猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
高校生のころ鉛筆を愛用し..
by なぎねこ at 21:03
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

猫町文具店(仮)からのお知らせ(ロールペンケース)。

猫町文具店(仮)より、猫町ロールペンケース最新作のお知らせです。

気がつけばガーリーな柄のペンケースがなく、いつか秋口にデビューさせたいと思っていた布での新作となりました。
スモーキーなカラーが秋の空気にぴったりです。
詳細はこちらをどうぞ。
f0220714_917119.jpg

なお、これまでのものは在庫表でご確認ください。
在庫が1となっていても、それで終わりというわけではありません。
最後の1つになると「最後の1個です」と明記するようにしています。

また、ロールペンケースの楽しい使い方(というほどでもありませんが)については、こちらの記事の後半に書いています。

あらかじめ用意されたベロに関係なく、自分自身のペンの長さに合わせてベロを深くおり、しっかりと巻けばペンがこぼれる心配もありません。

木琴堂が遠い方には通販もいたします。
非公開コメントもしくはメールでご連絡ください。

メールやコメント欄への書き込みは、

・お名前(最初はハンドルネームでも大丈夫です)
・購入希望の商品
・個数
(非公開コメントの方は)メールアドレス

といった簡潔なもので結構です。
折り返しこちらからメールを送信いたします。

また、ポケットをもう少し深くしてほしい、浅くしてほしいなどのリクエストにもお応えできる範囲でお応えしたいと思っております(ポケットは最大13センチまで深くなります。リンク先に写真があります)。

まずはお気軽にお声掛けください。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by mukei_font | 2015-09-20 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(2)

消しゴムを育てる。

以前、何かの記事のコメントで、タマミさんが「鉛筆を育てる」という表現を使っておられたように思います。
鉛筆が珠算にちょうどいい長さになってくるまで使うことをそう表現されていたように思ったのですが、消しゴムについてもそのようなことが言えると思います。

こちらは育ってきた消しゴム。
握りやすく、これだと特に力を込める位置を意識しなくても、消しゴムがぐにぐにしないですみます。
もっともこの消しゴムCESSはもともと硬めで、ぐにぐにしないから気に入って使っているのですが。
f0220714_9251033.jpg

元のサイズと比べるとこんな感じ。
これくらい使えば黄金の使い心地が待っているということですね。
もちろん自分の好みの話ですよ。
f0220714_9252471.jpg

でも最初からこんな形の消しゴムもありますよね。
あれは握りやすさを考えてああいう形になったのかな。
なのになぜ横長の長方形型がメインなんだろう。

もちろん横長の長方形であろうが、アーチのスリーブが示す位置を意識して握って消せば、ぐにぐにに振り回されなくてすむとは思うのですが。

何はともあれ、育ってきた消しゴムは見た目もかわいいですね。
この先スリーブを散髪しながらどんどん小さくなっていくのですが、今が一番素敵なバランスのように思えて、にやにやと眺めてしまいます。
[PR]
by mukei_font | 2015-09-19 23:59 | 消しゴム | Comments(0)

猫町と英語日記・その12(2冊目のノート)。

先日ようやく1冊目のノートが終わった英語日記。

今後使う予定のノートがすでに10冊も決まっていると書きましたが、こんな感じです。
上が松さんからのプレゼント、下が万年筆青年さんからのプレゼント。
f0220714_0222184.jpg

歴代キャンパスノート…興味深いですよね。
ずっと以前にいただいたのに、筆箱拝見の記事を書いていないからこんなことになります。
実はこちらはコクヨの株主だけがもらえる特別なノート。
初代のキャンパスノートから現在の5代目キャンパスノートに至るまでの5種類のキャンパスノートが入っています(すべてA罫)。

ということで、2冊目の英語日記はこちら。
「Campus」と書いてありますが、サンスターのノートです。
f0220714_0223753.jpg

日常というのは容赦なく過ぎていくもので、新しいノートにひたっている暇はありません。
これから4ヶ月、このノートとともに頑張りたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2015-09-18 23:59 | 〈猫町と英語日記〉 | Comments(0)

コメントへのお返事(その3)。

コメントへのレスの続きです。
コメントは20件しか表示されないため、転載しています。
無関係の方も多数おられると思いますので、折りたたんでおきますね。

はじめましての方も多いのに、こんな形になってしまい申し訳ありません。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

続きはこちら。
[PR]
by mukei_font | 2015-09-17 23:59 | わたくしごと | Comments(2)

コメントへのお返事(その2)。

コメントへのレスの続きです。
コメントは20件しか表示されないため、転載しています。
無関係の方も多数おられると思いますので、折りたたんでおきますね。

はるか昔にコメントした気がするがレスをもらっていないようだ、という方はご自身のハンドルネームを検索しながら読んでみてください。
お手数をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

続きはこちら。
[PR]
by mukei_font | 2015-09-16 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

コメントへのお返事(その1)。

それでは恒例の、「遅!それいつのコメントのレスやねん!」のコーナーです。

いつもたくさんのコメント誠にありがとうございます。
なかなかお返事できずに申し訳なく思っています。

こんなにレスが遅くなるくらいならコメント欄をやめるべきかと常に悩んでいるのですが、皆さんのコメントに刺激をいただいていることもあり、これからもこんな感じで続けていくつもりでおります。

60件以上のレスになりますので、3分割して転載いたします。
無関係の方も多数おられると思いますので、折りたたんでおきますね。

続きはこちら。
[PR]
by mukei_font | 2015-09-15 23:59 | わたくしごと | Comments(8)

猫町と英語日記・その11(1冊目の反省など)。

1冊目の英語日記が無事に終了し、さて次のノートに移る前に書式その他を変更してみようかと考えたことについて書いておきます。

英語日記をつけ始めた当初から問題だと思っていたことに、自分の書いたものを振り返るのがむちゃくちゃ大変、ということがありました。
いくら自分が書いたものとはいえ、何しろ英語で書いているので、(確か前にもこんなことを書いたはず)ということを探し出すのが至難の業なんです。

これについては、重要語句の整理用にもう1冊ノートを作ったと以前書きましたが(猫町と英語日記・その9(ノートのためのノート)。参照)、そういう語句のためだけではなく、なんとなくぱらぱらと日記を読み返す楽しみ、みたいなことがあってもいいのではないかと思ったのです。

そこでまず考えたのが、日本語も併記するというものでした。
メモ程度でもいいので、その日あったことをまず箇条書きで書いてから、英語で日記を書いてみる。
これはあとで見た時に分かりやすそうだし、ゆっくり英文を考える時間のない時のための覚え書きになるかもしれません。

次に考えたのが、1日1ページ方式にしようかということでした。
英語日記を書いていて非常に困ったのは、3年日記のようにあらかじめ欄が設けられていないノートに書いていたため、日記をためこんだ場合、順番に書かなければならないことでした。

書く文量を特に決めていなかったので、数行で短く終わることもあれば、1ページ近く書くこともあり、日記の借金がたまっていった時に、書きやすそうな日から書くということができなかったのです。
これは非常にしんどいことでした。

6月は根性で「2日で1ページ」と決め、日記の借金が発生するたびに、その勘定でノートのページを先に進めながら書いたのですが、それでもページの上段はよくても、下段が書けないことになり(上段が埋まらないと、下段を書き始められない)、やはり不便だなと思いました。

そこで、先に述べた日本語での覚え書きをプラスして、1日1ページとしてしまう。
これなら借金が発生しても、好きなところから書くことができます。

そして最後は、もう少しゆったり書こう、ということでした。
英語日記など書いたことがなかったので、何も分からないままつめつめに書いてしまったのですが、これは後で読み返す時の読みにくさにつながりました。
せめて意味のまとまりごとに1行空けることにして、これは9月から実行しています(昨日の写真は改善後のもの)。

さて、ここまで分析しておきながら、それでも日本語を書きたくない自分がいて、少々葛藤しています。
1日1ページ方式にして、日本語のメモまで付けたら完璧な気がします。
ノートが減る速さも格段に上がってウキウキするかもしれません。

が、英語だらけのノート、というものがどうにも役立たずで馬鹿らしくて愛おしいのです。
ノートを逆さまにして振り回すと、アルファベットが飛び散るような気がする、そんなノートがかわいいのです。

新しいノートを前に、今が書式の変え時だとは思うのですが、そもそも鉛筆の書き味を楽しむためだけに始めたおふざけだしという気持ちもあり、これまで通りのやり方で続けてみようかなとも思うのです。

また、書式を決めてしまうと、かえってそれがプレッシャーになる気もします。
いくら日本語で覚え書きを書くといっても、1日1ページ方式だとかなりの余白が発生し、毎日大量の英文を書かなければならなくなります。

数行で終わっても1日1ページで次のページに進もう、と思えればいいのですが、無罫ではそれができても横罫ではそれができない困った猫町。
真っ白の余白は空気のように流せても、罫線の余白には耐えられないようなところがあるのです。

借金返済時には多少困難が発生するとはいえ、1日数行で終わってもいい(ことになっている)現ルールはそれはそれでいいかもしれない。
やっぱりこっちで続けようかな。

まあ、書式変更なんていつでもできるし、とりあえずパラグラフを作ってゆったり書くこと以外はこれまでどおり書いてみようかと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2015-09-14 23:59 | 〈猫町と英語日記〉 | Comments(0)

猫町と英語日記・その10(ついに1冊目のノート終了)。

ついにこの日が来ました。
英語日記、1冊目のノート(コクヨのキャンパスノート・セミB5・A罫・30枚)終了。

途中中断していたので、結局4ヶ月ほどかかったことになります。
4ヶ月で1冊かあ…
これは相当険しい道のり。

というのも、これから英語日記に使うべきノートがすでに10冊決まっていて(!)、全部コクヨのキャンパスノート(セミB5・A罫・30枚)なんですよ。

どちらも猫町文具店(仮)のお客さんからのプレゼントなのですが、松さん、万年筆青年さん、ありがとうございます。
ようやく1冊目が終わって、今からですよーーー

ちなみにこちらが1冊目の英語日記。
何の変哲もないキャンパスノートですが、全ページびっしり英語。
日本語一切なし。
f0220714_2348830.jpg

普段はページの片側だけを使うことが多いのですが、このノートに関しては裏表にみっちり書きました。
そんなことをしているからページがなかなか進まず、大変だったんですが。

それにしても密度の濃いノートです。
連立方程式をただただ解いていったすかすかのノートとは比べものになりません。

自分で言うのもなんですが、これは相当幸せなノートだと思います。
キャンパスノート界の英雄だこいつは。

お疲れ自分!
そして道は続くのであった…
f0220714_23554273.jpg

[PR]
by mukei_font | 2015-09-13 23:59 | 〈猫町と英語日記〉 | Comments(4)

ノートの比重、ダイアリーの比重。

先日の記事、「ノートは1冊にまとめるべきか?」の続きです。

いろんなノートを使いたい自分は、テーマを細分化させながらこれからもいろんなノートを使っていく、と前回書いたのですが、あの後もあれこれ考えた結果、まあこんなことができるのは、あまり気合いの入っていないダイアリーを使っているからだろうなと思ったしだいです。

気合いが入ったダイアリーとは何かというと、1日1ページ式の、そこに日記からToDoから何から何まで全部書いてしまう系のボリューミーなダイアリーのことです。
自分はああいうダイアリーを使っていないので、ノートに回せる余力があるのかなと思ったわけです。

自分はもともとダイアリーをうまく使いこなせない人間で、ウィークリー付きのダイアリーを使えるようになって2年目(!)というありさま。
1日1ページ式のダイアリーとかとんでもない話なんです。

いや、待てよ。
もともとノートを複数使いまくっているから、豪華なダイアリーなんていらなかったのかもしれない。
いろんなノートに記録しまくり!書きまくり!なら、これ以上ダイアリーに何を書く?って話ですよね。
だからマンスリーだけで間に合っていたのかも。

ずっと自分はダイアリーを使いこなせないダメ人間だと思っていましたが、その分いろんなノートにあれこれ書きまくってきたからいいのか。
きっとそれが自分に心地よい、なじんだやり方なんだと思います。

さて、そもそも自分がなぜ1日1ページ式の豪華なダイアリーにそそられなかったかと言うと、前も書いたかもしれませんが、自分の内面を書いたものを持ち歩くというリスクを考えてしまうからです。
自分はダイアリーを備忘録として使いたいので、持ち歩くことを前提としているのですが、そんなものに内面を書き綴りたくないなあ…

まあ誰も見ないんですけどね。
なんか嫌なんですよ。
無防備かつ、まがまがしい感じがして(いったい何を書いているんだ)。

いや、自分が知らないだけで、1日1ページ式のああいう豪華なダイアリーは家の机の上に鎮座しているのかな。
でも、あれを持ち歩いている人もたまに見るしなあ…

いずれにしても、自分はノート>ダイアリーのようです。
自分にとってのダイアリーは特殊罫のノートといった感覚かもしれません。
いろんな項目を見やすく整理できる特殊な罫線が引いてある便利なノート。

そのノートを来年は2冊に増やし、過去を整理するダイアリーと未来を管理するダイアリーとに分けてみようかなと考えているという話なのですが、そうすると結局ノートを増やしているということに…なるようですね。
[PR]
by mukei_font | 2015-09-12 23:59 | ノート | Comments(2)

朝のひとこと(秋は手書きの季節)。

ようやく過去の記事の投稿が終わり、前進し始めます。
まとめ記事を書くと、どうしても一定期間宣伝させていただきたいなと思ってしまいます。

さて、例年よりも早く涼しくなったことに感謝しつつ、精力的に手書きを楽しんでいる今日この頃。
日々のToDo、ダイアリーの記入、3年日記、英語日記(下書き&清書)というルーティンに加え(ルーティンじゃなくてノルマか)、通販に関する作業、文通相手への手紙、友人への誕生日プレゼントの発送…

それぞれに筆記具と紙製品の相互作用があり、たとえずっと同じ組み合わせで使っていても、季節の変化や心身の健康状態などによって微妙に印象が異なり、飽きるということがありません。

たとえば、3年日記に使っているシグノRT1の0.38・黒。
1月1日からずっと使っていますが(もちろん芯は何度か替えましたが)、秋は秋の書き心地がしますね。

なんというか、過不足ない、完璧な感じがします。
それはインクの粘度がどうとか湧出量がどうとかいうことではなく、やはり書き手の余裕なんでしょう。
紙質との相性や、行間とボール径のバランスなどにあらためて目が行くようになりました。

いやはや、秋は素晴らしい。
やはり人格を増やして体力を増強させない限り、無理なようです。
[PR]
by mukei_font | 2015-09-11 23:59 | わたくしごと | Comments(3)