「ほっ」と。キャンペーン

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(45)
(33)
(12)
(9)
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
物凄く久しぶりに書き込み..
by テトラ at 18:46
私はこれをダーマトグラフ..
by BOACK at 18:24
猫町さんこんにちは。いつ..
by 焼き魚 at 10:25
男の自分から見ると「ファ..
by YAS at 22:18
受験、大変ですよね。体力..
by ホウレンソウ at 08:17
解答は機械で読み取るので..
by あり at 01:27
素材って大事ですよね! ..
by あり at 00:37
自分も週末に軸と替芯の相..
by YAS at 14:17
こんばんは。うちの夫はミ..
by あむ at 23:16
こんばんは。 待ってい..
by YAS at 19:31
こんにちは! ひさしぶ..
by ともこ at 12:32
はじめまして。猫町さんの..
by ペンスキー at 00:43
昔の未使用年賀状、私生ま..
by さい at 14:02
こんにちは。ご無沙汰して..
by さい at 13:59
初めまして。 ブログを..
by ジョッター愛用者 at 08:05
シグノ太字の白があるんで..
by ミコト at 00:44
自分も先日注文した品が届..
by YAS at 17:51
猫町さま。 インターネ..
by 常陸の風土記 at 14:37
現在大学の通信教育課程に..
by あるけみ at 12:37
フミヲ様、こんばんは。丁..
by YAS at 22:22
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

まとめ記事をまとめ読み。

リクエストがあったので、これまでのまとめ記事を読みやすくまとめてみました。
左のメニュー欄に「タグ」という欄を設けています(「カテゴリ」の下です)。
「まとめ」をクリックしてみてください。
「コラム」も後日整理します。

まとめ記事というのはなかなか悪名が高く、そういうサイトには近寄らないぞと思っている方も多いと思います。
猫町もそうでした。
なんといってもこちらが苦労して用意した記事や写真が、一瞬で持って行かれるようなところがありますからね。

それだけに、猫町の記事は100%自家製でやっております。
メーカーのサイトにリンクすることはあっても個人のサイトに無断でリンクすることはありません。
引用する場合はこの無罫フォントからです。

常々、「だらだら書きやがって知りたいことになかなか行き着かないぞ」とこのブログに不満をお持ちの方は、ぜひまとめ記事をチェックしてみてください。
そちらにこそ必要な情報が詰まっていると思います。

また、長文好きの方。
長文を評価してくださるのはとてもうれしいのですが、なかなか量産することができません。
たまには昔の記事を再読するなどして楽しんでみてください。

というわけで、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-31 23:59 | わたくしごと | Comments(4)

October...

10月が終わろうとしています。
一番大好きな季節がーーー
さだまさしの「October」もまだ聴いていないというのにーーー

今月書くと約束した無罫ノートのまとめ記事の続篇、書けず…
Kさん、ごめんなさい。
約束なんてシャボン玉ですよね。

もう一度気合を入れて来月にはなんとか。
そんなことを言っているうちに来年になってしまうでしょうか。

第2弾を書きたいまとめ記事というのは実はいろいろあって…でも言うのはやめておこう。
宣言すればするほど実現しない気がするので。

約束といえば、夏休みに猫町文具店(仮)に来てくださった男子高生たちの筆箱拝見がまだでした。
いつも頭の中にはあるんですよ。
今、中間テストかなとか文化祭なんてあるんだろうかとかずっと気にはなっているんです。

そろそろ記事にしないと、大人なんて嘘つきさ!と壁にパンチしてしまいますよね。
男子高生たちーーー
もう少し待っててねーーー
[PR]
by mukei_font | 2015-10-30 23:59 | わたくしごと | Comments(2)

美文字もどきに要注意。

最近失敗をしました。

ある人から手紙をいただき、返事を書こうとその人からの手紙を鞄に入れ、出先で返事を書き出したのですが、差出人の住所が読めないのです。
(@@かなあ?それとも**か?)と思いながら(@@だろう)と信じて住所を書き、それでも不安だったので帰宅してネットで調べると**だったという…

でーい(ちゃぶ台)。

今時はスマートフォンを持っている場合が多いので、あやふやなら出先で検索できるのかもしれませんね。
スマートフォンを持っていない自分は出かける前にパソコンで検索しておくべきだったのでしょう。
でもこれはあまり愉快ではない体験でした。

一番苛々したのはそれが美文字と呼ばれるたぐいの字だったからです。
おそらく猫町の字とその人の字を比べるとその人の字の方が評価されると思うし、実際素晴らしいのですが、住所を行書もどきで書くのはいかがなものかと思うわけです。
それは美文字以前の問題ではないでしょうか。

もちろんある程度の教養があれば行書も読めるのかもしれません。
自分はそのあたりの知識がないので、そのあたりのことに関しては謙虚でいなくてはと思うわけですが、それにしては字が小さすぎました。
行書かつ小文字かつつぶれているのです。

これは美文字云々というよりも、まず宛名は読みやすく書くということと、もう少し筆記具にも気を配るべきだと思いました。
たとえばボールペンのダマは何がいけないかというと、それがつぶれたりこすれたりして字が読み取りにくくなる場合があるからです。
単に見た目が汚いという話ではありません。

もちろん美文字や行書を否定しているのではありません。
字の美しい人は貴重なので行書で書かれた手紙なんてうれしいに決まっています。
しかし宛名や差出人の住所は楷書でお願いしたいもの。
いくら今は何でも検索できるといっても、そこまでしなければならない時点でいろいろダメなのではないかと思いました。

美文字は自己満足であってはいけないと思います。
どんなに稚拙でも読み手のことを考えた字に自分は好感を持ちます。
そして筆記具はやはり正しく選んで使うべきだとあらためて思いました。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-29 23:59 | 手紙 | Comments(6)

100均ダイアリーの魅力(ギャザリー掲載)。

このたび100均ダイアリーについてまとめ記事を書きました。

あなどれない100均ダイアリー!安いだけじゃない魅力を徹底解剖☆

確かダイアリーのまとめ記事を書くために姫路にまで繰り出したはずですが、なぜか地元にいても書けた100均ダイアリーのまとめ記事になってしまったという…
まあ姫路で吸収したあれこれはまた別の形でまとめましょう。

記事中にも書きましたが、本記事で取り上げた100均ダイアリーがおすすめという意味ではありません。
むしろ、記事の前半の「100均ダイアリーの魅力」のくだりに力を入れました。
100均のダイアリーなんて、とばっさり切り捨てるのではなく、いろんな角度から楽しんでいただけたらと思います。

しかし記事のためとはいえ、結構買ってしまいました…
これらをどうするかについても、来年に向けてぼちぼち考えていこうと思っています(泣)。

しばらくこの記事を一番上に置き、過去の記事を投稿していく形にします(5日を目途に頑張ります)。
読んだことのない記事が下にあったら読んでみてください。
新しい記事に気づきやすいように、できるだけ写真を使った記事を投稿するようにしたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-28 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(2)

猫町と英語日記・その13(筆記体と鉛筆)。

意地になって英語日記を続けている猫町です。
9月に再開してから約2ヶ月。
常に借金を背負いながらも、穴を開けずになんとか続けています。

この情熱はどこから来るかというと、鉛筆から来ます。
鉛筆で英語の筆記体を書くのは本当に気持ちがいいし、鉛筆特有の筆跡で埋まったページを見てうっとりするのも本当に楽しい。

英語日記のために本体とは別に2冊のノートを用意していると以前書きましたが、そのうちの下書き用のダイソーのスケッチブック(B5)と鉛筆と英語の筆記体の相性が素晴らしい。

自分は絵が描けないので、「つながった線」というものを書く機会がありません。
が、英語の筆記体を書いていると、ぬるぬるとつながっていく線というものを少しばかり体験することができます。
これと鉛筆とダイソーのスケッチブックの相性が非常に良いのです。

ちなみに下書きには芯のやわらかい鉛筆か芯が丸くなった鉛筆を、清書には芯の先端がある程度落ち着いたBの鉛筆を使います。
後者のためにはカールのエンゼル5ロイヤルの「2段階芯調節機能」が本当に便利で、迷ったけれどこちらにしてよかったと心から思います。

ピンピンに尖った鉛筆はいずれすぐにすり減るし、ある程度すり減れば強さを見せてくれる芯も、尖っている時はもろい気がして落ち着かないのです。
このあたり、自分で鉛筆を削るという方は自分の好みに調整できるのでしょうね。
自分は今のところエンゼル5ロイヤルの「太」でかなり満足しています。

それにしても、やはり英語日記にはかなり無理があります。
実は英文科出身で、などということはなく、英語の論文を読むスピードが遅すぎて象牙の塔から出奔した人間なので…

英語はとにかく稚拙で、どんだけbecause言うねんという感じです。
あと、By the way。
中学生にも書けるレベルの日記ですが、ただただ鉛筆と戯れたい一心でこれからも続けていくつもりです。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-27 23:59 | 〈猫町と英語日記〉 | Comments(0)

おすすめのシャープ芯について考える。

先日、離れて暮らす家族から「0.5のHBのシャープ芯が欲しい」というリクエストがあり、うーむと考え込みました。

シャープ芯と言えばシャープロですが、この場合、考えるべきことは他にあるように思いました。
すなわち、シャープロで追究した濃さやなめらかさ、硬さといった要素よりも大事なことがあるように思ったのです。

家族は右手に麻痺があり、不自由です。
シャープ芯の容器の開閉に注目したいと思いました。

そこで、文房具に詳しい友人に家族の年齢を伝えて相談したところ、猫町と同じ結論に。
ということで、PILOTのグラファイトです。
f0220714_19481539.jpg

決め手はHBの中で一番濃いところと(猫町調べ)、芯がドバッと出て来ないところ。
思いがけず芯がドバッと出てしまい、あわてている家族のイメージが浮かんだので、絶対にそれは避けたいと思ったのです。
f0220714_19485982.jpg


f0220714_19491174.jpg

こうした目線で文房具を見るという経験は、文具店員時代よりもむしろ田舎で暮らし始めてから多くなった気がします。
何しろ周りの人たちの年齢が高いので。

文房具はともすれば学生のもの、若い人たちのもの、と錯覚してしまいがちですが、実際には不自由な人も普通に手をのばし、使う道具です。
もっと視野を広く持ち、これまでに吸収した知識を有効に使っていかなくてはとあらためて思いました。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-26 23:59 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(4)

猫町と中学生17(中学生と無罫ノート)。

久しぶりの「猫町と中学生」シリーズ。
少しずつ勉強も難しくなってきておりますが、なんとかかんとかやっております。

さて、今や無罫ノートで数学を解くようになった猫町ですが、使ってみての感想は、

無罫最高!
てゆうか俺もともと無罫派だし?

というわけで、横罫を使うのが苦痛になってきました。
というのも、問題集別にノートを分けており、依然としてキャンパスノート(A罫)を使う場面もあるので。

しかし。
無罫ノートを中学生にすすめるのはどうかな…と思うわけです。
いいとは分かっているのですが、耳を傾けてくれるかなと。

テストの解答用紙だって無罫だし、今から罫線なんて気にせず自由にノートを使うことができたら絶対に楽しいのは分かるのですが、100%言われるであろう言葉が猫町をためらわせます。

その言葉とは、

「真っ直ぐ書けないから嫌」

おそらくそう言われるはず。

特にドット入りの罫線に合わせて字を書くような几帳面な子は、きれいに書けないのはストレスなはず。
自分もいきなり無罫派になったわけじゃないので、中学生の頃に無罫を強制されたらかなり抵抗があっただろうなと思います。

真っ直ぐ書ける・書けないは大きな問題じゃない、というのは無罫好きの人のせりふなんですよね。
今から使う人はいきなりそうは思えないだろうなと思います。
これは大人もそうですよね。

例えば自分のノートを見せてみて、ほーらこーんなに楽しいよ、と言ってみたいのですが、それはあなたが真っ直ぐに書けるからでしょ、と冷めた言葉が返ってきそうで…

しかし、ここで無罫力というものについて考えてみたいと思うわけですが、無罫力は経験値に比例するのではないでしょうか。
使っているうちになんとなくコツが分かってくる、ということはあると思います。

先日試しに、英語や国語も無罫ノートにやってみたのですが、英語は横書きなのでともかくとして、縦書きの国語まで縦に真っ直ぐに書けることに驚きました。
自分、すごくないか?

これはもうあれですよ。
亀の甲より年の功。

倍以上生きてるからこうなっただけ!
使ってるうちにこうなるから大丈夫!
あたしゃ老人、あなたは若者!

まあこれで納得してくれたらもっと無罫ノートが幅をきかせてますわな。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-25 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(4)

やはり実現しなかった文通コンテスト。

ああ、10月が終わっていく…
国際文通週間あたりに文通コンテストをしようと思っていたのに…

どうやら実現せずに終わっていきそうなので、いったいどんなことを計画していたのかを書いておきたいと思います。

・アイデアレター・封筒部門
どこまで封筒に凝れるかを競う。アイデア重視。

・アイデアレター・便箋部門
どこまで便箋に凝れるかを競う。アイデア重視。

・100均レター部門
100均のレター用品をどこまで高められるかを競う。

・猫町の笑いをゲット部門
こんな手紙あり!?というギリギリの手紙で、猫町の笑いをゲットできるかを競う。

これらをブログかまとめ記事に再掲できる形で募集して、みんなでSUGEEEEEとか言いたかったんですが…
書いていて、やらなくてよかったかも…と思いました。

きっと素晴らしいものがたくさん送られてきて甲乙つけられず、みんな一等賞です、すみません!なことになっていたことでしょう。
返事も書けなかったと思いますし。

でも、「手紙はこれくらい自由でいいんだ」ということを実際に示すためにも、いつかはやってみたいです。
手紙は理屈ではないと思うので。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-24 23:59 | 手紙 | Comments(0)

ダイアリーのサンプルを眺める@ロフト。

先日の姫路文具旅の続きです。

ワナドゥ手帳のサンプルも素晴らしかったのですが、もう1つ素晴らしいサンプルがありました。
コクヨのジブン手帳。
2回通りじっくりと眺め、3回目は友達と一緒に眺めました。

ほぼ日手帳は周りに使っている人が何人かいたし、それがどういうものか分かるのでまだいいのですが、ジブン手帳にはとんと縁がなく、じっくりと見たことさえあまりないありさま。
せっかく都会に来たのでしっかり見ていこうと手に取ると、こ、これは…

記入する項目の多さにも圧倒されるものがありましたが、細かい字でびっしりと埋め尽くされた24時間バーチカルのページが素敵でした。
適度に色分けもされて、几帳面な字がとにかくきれい。

自分はこうしたサンプルはフェリシモのいうところの「ふだん文字」のほうが好きで、いわゆる正統派の字の美しさにはあまりときめかないのですが、ああ、字のきれいな人が使うとこんな感じになるのかと素直に感心しました。

しかし、ああいうサンプルというのは、手帳のサンプルとして提示されているにもかかわらず、サンプルの内容(中身)ばかり見てしまいますよね。

(焼肉に行く予定なのか)(あ、焼き肉に行ってる。しかもめっちゃ満足してる)みたいな感じで。
どうしたってああいうサンプルには人格がにじみ出るというか、そういう部分ののぞき見が楽しいような気がするのです。

これは手帳を売りたい側からすると、焼肉はいいからちゃんと手帳を見てくださいよ、という話になるのでしょうか。
ファッションショーに行ったのに、モデルの顔や脚ばかり見ていたらダメみたいな感じ?

とにかくダイアリーのサンプルはいろんな意味で楽しく、じゃあジブン手帳にするかといえば絶対にありえないレベルで無理だなと思ったのですが、やはり都会に行って実物を見られたのはよかったです。

昔話になりますが、文具店員時代、自分はノートのサンプルを担当していました。
売りたいノートや売れないノートにおもしろおかしいことを書いて、なんとかして売ろうとあれこれやっていたのです。

あの頃、サンプルをコピーさせてください、とよく言われました。
「どのページをコピーしますか?」と聞くと、「あなたのセンスで」と言われたりして、わけが分からないままあちこちのページをコピーしたものですが、今、ちょっとあの時のお客さんたちの気持ちが分かる気がします。

サンプルってなんだか楽しいんですよね。
人の何かをのぞき見しているような楽しさと、自分だってやってやるというわくわく感と。

ジブン手帳のサンプルを見てジブン手帳を買わなくても、他の手帳や文房具でムラムラを解消しようとと燃える人はきっとたくさんいるんだろうなと思います。
自分もわくわく感だけいただいて、そっと売り場をあとにしました。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-23 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(0)

ワナドゥ手帳。

先日の姫路文具旅で見たおもしろいダイアリーについて書いておきます。

ロフトで見たワナドゥ手帳というのがそれなのですが、こんなダイアリーがあったんですねえ。
全然知らなかったです。

ワナドゥ手帳というのは、「教科書」と「手帳」の2冊がセットになったダイアリー。
教科書は読み物としておもしろく、手帳はそのテーマ専用のレイアウトになっており、いかにも記入しやすそうな感じ。
当然記入した後の見栄えも洗練されたものになるでしょう。

これだけなら「ふーん」と通り過ぎたかもしれないのですが、なんとテーマの中に「相撲」が!
相撲人気復活はこんなところにまで!?

趣味特化型の手帳シリーズ「ワナドゥ手帳」に新作登場! 学ぶための「教科書」と、書き留めるための「ノート」が2冊1セットに!!

わなわなと手に取ったサンプルにさらに打ちのめされました。
サンプルが素晴らしいなんてものじゃありません。

手帳の中に「観戦記録」というページがあり、ここにサンプルが記入されていたのですが、今年の名古屋場所の7日目の結果がしっかりと書いてあり、取組中の力士のイラストまで!

いやいやいやいや。
勝敗の記録なんかはともかく、組み合っている力士の絵をこんなにさらさら描ける人が日本に何人いるかって話ですよ。
適当に描いたっぽく見せていましたが、爆発的に上手いのです。

おまけに字もきれいで、ははあん、これはどこかのデザイナーが書いたものを印刷したなと思ったのですが、よくよく見ると、ボールペンをこすったみたいな跡があり…
印刷じゃねえ!

まさか姫路ロフトのスタッフの中にとんでもない猛者が!?と思い、そっと店員を盗み見してみたのですが、これはやはりプロのデザイナーがワナドゥ手帳用にサンプルを書きまくり、各ロフトに並べているんですよね?

全国にいくつロフトがあるのか知りませんが、お疲れさまです。
そしてとても尊敬します。

ああいうサンプルにだまされ、夢を見て買ってしまう人は一人や二人ではないはず。
あっぱれ。
あっぱれでござる。

しかし、店の人に許可を取って写真を撮らせてもらえばよかったです(可能であれば)。
いやはや、サンプルってすごいですよね。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-22 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(6)