猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

相互リンクの件。

このたび相互リンクの件でコメントくださった方へ。
申し訳ありませんが、コメントは削除させていただきました。
今回に限らず、単なる宣伝のためのコメントだと思われるものはこちらの判断で削除いたします。

また、たとえ関連のあるブログであっても、相互リンクについては積極的に考えておりません。
このままマイペースでやっていきたいと思っています。
あしからずご了承いただきますようよろしくお願いいたします。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-21 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

セーラー・STORiA・Night。

今回は先日のレターブレイクでデビューしたインクをご紹介します。

セーラーの顔料インクSTORiAのNight。
実はこれと、カールのエンゼル5ロイヤルが自分への誕生日プレゼントでありました。
だいたい三度の飯と同じくらい顔料インクが好きなのに、猫町が買わないなんてありえません。
f0220714_9232512.jpg

いやー買ってよかった。
ネットで見た時はかわいい路線か…と思いましたが、実物を見ると箱もかわいくて満足。
f0220714_9233969.jpg

これを入手した経緯がちょっとおもしろくて、三菱の展示会の帰りに行ってみようかと思っていた文房具屋の店員さんがたまたま展示会の会場にいたので、まったく知らない人なのにずうずうしく在庫状況をたずねてみたんですよ。
旅の恥はかき捨て。

なにしろ大阪行きは毎回時間的制約が厳しいので、無駄な動きをしたくないわけです。
直前にSTORiAがあちこちで売り切れている、みたいな情報も耳にしていたし、聞いてよかったです。
最後の1個を無事ゲット。

STORiAは箱もかわいいですが、インク瓶もかわいいのです。
くもりガラスのひんやりした感じが素敵。
f0220714_9234843.jpg

ずっと眺めていたくなるかわいいイラスト。
f0220714_9235986.jpg

そもそもなぜサーカスなんだったっけと上記サイトを見てみると、以下のような文章が。

ブランド名「STORiA(ストーリア)」はイタリア語で「歴史」「物語」を意味し、それぞれのカラーには「幼いころに見た色あざやかで色褪せない思い出」の象徴として“サーカス”をモチーフにしたビジュアルと色名を冠しています。

分かるような分からないような…
サーカスって楽しいよりもせつない印象が強いというか、筋肉少女帯の名曲「サンフランシスコ」の印象なんですけどねえ…(めちゃくちゃかっこいい曲だから知らない人は聴いてみよう)

まあそんなわけで、STORiAですよ。
最初はセーラーのクリアーキャンディ万年筆に入れてみたのですが、猫町の持ち方とは相性が悪く、恐々LAMYのサファリに入れてみました。
f0220714_9185842.jpg

この万年筆はPILOTの色彩雫・朝顔しか入れないと決めていた万年筆でしたが(懐かしいこちらの記事参照)、軸色と同じ色が気に入ったのか、顔料インクなのにすんなりと受け入れてくれました。

セーラーの人には「軸もうちの軸を使いなはれ!」としばかれそうですが、しばらくこのまま使ってみようと思っています。
ブログで見たから~と真似したらだめですよ。
どこの馬の骨だか分からん猫町を信じるなんて博打だっせ。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-20 23:59 | インク | Comments(2)

レターブレイク。

書き上げてみるとへらへらした仕上がりに思えますが、まとめ記事を書くのは自分にとってはかなり大変な作業です。

思いつくままに好きなことを書けばいいブログとは違い、ある程度テーマをしぼって最後まで完走しないといけないのでとにかく体力がいります。
ブログなら「続きはまた今度」とか「眠い…zzz」と切り上げることができるのですが、のたうちまわってでもゴールにたどり着く必要があるからです。

しかしまあ、何事も負荷をかけないと成長できないと思っているので、こうした不毛とも思える作業に精を出すのは悪いことではないと思っています。

考えてみれば中高時代は読書感想文に異常に燃えておりました。
連続入賞の記録を途切れさせたくないとか、そういうしょうもない情熱に駆り立てられていたのです(書いていて悲しい)。

大学時代もクオリティの高いレポートを毎週提出せねば、とおかしなテンションで突っ走っていました。
もちろん楽しいキャンパスライフなどとは無縁です。

ともかく今もこの迷走は続いていて、ともすれば怠けてしまう己に鞭打っているわけですな。

さて、こんなくだらない愚痴から始めたのはタイトルである「レターブレイク」を説明するためでした。
ご存じですか?レターブレイク。

知らない?
それもそのはず。
猫町の造語です。

コーヒーブレイクという言葉がありますよね。
レターブレイクというのは手紙を書くことで一休みすることを意味します。

冒頭でこぼしたように、まとめ記事を書いている最中はとにかく暴れまわりたくなるほど逃げ出したくなる猫町。
そのへんのノートに書き散らされた、「遊びたいよーーーーーサボりたいよーーーーー」「遊びたいーーーーーコラム書きたくないよーーーーー」という文字が涙を誘います。

で、そんな心を落ち着けるため、あえて手紙のためにペンをとるわけです。
葉書1通分くらいがちょうどいいくらいの規模でしょうか。
送る相手はもちろん一番気の置けない相手を選びます。

筆記具は自分の場合は万年筆。
これは毎回そうなのですが、まとめ記事を書いている時に限って万年筆で遊びたくて遊びたくてたまらなくなるんですよ。

万年筆というのは自分にとっては皇族というかお公家さんみたいな存在なのですが(会ったことないけど)、そういう非日常感に思いきり身をゆだねたくなるんです。
パソコンのキーボードなんてたたいてないで、蹴鞠とか薫物(たきもの)合わせとかしたいんじゃ!みたいな(したことないけど)。

なので万年筆を手にすると、猛獣のように暴れていた自分の心も少し落ち着き、案外冷静に葉書を書き上げることができたりするのです。
今回も頭から湯気が出ている時に1通書き上げました。

普段から自分は葉書が好きで、受け取る人には迷惑だよなと分かっていながら小さい字で紙面をこれでもかと埋めつくすのが好きなのですが、あれには一種のカタルシスがある気がします。
受け取る人は単に巻き込まれているだけという…

というわけで、今後も積極的にレターブレイクしていく予定です。
もし猫町からそういう葉書が届いたら、(ああ、今…)と思っていただけたら幸いです。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-19 23:59 | 手紙 | Comments(2)

姫路文具旅~買ったもの、あるいは妄想~

前回書いたように、今回の姫路文具旅はダイアリーを見ることが目的でしたが、もちろん何も買わずに帰ってきたわけではありません。

買ったものとしては、まず鉛筆。
まだまだ鉛筆初心者なので、トンボ鉛筆をきわめるべく、モノ100、モノ、モノR、8900のBを購入。

それから使ってみて便利だったステッドラーのテキストサーファードライ、クツワの「鉛筆の蛍光マーカー」も色違いでそれぞれ購入。

あとは例によって紙製品系。
すでにわが在庫は飽和状態と分かっていながら、一期一会原理主義(?)の猫町は突き進みます。
300歳まで生きるつもりか。

さらには都会でしか手に入らないファンシーグッズ。
これはいつか誰かにプレゼントするのだと言い聞かせつつ。
かわいいからつい個数がかさみ、びっくりするような金額になるのもお約束。

こうして買い物を楽しんでいると、自分に似た感じの動きをしている客が気になります。
年齢も似たり寄ったりのくたびれた中年男性などは特に気になってしまい、いったいさっきからこの人は何を吟味しているんだろうかと。

ダイアリーを見、安い筆記具を見、替芯を見、またダイアリーを見、安い筆記具を見…
なんかこう偶然言葉をかわすきっかけでもあれば何時間でも話がはずみそうなのに、そこはTM NETWORKの「Human System」よろしく、すれ違ったまま生きていくのであるなあ(詠嘆)。

この人とはその後、書店でもまたばったり出会ったのですが…ああもう、あと20年ほどたってどさくさが許される年になったら話しかけてみよう(アカン)。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-18 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(4)

姫路文具旅~ダイアリーを求めて~

先日の姫路文具旅の目的はダイアリーを見ることでした。
地元でもあちこち足をのばしてチェックしてみたのですが、どうしても種類に限界があり、物足りなさがありました。

単に自分のダイアリーを得るためだけならそれでもよかったのです。
が、ダイアリー関連のまとめ記事を書いてみようかという気持ちもあり、やはりもう少したくさん見てみることにしたのでした。

姫路で行ったのはハンズとロフトとジュンク堂と無印良品。
それから通りすがりに見つけた雑貨屋がいくつか。

地元に比べると都会な姫路も、冷静に品ぞろえを見ていくとかなり中途半端。
「大は小を兼ねる」とはいかず、地元にあるのに姫路にないものもあり、意外と地元の品ぞろえも重要だったと再確認する場面もありました。

以前記事にしたように、来年は複数のマンスリーを同時進行で使ってみようかなと思うわけですが、姫路でもさらに追加で購入。
大丈夫か自分。

一応姫路で買ったダイアリーを中心的なダイアリーにすることにして、あとはサブ的に使おうと考えているのですが、これらのダイアリーについてはまとめ記事などが落ち着いてからゆっくり記事にする予定。

さて、今回も6月の姫路文具屋めぐりの時と同様、中高時代の友人と見て回ったのですが、「ダイアリー?何でもええけどなあ」などと言いつつ、実はあれこれこだわりと好みのある友人の意見が非常に参考になりました。

やはり自分が使うものなだけに、いろいろと条件があって当然ですよね。
それをどの程度自覚しているかどうかはさておき。
何でもいいと言いつつ、何でもよくないのを目の当たりにできたのはとても興味深かったです。

ということで、今はダイアリー関連のまとめ記事のことで頭を抱えています。
ダイアリーについては昨年大作を書き上げたこともあり、いまだ燃えカス状態。
このもやもやからまとめたいことを削り出していくのがなかなか大変なのですが、はてどうなることやら。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-17 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(4)

猫町文具店(仮)からのお知らせ(補足)。

うさむしの年賀状用はんこに関する前回の記事、少し補足しました。

直接やりとりするのは通販希望の方だけで、木琴堂の店頭や、木琴堂が出店するイベントでは販売いたします。
よろしくお願いいたします。

来月は木琴堂が9周年を迎え、下旬にはオータムフェスティバルという大きなイベントにも出店する予定です。
店頭でのフェアや、ロールペンケースの新柄など多数予定しているので、今後もこうして告知させていただきますね。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-16 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(0)

猫町文具店(仮)からのお知らせ(うさむし年賀状用はんこ)。

姫路文具旅の話の前に、猫町文具店(仮)からお知らせをひとつ。
うさむしブランドの来年の年賀状用はんこについてです。

一昨年は年賀状を販売、昨年は年賀状用のはんこを販売してきたうさむしブランドですが、今年も年賀状用のはんこを販売いたします。
ただし今年は通販に関しては、購入を希望される方と個別にメールでやりとりすることになりました。

木琴堂および木琴堂が出店するイベントではもちろん販売いたします。
商品の入荷は11月下旬を予定しています。

詳細は木琴堂のブログの記事をどうぞ。
また、昨年好評だった、年賀状をにぎやかすはんこの販売も再開しています。
申込の受付は今月末まで。

うさむしブランド便り・年賀状用はんこについて。
【うさむしブランド】年賀状用はんこ2015(おせち)

うさむしとは大阪と赤穂で離れていることもあり、なかなか連携が難しく、今回はこのような販売形態になりました。
大阪ではいろいろなイベントに出店しているようなので、お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいね。

この機会にうさむしのTwitterのフォローもどうぞ。
アカウント名は「@usamusi_works」です。
イベントの告知や試作段階のはんこ、かわいいラフスケッチなどを見ることができます。

あと、最後に自慢!
今年の誕生日にうさむしにもらったプレゼント。
「お名前はんこワークショップ」というワークショップの見本で作ったものだそうです。
f0220714_9555936.jpg

ワークショップについても、うさむしのTwitterで告知を見ることができます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-15 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(1)

姫路文具旅…

姫路文具旅について書こうとして、はて、夏の大阪文具旅については書いたかなと「文具屋めぐり」カテゴリを見ると……書いていないようです。

確か書くことがあまりにも多すぎて、下書きの段階で「脳みそパ〜ン!」(by間寛平)になってしまったのでした。
いつか腹が決まったら書くかもしれませんが、とりあえず今は姫路文具旅について。

あ、今ふと思ったのですが、もしかしてこれが「過去完了形」ってやつですかい?
猫町にとっての大阪文具旅は過去完了形で語られること?

英語日記を書いていると、過去完了形をいつ使えばいいのか分からなくなります。
もともとあまりよく分かっておらず、勢いでやり過ごしていたのですが、つまり大阪文具旅みたいな感じの立ち位置にいるものが過去完了形…なのかなあ。

いずれにしても、記憶が新鮮なうちに姫路文具旅について書いておきたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-14 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(0)

ブログのコメント欄に思うこと。

さて、先日の姫路文具旅の際、中高時代の友人に会ったのですが、ありがたいことにこのブログもちらと見てくれているようで、その感想が、「コメント欄がなんかすごい」というものでした。

友人曰く、「コメントの数もだが、コメントへの返事が『どうもありがとー』だけじゃないのがすごい」とのこと。
そうか、その手があったか。
思いつかなかった。

いやはや、確かにコメント欄はいつも盛り上がっているのですが、放置気味の管理人で申し訳なく思っています。
「読んだよ!ありがとう!」というレスをすぐにつけるほうがいいのか、じっくり寝かせて(熟成約1ヶ月)内容のあるレスをしたほうがいいのか、迷いながら後者のやり方でやっているわけですが、これは本当に悩ましいのです。

一手間かけてコメントをしてくださった方は、(なんだよ猫町め。どうせぼんやり妄想したりうたた寝しているだけのくせにすぐに返事しろよ)と舌打ちでもしたい気分でしょうが、あまりサクサク反応すると全体のペースが上がり、追いつめられることが過去の経験から分かっているので、やけに球速の遅い球をのんびり打ち合っていると思って勘弁してください。

とはいえ、皆さんからのコメントは素早く猫町のもとに届き、一つ一つ楽しませていただいています。
特にうれしいのは笑える小ネタや健康ネタ、新製品情報。

いまだにレスできていませんが、pgssiさんに教えていただいて、ダイソーで早々に素敵な手袋をゲットすることができました。
なるほど、100均の季節アイテムにはこれくらいつんのめったほうがいいんですね。
pgssiさん、本当にありがとうございました。

というわけで、そろそろコメントのレスもしないといけないのですが、あまりびしばし打ち合えるような状態にないのでそのあたりご理解いただければと思います。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-13 23:59 | わたくしごと | Comments(6)

今年も行けないぶんぐ博…

夏の文紙MESSE、秋のぶんぐ博、と言っていいのかどうか分かりませんが、一般の文房具好きも参加できる文房具のイベントが秋にもあります。

が、今年も猫町は参加できないのでした。
大阪にいる時から行けていないので、きっと結界が張りめぐらされているのだろうと思うことにします。

ぶんぐ博といえば思い出すのが、ぶんぐ博帰りと思しき文房具好きの方が、猫町の働く文房具屋に早速文房具を物色しに来た時のこと。
(ああ、早速欲しくなって見に来たんだな)と微笑ましく見ていたのですが、その後呼ばれて接客すると、やりとりが完全に上から目線。

(ああ、これが「やくざ映画を観た後、全員が高倉健化する」というあれか)と思ったことをいまだに覚えています。
なんだか威張っている感じがかわいかったので、嫌な思い出じゃなく、微笑ましい思い出として。
そんな楽しい光景がきっとまた繰り広げられるのでしょう。

さて、大阪に行けない代わりに猫町は姫路で文房具を満喫してきました。
ロフトとハンズを力尽きるまで徘徊し、プラスチックの小さな板をちらつかせて文房具をゲットするという高度な魔法を駆使しまくり。
そんな懺悔もまたしてみたいです。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-12 23:59 | わたくしごと | Comments(0)