググッズの素晴らしいところは、どこにも店のロゴが入っていないところだと思うんですよ。
子どもの頃は分からないからいいのですが、大人になると、いくらクリスマスっぽいラッピングても店のロゴが気になるんですよね。
あ、ブランドショップとかはむしろそういうのが分かったほうがいいのかもしれない。
そんなのもらったことないから分からないけど。

とにかくラッピングはときめくわけです。
どうせ捨ててしまうのに無駄だとか、プレゼントは中身が肝心という考え方もあると思うのですが、やりすぎない程度の配慮があってもいいのではないかと自分などは思います。

と、こんなに熱く語っておきながら、クリスマスレターの時と同様、

(ねこまちさんからそんな素敵なラッピングのプレゼントもらったことないけどなあ…もしかして、この小さいシールがラッピング…ってこと?こんなのが?はぁ?)

というレベルなんですけどね。
要は気は心です。
[PR]
by mukei_font | 2014-12-17 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(0)

ブログ記事のカテゴリ分けについて。

かなりどうでもいいことなのですが、「コラムLatte」というカテゴリをやめ、コラムの内容ごとにカテゴリ分けしました。
中にはいったいどれに分類すればいいのか分からないコラムもありましたが、強引に分けています。
手帳関係、年賀状関係、スクラップ関係はまとまっていたほうがいいかなと思ったので、このような方法をとりました。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by mukei_font | 2014-12-16 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

コラムLatte掲載のお知らせ(クリスマスレター)。

コラムを掲載していただいている「コラムLatte」に新しい記事がアップされています(ご紹介が遅くなりました)。

レターで祝うX'mas。手作りクリスマスカードの作り方&アレンジ方法

クリスマスレターとは何じゃらほい?という感じですが、おそらく正式には「クリスマスおめでとう」とか「素敵なクリスマスをお迎えください」というメッセージを伝えるべきものだとは思うのですが、猫町的には世の中がクリスマスで盛り上がっているシーズンに出す手紙はとりあえずクリスマスっぽくしておこう、といういかにも日本的で曖昧なそれです。

で、コラムにはいろいろな工夫について書いてみたのですが、この時期猫町から手紙的なものを受け取った方は、

(もしかして、この小さいシールがクリスマス…ってこと?こんなのが?はぁ?)

となったに違いありません。

すみません。
猫町の中身はオッサンなので、あの程度が限界です。
すみません。

なお、記事中の写真に使わせていただいた美しいクリスマスカードは、このブログの読者の方に昨年いただいたもの。
あまりにもきれいので文字が書けなかった!というメッセージとともにいただいた赤いクリスマスカードが冒頭の写真。
確かにこれは自分にも無理だと思いました。
あとの2つもあたたかいメッセージとともにいただいたものです。

コラムにも書きましたが、クリスマスカードって本当に美しいんですよね。
いただいた瞬間に「わー素敵!」であとは封筒にしまい込むだけではとてももったいないので、今回クリスマスシーズンが始まるやいなや、昨年いただいたカードを取り出し、飾ってみたしだいです。
自分の目を楽しませるためだけになかなかクリスマスカードは買えませんが、自分に届いたものは大切にして、眺めたり飾ったりしたいものですよね。

クリスマスどころか今は年賀状だよ!という怒号も聞こえてきそうですが、まだ間に合います。
クリスマスっぽいものを誰かのポストに届けてみるのもいいのではないでしょうか。
[PR]
by mukei_font | 2014-12-15 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(0)

猫町と中学生8(太芯シャープ)。

あまりにも中学生のシャープ芯がばきばき折れるので、ついに太芯シャープをすすめてみた猫町です。
最初は愛用中のぺんてるのマークシートシャープを見せてみました。

猫町「ほら、むっちゃ太いやろ?」
中学生「太!」
猫町「ちなみにこれはマークシートを塗るときのやつで1.3ミリ」
中学生「へー」

猫町「もっと太いのもあるよ。これは2ミリシャープ。鉛筆の芯と同じ太さ」
中学生「うっわ!何それ!」

猫町「で、これが0.9ミリ。クラスの子でコクヨのキャンパスジュニアペンシル使っている子おらん?それがこれくらいなんやけど」
中学生「ううん、みんなクルトガ」

猫町「で、おすすめは0.7やねんけど、0.7のクルトガも出たみたいよ。クルトガ好きなんやろ?」
中学生「別に…」
猫町「え、クルトガ好きじゃないん?めっちゃいっぱい持ってるやん?書きにくい?」
中学生「ディズニーやから」
猫町「……」
中学生「クルトガの0.7ってディズニーある?」
猫町「さあ…出たばっかりやし、まだないかも…」
中学生「……」

三菱が限定柄やディズニー柄に躍起になる理由が分かった気がしました。
[PR]
by mukei_font | 2014-12-14 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(2)

猫町と中学生7(小さな文字)。

今や文房具の話もあれこれしながら楽しく勉強している猫町です。
勉強のやり方は本当に人それぞれなのですが、試験前にガッと暗記しやすいように通常の勉強時に仕込んでおいたほうがいいこともあり、

普通に問題を解く→マル付けをする

というパタンと、

雑記帳等に軽く解き、分からなかった問題は最終的に赤いシートで隠して覚えるためオレンジ等のペンで記入する

というパタンとに分けています。

で、ここは結構文字数が多いから、そっちのペンよりもこっちのペンで書いたら?みたいな細かすぎる指導をしたりしているわけです。

中学生「こんな狭いところに無理。これ以上小さい字は無理。0.28やもん」
猫町「0.28?イケる!0.4でも気合いで書ける!」

中学生を見ていると、やはりまだ発達の途上にいるのだなあと思います。
手先の器用さや俯瞰する能力など、これからいろいろな経験を通して身に着けていくのだろうなと。

自分の字にしてもそうでした。
いきなり今の字になったわけではなく、かつては線がひょろひょろだったり、強弱があったり、形が一定じゃなかったりして頼りない印象でした。
さらに罫線いっぱいに文字を書くのがいいのかと思っていた時期もあり、字も縦長で大きかったです。

今の字になったのは高校生の頃で、大学生の頃にようやく落ち着いた感じでしょうか。
その途上にいるのだから、思うように字の大きさもコントロールできないだろうし、その分文房具に頼ってもいいのかなと思ったりもします(頼ってもうまく書けないあたりが中学生なのですが)。

それにしても学生は文房具を使う理由が大いにあっていいですね。
生き生きと使われている文房具を見ているだけで幸せな気持ちになります。
むらむらしただけの大人に買われて放置されるより、現役の学生の筆箱や鞄に入りたいと思う文房具は多いことでしょう。
むらむらしてばかりの大人はそんな風に反省したりもするのでした。
[PR]
by mukei_font | 2014-12-13 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(4)

2015年のダイアリーを使い始める。

先日購入した来年のダイアリーを使い始めました。
12月8日から始まっていたので。

2013年の10月28日から使い始めた2014年のダイアリーは、途中で挫折することなく完璧に使うことができ、ほっとしています。
記入する項目や記入する箇所、使う筆記具の色などのルールを最初にびしっと決めたのがよかったのか、記入することが習慣化され、後でふり返る際もなかなか見やすいものとなりました。

今年のやり方に特に不満もないので、来年も引き続きまったく同じルールで使うことにしました。
欲を言えば、記入に使っている「黒、赤、青、緑」の色合いが寒々しいですが、色合いのためだけにオレンジや紫などの使い慣れない色を導入するのも…と思い、考えないことに。
唯一マンスリー部分にピンクを使うことにしたのが進歩かな。

まあこれはダイアリーの紙の色にもよりますよね。
クリーム色がかった紙ならそもそもそんなに寒々しくならないと思うし。
アーティミスのダイアリーは白色度が高い紙が使われているので。

さて、ダイアリー2年目の猫町のちょっとした工夫はこれ。
ダイアリーのこのスペースを付箋置き場にして、あとできれいに書こうと思うようなことをメモしたり、忘れそうなところに貼って目立たせたり。
f0220714_11262940.jpg

ノートはがんがん衝動買いするのに、1枚の付箋をなかなか捨てられない猫町は、付箋を大事に使います(ゼイタクブング。参照)。
粘着部分から遠い部分から使って、そのメモが終わったらハサミで切って散髪。
もちろん時々はここから旅立って行ったりもしますけどね。

世の中に便利な付箋グッズがあることは知っています。
でもそれは付箋をもっと頻繁に使う人用、使える人用のものだと思うんですよね。
自分にはこれで十分。
このスペースに数枚の付箋を待機させ、それで回っていくような日常です。
2015年もこんな調子でささやかな毎日を積み重ねていきたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2014-12-12 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(0)